「DJ」カテゴリーアーカイブ

【Party】HEAVENS DOOR presents ○萬川集海○

遂に今晩ですー。
久々です、ロングセット。
と言っても、変則ロングセットで「NOISE」→「ササキ君」→「NOISE」のリレー。
しょっぱなは、90年代中盤のオールドセット中心。これは、かなりレアな音でマスよ。
Rising HIGHとか、EYE-Qとか、Flyingとか、Tunnelとか、Tideとか、今はなき良き時代のレーベルの音てんこもり。
個人的には、このへんのゆったりしていながらも曲がった音を是非体感してもらいたいなと。
その後、ササキ君と繋ぐタイミングでは「え?こんな事に?」というちょっと面白い音の流れも作るしね。
今回も、面白い事したいなーとかね。
萬川集海、前にやったのはもう3年前くらいかな?
あのときは、6時間セットでした。
アレはアレで面白かったんだけど、ライフワーク的にやるにはちょっと長丁場すぎ。
どっちかと言うと、ゲストで呼ぶ人と一緒に6時間を作って一つの物語を紡ぎ上げる方が正解な気がして今後はその形をデフォにしようかと思っています。
記念すべき第一回目は、同じ地元で僕と違って大活躍中の制作人でありDJであるササキ タカシさん。
公式HP:http://www.st202.com/
もう長い事一緒に遊んでいて、パーティー仲間の中で数少ない地元言葉で話せる友人です。
彼は、書家としても有名で最近もミッドタウンで個展やってたり。
彼と遊ぶからには、もちろんガッツリ話し合ってどんな世界を創るのかをひそひそ会議して現場でドンしたいなと言うのが僕の思惑。
そして、映像をというなの『場』を構築するのが光学姉妹の御大Kenzooke先生と最近はVJイベントとかでも大活躍中のPal Grapicsのyos-D君&もはや大イベントで当たり前の様に凸をする所まで成長しちゃった雪月華のmocchi。
この3人を呼んじゃって、今はやりのUstreamで配信しちゃおうと言う試みですよ。大丈夫ですかね、俺w。
これは、今後のHEAVENS DOORがどこに向うのかと言う事を試す実験の場であったりもするのです。
いつものようなGOA ONLYの流れではなく様々な音像と映像とで彩られる6時間。
正に、そこは『音』と『映像』のガチバトル!!
いや、面白くならないはずが無い!
さて、今回はどんな萬川集海になることやら。
是非、遊びに来て下さいね♪

我ながら、昔はすごく凝ったグラフィック作ってたなぁと感心しました。毎回、自分で作ってたんですよね。これ。しかし、これは2007年の萬川集海のフライヤー。残念ながら此の回のフライヤーの画像が見つからないのです。あ、文字はササキ君!

HEAVENS DOOR presents
○萬川集海○
~6 Hours Sound & Visual Journey~
Venue : 大塚deepa(JR山手線 大塚駅徒歩5分)
DATE : 2010 / 06 / 19 START@23:59
ADMISSION :
2,500yen(GATE) , 2,000yen(with flyer)
CAST—-
TAKASHI SASAKI(CONVERGE+)
NOISE(AghartA / HEAVENS DOOR)
Kenzooke(光学姉妹)
yos-D(pal graphics)
mocchi(雪月華)
and more…..
◉大塚deepa
東京都豊島区南大塚3-49-10.大塚鈴本ビルB1f
TEL:03-3984-6085 / FAX:03-3984-6094
http://otsukadeepa.jp/
http://www.ustream.tv/channel/heavensdoor-live

【追記】この辺りが、扉としては本当に最後だったのかなぁ?USTのライブ配信とか、なかなか面白い試みだったと思います。今も、ページの原型は残っているのです。大塚Deepaにはお世話になったのですが、なかなか集客でお返しできずに申し訳なかったです。今は、結構アニメクラスター向けのパーティーが多いのかな。これも、時代ですね。そうそう、扉のデコの要はmocchi(雪月華)だったのですが、彼は「水曜のカンパネラ」の空間演出を握っているHEAVENS HUG DESIGNだったりします。仲間が活躍しているの、本当に嬉しいです!(2019/02/16 Noise)

【Party】旅の終わりに:『HEAVENS DOOR11th』 まずは、報告と御礼

この回のステージの大きさは、ある意味異常でした。ただ、締めくくりとしてはこれでもよかったのかもですね。

今年も、終わっちゃいましたね。
何かね、夢の様でしたよ。
そりゃ、大変な事も沢山あったし困った事もしばしば。
まぁ、そんな事より楽しかった事や嬉しかった事が多かった。
何しろ、多分『最大限まで拡大してみたらこうなりました』と言うのが今年の扉だったんじゃないかなーとか。
10年の区切りだからね、今年は。
思えば、本当にただの思いつきで始まったんだよね。この集まりは。
そう、言うなれば飲み会のノリでキャンプ場を押さえ、たまたま友人の家に置いてあった700wのスピーカーがあり、集まって遊びたい愉快な仲間が難しい事を考える事無く当たり前の様に岐阜の山に集ったのが10年前。
この時からの話は、ゆっくりと書いて行くつもり。
一度、振り返ってみても良い年齢だし、扉もそれだけの歴史を経て来たからさ。

春先なのに雪が降るとか、色々あったよなー。

ま、ま、それは別の機会に置いておいて。
今回は、本当に紆余曲折に悩まされました。
始まりは、「野田平」が使えないと言う難関。
まぁ、5年も開催して来た場所だからそろそろ移るタイミングなんだろうなーとか考えては居たんだけど、そうは言ってもあのロケーションは代え難く良い場所が見つからないまま時間だけが過ぎて行ってたの。
そんななか、年末にお電話したら「来年のGWは、リンゴ祭でキャンプ場使うんでお貸し出来ないんですよ」。
「え…..」、心の準備が出来てない所での予期せぬ言葉。
交渉を試みるモノの、このGWに限らずどうにも諸事情がある様子なのが伺い知れた為あまり深追いをせずにこれまでの御礼をお伝えしつつ他のロケについて聞いてみる。
雰囲気的には、長野全域と言う事ではなく豊丘村においてどうにもなかなか難しい波が立っている事が伺い知れました。
それが、昨年末。

CYCLEくん、元気かな?当時の扉のフロア、ありえないくらいVJが豪華でした。

ノリピー事件が世を騒がせる今は、もっとハードルが上がってる事でしょう。
彼の地に帰るのは、いつの事になるのやらと言う感じで新しい祭への船出が始まりました。
扉って、祭の枠とか向う先とかは大枠こういう感じかなと言うのがニュアンスとして決まってるんだけど、当たり前の話だけど場所が決まらないと細かい所が煮詰められない。
そんな悩みに振り回されながら、大阪EXODUSでの祭に突入。
これがまた面白かったんだけど、実はこの次の日を境に心の堤防が決壊。
張りつめてた心の箍が、はじけ飛んじゃったっていうかね。そういう事で。
一転して、あまり良くない状況が続いて行く中「あー、こういう心持ちでは扉には臨めないなー」とか言う事すら考える余裕が無いまま2月になり3月になり。
GWの開催を断念。
でもね、これも全ては予定調和だったんだと思っています。

村井工業さんのご協力ででかいステージが作れたので、Dachamboもフルでステージ演奏ができました♪

多分、僕自身のセッティングが出来始めたのは5月。
平衡感覚をちょっとづつ自らの手に取り戻しながら、思考をたぐり寄せ妄想の糸を紡ぎながらパーティーの白いキャンバスに色を入れて行き始めたのが6月くらいかな?
考えてみたら、この時点で明らかに遅い(苦笑)。
スロースタートに加え、本調子でないが故の連絡おっくう不行き届き。
気がついたら、8月だったと言う感じで場所を最終確定しワタワタとスタートして行きました。
とはいえ、8月は欣求浄土厭離穢土。
いそがし過ぎで、やっぱり回らない。
回らないとか言ってる場合じゃないのは分かってるけど、ちょっと遠くをみてしまい勝ちになりながら時間だけが過ぎて行く。
本格的に始動したのは、8月末からじゃないかな?

from chill out floor

そんな僕なのでしたが、多くの人に支えられ何とか9月上旬までに大枠を決め急激とも言えるスピードで共有を開始。
もちろん、その所為で抜け漏れはあるわ変更に次ぐ変更があるわで色んな方にご迷惑をおかけした次第で。
ただ、その辺も周りの方達の親身なフォローで何とか乗り切りました。
いや、今回は特に多くの人たちに助けられたなーと言う気持ちが大きいです。
枠組みがしっかりしてない中で船を漕ぎだした感じに成っちゃって、海原を走らせながら中の構造物を構築して行ってる感じだったんです。今だから言えるけど。
そうこうしているうちに、時間は過ぎ去り忘れもしない一週間前。
予算の再計算を行い、集客予測をした時点で蒼くなって深夜に関係者にメールを。
「2003年の悪夢の再来か?」
そう、ご存知の方はご存知なあの時です。
正直、パーティーとしての面白みと完成度は高かった2003年秋。
だけど、「パーティーもう辞めよっかな」と強く思ったのも事実。
その位、でかいダメージだったんですが、今回再計算してみるともっとでかい…….。

Chill out フロアの夜は、かなり幻想的な空間になりました。

と言う訳で、あまり良くないなとも思いながら事実の共有。
色んな指摘を受けつつも、良くない部分は受け入れ修正可能なポイントは速攻で修正。
その節は、NOSTALGIAのCHAN君に多大なる負担をかけてしまったにも関わらず、快く受けてくれた事に感謝しています。
設営系は、彼がコーディネイトしてくれたんです。今回。
最後まで色んな事を思いめぐらせていたんですが、yos-D君の「続ける事が大事です」の一言が効いたのかなー。
未練で引きずるのではなく、エイやで決断しつつそれを流して行きました。
とはいえ、1週間で出来る事と言うのはそこはずもないんですが、それにしてもこの1週間はもの凄かったなと。
兎に角、色んな人の力で最後の告知。
告知に関しては、TIRAKITAの梅さんとPさんと朋ちゃんとSHIVATRANCEとferoomaには大変お世話になりました。
実際、TIRAKITAの発送物に封入して頂けたのは嬉しかったし初めての体験。
そして、その1週間で全体の取りまとめに大きな力を発揮してくれたのがkimoto。
殆ど、廃人になりかけな状態の中で細かくフォローを噛ましアイデアを出してくれるその様には脱帽しました。
実際、発送からスタッフの取りまとめや情報伝達。
業者への発注から、調達まで。正に、今回のMVPは彼女でしょう。

山頂フロアのかっこよさは、ある意味特筆すべきものだったなと。今までの扉とは、また違い劇場的な空間になっていました。

会場運営全体の取りまとめは、szkさんがあたって下さいました。
一筋縄では行かない人々から情報を吸い上げ、一つの形にして行く様は「流石プロ」だなと唸らせるお仕事でした。
実際、僕はこういうのできないんですよねー(適当だからさ)。
僕が抜けて笊になってるときにアーティスト系のフォローをしてくれたのが、遊透。
大枠は組んだんだけど、そっから先はざらーっとこぼしちゃった感じで潰れてたところを細かく調整してくれました。
なかなか、一人では決めきれないけど時間のない事が多い中あなたがパソコンの前に常駐して途中途中の悩み事項をスカイプで聞いてくれるのは嬉しかったw。
今回も凄い数のデコレーターに集まってもらったんですが、その全体の橋渡しをしつつ昔は想像もできなかった「図面あげ」までこなしたモッチの成長っぷりも凄かった。
今回のメインは、今までと違って舞台監督を据えてみました。
初日は、HIDEKICHI&DiEちゃん。
二日目は、RYU☆ICHI&Toru君。
4名とも、出演者の調整からタイムテーブルから現場での仕切りまで本当にありがとうございました。
なんせ、僕がチルに係っきりだったんでメインはみる事すら出来なかった物で。
でも、そのおかげで今年はVJとしてszkさんもプレイに集中する事が出来たんじゃないかなとか思っています。
本当に、ありがとうございました。
山頂は、初扉の@raki君がサウンドで入ってくれました。
いや、やっぱテキパキしてて判断も早いし思いついたら動くし。
「あー、こういう人がオーガナイザーだ」と改めて感心。
だって、僕はダラーっとして「もう、ダメポ」な状態だからね。
お時間のない中、色々相談に乗ってくれて感謝。
僕の精神安定剤は、PさんとOG君でした。
お二人には、もう愚痴は言うし相談はするし意味の分からん事を言うしな感じだったんですが「まぁまぁ」とか言いながら聞いてくれたおかげでこちらもガス抜きが出来まして。会期中も、ぶち切れずに出来たのはあなた達のおかげです。
バタバタな中、出演者に皆さんにも迷惑かけ通しだったんですが「ショーがねーなー」と思いながらも着いて来て下さった御陰で何とか終了まで大きなトラブルも無く。

そして、やっぱりメインどころはJIKOOHA。この回は、EIJI君も入ったダブルギターの派手な鳴りのステージでした。

CHAN君と村井工業さんには、今回多大なる尽力を裂いて頂きました。
そう、今回のあの凄いステージと電気系統全般はNOSTALGIC NETWORKチームの力なくして成り立たなかったんです。
色々ありましたが、WANBONさんの現地コーディネイトも根っこ作りの部分で本当に助かりました。
チケットが届かないとか、連絡が来ねーとか色々有りながらも緩い空気を感じつつ遊びに来て下さった皆さんにも大感謝!
あなた達がいないと、パーティーは始まらんからね♪
あー、もう書いて行くとキリが無いね。
まだまだ、本当に沢山の人に支えられて今回の祭が出来たと言う事が言いたかったんです。
だって、見ての通り今回は最早扉の規模では無かったでしょ。
アレ、多分200%です。
10年だしさ。
と言う訳で、来年以降は新しい形を模索しながら次の10年を形作って行く事になりそうです。HEAVENS DOOR。
それが、今回の『羽化』の先に有る未来。

新しい羽を手に入れた僕らは、次なる旅へ。

HEAVENS DOOR 12th
“Reincarnation【輪廻転生】”
START@16:00(GATE OPEN@12:00)

VENUE:T.B.A.

【扉10th】明日、現地に向かいます!

この写真は、2007年の「扉」だね。ここで、こっつは初参戦だったんだったかな?何しろ、「扉」はデコもすごい祭でした。

と言う訳で、準備も全然出来てないのに明日です。
あー、まずいなぁ。毎年だけど。
人手がほんとに足らないから、こうなるんだよね。
来年は、書類を作ってくれる有能な人をもっと集めたいなと。書類、多すぎだし。
まぁ、EPITAPHなんで。良いや。
しかし、遂に10回目。
早いもんですね、本当に。
色々ありましたよ、ここまで。
でも、続けてきたからこそ見れる地平があるのかなと。
そう思います。
今回も、紆余曲折多かったね。本当に。
でも、まぁここまでこぎ着けたんで良しとします。
途中、暗礁に乗り上げてたからね。
多くの人が関わるこういう場では、起こって当たり前のトラブル。そう思ってます、いまでは。
さぁ、泣いても笑っても明日から長野。
気合い入れて、行くでー!
P.S.ライブの準備、全く出来てません。準備に追われて。

2007年の時の、僕のDJ姿。12年前は、もっとシュッとしてたなぁw。言われてみれば、確かに中東の血が入ってそうな顔だという感じだね。今の僕のゆったりした感じと違って、なんか尖ってる。

【追伸】まぁ、今思い返してもあの激務の中でよくやったと思いますよ。当時の睡眠時間、多分今以上にひどくて2〜3時間。今は好きなデジタルの仕事に没頭しすぎての夜更かしだけど、当時はリアルに仕事が忙しすぎてだもん。ただ、不器用で人にうまく仕事をお願いできないくせに、妄想が激しくて何でも手書きにこだわってとか、今思い起こすと「もっと整理して仕事しろ」って思う部分もありますが、それが当時の僕のあり方だしそのおかげで今があるんだと思っています。みんな、よく一緒にやってくれてたなぁ。ちなみに、当時”Another Sky”ってユニットを組もうとしてLIVE入れてたんだけどぶっつけで現地入りしたのを今でも覚えています。(2019/02/10 Noise)

【扉10th】遂に、あと1週間切りました!

早いなぁ、いや早いよ。
準備出来てないのにね。
でも、その焦りもワクワク感あったりね。
そういうタイミングです、今は。
そういえば、CHILLのタイムテーブルを日記ではアップしてなかったなと。
CHILLOUTのタイムテーブルですー。
こちらは、体育館の中。
木造のアレです。
空間演出は、michi君。
夜の幻想的な空気は、格別!
今回の目玉、フライヤーには載ってないんですがCHILLOUT FLOORに急遽沖縄からちょっくら一時的に戻ってきた皆さんご存知SINKICHI(AURA TONE)の出演が決定しました!

■SINKICHI( https://www.mixcloud.com/SINKICHI/stream/)

京都生まれ、ミュージシャン、トラックメーカー、DJ。
ドラムス.エレクトロニクス.ターンテーブルを駆使し、京都のカリスマジャムバンド『SOFT』、日本〜オーストラリアのレイブシーンをトリップした『AOA』を経て、ソロ活動を展開中。
そのDJスタイルはtechnoからdub、afro、jazz、更にはhardcoreから民族音楽まで、アカシックアクセスなダンスからチルアウトまで縦横無尽のフリースタイル。
08年春にはSOFTのリミックス12インチをJET SET RECORDS(http://www.jetsetrecords.net/)よりニューリリース。 』

なかなか、DEEPになってきましたよー!

at 野田平

○5月3日(土)
20:00- AccO(PIL)
22:00- Satorin(ポータラルカ)
00:00- Re:birth(a.k.a. STANDARD CLEAR / SKYLAB)
01:00- SINKICHI(AURA TONE)
03:00- SO-SHU(SOMA)
05:00- TAKE(nadar)
07:00- PODD(活力屋)
09:00- 移の瞬
10:30- 北川清隆 + Hydrogenerator(LIVE)
12:00- EUGENICS(LIVE : 8bit)

○5月4日(日)
19:30- 遊透(HEAVENS DOOR)
20:30- electro sayaka
21:30- DJ:TAKEちゃん?
21:40- 乙事主
22:40- DJ:Naoshi-SOAN
23:00- ウズマキ
00:15- Naoshi-SOAN
02:15- STOP
08:00- SHO-HEY(OCTAGON)
10:00- VULCAN
12:00- kimoto(紫 / AghartA)

【追伸】Linkについては、2019年2月現在のものに差し替えました。当時は、Myspageとかが主流だったのですが、もう色々あってみなさん使ってないんですよね。それにしても、JET SET RECORDSが健在なのはアナログDJとして嬉しいです(2019/02/09 Noise)。

【扉10th】メインのタイムテーブルどすー!

MAIN タイムテーブルどすー。
ちょっくら変更入るかもだけど、大体こういう感じです!
お待たせいたしました。
今年のステージのイメージは、『白』。
HEAVENLY WHITEな感じね。
なかなか、凄い感じの色に染まりますよ。
白と言う色は、全ての光を吸収して昇華させる色。
そう、『天國』はそこにあるのよ♪

さぁ、佳境に入ってきたー!!!!!!

■5月3日(土)
16:00- Dachambo(PLEASURE CRUX)
18:00- RYU☆ICHI(HEAVENS DOOR)
20:00- SASAKI TAKASHI(converge+)
22:00- Zoofin(a.k.a.Nor / 蓮)
23:30- HIDEKICHI(SKYLAB)
01:30- SASA(SPACE VOX RECORDING)
03:30- STORGE a.k.a.DAIKEN(FULLSMOKE fullsmile)
05:00- GYRO(ポータラルカ/ 8bit)
07:00- JIKOOHA(panorama records)
08:30- KAGIWO(8bit)
10:30  SOUND STOP
■5月4日(日)
18:30- SHO-HEY(OCTAGON)
20:30- Re:birth(a.k.a. STANDARD CLEAR ERECTORONICA SET / SKYLAB)
22:00- DAIKEN v.s. ROMI(FULLSMOKE fullsmile)
23:30- Psy-crops(SOMA)
01:00- NOISE v.s. 遊透(HEAVENS DOOR)
01:30- NOISE(AghartA / DRAGON VENOM)
03:30- Hydrogenerator(ひのわ / elf music)
04:30- Toru(ひのわ)
05:30- ferooma(ひのわ / 8bit)
07:30- Jupiter(PIL)
09:30  ALL DJ
10:30  SOUND STOP

【Party】西麻布週末泥酔会@BULLET’sありがとうございました!

080220_bullets2.jpg本当に急遽。
多分、今後も急遽。
先週末は、そんな急遽な会『地の底に咲く華@BULLET’s』に遊びにきてくれた希少な皆様ありがとうございました。
流石に、前週の金曜にちゃんと決めてやっと告知と言うだけあって殆ど遊びにきてくれた人は少なかったんですが其の分だけ濃くて面白い感じに仕上がりました。
なんつか、BULLET’sはそこに居るだけで空気に浸れる場ですからね。
僕自身が契約書書くのも、本気で7年ぶりくらいだったし。
ハリーさんも相変わらずで。
080220_BULLETS3.jpg今回、僕は気分でゆったり目の音セット。
UBARTMARとかかけて、「踊らせるの?」と言う空気も作ってみたけど何か自分の中ではゆったりだったので。
そのまま、ゆったりで音の散歩。
一部、「踊らせろやー!」と思ってた人も居たみたいですがドンマイ。
気にしません。
しかし、4人が4人の顔でプレイをしててちょっと面白かった。
みんな、色んな道を通ってるのねと感心。
鈴木さんのプレイは久々にまじまじと見たけど、やっぱり圧巻。
080220_bullets.jpgそして、あの距離感が楽しかった。
まさに、セッション。
こういうのが、良い!
それが出来るのが、BULLET’sだなぁとひとしきり。
また、気が向いたらこういう遊びしたいです。
ああいう距離感、実は一番クラブらしいかもなぁ。
アットホームな感じでいて、そこはかと無いアンダーグランド感。
うん、もっと遊ばなきゃ!

【party】旅の終わりに:伊勢→志摩→nadar

もうね、お伊勢さんに行ったときはバケツひっくり返したような雨ですた。

と言うわけで、今年の野外の〆『nadar Party BOHEMIAN@田曽白浜(三重県南伊勢町田曽浦)』に行って参りました!
今回、折角なので金曜はお休みをとって木曜の夜から宿浦に向かうスケジュール。
そう、折角行くんだったらお伊勢さんに行きたいしね。
例の件があったので、赤福が食べれないだろうなとも思いつつ仄かな期待を抱いて伊勢へ。
もちろん、閉店…….。
まぁ、残念ながらアレだけ列挙されちまうとなかなかね。
ただ、一個一個は実のところ大した話ではなくマスコミが必要以上に騒ぎ立てるので民衆が不安に陥り販売停止みたいな流れになっているような気がせんでもない。
ぶっちゃけ、表示基準に見あってない物は表示を見直せば良い話だしね。
再利用の件も、別に食中毒になるような事ではないので僕は別に良いと思うですよ、ええ。
腐った餡とか、腐った餅を使ってたわけではないし。
マスコミの連中も、殆ど現地取材とかしないで相当いい加減な記事書きまくってるのが滅茶苦茶気になる。
こいつらを取り締まる法律ないんですかね?

写真は波切の風景。なんだか、志摩や南伊勢の界隈は地中海チックなのです!

腹の立つ話はさておき、金曜は兎に角大雨!
まさに、バケツをひっくり返したような状態で刈谷を過ぎた辺りから余り前が見えなくなってきたほど。
ちなみに、木曜の夜に出たんですが東名の集中工事のため都内を全然出れず。
富士川に着いたときには、既に夜中の二時だったのでここで就寝。
今回、WINGROADを借りてたんでフラットになってとても良い感じでした!
(次回は、これに毛布も乗せればモアベター)
9時ごろ起きて、準備して一路伊勢へと言うルーチン。
そういえば、刈谷はハイウェイオアシスになってて観覧車とかもあったりショッピングも充実してたり。
今時のSAは凄いね。
伊勢湾岸道路は順調で、伊勢ICに14時ごろ到着。
今回は、外宮と内宮のみの参拝。
途中、麻吉旅館を覗こうと思ったけど車止めにくいのと雨で断念。
また、次回。
家に帰って、ご飯を食べたら一休み。
流石に疲れてたので、日が回る前に倒れる感じで次の朝。というか、昼。
ダラダラした後、志摩町のお祭経由で波切の大王崎灯台へ。
その風情は、何となく九份【ちょうふぇん】を思わせる風情。
亜細亜には、やはり似たような独特の空気があるのかなとひとしきり。
良いばしょでっせー、大王崎!
安乗埼灯台もよかったけど、こっちは断崖絶壁なので夕暮れがかなり美しい。
ちなみに、『境界』って書いた金属板があったんだけどこれは『熊野灘と遠州灘の境界』を差しているらしい。

夕暮れ時の田曽白浜は、なんだか夢のような空気を漂わせる空間。ここ、とっても好き!

そんなこんなしているうちに、夕方になったので田曽白浜へ。
準備、進んでました。当たり前だけど。って言うか、音が出てるし。
今回は、木造のドームまで出来てました!凄い。
スピーカーは、CirwinVegaじゃない!!!なになに?地元の人なの?
うはー、凄いねぇ。
ウキウキしながら、散策して、居る人達に挨拶しながら撮影撮影。
が、今回ちょっと喘息が出てて体調悪いので大事を取って一度家に帰る事に。
ご飯を食べて一休みして、21時ごろ再度会場へ。
ちょっとトラブルを解消して、早速再度現地を散策。
相変わらず、ストリングスの凸が綺麗ね!プレイは、ウッシーのダーク目なドコドコプレイ。
そして、それを一緒に聞くすみさんと母。ちょっと、シュールな光景。
一回りしたところで、すみさんと母は帰宅。
僕は、So-shu・takeちゃん・番長達と合流。
ヨレヨレ遊んでいると、feroomaやMONDOさんが続々とやってくる。
いやいや、楽しいねー!
が、やはり夜は喘息があれなので1時前に帰宅。

あっちゃんの作る凸は、本当に懐かしくてきれい!

夜中、やっぱり発作の為何度も目覚める。
7時前におきて、落ち着いたところで会場へ。
ついたら、feroomaがかっちょ良い音でプレイ中。
で、フロアを見るとSHIVA-NORIが!!!!!
いやー、目を疑いましたw。
浜松から、急遽駆けつけたみたい。いやはや。
So-shu達とちょいとお休みしたところで、ブースへ。
いかつい音で繋ぐのかと思いきや、いきなりのGOAでアタフタw。
ええ、Raで繋がせていただきました。
こっからは、いつものやりたい放題。
そして一番盛り上がったのは、Nirvana。
一体、俺はどんなジャンルのDJなのかと(苦笑)。
好き放題の後は、marちゃんの朝のユッタリ気持ちの良いビーチなDJing。
Toru君たちとひとしきり話した後に、後ろ髪を引かれながら12時ごろ会場を後にする事に。
むーん、今年の野外も終わりかぁ。
と言う事で、また8時間かけて東京に戻りましたとさ。
途中、車が炎上してたらしく40kmの渋滞でしたがドンマイ!
すみさん、お疲れ様ー。
みなさん、ホントにありがとね。
今回のnadarも、とても楽しませていただきました。
皆とゆっくり話したかったけど、喘息にやられたせいでちょっと残念。
でも、また次があるさ!
ということで、三重の皆は年末にでもー♪
あっちゃん、nadarチームの皆さんオーガナイズお疲れ様&ありがとう!

【party】さて、今週末はnadar@田曽白浜(三重県南伊勢町)です!

フライヤー、すごくシンプル。でも、このシンプルさがナダールっぽくて好き。

今週末は、僕の今年の野外〆になるパーティー。
『Nadar@田曽白浜』です。
僕にとって、実はここはもう馴染みの場所なのです。
知ってる人は、知ってると思うけどね。理由。
と言う事で、中部・関西方面の皆様現地で遊びましょうね!
僕は、朝方にプレイする感じです。
終わったら、東京にとんぼ返りなので酒飲めない……。
=================================================
Nadar Party “BOHEMIAN”
DATE:2007/10/20(SAT)〜21(SUN)
START@16:20
VENUE:田曽白浜(三重県度会郡南伊勢町田曽白浜)
GUEST ARTIST :
Fullmoon Mondoo (Newworld.Fullmoon Rec)
NOISE(AghartA/HEAVENS DOOR)
Hydro Genertor (ELF MUSIC/FULLMOON REC/ひのわ)
Ferooma(ひのわ/8bit)
DJs :
teruki
mussy
tomo
mar
Ambient DJs:
EISUKE
Take
So-Shu(SOMA)
舞踏
たいち利枝
deCor/doMe
Trip△tea
Access:
http://www.amigo2.ne.jp/~hamayuu/map.htm
海見て踊れます。
屋根着きchill spaceあります。
とても気持ちよい場所です。↓
http://mixi.jp/show_bbs_picture.pl?id=23101487&comm_id=2624922&number=201

たまたま見つかったので。2007年当時の僕。若くて、まだ痩せてるなーとか。ヒゲ生えてるしなw。

【DJ関係】最近の予定を整理

070809_oota_hanabi1.JPGえっと、勘違いしてました。
Japan Fire Festival
舞音祭の裏だと思ってたら、一週ずれてた。

そういう意味では、3週連続祭でなくてよかったけど。

08月18日(土):Extra Music&Communi-om! Presents OPEN AIR
08月25日(土):乙事キャンプ@諏訪(長野)
09月01日(土):OFF
09月08日(土):Japan Fire Festibal@朝霧
09月15日(土):名古屋に移動←裏は転輪祭Finale
09月16日(日):予定あり(名古屋)←裏は転輪祭Finale

09月22日(土):【欣求浄土厭離穢土】@北関東

と言う感じ。
個人的に、どれも楽しみな話ばかりなのです。
そんな中、来週の15日は大田区の花火。
これは、うちの毎年の恒例行事。
午後、ちょいと川崎をほっつき歩いてからボチボチ六郷土手に向かう事とします。
これ、何気に凄いんだよね。
平日だから、すいてるし。
■区政60周年記念 大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典
平成19年8月15日(水)午後6時から8時10分(荒天の場合は中止)
花火打上げ=午後7時30分から8時10分

やっぱね、日本の夏は花火ですよ。花火。

18日のEXTRA MUSICは、幻香音のKEIKI君の新しいプロジェクト”EXTRA MUSIC”と元DUBSAXのシゲ君のコラボで実現したパーティー。
久々に、FreeStyleのオファーですよ!
嬉しいなぁ(感涙)。
ちなみに、僕は朝の5時から2時間半。
その次は、sinX君でこれまた2時間半。
この5時間、フロア多分相当濃密になっちまいますよ。ええ。
でも、真裏ドンピシャでSTORGE…….。見たいのに(涙)。
直前がMAINでJIKOOHAなので、凄いテンションでブースの入る可能性あり(苦笑)。
もちろん、恒例の同行者募集。
誰と行くべかね?

ROMIちゃんのプレイは、漏れなく邪魔しに行く予定DEATH!

そんでー、25日の乙事キャンプ。
これが、また濃いのよ。本当に。
乙事主って、もののけ姫に出てきたでしょ?
あの、乙事主名前がそのまま地名になっている土地「乙事」でのお祭。
ここはね、皆で作り上げる雰囲気に昨年感動して「今年も呼んでくれ!」とお願いしての実現。
嬉しいですねー。うんうん。
タイムテーブルは、まだ聞いてないな。
8月、まだまだエキサイティングになりそうな予感です!

【Party】旅の終わりに:『森音包響:しんおんほうきょう』part2

彼らの拠点は石川県。
過去、北陸でのパーティーと言えば『神楽』が思い出される。
それも、もう5年の昔になろうか。
今、一体彼らが何をどこでやっているのかは知らない。
でも、かれらの執り行う祭がとても濃く興味深いものであったことは噂に聞き及んでいた。
現在は、『HIKARI』が一番有名なのだろうか?
とはいえ、このパーティー自体もHPの存在すら見た事が無いので凸隊である事以上の事は正直分からない。

前日朝まで渋谷でパーティーやって、その足で富山に向かうという今考えるとむちゃくちゃな行程のため、写真があまりない。

そう言う場所柄なだけに、大きな凸屋が存在しないのも事実。
という事で、僕らにはDJとしての参加と凸屋としての参加が今回望まれる事となった。
が、大変な事に今回もっちは『ゆらぎ』に参加する事が決定していたのである。
これには、正直「あ、やばいかも?」って言うクラクラするようなザワメキ感を覚えた。
しかし、自虐的というかそう言う場面の方が好きな性でもっちと話し合った上で今回は初の分散デコを試みる見る事となる。
今まで、『雪月華』のデコと言えばもっちと言う位にもっちに依存していたのだが実のところ考えていればそもそもの雪月華と言えば作り手的発想を持った制作集団。
結局、自分達が実は自走式戦車になりうる事をこの機会に確認する事が出来た。
そう、別に全てに於いてもっちのプランニングを待たなければならない訳ではあないという事なのだ。
これは、雪月華のメンバーにとっては実に大きな収穫であった。
『場』を如何に作るのか、そう言う事を自分達の頭で考えるという事のなんとスリリングで楽しい事か。
こういう大事な事を放棄してた事を、今更ながら残念に思ってみたり。

オーガナイズは、SOMA。ケンちゃんと、SO-SYUの二人がやってた、富山のパーティー。SO-SYU、元気かなぁ?

そうこうしているうちに、夕暮れを迎え本格的に祭の時間が深まり始める。
が、足らないものが目白押し……。
ここのところ、何だかすべてが用意されている予感に包まれて大事な道具を忘れる事が多かった気がする。
今回の、その骨頂と言うか…….。
「電気が無い」→「電工リールも必要数量無い」。
これは、さすがに痛い。
そんななか、電柱に電源がある事を発見。その後、下の駐車場界隈のトイレに15Aの電源が二口ある事も発見。
この場所から、エントランスまで大体60m強。
手持ちの電工リールは、2つ。
買いに行くしかありませんな、やる為には。
という事で、近隣のDIYまでぶっ飛ばすぶっ飛ばす。
8時閉店だと思っていたが、7時半。
ぎりぎりセーフで、店内へ。入ったとたんに、「蛍の光」。
急ぎ脚で、電工リールとブラックライトの管を探す。その他諸々、買い物をして占めて2万5千円。
「あうー、また大出費です。」
今月もまた、余裕の無い生活決定。ま、しょうがないね。
これは、僕らの凸資材として手元に残るので良しとしましょう。
戻って、バタバタしつつ暗くなってみるとやはり崩れかけの階段がどう考えても危ない事に気付く。
という訳で、フロアを尻目にまずは階段の照明を。これがさ、なかなか難しい。
というのも、上から照らすとまぶしくて見えにくい。かつ、全体を照らすような照明急勾配であるため難しくて出来ない。
で考えたのが、草むらにハロゲンをあててレフにしてエントランス手前の危ない部分については赤色の本来手元照明用のライトとピカピカランプ。
何気に、これだけでも全然行けそうだね。もう少し、きちんとした作りが欲しいけどこの際まぁ良しという事で。あるもので作るので、この辺でも十分でしょ。心に余裕があれば、もっと出来たなぁ。
それは、また次ね

やはり、何処での仕事を受けるにもきちんと道具リストが必要ですね。
それをきちんと作り上げて、きちんとそのギャランティーを頂く。
これが、凸屋としてはスマートなお仕事ですね。
で、フロアに上り最後の点灯へ。キモトとミヤが、寝ないで作ったストッキング凸に灯が入る。
「何何、これー!」
遊びに来てた人達が一気に集まる。
うんうん、これがデコや冥利に尽きる時間帯です。
モッチが考案したデコだけど、今回はもっち無しで造り上げましたからね。
やれば出来るもんですなぁ。
しかしながら、あのストレッチ布の竹のような凸は本当にフレキシブルに使えていいね。
照明として、凸として見事に生きました。
これに続けて、新しいアイデアをどんどん積み重ねないとね。
時は、ドンドン流れて行く訳ですから。
今回は、エントランスも請け負う雪月華だったりもする訳ですが何だかせわしなく時間が過ぎたなぁ。
でも、こういう時間の流れは充実していて好き!
お膳立てされた場に、ゲストとして入り込むのはどうも自分の性に合わないのかもです。
忙しすぎるのも、何だけどねぇw。
何はともあれ、殆ど開けるまでテントに入る事も無くエントランスとフロアの往復。

会場って、終わってみると本当にただの森だったりするわけで。そういうギャップが面白かったり、終わった後で寂しかったり。

ジェネレータートラブルなど、色々あったりもしたのですがそう言う事でめげない人々が集まって作られたパーティーだけに大きな問題も起こる事無く恙無く終了。
それぞれの音を携えてこの地に集まった同胞たちが、また自らの居所に帰還する時間。
なんつてますが、結局一番遠いのは僕らという事で一番に宮島峡を離れる事に。
何だか名残惜しいけど、よねとの遊びの時間と車を帰す時間が…….。
Toru君FeroomaちゃんAcha君、USHIMARU君、SO-SYU君、ケンちゃん、マーちゃん達よりもちょいと早く現地を離れました。
みんな、ありがとね。
結局、あのあとよねの家でマッタリし過ぎて家に着いたら思いっきり日付が変わっていたばかりかミヤに至っては夜明け近くに帰り着くという始末。
何にせよ、計画的に動かないと駄目ですね。僕ら。
しかし、個々人のプレイに色んなカラーがあって面白かったね。今回も。
また、皆とゆっくり遊びたいところ。

ちなみに、これが前日渋谷のON/OFFでやってたセッションの記録。ここでは、szkさんたちと360度プロジェクションを楽しんでいました。しかし、本当にあのころは何も考えない機動力があったなぁと。