「diary」タグアーカイブ

【DIARY】僕が料理をする理由

こんばんは!本当は、選挙もあるし週末に「アベノミクス後、生活者レベルでは、全くもって景気が回復していない(むしろ悪化している)」ことを記事化しようと思っていたのですが、思った以上に指数が多いことと、なんか複雑になってしまうので断念しました。とまれ、選挙以降も知っとくべき知識だと思いますので、自分自身の手できちんとまとめて資料化したいと思います。既に計算している人も多々いるとは思いますが、結構細かい指数を拾っていくと想像以上に手取りが悪化していることがわかります。正直、政府関係者や官僚はこの現実を把握していないのではないかと感じています。わかってないって、罪ですよね。

20190715
今日のカレーを仕込み中。
今回のルーは、シェアウッドのコルマ。
隠し味は、色々w

さて、表題の件。僕は、たまにインスタも上げていますが週末は料理を積極的にやってます。きちんと起きた時は、朝昼晩とです。片付けも、洗い物も含めて。食べることが好きなので、料理が好きというのもあるのですが料理ってとってもクリエイティビティが刺激されるもの。だからこそ、ある意味ストレスの解消の意味合いもあって料理しているというのもあります。「創ること」が、元来好きだというのが大きいかと。なので、毎度同じ料理というわけでもなく常に「なんか新しいことやってみたいなぁ」という感じでバラエタルを増やし続けています。もちろん、定番も多くなってきていますけどね。その定番に関しても、アレンジを続けているので同じものはあまりないというところ。同じなのは、イワシの水煮とか肉じゃがとは本当にシンプルなものかなぁ。豚肉と小松菜の炒め物ですら、毎回スパイスとか調味料違うし。なんだろう、出来るだけ「何か違う事やってみたい(実験的なインスピレーション)」と思ってしまい、たまに失敗していますが最近は感覚知でバランスとってます。しょっぱい時は、どんまい(‘ω’)

この日は、ちょっと疲れてたので軽く小松菜と豚肉を中華風に炒めて。
あとは、旬のホタルイカを酢味噌で。
お魚の旬も大事だよねー。

さて、僕はメディアプランにかかわる人たちは出来るだけみんな料理したほうが良いんじゃないかなぁって思っています。理由は色々あります。

  • 旬を感じ、学ぶことが出来る
  • 自分で食材を買えば、生活者目線の文化が分かる
  • 創作意欲が満たされる
  • 僕は食卓もプレゼンの場だと思うので、企画力が磨かれる
  • その時食べたいと思うものを食べることが出来る
  • 「食=生きる事」なので
  • 厨房に立つ男はモテる by 加持リョウジ
まぁ、最後の「モテる」はあれですが、実際の話子供達には好評です。多分、いつも食べているスミさんの料理とまた毛色が違うので食べる楽しみがあるのではないかと。週中でほとんどコミュニケーションが取れない自分としては、子供と食を通してコミュニケーションできるという意味でとても大事な時間だと思っています。自分が企画した食卓が、受けるか受けないかをリアルに感じられるってのも刺激的かなと毎度感じます。ダメな時、だめな反応来るし。

それはさておき、プランニング目線。僕たちB to Cコミュニケーションを企画するお仕事にかかわる人間は、生活者目線を持つことが最も重要な事象だと思っております。その視点で、「一体店頭で、生活にかかわる食材はいったいいくらで売られているのか?」という事や「今の旬は何なのか?」という事を把握しておくことは基本中の基本だと考えています。自ら包丁を握って料理をするという行為は、料理を考え買い物に出向き店頭で旬を知り、その価格を自ら確かめ、場合によってはいくつかのお店を比較し購入するという行為に繋がります。これを繰りかえすと、結果として景況が反映されやすい生鮮の価格を知り、その推移をみることが出来ます。この情報を掴むってグローサリーメーカーに勤める者としてとても重要な部分で、自分たちが今販売しているものが世の中的に適正な価格なのか、求めてもらうために何をするべきなのかを決める最前線である、最終購買決定の現場の事情に繋がる情報を取得する「場」のリアルなんですよね。コンテンツコミュニケーションにおいても、ブランドコミュニケーションにおいても、僕は必ず生活者目線が重要だと考えているので、この「食」を通して世の中を俯瞰するという行為を大事にしています。いや、実際の話ここから見えてくる世界ってなかなか面白いですよ。あとね、知的好奇心もくすぐられたりね。

実際、消費税ってこの生活のための糧にかかってくるもので可処分所得の低い人ほど直撃する税金。お金が余っているような人にはリアルではないし、自分で買い物をしない人たちには縁遠いもの。この辺をきちんと肌身で感じていたら、政権与党が無理押ししている「消費税増税」はないなーと思いますよ。今あるべき姿が、「財政引き締め(特に土木)」「法人税見直し」「議員報酬見直しと定数削減」「所得税見直し」ではないかと。このままだと、国がヘタる気がします。あとね、こんな状況が続くと僕らが販売しているような嗜好品はいずれ切られるなと。僕は、「食」に触れあいながらそんなことを考えていたりします。

みんな、料理しようぜ!楽しいよ。

【Diary】国東半島を旅してきました 1日目:190504

 こんにちは。今、久しぶりに九州の実家に帰っています。長期滞在は、本当にひさしぶり。というわけで、こんかいは旅行も合わせて計画し国東半島(くにさきはんとう)に遊びに行ってきました。ここ、国東はさかのぼること1300年前に、「仁聞(にんもん)」という伝説の僧侶が「六郷満山(ろくごうまんざん)」と呼ばれる独特の山岳信仰を核とした宗教文化を築き、時代を経て様々な信仰を習合している土地。面白いのは、いわゆる山伏などによって守られる「山岳信仰」のあった土地に天台宗の密教文化がうまく融合し、そこに宇佐神宮の八幡信仰が習合しかなり複雑ではあるが独自の進化を遂げています。諸説ありますが、多分もともと宇佐神宮の信仰とは別に山岳信仰+天台宗=本山派の修験道があり、ここに地元で有力な宇佐神宮が習合したというのが僕の見立てのため、先のような書き方をしていることを付記しておきます。

 というのも、仁聞が千燈寺を開山したのが養老2年(718年。ここを契機に、六郷満山文化が展開。対して宇佐神宮の始まりこそ570年ごろと言われてはいるものの、実際に栄え始めたのは和銅5年(712年)に官幣社となってから。本格的な力を発揮していたのは、道鏡事件の前あたりからと思われ、この時期になると周辺を飲み込んでいたと考えられ宇佐神宮の力が国東に及んだのはここら辺からかなぁという読みなのです。ちなみに、この仁聞ですが恐らく後世において様々な人々の功績を纏めて一人の人物を作り上げたもので恐らくそこの地に根付く信仰を人格化した思想を体現するものではないかと感じています(仁聞菩薩とも呼ばれていますしね)。現実的に考えて、一人で28の寺院を建立し管理運営することは難しいですが、それぞれの土地に根付く信仰を思想的に束ねて収斂して行く上で、このような人物の存在を創ることが一つの時代の知恵であったのではないかとも考えました。

いつきても、鮮やかな本殿界隈。この神宮の美しさは、新緑の季節が一番際立つのではないかと思うのですが紅葉の季節もまた格別だという話です。
続きを読む 【Diary】国東半島を旅してきました 1日目:190504

【Diary】困ったことに声帯結節の前兆症状が 1904189

こんばんは。今日は、本当は広尾でテレワークの予定でしたが急遽自宅でテレワークでした。理由は、昨晩突如始まった「声出ない」現象。全くでない訳ではなく、かなりかすれた感じ。朝から仕事してたんだけど、気になったのでお昼時に病院へ。診断は「まだ、前兆くらいだけど声帯結節ですねー」ということで。まぁ、いわゆるポリープとはまた違って二つの声帯の両側が腫れる現象。うーむ。

実際の話、登壇もあればインタビューもあり、打ち合わせ時も僕が話しっぱなしという事もしばしば。こんなことが続いていたので、多分喉やられたんじゃないかなぁ。後は、お仕事が忙しすぎての過労状態もあるんではないかと。

しばし、喉を休める必要があるので原則電話ではなくメールなどでのやり取りを中心に打ち合わせなどは進行。受発注や、セグメント確認なども出くるだけ電話ではなく書面での実施を心がけるつもり。ニコニコ超会議までに、なんとか治したいなぁ。しかし、本当こんなんなると思わなかったよ_:(´ཀ`」 ∠):

【Diary】今日の一枚:「いつもの魚菊さんにて」 190414

永福町に魚屋さんが無いので、お魚はもっぱら浜田山の魚菊さんで買ってます。
ここは、大将が豊洲まで仕入れに行って目利きで選ばれた魚が並んでますので「今日は、これか!」と言うお魚に出会えて楽しいのです。
定番の鰯などは必ずありますし。
昨日は、イサキが美味しそうだったのでイサキ二尾と水煮用に鰯を六尾とネギトロ。
生鮮は、やはり専門店で買いたいので。

【追記】こんな写真をあげたその日に気づいた残念なお話ですが、吉祥寺の不二屋鮮魚さんが遂に廃業してしまいました。いや、ここのところ「都合により当面は」的な紙が貼ってあったので心配していたのですがやはり。吉祥寺って、なんだかレジャーの場所であって生活の場所ではない的な扱いになっているのではないかなぁと。あと、これは日本全体に言えることなのかもしれませんが会話のないスーパーでの味気ない買い物が当たり前になりこの対面での買い物の楽しさとかワクワク感への期待値が薄まっていると言うか、それそのものを知らない人たちが増えてるのではないかと危惧しています。まさに、ディスコミュニケーションの世界。正直、僕はお肉やお魚を美味しく提供しているスーパーってあまりない印象で。近隣だと、松原のOZEKI本店とかうちの近所のスーパーつかさくらいしかない印象。美味しい食事を、きちんと食べたい人間としては、この「小売店の廃業」現象には頭が痛く。僕らにできることは買い支えることなので、今後は惜しまず僕が良いと思うお店は勝手に紹介していこうと改めて考えてしまいました。(2019/04/14 Noise)

【Diary】ここはそのままに、全体を新しく更新する方向で検討中。 160716

ンスタに上げた写真だけど、僕のインタビューが掲載されたバフアウト。
インスタに上げた写真だけど、僕のインタビューが掲載されたバフアウト。

最近、フェイスブックばっかりで全然でしたが、プログラムわからなくなってきたのでリハビリ必要だなと思い始めました。
そもそも、きちんとタグ打ちして組み上げていたデプスですが完全放置。
忙しいのもありますが、それじゃダメですよね。
今考えてるのは、表紙からwordpressにしちゃうかということ。
そういうのも、、ありかなーって。
あとね、sassも覚えてみようかと思っています。
ボチボチね。

【追記】結局、多分2016年はこの記述くらいしかしてないんですよね。Depth本体は、今だに放置のままですが2019年にやっとこのwordpressを更新し始めたっていう感じでして。とはいえ、ここをきっちり仕上げたら次は本体とアーカイブ化している過去のページを徐々に再構築していくことになると思います。色々考えてみたけど、WPをCMSとして使うことは今のところ考えてないので、本体の表紙はスタティックなhtmlで記述し直すことになると思います。やり直す時は、レスポンシブルなリキッドレイアウトタイプにするべきなんだろうけど、デザインを作り込んで来ただけにどうするか悩むんだよねー。あれはあれで、好きだし。秋以降かな?あっちは。ちなみに、使っている写真は当時インタビューを受けることになったBarf outのページ。写真は、龍さんに撮影してもらったものです。(2019/03/31 Noise)

この前のaGHARTaの写真ギャラリーとか

皆さん、こんにちは!
やっと、ちょっとづつではありますが『創ること』に向かい始めています。
なんというか、仕事にのめり込んでいてというか立ち位置を作ろうと足掻いていすぎて2年過ごした気がします。
まぁ、生活に大きな変化があったり会社が変わったりとか、そんなこんなだったんですが。
ただ、それだけというのもつまらないなぁということに徐々に立ち返り始めている感じですね。


自分はと言えば、本来ネットワーク上のコミュニケーションを軸に人脈を作りパーティーを作り遊び仲間を募りとかやってたはずなのに、なんと今日プログラムをしようとしたら素で書ききれないことに気づいたw。
これは、僕自身のアイデンティティーに関わる問題です。いやまじで!
という訳で、ただブログを書くだけではなく『ちゃんと創る』姿勢で生きたいと思います。
第一弾は、WPのギャラリー化。
まぁ、当たり前にみんな出来てることかもしれないけど最近本当にプログラム触ってなかったのでやり方わからず四苦八苦。
英語読める人でよかったなぁとか思いつつ、さっき実装しました。

本体のページは2009年以来ほったらかしだけど、裏では色々やり始めてるんですね。
この辺についても、夏前には軽く公開できれば嬉しいなと思っています。
生活の軸が大きく変わり、「家にいるのも良いな」とは思っているのですが、それで落ち着きすぎるというのも自分ではないという思いがありつつ。
ゲームばっかりやってたけど、その辺も整理していこうかなーって。
ま、パーティーの記録もこれから整理して楽しく共有できる「かたち」を探していきますよ。
あとは、コミュニケーションの復活も大事なファクター。
FBなんかも上手に利用しながら、発信と共有と情報交換が出来る「十字路」になれるような方向について模索していきたいと思いますです。

【AghartA】明後日のタイムテーブル

そういえば、中核にある棟で色々やってたなー。天手古舞の良さって、ここの棟によるものも大きいよね。なんせ、生活できるくらいの物資がそろい踏みだもん。こういうキャンプ場って、なかなかないよね。そういう意味で貴重。
そういえば、中核にある棟で色々やってたなー。天手古舞の良さって、ここの棟によるものも大きいよね。なんせ、生活できるくらいの物資がそろい踏みだもん。こういうキャンプ場って、なかなかないよね。そういう意味で貴重。

今、まだWordPressについてよくわかってないので勉強中。
なにしろ、こういうWEB周りを触ることも忘れてたのでこちらについてもリハビリな感じであります。
パーティーと一緒ねw。
というか、僕のプログラムいじりはパーティーと共にあったからでそこから離れればこうなるのは自明の理。
自分がWEBに戻ってきたのは、イコールパーティーに戻りつつあるということの象徴なのかとも思います。

さて、明後日のタイムテーブルがざっくり出てきたのでおいておきます。
僕は、龍が起きるか起きないかのギリギリの時間ですね。朝方。
奇麗めからゴリゴリまで目くるめく1.5Hを作ってみようかと。
今回は、リハビリなんでぶっ込みDJになってもご愛嬌で夜露死苦!!
ほかのみんなも好き放題ですが、それがキャンプの醍醐味ですw
————————————————————–
☆aGHARTa CAMP Gathering : MUSIC TIME TABLE☆
 2013/05/03

Open-20:00  Free Time(音楽係の人じゃなくても好きな曲をどうぞタイム)
20:00-21:30  OG (AghartA/山踊り商事)
21:30-23:00  ROMI (FULLSMOKE*fullsmile*)
23:00-24:30  MATSU (DORMITORY K)
24:30-02:00  DAIKEN (FULLSMOKE*fullsmile*)
02:00-03:30  HANABI (原点回帰/Wing Makers)
03:30-05:00  HYDRO GENERATOR(HINOWA RECORDINGS)
05:00-06:30  NOISE (AghartA/HEAVENS DOOR)
06:30-08:00  Jupiter (Pil)
08:00-09:30  Ferooma(HINOWA RECORDINGS)
09:30-11:00  Chan (音波祭/ELF music)

【Diary】調布に行ってきました。 130430

調布に祖父母と出向いた龍様。まぁ、いつものことですが食べるのに夢中すぎだからw

今、九州から両親が上京してきてまして。
そんな訳でちょっとどこかに行こうかということで、京王のHPをみて調布に行ってきました。
というのも、ここはゲゲゲの鬼太郎で町おこしをしてるということだったので。
で、行ってみたのですがちょっとだけで特に凄く力を入れているようには見えず。。。。。
いあ、境港を見てしまうとどうしても力不足が否めない。
もうちょっと、なんとかしないと拍子抜けな感じでした。

そんな訳で、布田天神に行くことにしたんですがその途中にあったお店の前で一枚。
本人は、今川焼のクリーム味に夢中です。
ま、そんな連休前半でした〜。

こんな感じで、ポツポツ鬼太郎周りのキャラがいます。

【Diary】早く帰る予定だったんだけどね 120314

懐かしい感じの写真ですが、これ都電荒川線の三ノ輪橋駅を撮影したもの。撮影したのは、2012年4月4日。今もそうですが、諸事情あって年に何回か三ノ輪をおとづれます。いいところですよね。この頃は、まだinstagramに様々なフィルターがあって面白かったです。フレームも多かったしね。

今日は、ホワイトデー。
お昼過ぎにすみさんに電話して、何が良いか確認してスタンバってたのよ。そう、早く帰る予定だったんだけどね。
夕方前に、担当商品じゃ無いんだけどあり得ない入校データを見てしまい。しょーがないので、担当を呼び出し。
んが、19時にしか来れないとの事(涙)。
仕方ないんで、打ち合わせ。
自分のじゃ無いけど、ほっとくわけにもいかないし。
そんでもって、こんな時間ですよ。
ほんと、笊な窓口が余りにも多くて困る。

兎に角、一個一個潰してか無いと。
いや、まじで困るわ。

この当時は、かなり古いiPadを使っていたため兎に角夜間撮影だめだし、そもそも解像度が低かった気がします。ただ、いつもカメラも持ち歩いていました。最近、iPadを買い直したのですが、逆に日記をちゃんと書くためと、改めて記録写真の意味をこのリバイスで感じているのもあり、きちんとカメラで撮影もするようになりました。

【追記】当時は、職場が芝公園とか赤羽橋あたりだったので東京タワーをよく撮影していました。本当は夜が綺麗なんですけど、カメラの性能が悪すぎてろくな写真が残っていないのが残念。芝公園で、蝉の羽化を見ていたこともあります。意外に、いい環境だったなぁと改めて。恵比寿も、いいところなんですけどね。目黒の公園も近いし。2012年の日記、ほとんどないですね。みてみたら。写真はあるので、過去も話も合わせて追加も考えます。(2019/02/26 Noise)

【Diary】今日の東京タワー 111109

あう。書く前に、アップされた。
今日は、久びさはや上がり。ちと、ゆっくり出来そうです。

【追記】当時の職場は、芝公園。その関係で、東京タワーの写真がやたらと多いです。しかしながら、使っていたiPad2なので夜の撮影にとにかく弱い。ということで、綺麗な夜写真がないというのが痛いところ。まぁ、消すのも何なので残しておきました。(2019/03/14 Noise)