「分析」タグアーカイブ

【デジタル】matomo雑記vol.3:自分のデータを独立させるためにWPのプラグインでmatomo入れてみた

こんにちは!東京は、この時期としてはありえないような雪模様。皆さん、いかがお過ごしですか?うちは、子供たちとAMは評判が良くはなかった「Terminator Genisys」をAmazonプライムで見てました。今は、雪で遊んでいる感じ。が、やんで来ちゃいましたね。。。

さて、今日は本体のmatomoとは別にプラグイン版のmatomo「Matomo Analytics」を入れることにしました。というのも、会社のメアドを使ってCloudの方のmatomoを実装し、そのアカウントの一部を実験的に使って自分のWord Pressの分析をしながら学んでいたのですが、DBを会社の契約のサーバーに入れると色々面倒だなぁと思って。実際に、これから活用に向けて有志で集まってこの活用方法の模索を進めていくことになるのですが、それに当たっても僕個人のサーバーで実験するのであれば何ら問題なく色々できると思っているのもあります。さすがに、会社のサイト分析データでの実験は怖いなぁとか思う部分もあって。別に、僕が始めるプロジェクトで基幹システムに関わる訳でもないので考えすぎかもですが、でも予感的にこのツールは今後の構想に於いては主軸を担う可能性もある訳で、DB上におけるデータの持ち方含めて自分のサーバーにデータおいた方が融通効くってのが一番かと。

ちなみに、今回のデータについては現在メインドメイン用に借りているサーバーの中にあるDB上にデータを溜め込んでいくことになりそうです。フルレポーティングのアドレスを見ると、Word Pressのディレクトリー直下の「/wp-content/plugins/matomo/」となっているので、データ自体は当方のサーバー内で完結している模様。まだ、コード読み込んでないからどこに入ってるか知らんけど٩( ᐛ )و

Word Pressでのサマリーは、こんな感じですごくシンプル。JetPack でも日時推移は見れるんだけど、こちら本体のmatomoと同様「デバイス」「OS」「ブラウザ」「国」などが一望できるのが楽チンでいいなと。詳しく見たい場合は、上部のView full reporting をクリックするか、左のカラム下部にある「Reporting」を見れば確認可能です。レポート画面は、通常のmatomoと同じ作り。ただ、Word Pressに閉じたツールになるので簡略化されていて「Funnels」「Forms」「Media」「A/B Tests」「Heat Maps」「Session Recordings」の項目がありません。個人的に、「Funnels」「Forms」「Media」についてはWP版でも実装しておいた方が有用性高いと思ったのでしが、プラグインだとこんな感じなのかもとか。あと、ビューワーないで、管理者などの項目がないため、閲覧ユーザーを増やすことはできません。この視点で言うと、企業サイドがアクセス管理ツールとして活用するのであればプラグイン版ではなくフルバージョンを活用した方が間違い無いかと考えます。とはいえ、User FlowやTop Pathを見ることができませんが、トランジションまでは見ることができるので詳細分析をする必要のないものについてはこれで十分かなぁとも。実際、個人の記述サイトでそこまで詳細分析する人いませんもんねw。あ、あとビジター部分のCohort分析も削除されてますね。これも、特に使わないかな。僕は。ちなみに、フルバージョンにしたいのであれば年契費用を払うことで上記の機能をWPプラグインで活用することも可能みたい。ちなみに、フルバージョンの機能を使うにはCLOUDの本契約をするかオンプレミスでプレミアム契約しないといけません。

ちなみに、既にMatomoをオンプレミスもしくはCLOUDで使っていてそのデータを連動したい場合は「WP-Matomo plugin.」を入れる必要があるとのこと。ここ、間違わないようにー♪( ´▽`)

【追記】現在、なぜかTime Zoneがずれているようでデータの時間が2時間くらい後ろ倒しになっています。可能性として、GTM 経由で入れているMatomoのタグとバッティングしているのではないかと言う疑惑があるため、一旦もともと入れていたタグは休止にしてみました。

【デジタル】Matomo雑記vol.2:凄い見てる人がいると思ったら、自分だった話とか

こんにちは!今日も、ちょっとづつ設定中です。「おお、なんか知らんけどすごく見てくれている人がいるー!」と思ったら、自分でした…..。で、Matomo ってすごくシンプルでいいなぁと思ったのはダッシュボードに右上にある歯車マークが設定の入り口になっているのですが、ここの一番下にある「自分自身のビジットを除外( Cookie 使用 )」の青文字のところをクリックするとその時に見ているブラウザクッキーを除外して分析してくれます。まぁ、なにぶんクッキーでの判別なので、毎度作業ってことになる可能性もあるんですけどね( ; ; )

一番下の、「自分自身のビジットを除外」項目の下部の青文字をクリックすると自分の行動データは反映されなくなります!

さて、今日はこれいいなぁと思った機能をいくつか順を追って書き出します。基本的な分類は


  • ビジター:GAでいうところのオーディエンス
  • 行動:どこから入ったとか、アクション起こしたのかとか
  • 集客:所謂流入元
  • 目標:コンバージョン設定と確認
  • Funnels:上記の目標設定にジャーニー設定を加えた行動検証
  • Forms:使ってないので、また今度よく見てみる
  • Media:これも設定してないけど、どうも再生トラッキングっぽい
  • A/B Tests:その名の通り、ABテスト
  • Heatmaps:ヒートマップまであるのかと!
  • Session Recordings:エントリーページ決めて、レコーディングするみたい
  • Custom Reports:読んで字の如く

ということで、かなりボリューミーな感じです。これ、使いこなせるのかって感じwというか、中途半端に日本語訳されてるんだけど変に訳さないで英語のままでもいいのではとか思う部分も。というのは、指定が英語でされているのに指定されている場所が日本語になっていると「それどこのこと?」って現象が。顕著な例は、Funnelsの最初の設定時に英語で

Funnels Overview
There are no active funnels, a user with at least admin access can configure and activate a funnel when they create or edit a goal.
ってのが出るんたけど、”goal”が翻訳されているので一体どこを指しているのか全く最初わからず。結果的には、目標設定時にFunnelの設定を行うことで、Funnelが起動するという仕組みでした。ということで、上記でいうところの「goal=目標」が正解ということ。これわからんよー( ´Д`)y━・~~

さて、この辺が全体概要で今日は「おお、これはいいなぁ」というポイントをご紹介。ビジターの項目で、ビジットログは前回の記事で紹介しましたが、今日は「デバイス」と「ソフトウェア」。この二つを挙げた理由は、ヴィジュアライズ。パッと見るだけで、直感的にアクセスの量的把握が行えるというのがみそ。これは、GAにも当然ある機能なんだけど、個人的にUIがこちらの方がわかりやすい。細かいデータがGAの場合は、一気に見れてそれはそれで捉えやすいんだけど、Matomo 見て何じたのは「まずバックリと比較するのであれば、このシンプルな見せ方なんだな」と感じさせられました。詳しい資料って、色々知ることができていいんだけど、領域が広がるほど欲しいデータが見つかりづらくなるわけで、俯瞰して見たい時にはこのレベル感の方が分かりやすいのかと実際のサイトを見て感じた次第です。

■ビジター→デバイス

デバイスの項目は、「デバイスタイプ:ガジェットの種類」「デバイスのモデル:機種名が特定できるものは機種名、そうでないものはざっくりジェネリック扱い」「デバイスブランド:デバイスのメーカー名」「画面解像度」の4項目がデフォルト。そういえば、この画面解像度って意外に重要なポイントだなって改めて感じました。

■ビジター→ソフトウェア

この項目は、「OSのバージョン」「ブラウザ」「環境設定:OS+ブラウザ+解像度の組み合わせ」「ブラウザエンジン:HTMLレンダリングエンジンのこと」の4項目がデフォルト。サイト制作視点では、実はブラウザそのものよりTMLレンダリングエンジンが何なのかということが重要な部分なので、開発者視点で作られているなと感心しました。

今日のところは、上記二つの特徴についての説明でやめときます。眠いし。次は、「行動」に焦点を当てて記事を書こうと思っています。ここの部分も、かなり深いですよー!いや、ほんと面白い。このツール。

【デジタル】matomo雑記vol.1:分析ツールとしてMatomoを導入することにしました

こんばんは。また、更新滞っていました。と言うか、下書きの途中の記事は複数あるのですが、色々考えて推考していると「違うかなぁ」とか止まっちゃってる感じでして。ちょっと、いったんリセットして記事を連載的に書こうと思ったんですが、 丁度新しいツールを使い始めたので自分で使ってみた記事を続けて書こうと言うことで。一昨日より使い始めたつーる「Matomo」についてこれから当面ボチボチあげていこうと思います。

もともと、Matomo を使う事になったきっかけはBRAVE。ご存知の通り、このブラウザは一切の広告とクッキーを受け付けません。このアクセスを見ようと思ったら、GAは笊。という事で、なんかありますか?って質問して帰ってきたのが、Matomo。とはいえ、実際にMatomoでデータが見えるのかというと表示には出てこない。が、多分「ここだろうなー」というおぼろげな輪郭が見えるのでこれを見ることが出来ればそれでいいかなぁってところです。ちなみに、実装はGTM経由で全体ビューに設定するだけなので簡単です。あと、驚くべくは実装後すぐにリアルタイムが動き出します。ここに、感動w

https://matomo.org/

あと、GAってGoogleのクラウドサーバー上にため込まれたデータの一部をサンプルデータとして閲覧するのみのツールですが、Matomo はサンプルではなくRaw Dataが閲覧できるというのも魅力。特に僕が魅力を感じているのはこの部分で、かつUSERレベルのアクティビティについても可視化されるという、なかなか今まで見たことがないようなUIが展開されていた事にも目を奪われました。だって、これ一番見たかったデータですからね。あくまで、指定したサイトに閉じた話にはなるのですがジャーニーを可視化してくれるってすごいなーと。僕は、単なる接触データには意味がないと思っていて、行動から導き出される傾向値を束ねたうえでコンテンツを作成し、導線設計をする事がコンテンツコミュニケーションを組み立てるうえで最も重要な要素だと感じているため、これを見ることが出来るツールに出会えてちょっと興奮気味なのです。

IPは、特定につながるのでマスクしています。みていただくとわかる通り、サイト内でのアクティビティの履歴が見ることができるんです!

僕は、所謂リターゲティングやDSPでの配信には全くと言って興味がないというか「あんまり意味がない」と思っている人なのですが、ユーザーサイドの行動を精緻に分析し、そこから嗜好を読み取り、それをクラスター化したうえで正しくクリエイティブやコンテンツを導きたいのでこの行動データが見れるというのは宝を掘り当てた的な感覚なんですよね。

今日は、入り口の話なのでこの辺で。

これから、一時Matomoを使っていく中での発見などを定期的につづって行きますので、ご興味あればご覧くださいなー(‘◇’)ゞ

【デジタル】IFTTTを使ってTwitterのアーカイブを作成してみた

個人で使っている分には、特に必要ないかもしれないんですけど僕の場合業務におけるデジタル全般を見ていかなければならないと言う課題があり。Twitter Analyticsの機能だけではどうしても追いきれない部分があるんです。と言うわけで、今回もIFTTTでそう言う機能がないか探してみることにしました。もしなければ、作ればいいしなーと言うことで。

IFTTTログイン前の画面、前に比べてシンプルで可愛くなった気がします。

アカウントをお持ちでない方は、まずここでアカウントを作成。ある人は、Sign inしてみましょう。そうすると、「こんな感じのアプレットあるよ!」って言うトップ画面が。ここで、Twitterの画面を選択してどんなアプレットを見ていくことになります。あとで、詳しく記載しますがIFTTTはツールやプラットフォームが公開しているAPIを直感的につないで動かす統合ツール。”IF This Then That“の略で、「もしこれの後がこうなったら?」っていう願いを叶えてくれる感じです。いや、ほんと使いこなすと便利です。公開されているアプレットを単に使うだけでもいいのですが、構造を理解して自分でアレンジメントできるツールなので「ちょっと足らないなぁ」と思ったら構造を理解した上で自分でカスタマイズしたアプレットを作ってしまう方がさらに楽しくなります。僕自身、公開されているものをアレンジして自分なりに使っていたり。当然ですが、各社がIFTTTに公開しているAPIの範囲に限るのですが通常ディベロッパー登録しないと使えないAPIを手軽に設定してつないでいけると言うのは極めて有用性の高いサービスだと感じています。

こちらが、Twitter版のトップページ。僕が選んでいたり作ったりしたアプレットは冗談に、”Try something new…”より下にあるのがまだ使ってないアプレット。通常は、この下段部分から自分がやりたい事を元に選択します。

過去記事で、TwitterとInstagramをつなぐ際にIFTTTを使ったものをあげていますが、あの時から色々試してみて理解も深まりました。改めて思ったのですが、こういうサービスはやっぱり深いところまで理解した上で使った方が色々いいなと改めて。ちなみに、Twitterフォロー御礼の自動返信もこれまでアップされているアプレットを使っていましたが自分で日本語版を作成して入れ替えました。

上の画面への入り方ですが、IDとPassを入力しトップの画面が出たらTwitterのボタンというかバナーというかそういうのをポチッと。そうすると、Twitterに関するアプレットを集めたページトップに飛びます。今回は、自分の投稿のアーカイブ化が目的なので”Twitter → DB”となるシステムを掘り起こし。クラウド型のDBとして一般的なものとしては、Google DriveやGoogle Spreadsheetになるので探してみます。このサービスでもう一つ「いいなー」と思っているのはアプレットバナー一つ一つがピクトグラムで描かれているためざっくり繋ぎたいサービスがつながっているかが確認できる事。これって大きいなと。

こんな感じで、シンプルな画面で説明文とピクトグラムが並んでいます。ここから選ぶだけ!左下に書いてある数字がユーザー数で、右側のピクトグラムがつながっているサービスです。わかりやすくていいですよ。

さて、今回ですがTwitterのログを書き出すことが目的という事で探してみるとやっぱりSpread Sheetに行き着きました。最終的にCSVに加工してつい気分を加えた上でPythonなどで分析することも見越しているので、その視点でもこの方法が間違いないなと。

ちなみに、僕は設定してしまっているので”Connected”の表示になっていますが、最初はちょっとだけ設定画面が入ります。前に投稿したポスト”【デジタル】InstagramとTwitter連携でIFTTTを使ってみた“でも書きましたが、TwitterとGoogle双方のアカウントをIFTTTと紐付け許可して動かす感じです。もちろん、両方のIDとPassが必要となりますので業務でお使いの方は間違いないよう。間違って、Google側を自分の個人アカウントと紐付けしちゃうと後が面倒なので。ここが完了すると、下記のようなデータがSpreadSheetに自動で上がるようになります。便利!

ファイル名は、”Your Tweet”でちょっと味気ないけどどんまい。また、別の機会にこの裏側の仕組みと自分で作ってタイトルとかを書き換える方法などアップするようにしますね!ではでは。

【デジタル】全世界のTwitterオーディエンスの99%の関心が「犬」になっている件

こんばんは。今朝書いたTwitterアナリティクスの不具合もなかなかこまっちゃうんですけど、もっとすごいのがあるので一応書いてみますね。もちろん、Twitterをマーケティングに活用している人の一部は気づいていると思うんですけど、気づいていない人もまだまだ多いのかなぁと思ったので。

画面見てもらうとわかりますが、おもいっきり「犬」がトップに来ています。それも99%ということは460人のフォロワーのうち5名程度を覗きみんな犬に関心があると。いや、ありえんだろw

Twitterアナリティクスの画面のタブの一つに、「オーディエンス」って項目があるんですね。これ、何かと言うとアカウントで見たときのフォロワーの関心傾向値を示すものなんです。まぁ、今朝書いた「今月はまだツイートがありません…」の話があり一体どんな不具合なのかなぁと色々みていて「オーディエンス」タブみたら僕のフォロワーの関心のトップが「犬」。いや、これありえんだろと。というのも、僕のアカウントは「音楽つながり」「ゲームつながり」「デジタルつながり」「写真つながり」の4軸。これまでは、この4軸のどれかがトップに来ていたのになぜか「犬」。ということで、ちょっと気になりすぎて全体を見たのが下のキャプチャー。

全てのTwitterユーザーで見ても、やっぱりオーディエンスの興味は99%「犬」。ただ、2位は「コメディ」は僕のフォロワー99%に対し、92%となっているため若干薄まっています。
続きを読む 【デジタル】全世界のTwitterオーディエンスの99%の関心が「犬」になっている件

【デジタル】Google Analyticsの実装について

テレワークの日は、自転車で移動。僕は、井の頭通りから青山に抜けて麻布に向かうのですが、朝のこの風景が大好きなんです。大原界隈はちょっと高台で街が見渡せるのです。

うちのサイトでは、ドメイン全体用とWordPress用でそれぞれGoogle Analyticsを別々に設定しています。統合してもいいのかもですが、将来的にみるとこのほうが良いのかなぁという意味合いで。ちなみに、WPに積んでいるものは、もともとMovable Typeに実装していたものを引き継いでいます。その関係で、ちょっと面倒な見え方になっていた部分に昨日修正をかけた感じです。MTからWPに移行したのは、MTの全換装時サーバー負荷がでかすぎて、コンテンツが増えた際のトラブルが怖かったから。実際、色々不具合起きてましたからね。

さて、ちょっとややこしいのだけど、全体用はGTM経由で、WP用はAll in One SEO経由で埋め込んでいます。これは、差異が出るかの実験も兼ねて。実際に、差異が出ているんだけどまだその原因が探れてません。どちらの数字も、JETPACKと微妙にずれてるし。これは、発火のロジックの違いとセッション区分の違い辺りが関与しているのだろうと踏んでいます。当面この形で運用して、精緻化していこうと思います。この辺で貯めた知見を、改めて業務に戻していく事が目的なのでこっちはずれてる方が面白いなとかね♪( ´▽`)

という事で、今日も広尾でノンビリ仕事と分析中。夏前からのプロジェクトの全体概要も資料に落とし込まないとだなぁ。楽しいけど、結構企画が立て込んできてるので優先順位付けないと。幕張ネタもやらんとな。忙しー!!!

【デジタル関連】現在、僕のWPを分析する際にGAで起きている現象

「写真は、昨日News Credのイベント時に撮影したAMANAさんの前の工事囲い」

週末にGAを入れて、これで計測できるかなぁと思っていたのですが、考えていた事とは違う現象が今起きています。内部ツールの出の分析では、64アクセスだけGAでは1アクセス。

一つの可能性として考えられるのは、トップのみで反応しているため、記事ごとの反応値が得られていないという現象(ソース上は、GTM動いているんですけどね)。

もう一つは、1ページで離脱して数字が上がってこない(これは、GA独特のロジック)。

とはいえ、64あって1名残して全員すぐ離脱ってあるのかなぁ?この辺については、記事を書きながら検証していくしかないよね。ちなみに、昨日はAMANA SQUAREで登壇していました。News Credのイベント。今回は、コンテンツコミュニケーションについて、広告主の立場で語っておりました。雑誌とかでタイアップするような感覚で、僕はもっとブランドがコンテンツを作成していいんじゃないかなぁと思っています。むしろ、数値が可視化されるし。だけど、よくメディアが言ってくる「PV」は正直どうでもいい数字だよねーという部分もあり。昨日は、見なければいけない数字的ポイントも語っています。大事なことは、出稿主体である広告主側がきちんと目的をもってオリエンし、見るべき数字を確認し自分の物差しで成否を判断し、良くも悪くもレビューすることだと考えます。これ出来ないと、やりっぱなしになるしさ。