「webtech」タグアーカイブ

【デジタル】Matomo雑記vol.2:凄い見てる人がいると思ったら、自分だった話とか

こんにちは!今日も、ちょっとづつ設定中です。「おお、なんか知らんけどすごく見てくれている人がいるー!」と思ったら、自分でした…..。で、Matomo ってすごくシンプルでいいなぁと思ったのはダッシュボードに右上にある歯車マークが設定の入り口になっているのですが、ここの一番下にある「自分自身のビジットを除外( Cookie 使用 )」の青文字のところをクリックするとその時に見ているブラウザクッキーを除外して分析してくれます。まぁ、なにぶんクッキーでの判別なので、毎度作業ってことになる可能性もあるんですけどね( ; ; )

一番下の、「自分自身のビジットを除外」項目の下部の青文字をクリックすると自分の行動データは反映されなくなります!

さて、今日はこれいいなぁと思った機能をいくつか順を追って書き出します。基本的な分類は


  • ビジター:GAでいうところのオーディエンス
  • 行動:どこから入ったとか、アクション起こしたのかとか
  • 集客:所謂流入元
  • 目標:コンバージョン設定と確認
  • Funnels:上記の目標設定にジャーニー設定を加えた行動検証
  • Forms:使ってないので、また今度よく見てみる
  • Media:これも設定してないけど、どうも再生トラッキングっぽい
  • A/B Tests:その名の通り、ABテスト
  • Heatmaps:ヒートマップまであるのかと!
  • Session Recordings:エントリーページ決めて、レコーディングするみたい
  • Custom Reports:読んで字の如く

ということで、かなりボリューミーな感じです。これ、使いこなせるのかって感じwというか、中途半端に日本語訳されてるんだけど変に訳さないで英語のままでもいいのではとか思う部分も。というのは、指定が英語でされているのに指定されている場所が日本語になっていると「それどこのこと?」って現象が。顕著な例は、Funnelsの最初の設定時に英語で

Funnels Overview
There are no active funnels, a user with at least admin access can configure and activate a funnel when they create or edit a goal.
ってのが出るんたけど、”goal”が翻訳されているので一体どこを指しているのか全く最初わからず。結果的には、目標設定時にFunnelの設定を行うことで、Funnelが起動するという仕組みでした。ということで、上記でいうところの「goal=目標」が正解ということ。これわからんよー( ´Д`)y━・~~

さて、この辺が全体概要で今日は「おお、これはいいなぁ」というポイントをご紹介。ビジターの項目で、ビジットログは前回の記事で紹介しましたが、今日は「デバイス」と「ソフトウェア」。この二つを挙げた理由は、ヴィジュアライズ。パッと見るだけで、直感的にアクセスの量的把握が行えるというのがみそ。これは、GAにも当然ある機能なんだけど、個人的にUIがこちらの方がわかりやすい。細かいデータがGAの場合は、一気に見れてそれはそれで捉えやすいんだけど、Matomo 見て何じたのは「まずバックリと比較するのであれば、このシンプルな見せ方なんだな」と感じさせられました。詳しい資料って、色々知ることができていいんだけど、領域が広がるほど欲しいデータが見つかりづらくなるわけで、俯瞰して見たい時にはこのレベル感の方が分かりやすいのかと実際のサイトを見て感じた次第です。

■ビジター→デバイス

デバイスの項目は、「デバイスタイプ:ガジェットの種類」「デバイスのモデル:機種名が特定できるものは機種名、そうでないものはざっくりジェネリック扱い」「デバイスブランド:デバイスのメーカー名」「画面解像度」の4項目がデフォルト。そういえば、この画面解像度って意外に重要なポイントだなって改めて感じました。

■ビジター→ソフトウェア

この項目は、「OSのバージョン」「ブラウザ」「環境設定:OS+ブラウザ+解像度の組み合わせ」「ブラウザエンジン:HTMLレンダリングエンジンのこと」の4項目がデフォルト。サイト制作視点では、実はブラウザそのものよりTMLレンダリングエンジンが何なのかということが重要な部分なので、開発者視点で作られているなと感心しました。

今日のところは、上記二つの特徴についての説明でやめときます。眠いし。次は、「行動」に焦点を当てて記事を書こうと思っています。ここの部分も、かなり深いですよー!いや、ほんと面白い。このツール。

【デジタル】matomo雑記vol.1:分析ツールとしてMatomoを導入することにしました

こんばんは。また、更新滞っていました。と言うか、下書きの途中の記事は複数あるのですが、色々考えて推考していると「違うかなぁ」とか止まっちゃってる感じでして。ちょっと、いったんリセットして記事を連載的に書こうと思ったんですが、 丁度新しいツールを使い始めたので自分で使ってみた記事を続けて書こうと言うことで。一昨日より使い始めたつーる「Matomo」についてこれから当面ボチボチあげていこうと思います。

もともと、Matomo を使う事になったきっかけはBRAVE。ご存知の通り、このブラウザは一切の広告とクッキーを受け付けません。このアクセスを見ようと思ったら、GAは笊。という事で、なんかありますか?って質問して帰ってきたのが、Matomo。とはいえ、実際にMatomoでデータが見えるのかというと表示には出てこない。が、多分「ここだろうなー」というおぼろげな輪郭が見えるのでこれを見ることが出来ればそれでいいかなぁってところです。ちなみに、実装はGTM経由で全体ビューに設定するだけなので簡単です。あと、驚くべくは実装後すぐにリアルタイムが動き出します。ここに、感動w

https://matomo.org/

あと、GAってGoogleのクラウドサーバー上にため込まれたデータの一部をサンプルデータとして閲覧するのみのツールですが、Matomo はサンプルではなくRaw Dataが閲覧できるというのも魅力。特に僕が魅力を感じているのはこの部分で、かつUSERレベルのアクティビティについても可視化されるという、なかなか今まで見たことがないようなUIが展開されていた事にも目を奪われました。だって、これ一番見たかったデータですからね。あくまで、指定したサイトに閉じた話にはなるのですがジャーニーを可視化してくれるってすごいなーと。僕は、単なる接触データには意味がないと思っていて、行動から導き出される傾向値を束ねたうえでコンテンツを作成し、導線設計をする事がコンテンツコミュニケーションを組み立てるうえで最も重要な要素だと感じているため、これを見ることが出来るツールに出会えてちょっと興奮気味なのです。

IPは、特定につながるのでマスクしています。みていただくとわかる通り、サイト内でのアクティビティの履歴が見ることができるんです!

僕は、所謂リターゲティングやDSPでの配信には全くと言って興味がないというか「あんまり意味がない」と思っている人なのですが、ユーザーサイドの行動を精緻に分析し、そこから嗜好を読み取り、それをクラスター化したうえで正しくクリエイティブやコンテンツを導きたいのでこの行動データが見れるというのは宝を掘り当てた的な感覚なんですよね。

今日は、入り口の話なのでこの辺で。

これから、一時Matomoを使っていく中での発見などを定期的につづって行きますので、ご興味あればご覧くださいなー(‘◇’)ゞ

【デジタル】今回のサーバー移転の顛末について

こんばんは!まだ、リビングのPCは調子が悪くてあんまり記述向きな状態ではないのですが自分の部屋でやると画面が小さいんですよね。そういうのもあって、さっさと買い換えればいいんですけどもしかしたら今年新しいiMac出るかもなーとか色々考えすぎちゃって何も進まないというジレンマ。あと、古いiMacがすでに部屋に転がってて「これどうやって処分を」とか(梱包してアップルに送ればいいだけなんだけど、梱包がめんどくさい人)壁が山のようにあって。あと、どれにするのか悩むんですよね。Mac miniでもいいのでは、とかApple Storeの人に言われて心が揺らいだりね。まぁ、一回買うと5年くらい使うので本当に悩むんです。いつもだと、あんまり悩まないでパパッと仕事含め決め込む僕ですがMacの購入だけはいつもこんな感じで煮え切らずに毎日を過ごしているというね。

さて、余談からスタートですが今日は今回のサーバー移転の話。遡ること、1年ちょっと前。ふと思い出して、WordPressを再開してみたんですね。かなりの期間放置してたんだけど、お仕事で会社のWPを見直して再構築したいなーと思って、折角なので自分のところを一旦大胆に作り直してからその実験結果を持って仕事に生かそうと考え作業にとっかかりました。まずは過去記事の洗い替えをしつつ、新規記事をボチボチ上げていたんですよね。そしたら、程なくしてというか丁度1年前くらいにPHPの整合性で問題が発生。WPって、かなり親切な設計で古いバージョンのサーバーでも使えるよう数年前のバージョンのスペックでも使えるよう配慮してくれているのです。ただ、プラグインやテーマはこの限りではなく色々ズレが発生。ご存知の通り、PHPはバージョンによって文法が変わるんですよ。その所為で、最新バージョンの場合どうしても表示に影響が出る。なので、当時できる一番新しいことをということで模索しながらテーマなども選んできました。が、次に起こった出来事でサーバー移転検討が現実的になりました。

こればっかりは、どうにもならないんですよ。というのも、当時の僕が借りていたサーバーは10年以上更新されていない感じでして。ただ、普通にドメインを維持するためであれば、それでもいいのかなぁと思って使っていました。とはいえ、実際にきちんとWord Pressを使ってサイト運営しようと考え始めていたので「これではダメだ」ということで運営会社とも適宜連絡を取りつつその先を模索していました。当方が借りていたのは、CsideNet。2002年に立ち上がった、当時としてはかなりセキュリティにも気を配り対応も早いサーバー運営会社であったと記憶しています。というのも社長の小尾さんがやり手で、バリューコマースのホスティング部門を買い取ったりで結構名を売っていたんですよね。その関係で、本社ビルが千代田区三番町に建つほどまでになった会社です。が、サーバー事業は一旦立ち上げるとそこから先に大きく収益を伸ばすことができるものではなく維持が主な業務となるためコスト競争の中で徐々にユーザーが移転して行き、結果として事業縮小となり今は本社をまたサンシャインシティに移行したのだろうなーと感じております。デジタルって、本当に弱肉強食ですからね。

とまぁ、そんなこんなでSSL対応も難しいし、PHPの更新も予定していないという回答だっだので移転をすることに。ただ、ここからが大変でCsideNetさんが事業縮小した関係ですが、とにかくレスポンスが遅い。専用フォームからメールを送っても、2週間レスなしとか、ざら。そんな感じだったので、実際にサーバー移転が出来そうだだとなったのは11月ごろ。そこからも色々時間がかかって、サーバーロックが外れたのは1月末ごろでした。

さて、この時に移転を考えていたのはさくらインターネット。こちらも、CsideNet以上に古くからある有名なサーバー会社。今となっては、こちらはトップ10常連の雄。業務関係で取引先の企業も活用していることもあり、大丈夫だろうと思って準備のためにサーバー立ててデータ移行を開始。問題なく動いたので、本格的に移転しようと思ったのですが、この時点でちょっと気になることが。FTPツールで入ると、契約先がざっと見れちゃうんですよ……..。まぁ、会社名をフォルダ化している企業に限った話ではありますし、フォルダの中までは権限があって入れないのですが「一覧で見れるって、どういうこと?」という感じでちょっとした違和感を感じていました。その後、ドメインのロックが外れたという連絡を受け「よーし移行だ!」と思って移行手続きをしてもDomain StatusがclientDeleteProhibitedなので出来ないと。何度やってもダメなので、さくらに問い合わせると「弊社の仕様上、Whois情報のステータスが「ok」の場合、転入手続きを進めることが可能です。」という回答。Csideにその旨を伝えると、「先のメールでもお伝えいたしました通り、現状のドメインステータス「clientDeleteProhibited」はドメイン削除を禁止しているだけでドメイン移管の妨げにはなりません。移管先事業者様の処理上のご都合かと思います。なお、ドメインステータス「ok」は危険な状態ですので、弊社の権限では変更が許可されておりません。」という回答。

両者の答えが食い違うので、一旦Csideの話を正として、丁寧に調べてみたところ一時期話題になっていた「ドメイン名ハイジャック」からの削除防止のためにこのような設計しているのではないかということがわかりました。この時点で、「セキュアではないかもなぁ」ということで既に入金はしていたのですが急遽オルタナティブな契約先を検討。結論として、今回今移転したXserverさんに落ち着きました。ディスクスペースを200GBにした際のコスト感と通常契約でRAID構成が付いてくることも大きな要因の一つでした。何せ、あまり更新してなかったとはいえ2001年のドメイン取得からのデータなので、20年分なんですよね。これを飛ばすわけにもいかず。あと、おまけでドメインが一個ついてくるのも魅力でした。これは、裏ドメインとして使うのでここでは秘密ということで!あ、忘れてましたがPythonの3系統が使えるのも。さくらインターネットは、2.7のみなんですよ。

まぁ、そんなわけで今は落ち着いてサーバー使えています。まだまだ、ボチボチ整備しながらなので本格稼働はちょっと先ですが記事の記述は適度に進めて行こうと思います。会社のサーバーアップも、まぁまぁ大変なんですが無理なくね。

【デジタル】今更ながら、WWDC19の事:特にLook Around

こんにちは。ここのところ、なんだか異様に忙しくて記述できていませんでした。特に、WWDCについては僕的にも「書きたいなぁ」と思う事が多かったんですがタイミングを逸してしまって悩んでいました。が、やっぱり記録はしておこうかなぁと。

iPad OSもiPadユーザーとしては嬉しい限りなのですが、なにより「ああ、これか!」と思ったのが「Look Around」。去る5月12日(日)にThai Festivalに向かっている最中、代々木上原から代々木公園に抜ける道で前を走る車のてっぺんにカオナシの骨格みたいなものがついてる車の側面には、「Apple Maps」の文字が。もともと、登場当初から使えない的な扱いでGoogle Mapしかみんな使わない状態が続いていたのですがこの時「お、コレいいタイミング!」と思ったんですよね。と言うのも、Google Map日本版がZENRINとの契約を終了してポンコツ化したGoogle Mapの代わりに何使おうかと思っていたタイミング。WWDC19では、Apple Mapは更新するだろうなぁと言うことをこのタイミングで察していました。

Photo from https://eftm.com/
なんだか、「カオナシ」みたいでかわいいよね。POPではないけど

忘れた頃のWWDC19では、予想通りの発表。アップされている写真を見たら、やっぱりあの時見た車と同じタイプのものが大写しに出ている画像が海外サイトで確認できました。と言うことは、東京でもすでにデータ取得が始まっていると言うことなので日本でも近くコレが使えるようになるってことですよね!多分、来年のオリンピック目指してローンチ狙ってくるはず。と言うことは、3月末ごろとみた!!そして、昨年MacRumorに出ていた徒歩で地図データ収集していた人の話、もしかしたら徒歩視点でのデータ収集なんじゃないかとも思うので車視点だけではないデータも出てくるのかなぁなんてワクワクしています。

Man Wearing Apple Maps Backpack Surveying San Francisco on Foot

iPad OSについては、みなさん色々書いていますが僕的には直感的に使えていたはずのタブレット端末がなんだか複雑化してきていることにはちょっと懸念が。難しくないようにと思って、僕の実家でも妻の実家でもiPadを推奨して僕が設定してコミュニケーションに活用しているのですが、なんだか操作が複雑になってきてしまったなと言う印象なのです。もちろん、PCとの連動性を考えると「天気」とか「写真」とかいろんなものがTOPで見えるのは嬉しいんですけど、父母世代にとっては「どれ押せばいいのかわからんくなってきた!」になるんじゃないかと言う懸念が。コピー&ペーストがジェスチャーでできるのとか、かなり僕的には便利なんだけど、両親は間違いなく「おわー、間違って消したー!」とか言う事故起こしまくるだろうなと言う絵が目に浮かびます。「シンプルモード」と「アドバンスモード」みたいな選択性になるといいなとか勝手に希望を。

個人的には、今まで使いづらかったWPの編集画面がiPadOSになることでPCのような使い勝手で活用できるのが嬉しい。同じ事が、Photo、Affinity Photoでも言えるので今までいちいちPCで編集かましていた作業がiPadにてワンストップになるのは俄然投稿タイミングが増えることになるのではないかと。まだ、iPad OS版WP見てないからなんとも言えけんけどねw

iCloudが、本格的にクラウドサーバーとして機能することになりそうなことにも注目しています。と言うのも、両実家と写真を共有するにあたって今はLINEなどのツールで送ってるんですけど、フォルダを分けて共有できればかなりシームレスに共有できるようになるかなとか。外付けHDが使えるようになるのも良いですよね。コレができないので、今まで写真や動画はPCで編集していたんですけど、iPadはiPadで暇な時間に触れるってのが良いです。ただ、iPadで映像触るにあたっては注意点が僕的にはあって、僕みたいにテザリングしている人はiCloudとデータ連動していると勝手に転送してあっという間にギガ単位でデータを食うと言うリスクがあることは知っといたほうがいいと思います。この前、高尾山に子供と行って楽しくなっちゃって10分の映像を納めて保存した途端に自動で転送すると言う事故が。この辺は、別の記事でロジック含めて書き起こしますね!

Photo from https://eftm.com/
技術的には、ほぼハッシュ化なのかなと思いつつ技術的にはappleのサーバー内のみで突合できる暗号化だと思うのでバックドアを開けられない限りはこれはかなりセキュアなのではないかと

ある種、ハッシュ化に近いなと思っているのですがSign in with Appleに実はかなり注目しています。これ、僕らが実施しようとしているシングルソース化の新たな壁なんですが、実はこの考え方が僕的には新しいユーザーエンゲージメントのあり方を作るのではないかと期待しているんです。僕が考えるセグメントに、「年齢(一応仕事的には20歳以上ではないと困りますがw)」「性別」「国籍」や「友達リスト」あたりは全く必要なくて純粋に「何に興味があるのか」と言うところに集約しています。大事なのは、それぞれのオンオフを問わない行動履歴が大事なのであってデモグラ界隈の情報ではないんです。その視点で言えば、ここで追える情報で多分十分なんだろうなーって。このハッシュ化的な処置を施されたアドレスがキーチェーンで保管されていると言うのも理想。覚えるの面倒だし。ただ、最後に残るのはiCloudのセキュリティでしょうね。iPhone落とした時の。顔認証にしておけばいいんでしょうけど、僕みたいに生体認証にしてない人間はリスクあるかなぁと。その辺置いておいて、一度この辺の技術については僕が考えている今後のデータ構想にも繋がるのできちんと理解しておこうと思います。

他にも色々あるけど、僕的に気になったポイント抜き出し。ほんでは、また!

【デジタル】そういえば、Alexaのディープラーニング周りの話

写真は持ってないので、海外のサイトからお借りしています。というのも、こういうことになるだろうなーというのと、あんま自宅で使うイメージがなかったので買わず仕舞いでして。。。。

こんにちは、最近ちゃんと書いていなくてすみません。そして、今日から令和ですね。改めて、よろしくお願いします。ニコニコ超会議で忙しくて記述を怠っていました。書きたいことは色々あったんだけど、通常業務を進行しつつ、ニコ超の準備して身長品対応とかしてたらこういう感じで。毎晩PUBGをやり続けている事も原因ですね。

さて、件の話ですが日本のネット界隈でもちょこっとBloombergの記事をネタにYahoo!で記事書いてる人もいましたが、僕的にはちょっと違う論点で。

Amazon Echo自体、英語圏を想定して作られたシステムで、その英語圏ですら聞き間違いや個別方言の解釈で色々壁があるという話はずっと聞いていました。その中で、この問題を解決しようよ考えると当たり前で行き着くのが「Deep Learning」。件の記事は、「盗聴問題」と煽っていましたが、クセや言語体系などに最適かするためには各家庭、各人の「文法」を学ばせる必要がありその「文法」を学ぶために必要なのが傾聴をベースとした「Deep Learning」。現在、GAFAはこのAI機能のしのぎを削っている部分もあるため恐らく個別のAmazon Echoそれぞれにディレクトリーを付与し個別対応でDeep Laerninigを実施。かつ、これを地域クラスターや改装クラスター、言語クラスターに分け学習を続けさせているものということは想像に難くないです。ただ、この自動学習にもどうしても壁があり、人的関与を持って修正を加える必要があるわけで。この問題は、多分この「人的関与」部分についてフォーカスを当てた記者が投稿した記事を発端に騒いでいるようです。

ちなみに、同じ話が発端にはなりますが、この記事の翌日のThe Drumの記事内では

“We have strict technical and operational safeguards and have a zero tolerance policy for the abuse of our system. Employees do not have direct access to information that can identify the person or account as part of this workflow.”Amazon (in the article of 'The drum')
という形で、反論しています。まぁ、これをどう解釈するかではあるのですが、今の時代の利便性とプライバシーの切り売りのバランスだと考えているためそんなに大騒ぎすることではないというのが僕の見解です。だって、検索したらそのデータがグーグルやヤフーに残るし、携帯持っていればその移動データはキャリアに残り、アプリを使えばそのアクセス時間やプレイデータがベンダーのサーバーに送られ束ねられて顧客データに変換される時代。「分からなかった=想像しようとしなかった」だと思うし、多分そのレベル感であればいちいちこのような情報の反応してあたふたしなくていいと思うのですよね。アマゾン側も、特定の個人データに興味を持って観察し続けることはないのも事実ですし。それが嫌なら、多分文明のない場所に行くしかないというのが今の時代かなぁと。

とまれ、僕はもともとこういう情報取得があると思っていたのでAmazon Echoも持っていませんし、T-Pointカードも持っていません。それ以外の個人情報が出て行くことに抵抗はないけど、必要ない個人情報は提供しなくてもいいんじゃないかと思う人ですので。そういう意味で、いまだにガラケーですw

これまた、記事とは全然関係ないのですが九州の実家に帰ってきています。これは、昨日遊びに行った「北九州市立いのちのたび博物館」に遊びに行ってきたときの写真です。ここ、何気にトリップアドバイザーの「旅好きが選ぶ!日本の美術館・博物館ランキング2018」にて5位だったりするのです。個人的に、展示は科博以上の迫力というか構成美です。

【デジタル】IAB TECH LABが発表した二つの技術について

こんばんは!毎日ちょっと遅かったり酔っ払ってたりで、サボってました。さて、今日はIABが発表した二つの技術の話。”sellers.json”と “OpenRTB SupplyChain Object”の話。正直、この辺はすでに明らかになって取引されているものだと思っていただけにちょっと驚かされました。
“sellers.json”は、面を買う際というか直前のタイミングで販売元もしくは仲介事業者の情報を確認できる技術。”OpenRTB SupplyChain Object”は、ビッディングを行う際に自分が購入したい面を販売している全ての販売事業者もしくは転売事業者を一覧で確認できるツール。

IAB TECH LAB ANNOUNCES TWO NEW TECHNOLOGIES TO BUILD MORE TRANSPARENCY & TRUST IN THE PROGRAMMATIC SUPPLY CHAIN

アドベリについて、まだまだ深く知っていなかったなぁと思ったんですけど、僕らはツールを使って「このメディアは掲出すべきじゃない」とか「この記事は掲出すべきじゃない」という感じでBrackSwanやIASなどのツールを活用した上で掲出面にビッドしてもらっています。ただ、言われて分かったのは「誰から購入したんだっけ?」については、あまりみてなかったなぁと。この技術については、色々意見もあるだろうから2019年5月10日までパブリックコメントを募っている模様。透明性が担保されるのはいいことだけど、「え?それ違わない?」みたいなメディアや面が弾かれていることもしばしばあるのがアドベリツールの難点なので、同じ様な現象が起こって極めて健全な事業者なんだけどマーケットプレイスから弾かれるなんてこともあり得そうだなぁというリスクも感じています。特に、ツールが英語をベースに作られることもあり、日本にローカライズされた時大なり小なり混乱が起きそうだなと。実際、現状のアドベリツールやフィルターツールでも「なんで、それはじくんだよ?」みたいなサイトをまぁまぁ頻繁にはじいてますから。基本的に歓迎すべき流れですけど、間違いが起こらないかちょっと心配。

日本に来るのはまだ先だろうけど、最近使い始めた技術の中にはIABのメディアリストを活用しているものもちらほらあるので様子を見てみたいと思っています。というか、「これ使うの?」って聞いてみようかな。日本の企業でIABの理事会に加入しているのは、「楽天マーケティング」と「Yahoo!Japan」なのでどっちかの中の人に聞くのが一番な気がします。

あ、そうそう。僕が良く「これは入っていますか?」とみなさんいお聞きしていたBlackSwanのリンクが切れていると思ったらこんなことになってたんです。

提供ソリューションを「HYTRA(ハイトラ)」へブランド統一

Momentumさんの象徴だと思っていたBlack Swanですが、去る3月14日に発表して「BlackHeron+BlackSwan=HYTRA API 」ということみたい。主向けのサービスは、HYTRA for Advertiser(僕は使いませんけど:笑)。ということで、これからは「HYTRA API 入れてます?」と聞くことにします( ・∇・)

【デジタル】Twitterアナリティクスの不具合についての続報的な記述

こんばんは、結構検索クエリ見ると「今月はまだツイートがありません…」での検索が多いなぁと思っています。僕はといえば、まだ解決されているわけではないのですが、若干変化してきた状況と調べてわかったこと、そして今の我々の置かれている環境について分かっている事をメモ的に記述しておこうと思います。

一部ではありますが、ツイートを認識し始めたように見えます。マウスオンしているのは、3月10日分。本日3月12日ぶんも、反応しているように見えます。

まず、数値の部分ですが相変わらず「ホーム」部分は「今月はまだツイートがありません…」状態が続いていますが、「ツイート」タブについては全量かどうかは判断つきませんが反応が戻ってきているように見受けられます。マウスオンして表示しているのは3月10日分ですが、本日12日についてもこのページでは反応が確認できます。集計ページとしてサマリーを公開している「ホーム」についてはまだではありますが、このページに数字が戻ってきているということは回復が近づいているのではないかと少し希望を持ってみています。

ちなみに、この現象ですが調べてみると2017年6月にアメリカでも発生してたみたいです。この時の現象については、Kansasに本拠を置くデジタルに特化したマーケティング企業「V3 Broadsuite」の下記記事を読むと今起きていることと同様の現象が起きていたことがわかります。

Experiencing Twitter Analytics Problems – This May Be Why

見てもらうとわかりますが、この方も一月以上Tweetしてないことになってあたふたしています。僕の場合は、趣味だからいいのですがこの方の預かっているアカウントのレビューしようと思ったらこれ何で焦って当然ですね。

これみるとびっくりしますが、見事に一月くらいこの現象が続いていたようです。 article from https://v3b.com/2017/06/experiencing-twitter-analytics-problems-may/

結局戻ってきたのは、June15thみたいなのですがこの「戻ってきたトリガー」がデザイン変更みたいで。ここが、我々と逆なんですよね。日本でこの現象が起きたタイミングって、なんとなく2019年のアップデート後に起きている気がします。となると、修正トリガーは自然に働かないので、なんらか「中の人」が手を動かさないと解決しないわけです。この点については、一応Twitter社に連絡済みですが、多分これ彼らが無償で公開している機能ということもあり、作業の社内優先順位低かろうなと予想しています。いや、マネタイズに繋がらないからね。一応、明日会社の公式アカウントを確認して問題があれば、改めて連絡してみようよ思います。

あ、今回のアイキャッチ画像は「住友不動産六本木グランドタワー」からの絶景写真。いやー、見晴らしいいって良いね。うちの恵比寿ガーデンプレイスのタワーも良いけどさ。何しろ、こ伸びるは風景視点での立地がいいなーと思いました。ではねーん♪( ´▽`)

【デジタル】Twitterアナリティクスの不具合

おはようございます。今日は、10時から品川でのセミナーなので朝のんびり。とはいえ、天気が悪いので気分が何も乗らないというなんだかもったいない感じです。まぁ、この時期は天気がいいと花粉が飛びまくるので天気が悪い方が調子いいんですけどね。自転車に乗って子供を送って、そのまま駅というルーチンなので雨は面倒だと思ってしまうので気が乗らないという

毎日ツイートしていますが、ツイートしていないことになっています。

3月も3月で、毎日何かしら呟いてはいるのですが、今月に入ってからアナリティクス見ても「今月はまだツイートがありません…」とで続けます。ツイートインプレッションのみは上がり続けているんですけどね。どういう不具合なんでしょうね?こちらでなんらかのアクションを起こす必要があるのであれば、それをやるのですが何すればいいのか今の所わからないので毎日放置。1日、だいたい5〜10は呟いていると思うので、ちょっと気持ち悪いなぁという話。

続きを読む 【デジタル】Twitterアナリティクスの不具合

【デジタル】今日も、せっせと過去日記をリバイスしていましたが

このところ、暇さえあればwordpressの過去日記を再生する仕事をちまちまやっています。何しろ、10年以上前の記録なのでほとんどリンクが死んでいるので引き直せるものは引き直し、ダメなものをリンンクを削除。合わせて、外部リンクで持ってきた画像についてもほぼ死んでいるので、まず自分の写真アーカイブを見ながら適切なものは自前で張り替えという地味な作業を続けています。やってて思うのは、「めちゃめちゃ写真たくさん撮る人で良かった!」という部分。何しろ、リビングのマックの中にはとりあえず2004年1月からの写真がしこたま格納されているんですよ。このおかげで、全ての過去記事についてヘッダーに使う「アイキャッチ」画像には困らないのです。時期的な問題だけではなく、様々な場所を旅して、それぞれの土地で撮影をかましているのでこれも良かったこと。このアイキャッチがあるだけで、Twitter登録時のCard validator確認の時もいい感じの投稿イメージが作れます。

アイキャッチの画像、うまくレイアウトすると上記のような見え方が作れます。これだけで、かなりオシャレな感じがしますよね!

さて、このテーマでのアイキャッチですが一番適切かなと思うのは横幅1200pxのビルボード的な画像。これが準備できれば、かなり綺麗にハマるレイアウトが作れます。上の写真のように見せるには、1200くらいで入れるのがベストかなぁと感覚的に思っています。ソース見りゃいいんだけど、めんどくさいwちなみに、画像処理はAffinity Photoを使っています。使ってみて思ったことなんですが、いう通りこれ結構直感型のツールなので慣れるとかなり使いやすいです。

ここでちゃんと選んでおきたいのが、「リンク設定」部分。「メディアファイル」を選ぶと、格納した元g像を呼び出す仕組みです。ちなみに、出典元にリンクをすることも可能です。
ここでちゃんと選んでおきたいのが、「リンク設定」部分。「メディアファイル」を選ぶと、格納した元g像を呼び出す仕組みです。ちなみに、出典元にリンクをすることも可能です。

後の見せ方としては、写真をセンターで収めるか、左右に振るか。これも、見え方に大きな影響を与えるので写真次第にはなりますが、しっかり考えてレイアウトするといいと思います。レイアウトしたら、「リンク設定」を選ぶことを忘れずに。これやっとかないと、全くインタラクティブではないページになっちゃいます。それはそれでもいいので、意図的にそうするという手もあります。この辺は、好みかもしれませんね!僕は、なんとなくリンク貼りたい派閥の人です。

あとね、前の「【デジタル】過去記事をリバイスする際に気をつけている事とか」で書き忘れてたんですが、文章中に入っているLINKについては、全て生きたリンクにしておかないと検索順位が下に沈みます。古いものをリバイスすると、どうしても昔のリンクが残ってしまうわけで。その視点から考え、手間はかかりますがLINKを最新のものに変更しつつ必要なところに手を加えることで、記事に厚みを持たせることができれば正解だと思います。LINKが切れてて、代替もない場合は思い切ってLINK削除するとか、その文章語と差し替えるなりする方が結果としてGoogleでのランクを上げることができますので。ぜひご活用を!

【デジタル】過去記事をリバイスする際に気をつけている事とか

Google Search Consoleにきちんと登録し直したのが、1月28日。なので、ここからのデータしか見ることができませんが見ての通りそもそも検索に10件足らずしか数字が出ていません。

こんばんは!最近、ちょっと過去記事リバイスばかりやっているのでどういう風にしているかをちょっと記録して記載しておきます。ちなみに、ヘッダー画像は今回なんとなく「Think with google」的なのでキャプチャーして使っていますw。初期のものは、もともとMovable Typeで書いていたものをまんま移行したもので、特に手を加えていなかったんです。何気に、数百あったというのもあり。ただ、単純に移行してもGoogle的には長く置かれているMovable Typeの記事を「正」として認識するため、WordPressに移行した記事はそもそもIndexされていないというのが実情。なので、最近手を加えてリバイスするまでは、Google自体がクローリング対象から外していたので検索かけても出てこない現象が起きていたようです。わかりやすくするため、1月末のGoogle Search Consoleのデータを貼りましたが、見ての通り1,000以上の記事を擁するサイトであるにも関わらず検索にかかった数字は10件程度。したがって、検索エンジン経由でのリンククリックはほとんど発生していなかったようです。

続きを読む 【デジタル】過去記事をリバイスする際に気をつけている事とか