「monologue」タグアーカイブ

【DIARY】このところ、忙しくて放置してたので近況を

こんにちは!というか、ちゃんと記述するの本当に久しぶりです。折角MacBook Airの電池入れ替えなどして、色々モバイルで作業できる環境を整えたばかりだったのですが、様々なPoCに参画していると同時に、実務的にも中期計画の策定や予算申請のための書類作りなどに忙殺されていました。まぁ、実際の話「やりたいこと」に繋がる前向きな忙しさなのでストレスフルではないのですが筋トレ含めて習慣化していたことが滞ると言うのはよろしくないなぁと言う感じですね。と言うことで、ちょっとづつ文章なんかもリハビリ的に書いていく方向でこれから調整します。書きたいことは、本当に山ほどあるんです。特に、コンテンツコミュニケーション周りと、eスポーツ周り(というか、ゲーム界隈w?)。週末は子供達といろんなところに遊びに行っているし、お仕事だけやってるわけではないんです!と言うことで、簡単に近況を。


  • コンテンツポータル的なサイト:4つ
  • 来期に向けたメディアプラン:5つくらい(主幹のみ)
  • なかでもブランド絡みの新しい感じのメディアプランニング:3つ
  • eスポーツとゲームの取り組み:4つくらい
  • 登壇準備:3つ
  • PoC取り組み:5つ
  • 音楽まわりの取り組み:2つ

列挙してみると、我ながら色々やっていますね。そんななか、また自宅でのプログラミングを再起動しようとしているのですが放ったらかしてしている間にOSアップデートしてしまいXcodeとかの周辺ツールが色々と。と言うことで、今も裏側でCommand Line Toolのインストールなどをせっせと実施中。前は普通にTerminalでできていた気がするのですがうまくいかないので改めてApple Developperに登録し直してDLしてました。11月には、Deep Learningの集中講座にも出るのでそれまでに簡単に環境は整えておかなきゃねーと言う感じで。なんせ、Pycharmの環境がVer2.7なのでVer3のラインにやりかえなきゃならんのです。面倒だからTerminalで完結してもいいんだけどファイルの保管など考えると専用環境が望ましいと言うことで。

今僕の中でHOTなのは、eスポーツ周りとコンテンツ周りなのですが、音楽周りでも「おお、これはやる意義ありそうだ!」と思えるめちゃめちゃ面白い話をこれから組み立てていくので全貌が見えてきたところで記述にあげます。登壇については、粛々と分析しつつデータを作り上げますが、今月の登壇については今回の登壇とは別に別途今回のPoC専用の発表の場を設けたくてしかたがない。と言うのも、相当面白いプロダクトなんだけど何より直感的に使えるすごくわかりやすいプロダクトなのですよね。まだ日本には上陸してないけど、是非皆さんに使って欲しいお話しでして。クローズドイベントでの登壇で軽くお話ししますが、このための会についてはちょっと扉を開けてお話しできればなぁと言う感じです。

最後に、昨日は某S氏と一緒に2家族でお酒飲みながら二子玉の花火大会に行ってたんですが、そこでS氏と話したことがあまりに面白かったのでプロジェクト化しようかなーと言う。みんな、本当に面白いことやってるなーと思いつつ、一緒にやればさらに面白くなるはずだと確信したのでクソ忙しいけどこれも「これから」に組み込もうと思っております。お楽しみに〜!!

【Diary】困ったことに声帯結節の前兆症状が 1904189

こんばんは。今日は、本当は広尾でテレワークの予定でしたが急遽自宅でテレワークでした。理由は、昨晩突如始まった「声出ない」現象。全くでない訳ではなく、かなりかすれた感じ。朝から仕事してたんだけど、気になったのでお昼時に病院へ。診断は「まだ、前兆くらいだけど声帯結節ですねー」ということで。まぁ、いわゆるポリープとはまた違って二つの声帯の両側が腫れる現象。うーむ。

実際の話、登壇もあればインタビューもあり、打ち合わせ時も僕が話しっぱなしという事もしばしば。こんなことが続いていたので、多分喉やられたんじゃないかなぁ。後は、お仕事が忙しすぎての過労状態もあるんではないかと。

しばし、喉を休める必要があるので原則電話ではなくメールなどでのやり取りを中心に打ち合わせなどは進行。受発注や、セグメント確認なども出くるだけ電話ではなく書面での実施を心がけるつもり。ニコニコ超会議までに、なんとか治したいなぁ。しかし、本当こんなんなると思わなかったよ_:(´ཀ`」 ∠):

【Diary】ここはそのままに、全体を新しく更新する方向で検討中。 160716

ンスタに上げた写真だけど、僕のインタビューが掲載されたバフアウト。
インスタに上げた写真だけど、僕のインタビューが掲載されたバフアウト。

最近、フェイスブックばっかりで全然でしたが、プログラムわからなくなってきたのでリハビリ必要だなと思い始めました。
そもそも、きちんとタグ打ちして組み上げていたデプスですが完全放置。
忙しいのもありますが、それじゃダメですよね。
今考えてるのは、表紙からwordpressにしちゃうかということ。
そういうのも、、ありかなーって。
あとね、sassも覚えてみようかと思っています。
ボチボチね。

【追記】結局、多分2016年はこの記述くらいしかしてないんですよね。Depth本体は、今だに放置のままですが2019年にやっとこのwordpressを更新し始めたっていう感じでして。とはいえ、ここをきっちり仕上げたら次は本体とアーカイブ化している過去のページを徐々に再構築していくことになると思います。色々考えてみたけど、WPをCMSとして使うことは今のところ考えてないので、本体の表紙はスタティックなhtmlで記述し直すことになると思います。やり直す時は、レスポンシブルなリキッドレイアウトタイプにするべきなんだろうけど、デザインを作り込んで来ただけにどうするか悩むんだよねー。あれはあれで、好きだし。秋以降かな?あっちは。ちなみに、使っている写真は当時インタビューを受けることになったBarf outのページ。写真は、龍さんに撮影してもらったものです。(2019/03/31 Noise)

【DIARY】龍:育児日記 080821

これは、2008年8月1日なので、まだ生まれて10日くらいの時の写真。僕の手の大きさからもわかるように、本当に小さかったんだなぁと今更ながら。

えっと、もうかれこれ3週間経つ訳で。
かなりの禁断症状です。
今週末は、静岡ですんで会えず。
なので、明後日は午前中にスカイプをお願いしますとすみさんに先ほど御願い。
だって、お昼まで居るんだから会いたいやん。
と言う事で、今日も届いた龍のへなちょこな写真を見てニヤニヤしてました。
端から見たら、変態です。
変態。
さて、龍ですがちょっとだけ夜中は寝るみたいなんですが何しろまだまだ感覚が短いためすみさんは疲労困憊の様子。
だって、授乳だけじゃなくておしっこもするしうんこもするじゃない。
その上、骨盤界隈が痛いと来てるからしんどいのは良くわかる。
でも、僕は東京に居るので話を聞いてあげる事しか出来なくてやきもき。
仕事もしんどいけど、すこしでも負担を軽くしてあげられたらなぁとか考えてしまいます。
今は、何も出来ないけど帰ってきたら週に一度は少なくとも早く帰って何かを手伝う事にしようと。
そう考え中。
ちなみに、1ヶ月検診では母子ともに健康。龍は、6cmも身長が伸びたんだと。
スクスク育ってる。

2008年8月。渋谷。
この写真は、8月13日のもの。当時の写真を見返してみると、日常の写真はモノトニッシュだったり暗かったり。多分、それが心象風景なんだと思います。

周りの子供は、ミルクも併用してるからもっと太ってたみたい。
龍も、明らかに太ってきてるんだけどね。それが、赤ちゃんなので良しとします。
今は、そのならし運転の為に手元の仕事を大急ぎで片付けている最中。
出来上がったら出来上がったで、上からメテオが降ってくるんだけどね。
例えば、料理とか、掃除とか。
何でも良いと思うのね。
自分が出来る事、それを考えておく必要があるね。
なのに、帰ってきた後の週末はパーティー目白押しって言うのが自分でもアレですが何ともタイミングが。
すいません。
さぁ、来週末だ!!
早く会いたいなー♪

【追記】当時は、担当してたヌーヴォーの注文集計とかで命削っている状態だったんですけど、龍の存在とパーティーでなんとかギリギリブランスを取っていた感じだったのではないかと思います。その辺の深層心理は、写真のトーンにも表れていると思います。今の写真と、明らかに色が違う。いや、そういう意味で龍が生まれてきてくれて本当に良かったと。この後の成長過程で、一緒にMagic The GatheringやってみたりPUBG一緒にやってドン勝ちするとか想像もしてませんでしたけどね。だいたい、この当時パーティーばっかで全然家にいない人だったし。本当に、変わったなぁ。(2019/03/24 Noise)

【DIARY】サイト、徐々に更新中 080817

2004年7月。京都、祇園祭にて。
なんの写真アップてしたか、皆目見当がつかないので全然関係ないけど2004年7月の祇園祭の写真。長刀鉾に、HIDEKICHIさんと乗った時の写真。懐かしいなぁ。

サイト、徐々に更新してます。
僕のドメインね。
古い写真の整理とか、昨晩はやってました。
アガルタの古い写真が、なかなか見つからなくて往生してますけど。
一昨年の、欣求浄土厭離穢土の写真はみつかりました。
こいつも、追ってアップする予定ですが今日はもうすぐ上野に行くので明日以降かな?
今日かもだけど。
それは、気分次第。
しかし、やっぱり前のパソが壊れたときに写真が大分消えてるんだよね。
とても悲しい事ですが、それも現実。
良い写真は、是から先出来る限りリアルなアルバムにしておこうと思いました。
あと、古いデジカメで撮った写真は駄目になってるものも多い。
最初からそうだったのか、そうなってしまったのかは分からないけどね。
龍の写真も、選んでアルバムにしなきゃ!
そうそう、文字化け問題はUTF-8を選択する事で解消。
cgiで呼び出す場合、大抵そうすると間違いないみたいで。
でも、ブログはもう変更不可能。
仕方ないねー。

そしてこちらも、なんの関係もないけど2005年9月の愛・地球博の時の撮影した写真。大概偉そうですよね(苦笑)。これは、当時mixiの自己紹介写真にも使っていました。だいぶロン毛。これで、スーツ着て仕事していましたw

【追記】今も昔もそうなのかと思いますが、やっぱりサーバーでの文字化けを回避するにはUTF-8なのだなーと改めて。先日会社に納品されたJSの表示が変だったんで確認したら、Shift-JIS。この辺については、当たり前のことだけどあえてマニュアルに記載しないと間違いが起こるのかと思いました。しかし、ここにアップした写真を今見返すと、よく首にならなかったなぁと思うこと仕切り。まぁ、仕事だけはきっちりこなしてたんでしょうかね?受けはあまり良くなさそうだけど。偉そうなのは、今も変わらんので根っこの部分は一緒かもな。そういえば、この時の日記をみて改めて理解したんですがやっぱり写真が一気にごっそり消えているんですね。いや、時期的に「なんでないの?」な部分があったのですが謎が解けました。やはり、こういう記述を残しておくことには意味があるなと思いました。(2009/03/24 Noise)

【Diary】考えている事 071107

当時の写真は、今見ても独特の色を帯びていて「綺麗だなぁ」と思うと同時にどこか狂気のようなものを感じたりもします。それは若さかもだけど、単純なものではない何かがあるなと思うのです。
当時の写真は、今見ても独特の色を帯びていて「綺麗だなぁ」と思うと同時にどこか狂気のようなものを感じたりもします。それは若さかもだけど、単純なものではない何かがあるなと思うのです。

何と言うか、『まだ見ぬ何かを探す旅』というのは『終わる事の無い旅』で。
それが、『終わる事がない』と言う事実がその『渇き』を『行動』へと昇華してくれるのです。
その『昇華』の一つの形が、『パーティー』だったり『サイトの構築』であったり『文章』だったりするのですがその形は一つではなく『無限の可能性』を秘めた『』だったりするわけです。
僕を突き動かすその『華』への渇望は、『好奇心』
『知らないもの』を『知りたい』と言う気持ち。
これは、ある種の麻薬的な創造を僕の中に醸成してくれたり。
それは、『夢』と言う言葉でも語れるのかも。
所謂、睡眠下の状態で見る夢でも夢見る形で見る夢でもなく。
覚めてみる夢
なんだろう、それを常に追い続けているのが僕の人生。
そして、それが僕の生き様。

写真そのものが、当時の心象風景なのかもですが兎に角独特の色を帯びている。今の僕には、こんな色を帯びたひまわりは撮れんなあと。
写真そのものが、当時の心象風景なのかもですが兎に角独特の色を帯びている。今の僕には、こんな色を帯びたひまわりは撮れんなあと。

そういう意味で、僕はあまり『トブクスリ』を必要としていないのかもしれない。
常に、『幻想』と言う言葉で語るにはあまりに語りきれないけれどありていに言えばそのような状態にあるから。
『生きている事、そのこと自体がとても稀有な事でその事を大事にするのが生きると言う事』
それを与えてくれたのは、僕を生みそして育ててくれた両親。
そして、家族。
彼らの出会いが無ければ、この感覚を味わう事すら出来なかったと言う事実。
いや、『存在』すらなかったわけで父と母が出会いこの世に生を受けた事に感謝の念を隠す事は出来ない。
そして、ここまでの人生で『僕』と言う人間に関わってくれた人々。
REALとNETにかかわらず、多くの人と出会い別れていったと言う事実。
その事実によって、『今』がある。
その『今』を形成している事象は、須らくその『蝶の羽ばたき』の結果。

多分、独特の「眼」を当時は持っていたような気がします。今は今で、また違う視点なのでいまの視点も好きなのですが年を取った分だけエッジが柔らかくなった気します。
多分、独特の「眼」を当時は持っていたような気がします。今は今で、また違う視点なのでいまの視点も好きなのですが年を取った分だけエッジが柔らかくなった気します。

無意味なものなど、実はこの世の中に一つも無く『相対性』によって全ての『森羅万象』は成立し自らもその大きな流れの重要な事象として存在している事を強く感じる。
よく、『自分はちっぽけな存在』と認識する事でバランスをとる事もあるが最近は『αでありΩである』と言う言葉の方が実は事実なのではないかと思う事も多くなった。
なんだろう、全ての人がそうなのではないかと思うのだ。
そう、なぜなら『無意味』な存在などどこにも無いと思うからだ。
が故に、腹の立つ出来事すらも『何かの意味』があるに違いないと思い自らに必要なものとして受け入れなければならないと考えてみたりする。
そうすると、何故か楽になったりする。
それが、『生きる』と言うことの意味なのかもしれない。
最近、『死』という事について考えることがある。
実はその『死』も相対的な概念で、今の『生』と言う事実があるからあるのかと。

改めて読むと、やはり僕らしい言い回しが多いですね。何かを伝えたいというポイントを鉤括弧で囲む癖は今も同じ。ただ、この夢見るような言葉を使うことが減ったなぁと思うことしきり。なんだろう、もっと自由になった方がいいのかもですね。
改めて読むと、やはり僕らしい言い回しが多いですね。何かを伝えたいというポイントを鉤括弧で囲む癖は今も同じ。ただ、この夢見るような言葉を使うことが減ったなぁと思うことしきり。なんだろう、もっと自由になった方がいいのかもですね。

全ては、連綿と続く『流れ』の一部に過ぎないと考えれば別段焦る事実ではないのかとも。
でも、僕自身は『生きていた痕跡』をどこかに残したいと言う思いがあるので『渇き』に忠実に行動する。
それは、別に『誰かのため』ではなく『自分のため』。
それが結果として、誰かのためになるのならそれは重畳。
ただ、そのために行動する事はしない。
結果のために行動するのではなく、『渇き』のために行動するのだから。
それが、『生きる』と言う事でありその事を『感謝』し『享受』するために僕はまた新しい何かを探して旅に出る。

まぁ、実際こんなですもんね。当時。この時代があって、今があるわけで人って色々経験した方がいいよなーと思うのです。閉じこもってても、何も得られないしね。