「wordpress」タグアーカイブ

【Diary】先日の一枚:和田堀公園にて、iPadの写真アプリからの連携実験 190413

WordPress本体のブログを見ていたら、「簡単に写真をシェア出来るよ」って言うことで手順載ってたので早速実践。この写真、加工してるので異世界チックだけどお花見の時期の和田堀公園です。奥の真ん中にいるのは、丈さん。

さて、どう言う感じに表示されるのかな?使い勝手良ければ、今日の一枚は今後このプロセスで投稿してみようと思います。色々、ツール連携進んでいるのね(*´-`)

PCで開いてみて分かったのは、このツールを使って投稿すると”CLASSIC MODE”での投稿となってしまうこと。これはこれで別にいいのだけど。多分、そもそも論としてWordpressアプリが新しいブロックに対応してないことが原因なのかな。とまれ、カテゴリーもノンストレスで選択できるしタグもいける。本体に積み込んでいるプラグイン以外は大概使えるので写真をアップするという部分だけで純粋に活用するのなら全然あり!むしろ、そのためにアプリアップするより利便性が高いなという印象。

なんとなく、記事を上げるにあたっては構えて考えてってところが多かったんだけど、直感的にアップしたい時には有用なツールだなと感じました。難点は、勝手にTwitter連携しちゃうてんだけどこれも自動化という視点ではいいのかもですね。PCからアップするときと違って、ライブでの出来事アップデート考えればこの流れもありだと思った。

【デジタル】新Search ConsoleでのIndex登録について

こんばんは!記述をサボっていたように見えると思いますが、実際先週は毎晩送別会やら打ち上げやら飲み会続きで書く暇がなかったというのが本当のところ。正直、AppleのIt’s show timeの話とか書きたくてしょうがなかったんだけど、飲み会続きでなんかタイミングを見失ったので、書くのやめました。でも、後日Google STADIAとApple ARCADEの僕的感覚での違いとかその辺は記述しておきたいなーと思っています。eスポーツの観点で。

ほぼ、Google検索に乗ることがなかった1月末から順当に伸ばし、1日当たりの検索表示回数はなんとか200-300まで乗せることができる感じになりました。
ほぼ、Google検索に乗ることがなかった1月末から順当に伸ばし、1日当たりの検索表示回数はなんとか200-300まで乗せることができる感じになりました。

さて、今日のお題ですがGoogle Search Consoleの話。先日、2019年3月28日をもって旧画面が使えなくなりました。あちらの画面だと、Index登録がわかりやすかったんですが変わってしまったもんは仕方がありません。過去に、旧画面でのIndex登録については記述しましたが、改めて新画面でのIndex登録について簡単に記載しておきますね。いくら良い記述をアップしても、誰もきてくれないと寂しいですよね。でも、現実をきちんと見る必要があるので確認するのがSearch Console。確認する際には、どのタイミングで、どのような言葉でコンテンツが検索に引っかかっているのか?また、どの言葉を元に、自分のサイトに来訪しているのかを確認することで、次につなげていくことができるのです。「どのタイミングで」を確認するのが、上記の「検索パフォーマンス」で表示されるグラフ。これの動きで、日々伸びたのか否かを確認します。そして「どの言葉で」を確認するのが「クエリ」です。

このクエリ画面を見ていただくとわかりますが、直近はちょっと前に書いたTwitterアナリティクスの不具合の記事が大きな興味を呼んでいただことがわかります。
このクエリ画面を見ていただくとわかりますが、直近はちょっと前に書いたTwitterアナリティクスの不具合の記事が大きな興味を呼んでいただことがわかります。

個人的には、前のツールよりかなり整理されたと同時にデザインもスマートになり見やすく親しみやすくなったなという印象。あと、データ閲覧というポイントで考えると16ヶ月分のトラフィックデータが閲覧できるようになったという部分はかなり深い改善だなぁと思っています。僕のサイト向けではなく、あくまで会社のサイト見るときにという話ですけど。で、今回の記述の中核なんですが、Index登録依頼が今までFetch as Googleだったのに対し、今回はURL 検査ツールに変わったのが大きな変更点。意外に簡単なのですが、グレー帯部分にある検索窓に対象となるURLを入れると下の画像のような結構ちゃんと詳細にわたった情報を取得することが可能です(ちなみに、これは色々開いた状態なので本来はもっとシンプルに出てきます)。

過去のページであれば、色々コメントが入りそうですが最近はきちんと登録を入れているためこの画像のように「登録されてるよ」というポジティブな回答が出てきます。

まずは、ここで情報を拾いつつも更新をかけた時や新規の記事をアップした時にはセンターカラムの中に書かれている「インデックス登録をリクエスト」を押すとIndex登録作業が始まります。過去のバージョンだと、この部分の進行がかなり早かったんですが、今回のバージョンはちょっとここで長いと2分くらいの時間がかかります。その代わり、登録時に一々パーミッションを切られるような事態がなくなりました。これは、作業的にはシンプルで良いなと思いました。

こんな感じのモーダルが表示されて、いっとき待つ感じです。ここをクリアしたら、最後に登録したページに書かれている言葉を使っていくつかのパターンで検索をかけて登録されたかを見たら作業完了。

晴れて登録が通ると、早ければ直後にGoogleの検索に反映されます。僕の体感的には、長く待っても5分くらいかなぁという印象。これまでのなんだかシステム登録って感じの作業から、進化したなぁと。業務でコンテンツを作成した時も、この作業を丁寧に実施することで上位に上げていくことが大事だなぁと改めて。あとやっておくべきこととしては、ちゃんとサイトマップ作ろうってことかな。

最後に、持論ですが。僕は、このクエリを見て自分の文章、もしくはブランドの為に書かれたコンテンツをSEO視点のみで改稿することには反対です。これは、パートナーとしてうちの会社のコンテンツを見てくれているアナリストの人にもはっきりと答えています。大事なことは、SEOだけではなくて、自分のもしくはブランドの伝えたいことがしっかりとメッセージできてるのかということじゃないかと。でないと、「何の為に、コミュニケーションするんだっけ?」という原点を忘れることになるかなと。いや、集客だけが目的ならそれはそれなんですが。

【デジタル関連】僕がSearch consoleとJET PACKを重視する理由

こんばんみ!今日は、送別会ということで大分酔っていますが、大事なことだと思うのでこの瞬間に書いておこうと思います。誤字脱字は、明日以降直すんでその辺はニュアンスで感じ取ってください。僕の中で、このWordPressでやっていることは自分にとって、そしてみんなに知ってもらいたい事の備忘録として再起動しています。もう一つの理由は、僕という人の記録をアーカイブする事。これがもう一つの目的。「僕が死んで、ドメインがなくなったとしてもArchive Orgに残るよね。」という意識づけ。データの海に、自分の記録を残したいという意思です。だから、SNSでの記述ではなく、自分のドメインを取得して記述を繰り返しているというのがあります。先日のザッカーバーグ先生の記述みてわかったとは思うんですけど、SNSは永遠ではないんですよ。運営がいて、コントロールするものだから。そして、Archive Orgにも個人の記述は記録として残りません。何故なら、SNS上の位置データに過ぎず、これがログとして残す意味があまりないからです(アーカイブとしてという意味で)。

Search Consoleの「検索パフォーマンス」を確認すると、自分の管理するサイトの「どこに」惹かれてユーザーが来訪しているのかがみて取れます。この際大事なのは、単にこのワードを拾ってサイトを改定するだけではなく、もし意図と違う拾われ方をしているのなら記事の修正や削除も含めて検討するベースとなるのがこのツールです。
続きを読む 【デジタル関連】僕がSearch consoleとJET PACKを重視する理由

【デジタル】遂に、PHP 5.5以下のサポ終了が発表された:wordpress

南無ー。いや、そろそろかと思ってドキドキしてたんですけど遂に発表されましたね。先だって、『サイトが安全ではないバージョンの PHP を実行していることを検出しました。』とWordPress5.1に更新したら出てくることを記述しましたが、やっぱりこのための布石だったんですねー。まぁ、予測していたとはいえ、思ったより早かった。というか、早すぎ(涙)。ここまで早いと思ってなかったんで、サーバー移行の準備が全く進んでいません。諸々の情報を総合すると、D-DAYは2019年4月30日。

そもそも、この話が始まったのは昨年12月にアップされたこのBlog記事「Updating the Minimum PHP Version」。ここには、”For the millions of sites already running WordPress 5.0, 85% are using PHP 5.6 or above. ”って書いてるんだけどさ、この記述のアイキャッチにしてるグラフ見てもらうとわかるんですけど、2019年3月23日時点でもWordPress5.0以上のユーザーは4割強だし、PHP5.5以下のユーザーも20.8%もいるんですよ。「85%以上がPHP5.6以上」って、おっさんどこ見て行ってんの(涙)。って、Gary PendergastさんはWordPress開発に関わっている偉い人の一人なんですけどねw。一応補足しておくと、WordPressはオープンソースで”GNU GPLv2+”のライセンス下で配布されています。ソース自体が智の集合体で、特定企業に付随する販売パッケージでは無いという感じです。個人的に、僕はこのGPLって概念が好き。自分が人前で講演する時もそうなんですけど、持ってる知識をオープン化した方が結果として世界が発展し面白くなると思うんですよね。目先の金を追う人には、全く理解できない概念でしょうけど。

続きを読む 【デジタル】遂に、PHP 5.5以下のサポ終了が発表された:wordpress

【デジタル】今日はwordpressの固定ページに「最新記事一覧」を追加しました

こんばんは。かなり過去記事の整理ができて来たところでの悩みとしては、リストページがない事。これがないと、回遊構造が作れないという感じでして。折角興味を持って来ていただいても、良くて2ページ見たら帰っちゃうっていう状態になってました。特に、過去記事に関してはほんと今見づらい状態でして。まことに申し訳ない限りです。というわけで、まずは最新記事一覧に着手しました。phpを書くことも考えたのですが、折角のwordpressなのでプラグインを使おうということに決めて選んだのがこれ。

SHORTCODES ULTIMATE

シンプルでVIVIDなホームページにも惹かれたことは、いうまでもないかなぁとかね。
続きを読む 【デジタル】今日はwordpressの固定ページに「最新記事一覧」を追加しました

【デジタル】今度は「カバレッジ」でエラーが増加。理由わかってるけど。

こんにちは。いろいろ対策して、Google Search Console上での反応はいい感じに回復してきています。しかしながら、次はこれかと(苦笑)。エラー消えたと思ったら、次のエラーがやってきました。見ての通りの「送信された URL に noindex タグが追加されています」。やっちゃったわ。どこ間違えたのかと….

2月20日にエラーゼロになってホッとしてたんですが、2月27日にエラー再発。それも、一気に69件。

「うはー、えらいこっちゃ!」と思ってあたふたしていたんですけど、焦ってもしょうがないからざっと全体を俯瞰。このタイミングって、たしかサイトマップ飛ばした時だよなと思い直し(1週間位一回の設定としています)下にスクロールしてみると、下記のようなページが原因になっていました。

拡大してみると、「http://www.kluv-depth.com/n-mono/?m=200908」のような表記がられるされています。この「?m=200908」というパラメーターが指し示しているのは、「2009年8月の月次アーカイブです。
続きを読む 【デジタル】今度は「カバレッジ」でエラーが増加。理由わかってるけど。

【デジタル】だいぶ、検索エンジンへの対策状況が改善

こんばんは!今日は、ちょっと色々あってなかなか外出ができず、子供と一緒に公園行ったり家の片付けしたりでのんびり過ごしておりました。あ、そうそうダイソンの掃除機買い替えてみたら今のモデルはかなり静かでかつ軽いのね。いや、龍さんが楽しそうに掃除をするなんてちょっとびっくり!これなら、ちょっとお手伝いを頼めそうだと目論んでおります。僕は、家事を子供時代からやったほうが結局後で楽だと思っている派閥なので。

カバレッジは、努力の甲斐あってしっかりと積み重ねてきているなと思います。これは、sitemapをフルパッケージで入れ替えて行っていることも功を奏していると思います。しかしながら、Movable Typeで制作しアップしていたコンテンツについては修正再アップの作業が必須であること自体は変わらないので、地味に更新は続けます。

さて、日々地道に過去日記を整備してSearch Consoleにインデックス登録し直すという地道な作業を続けている結果、カバレッジが地味ではありますが上がってまいりました。結果として、検索パフォーマンスも地味ではありますが改善してきています。まずは、最低ラインにいてそもそも検索にかからなくなっていたページをしっかりかかるように手直しをしていくこと。合わせて、きてくれた人が「面白かったな」と思ってくれるよう、何かしらの仕掛けを施していくという工程が今後につながる重要なカギになると考えています。自分のためのスペースではありますが、僕自身のスタイルが「仕事とプライベートがボーダーレス」な人なのでここで実験することで仕事に生かし、その先に仕事で得た知見をまたここに戻すというサイクルを考えているのです。大きな違いは、ペイドで集客をするのか人力で集客するのかの違いかな。僕的には、昔から自分の言葉で手作業で告知をするのが好きな人なので、会社の仕事においても人の息吹を感じるコミュニケーションでありたいなぁと思ってプランニングしていたりします。その辺が、効果効率を追い求めるデジタル・マーケターの皆さんとは大きく違う部分なのではないかと思います。どこまでも、僕が追い求めるものは不条理であれども「感情に訴えかけるもの」。数字は大事なんですけど、数字の先には人がいるんです。

続きを読む 【デジタル】だいぶ、検索エンジンへの対策状況が改善

【デジタル】PHPバージョンの問題とコーディング、ツールについて

前々から、とりあえず「動くからいいや」的にサーバー移行せずに使っています。が、「テーマ」「プラグイン」の実装においては種々の問題が出てくるのは事実。特に、PHP構文の違いでプラグインが動かないケースが散見されるのが痛い。一番良く起きるのが、下記のケース。

Parse error: syntax error, unexpected ‘[‘

これ、何かと言うとPHP5.4以降で使えるようになった「配列の短縮構文」がうちのサーバーのPHPバージョンが古いせいで「なにこれ?わかんない」と行っているという現象。今回DLして使おうとしたプラグインに書いてあった当該列の記載は下記の通り。

マークされている行が、今回問題になった記述記載部分です。僕が使っているコーディング用ソフトは「mi」です。エンコーディングや改行コードがどのようになっているのかをきちんと確認しながら進める作業があるため、コーディングについてはこのようなソフトを活用されることをお勧めします。ちなみに、会社では今後GitHubを選択する可能性が高いため「ATOM」を活用しています。

<?php if(in_array(get_site_url(),[‘http://www.managingio.com’,’http://blog-latest.socialshare.com’,’http://wp.192.168.0.135.xip.io’])): ?>

ここで出てくる「[」がNGになってるんですね。これでいうと、「[]」で挟まれてくる部分のURLを取得に行くという文章。簡単にいうと、「もし、この先の部分に[]内の三つのURLがあったら」というもの。arreyは配列変数で、通常一対一で紐付けされるものを複数選べるという代物。ただ、僕の借りているサーバーのPHPのバージョンが5.2.3なんでそもそも「[]」が使えなかったという話です。前段書いた記述は『配列の短縮構文=「array()→[]」』ということなのです。これが、うちのサーバーで受け付けないという話ですね。多分、ここだけの問題じゃないからこのプラグインは使えないかなぁ。今のとこ、大きな問題起きてないけど今後も気をつけないとだなぁ。ちなみに、URLをhtml内で記載するときもプラグインが必要なんだけど手書きで入れる際は「&lt;(記述時は半角ね)」で対応可能です。何故「lt」は何かというと、「less-than sign」の略。参考までに、閉じは「greater-than sign」なので「&gt;(記述時は半角ね)」覚えておくとこの手の文章を書くときに楽です。実体参照の一覧、便利なのでリンクも入れておきます。マークアップ記号だけは、覚えといても損しませんよ。

文字実体参照

あとは、コーディング用テキストエディタのリンクもいくつか。
mi
Jedit Ω
ATOM
僕はずっとJeditを使っていたのですが、バージョンアップが面倒でmiに移行しています。miはフリーエディタなんですが、様々な環境に対応していていいなと思います(できれば、お仕事でお使いになる方はドネーションしてあげてください!)。しかしながら、今後使い続けるかについてはまだ検討中。JChecker XってツールがJeditとセットであったんですけど、これが恐ろしく便利だったんです。デバグがありえないほど楽だったので。ただ、このツールは更新されていない。これが復活したら、Jeditに戻してもいいかなぁと思います。慣れてるし。ATOMは、まだ使い始めたばかりなのでよくわからずだけど、基本UTF-8なんで日本語がマァマァ化けるのが面倒だなとか思っています(これは、コードを指定すればなんとかなるのですけどね)。auto-encodingは基本仕様に入っていないので、DL→Installの必要がありますので注意!タブ管理は、圧倒的にJeditの方が使いやすいですね。

アイキャッチ画像は、昨年2018年11月末に新宿で撮影した写真じゃないかと。わからんけどw

【デジタル】今日も、せっせと過去日記をリバイスしていましたが

このところ、暇さえあればwordpressの過去日記を再生する仕事をちまちまやっています。何しろ、10年以上前の記録なのでほとんどリンクが死んでいるので引き直せるものは引き直し、ダメなものをリンンクを削除。合わせて、外部リンクで持ってきた画像についてもほぼ死んでいるので、まず自分の写真アーカイブを見ながら適切なものは自前で張り替えという地味な作業を続けています。やってて思うのは、「めちゃめちゃ写真たくさん撮る人で良かった!」という部分。何しろ、リビングのマックの中にはとりあえず2004年1月からの写真がしこたま格納されているんですよ。このおかげで、全ての過去記事についてヘッダーに使う「アイキャッチ」画像には困らないのです。時期的な問題だけではなく、様々な場所を旅して、それぞれの土地で撮影をかましているのでこれも良かったこと。このアイキャッチがあるだけで、Twitter登録時のCard validator確認の時もいい感じの投稿イメージが作れます。

アイキャッチの画像、うまくレイアウトすると上記のような見え方が作れます。これだけで、かなりオシャレな感じがしますよね!

さて、このテーマでのアイキャッチですが一番適切かなと思うのは横幅1200pxのビルボード的な画像。これが準備できれば、かなり綺麗にハマるレイアウトが作れます。上の写真のように見せるには、1200くらいで入れるのがベストかなぁと感覚的に思っています。ソース見りゃいいんだけど、めんどくさいwちなみに、画像処理はAffinity Photoを使っています。使ってみて思ったことなんですが、いう通りこれ結構直感型のツールなので慣れるとかなり使いやすいです。

ここでちゃんと選んでおきたいのが、「リンク設定」部分。「メディアファイル」を選ぶと、格納した元g像を呼び出す仕組みです。ちなみに、出典元にリンクをすることも可能です。
ここでちゃんと選んでおきたいのが、「リンク設定」部分。「メディアファイル」を選ぶと、格納した元g像を呼び出す仕組みです。ちなみに、出典元にリンクをすることも可能です。

後の見せ方としては、写真をセンターで収めるか、左右に振るか。これも、見え方に大きな影響を与えるので写真次第にはなりますが、しっかり考えてレイアウトするといいと思います。レイアウトしたら、「リンク設定」を選ぶことを忘れずに。これやっとかないと、全くインタラクティブではないページになっちゃいます。それはそれでもいいので、意図的にそうするという手もあります。この辺は、好みかもしれませんね!僕は、なんとなくリンク貼りたい派閥の人です。

あとね、前の「【デジタル】過去記事をリバイスする際に気をつけている事とか」で書き忘れてたんですが、文章中に入っているLINKについては、全て生きたリンクにしておかないと検索順位が下に沈みます。古いものをリバイスすると、どうしても昔のリンクが残ってしまうわけで。その視点から考え、手間はかかりますがLINKを最新のものに変更しつつ必要なところに手を加えることで、記事に厚みを持たせることができれば正解だと思います。LINKが切れてて、代替もない場合は思い切ってLINK削除するとか、その文章語と差し替えるなりする方が結果としてGoogleでのランクを上げることができますので。ぜひご活用を!

【デジタル】WordPressを更新したんですけどね

こんばんは。もう寝なきゃならない時間なんですけど、何となく書きたい感じなので。先日、2月20日(水)は会社の目の前にあるアクトスクエアで実施された「DISCOVERY DAY 2019」に登壇していました。今回は、単なる登壇ではなくamana , Indahash , Outbrain , Teads との協働した実験的な取り組みの発表会的な感じになりました。思えば、3ヶ月前の11月。みんなでサロンに集まって、「悩んでいるみんなの背中を押せるような再現性のある企画をやろう!」と言ってから、鬼のようなスピードで考え決断し、実行に移したと思ったら分析し、みんなでデータを見ながら突貫で資料に落とし込むというウルトラCの末に組み立てた施策。本当に、「多分、今までとは違ったお客様にアプローチできるはず!」とぶちあげたものの結果出なかったらどうしようと思いながらみんなで「こうしてみたら?」を積み重ねて走った3ヶ月。いや、本当にやりきった感満載でした。面白かったし、やってよかったと思える素晴らしい実験でした。詳しい話は、どこかで書くかもですが、やっぱりデジタルって面白いなぁーって思えた3ヶ月でした。全ては、人の繋がりだし、最先端を走るメンバーが知恵を絞って行動した結果なんですけどね。でも、あそこで話したことは誰でもきちんと目標を定めれば再現可能な取り組みだと思っています。

そんなこと言われても、ユーザーサイドではミドルウェアは更新できん!

さて、表題の件。本日、wordpressを5.1にバージョンアップ。そしたらですね、「サイトが安全ではないバージョンの PHP を実行していることを検出しました。」って言いやがるんですよ。普通、みんなレンタルサーバーじゃないですか。更新しろって言われても、僕らユーザーが勝手にできないんですよ。ミドルウェアはさー。そのくらいわかるだろ〜、こらー!という失意なんですが、まぁ無視して使いますよ。はい。ちなみに、借りてるサーバーのPHPは5.2.4。いや、本当古いわ。でも、もうちょいちゃんと整備してからだと思うんですよ。鯖移動は。いい感じになるまでは、ここに止まります。