「tools」カテゴリーアーカイブ

【デジタル】今日はwordpressの固定ページに「最新記事一覧」を追加しました

こんばんは。かなり過去記事の整理ができて来たところでの悩みとしては、リストページがない事。これがないと、回遊構造が作れないという感じでして。折角興味を持って来ていただいても、良くて2ページ見たら帰っちゃうっていう状態になってました。特に、過去記事に関してはほんと今見づらい状態でして。まことに申し訳ない限りです。というわけで、まずは最新記事一覧に着手しました。phpを書くことも考えたのですが、折角のwordpressなのでプラグインを使おうということに決めて選んだのがこれ。

SHORTCODES ULTIMATE

シンプルでVIVIDなホームページにも惹かれたことは、いうまでもないかなぁとかね。

このプラグイン、記事編集画面のブロック内でショートコードを押して選んで使うだけというまぁ優れものなツール。何しろ、複雑なコードを書かなくてもリストが作れたり記事一覧が作れたりボタンが作れたりというマルチなツールなのです。コーディングをやってる身としても、時間短縮につながるいいツールだなぁと。ただ、デフォコードが好みではない場合もあるので、その際は自分なりにカスタマイズして使う必要があります。今回、僕は懸案になっていた記事一覧を作ることにしたのですが、記事一覧のデフォコードがちょっと僕のページに合わないなと思ったのでPHP及びCSSに手を加えました。

FileZillaの管理画面。僕は、昔FetchってFTPを使っていたのですが、今はこのFileZillaが愛用ツールです。
FileZillaの管理画面。僕は、昔FetchってFTPを使っていたのですが、今はこのFileZillaが愛用ツールです。

触ったFileは、default-loop.phpとshortcodes.scc。前者は、記事ループリストを表示する際の基本ファイル。後者は、このツール全体にかかるCSS。触った理由は、なんとなく不格好だったから。

  • 画像表示が、正方形サムネイル向けだったので長方形に整形
  • 「コメント」項目が必要ないので削除
  • 記事ごとの区切りがないのでHRを追加
  • 各項目の行間およびフォントサイズなどを細かく制御

ざっくりこんな感じで触った結果が「ここの『最新情報』」。まぁ、これでまずは直近の記事を読んで貰える素地ができたかなぁと。現状、未整理部分を含めて800くらいの記事があるので、次はカテゴリーでの整理などを実施して、さらに回遊性を高めたいなぁと思っています。ちなみに、上のリストもSHORTCODES ULTIMATEで作ったもの。結構色々できて便利です。このプラグインはオススメです!是非、お試しあれー♪もし気が向いたら、もうちょっと深く使い方とかアップするかもしれません。

例えば、さっき描いた固定ページをリスト化する場合、このようなページを開いて設定していくことになります。かなりシンプルな構造ですが、出来上がるとリンク先のような結構しっかりとしたページに仕上がります。もちろん、自分の投稿とテーマに合わせて若干触ったほうがいいのですが、そのままでも十分機能しますので。
例えば、さっき描いた固定ページをリスト化する場合、このようなページを開いて設定していくことになります。かなりシンプルな構造ですが、出来上がるとリンク先のような結構しっかりとしたページに仕上がります。もちろん、自分の投稿とテーマに合わせて若干触ったほうがいいのですが、そのままでも十分機能しますので。

【デジタル】実はiCloudの事よくわかっていませんでした

こんばんは。皆さん実はよくわかっていてちゃんと使っているかもしれませんが、僕自身はiCloudってただ溜め込んでるだけでブラウザからアクセスして色々見れるとかいう事、全く知りませんでした。いや、ほんと今朝目から鱗でした。使うのは簡単で下記にアクセスするだけ。まさかの展開。

☆iCloud

この画面をはじめてみたのが、実は昨晩です(笑)。

何となく、ストレージに送り込んだり何となく容量増やしてたんですけど、あくまでローカルの負荷をなくす程度にしか考えてなかったんです。何で気づいたかというと、「外出してる時にここをメンテしたいけど、写真が見れないんだよなー」と思い悩んでいてふと「クラウド見れると便利だなー」という事で調べてみたらあっさり。よくよく考えたら当たり前の話なんですが、ちゃんと外部からアクセスしてデータの取得ができました。

iCloudの写真ページ
写真もこの通り、アップしたものは一通り見れるんですよ。これが。いや、本当に便利。そして、当たり前だけどちゃんとここからダウンロードも可能。

今の所、自分の部屋のMac Book Air内部の写真のみをアップしていますが、リビングの写真を入れ込むと完璧なんですよね。やるかどうかは、これからの判断ですけどあと22GBの空き容量があるから考えてもいいよなーと思っています。便利だし。

これで、外出先でもメンテしやすくなるなー。とはいえ、会社のPCは相変わらずポンコツサービス「iFilter」がファイルサービスをブロックするので入れないんですけどね。まぁ、iPadで見るん関係ないけど。そういえば、いつも困るんだけど「iFilter」のフィルタリングロジックってかなり古くてコンテクスト分析全然行ってないみたいで「DOKUJO」を「出会い」にカテゴライズしてフィルタリングしてきたのには吹いた。こんな雑なシステム、売っちゃダメだよね。最新のアルゴリズム使って、AIでコンテクスト分析のディープラーニングさせればこんな馬鹿な稼働しないのに。ITの方にも権限が伸びたら、速攻で契約切りたい。GoogleのSafeSearch、切り売りしてくれたらいいのに。そしたら、速攻でこっちに乗り換えるのにな。

【デジタル】Indahashについて、僕が感じていること

こんばんは。九州に取材出張に行ってました。いや、晴れ男でよかったよ。すごく、現地の天気も良くていい画がたくさん取れていたと思います。僕が撮影したわけじゃありませんけどねw。ロケの時って、天気第一だから本当にいっつもドキドキします。直前まで。今回は、おっさんばっかりでの撮影で気さくな感じの現場で楽しかったし、何より勝手知ったる地域での撮影というのも楽しさ倍増でした。出来上がりは、お楽しみに!

さて、表題のIndahashについて。もともと、書く予定ではなかったのですがSearch Consoleの結果を見ると上位に来ているんですよね。クリックしてくださった方もいるのですが、「登壇したよ」くらいの情報のみ。せっかくなので、僕が感じているIndahashの良いところとか、クライアントサイドとしてどう臨むべきかなどについて簡潔に記録しておきます。デジタルコミュニケーションは日々進化するので、ここで2019年3月に書いたことが半年後にはもっと進化しているかもですが、本質は変わらないと思うので。

Top画像は、こんな感じ。右上のLOG INクリックで、ダッシュボードに到達します。

このサービスの歴史を簡単にまとめると、

・2016年ポーランドにて創業
・全世界82カ国のマーケット
・全世界9拠点・登録インフルエンサー数92万強
(2019年3月5日現在)


何気に、東欧のサービスって思った以上に多いなぁという印象。というより、テクノロジーにもはや国境はないということなのかと思います。まぁ、こういう数字的なことも大事なのですが、僕個人としてのいいところは「ダッシュボード」。これは、もちろんオーダーをかけるクライアント側の意思次第なんですが、意思を持って望めば「自分が描いたゴールと合致した投稿となっているのか?」を事前にSaaSを活用して関係者と共有しながら承認プロセスを踏めること。要は、投稿者とコミュニケーションしながらゴールとなるイメージを世に出すことができるということ。これが僕的には一番のポイント。クライアント側が明確な判断軸を持つ必要があるという点で、マーケティング視点とヴィジョンとオリエン能力を問われますが、これがきちんと持てる人だと今までできなかった新しいコミュニケーションをインスタグラマーと一緒に作り出せるという部分はすごい魅力なんじゃないですかね?大きな予算がなくても、ミニマムから始められるのも「インフルエンサーマーケティング」を知るためにチャンスが作れます。書き出すと色々あるのですが、ポイントはこの辺。

色々、インスタグラムを活用したサービスが出てきていますが、もし「こうしたい!」という明確なビジョンがあるのなら、一度チャレンジしてみることをお勧めします。

【デジタル】PHPバージョンの問題とコーディング、ツールについて

前々から、とりあえず「動くからいいや」的にサーバー移行せずに使っています。が、「テーマ」「プラグイン」の実装においては種々の問題が出てくるのは事実。特に、PHP構文の違いでプラグインが動かないケースが散見されるのが痛い。一番良く起きるのが、下記のケース。

Parse error: syntax error, unexpected ‘[‘

これ、何かと言うとPHP5.4以降で使えるようになった「配列の短縮構文」がうちのサーバーのPHPバージョンが古いせいで「なにこれ?わかんない」と行っているという現象。今回DLして使おうとしたプラグインに書いてあった当該列の記載は下記の通り。

マークされている行が、今回問題になった記述記載部分です。僕が使っているコーディング用ソフトは「mi」です。エンコーディングや改行コードがどのようになっているのかをきちんと確認しながら進める作業があるため、コーディングについてはこのようなソフトを活用されることをお勧めします。ちなみに、会社では今後GitHubを選択する可能性が高いため「ATOM」を活用しています。

<?php if(in_array(get_site_url(),[‘http://www.managingio.com’,’http://blog-latest.socialshare.com’,’http://wp.192.168.0.135.xip.io’])): ?>

ここで出てくる「[」がNGになってるんですね。これでいうと、「[]」で挟まれてくる部分のURLを取得に行くという文章。簡単にいうと、「もし、この先の部分に[]内の三つのURLがあったら」というもの。arreyは配列変数で、通常一対一で紐付けされるものを複数選べるという代物。ただ、僕の借りているサーバーのPHPのバージョンが5.2.3なんでそもそも「[]」が使えなかったという話です。前段書いた記述は『配列の短縮構文=「array()→[]」』ということなのです。これが、うちのサーバーで受け付けないという話ですね。多分、ここだけの問題じゃないからこのプラグインは使えないかなぁ。今のとこ、大きな問題起きてないけど今後も気をつけないとだなぁ。ちなみに、URLをhtml内で記載するときもプラグインが必要なんだけど手書きで入れる際は「&lt;(記述時は半角ね)」で対応可能です。何故「lt」は何かというと、「less-than sign」の略。参考までに、閉じは「greater-than sign」なので「&gt;(記述時は半角ね)」覚えておくとこの手の文章を書くときに楽です。実体参照の一覧、便利なのでリンクも入れておきます。マークアップ記号だけは、覚えといても損しませんよ。

文字実体参照

あとは、コーディング用テキストエディタのリンクもいくつか。
mi
Jedit Ω
ATOM
僕はずっとJeditを使っていたのですが、バージョンアップが面倒でmiに移行しています。miはフリーエディタなんですが、様々な環境に対応していていいなと思います(できれば、お仕事でお使いになる方はドネーションしてあげてください!)。しかしながら、今後使い続けるかについてはまだ検討中。JChecker XってツールがJeditとセットであったんですけど、これが恐ろしく便利だったんです。デバグがありえないほど楽だったので。ただ、このツールは更新されていない。これが復活したら、Jeditに戻してもいいかなぁと思います。慣れてるし。ATOMは、まだ使い始めたばかりなのでよくわからずだけど、基本UTF-8なんで日本語がマァマァ化けるのが面倒だなとか思っています(これは、コードを指定すればなんとかなるのですけどね)。auto-encodingは基本仕様に入っていないので、DL→Installの必要がありますので注意!タブ管理は、圧倒的にJeditの方が使いやすいですね。

アイキャッチ画像は、昨年2018年11月末に新宿で撮影した写真じゃないかと。わからんけどw

【Music】Reason-Logic:Rewireしてて、解らない事 070815

8月の夏真っ盛りに、なぜかPCに向かって音楽作ってって。というわけで、外の世界はこうだったという写真。
8月の夏真っ盛りに、なぜかPCに向かって音楽作ってって。というわけで、外の世界はこうだったという写真。

多分、当面は音楽系の日記が続きそうな予感。
まぁ、Liveが控えてるんでしょうがないよね。
今まで、Reasonオンリーで創る事が殆どでたまにLiveを使ってたんだけど。
遂に、Logicをまともにつないでやり始めた。
で、まぁRewireするとかその辺は上々。
とりあえず、一通り仕組みは解りました。
さて、次の課題としては『LogicのMIDIでRewireしたReasonをコントロールできないの?』という話。
いやね、MIDI CLOCK Syncがあるので書いたやつを同期させる事は可能。
が、個人的には楽曲はLogicでまとめて書きたい。
でないと、コントロールが面倒。
なのに、そのやり方が解らないという話しドス。
現在は、しょうがないので同期させてReasonで起こしたのを送り込んでいる感じ。
が、このやりかただとどうしてもかゆい所に手が届かない感じなんだよねー。
何かが、足らない。そんな、暑い夏の夜長です。
EXTRA MUSICでは、自分の曲使えるかな?どうかな?
一応、AIFFに書き出せるのでCD焼きは可能。後は、気分かなぁ。

これは、長野の諏訪市のパーティーで撮影した蜻蛉の写真。綺麗に撮れてる。
これは、長野の諏訪市のパーティーで撮影した蜻蛉の写真。綺麗に撮れてる。本文とは、なんの関係もありません。季節感のみw。

【Music】AIFC問題:やっと、解決しました 070814

悩んでた、AIFC問題。やっと解決。
そもそも、なんでアップルは勝手にAIFCなんつー保存モード創るんだよ…….。
余計な事するなよなぁ。いや、まじで。
このモード、Mac以外どこにも再生できるツールなし。アホかと。
MSとApple、この辺のユーザビリティーを無視した開発競争をいい加減にやめてほしい。
さて、表題の問題。あっさり解決。
=============================
■AIFC→AIFF
1.AIFF Fileをgaragebandに読み込ませる
2.出音を調節3.iTuneに書き出す
=============================
以上の手順。
この手順を踏むと、AIFCがAIFFになります。
多分、音質は低下してると思うけどそこはやむなし。何だかなぁ。
Live用のInterludeは、創りおいたものをいくつか使うのでどうしてもね。
さて、徐福LIVEまで時間無いよ!!
P.S.そもそも論として、Reasonの書き出しをAIFFに出来ないのだろうか……….。

【追記】懐かしいなぁと思うのですが、扉やってた頃の記事ですね。確かに、LIVEやる予定で書き出しでウンウン唸っていたことを思い出しました。ちなみに、この時は記載していませんが「AIFC:Audio Interchange File Format Compressed」「AIFF:Audio Interchange File Format」という事でAIFCはAIFFの圧縮版なんですよ。なので、軽い。当時、色々なソフトを使って組み上げてたんでしょうけど多分AIFCが読めないソフトを入れてたんでしょうね。確か、AIFCはCUBASEとかでも読み込める形式なので本来大きな問題にはならない気もするのですけど。10年以上前の話なので、今となっては謎です。

ちなみに、くだんのReasonはもうVer.10。いやはや。ちなみに、機能制限版のIntroなるものも出ていて1万円を切ってるので意外にお買い得かなぁとか。今月末まで、フルバージョンもPropellerheadの公式サイトでオフセールやってますね。とはいえ、結果論ですが普通にアマゾンお通販の方が安いという現象。(2019/03/21 Noise)