【DIARY】あけまして、おめでとう御座います。

明けまして、おめでとう御座います。ここのところ、記事を書いていなかったんですが実は理由がありまして。というのも、元々いまドメインを置いているサーバーが10年以上更新されておらずという状態で。

とはいえ、単にコンテンツサイトやってるだけだったらこれでもいいのかなぁと思って長らくお世話になってきたということもあってずっと使っていました。しかしながら、WordPress側のここのところの更新ラッシュでいよいよPHPのバージョンが合わなくなってきたというのが今回の異動の理由。ちなみに、今のサーバーのPHP バージョンは5.2.6。現在の最新PHPは7.3。WPはそれでも後方互換性をある程度キープしていてくれてるんですけど、昨年のアップデートで最低5.6.20が必須となりまして。本体の更新ができなくなったことが移動の理由です。ちなみに、当方が契約しているサーバーのスペックは下記の通り。ある意味、14年前のサーバーがいまだにメンテナンスできちんと動いていたという事実にはサーバー会社への敬意を表したいです。

今使っているサーバー
ServerName:em008.cside.jp
CPU:Pentium(R) M processor 1.73GHz
MEMORY:2.0GB
OS:Debian
WebServer:Apache2.2.34
MailServer:qmail
運用開始日:2005年6月15日

あと、もう一つの理由がSSL/TSL対応。最近、Googleのみならず、ブラウザサイドでもHTTPSとならないサイトを「危険なサイト」とみなす傾向が強くなってきているという印象があります。現サーバーとこの辺のやりとりをして見たのですが、「今後SSL化する予定はない」という回答をもらったことも中長期的にみて検索ランクなどの大きな影響を与えると考え決断の後押しとなりました。僕が独自ドメイン「kluv-depth.com」を取得したのは2000年5月18日。なんと、間も無くドメインを取得して20年になるんですね。感慨深い。そのころ、まだドメインに関してはカオス状態で僕自身も5つくらいのドメインを取得していました。本名を活用していたドメインについては、今となっては観光地化した地域のドメインとして使用されていたりして時代を感じます。あの当時、ドメインを取得するっていうとなんだか難しくてみんな動かなかった感じで取得したドメインを高値で売り捌くという案件も多くあった気がします。

 所謂、神の視点的な風景をみる事が出来るのも都会ならではで、それも一つの大きな経験値になるのかなーと思っています。

僕自身がHPを立ち上げたのは、もっと遡って1995年ごろ。当時は、Inter-QやSo-netのサービスを駆使してページ作成をしていたことを今も思い出します。考えて見たら、それに至っては4半世紀前の話だったり。当時、Inter-QはダイヤルQ2とも密接な関係にあったためアダルト系のサイトに「バナー貼ってくれたら月1万円クリック一回1000円」的なメールをもらっていたことも思い起こされます。やってたら、大金つかんでいたのかもしれないけど、僕に取ってHPはある意味自分の意志と思想を実現するための聖域であった事もあり(未だにそうですね:笑)この手のメールは全てゴミ箱に捨てていました。当時のサイトのコピーは、これ。

“Digital providence from far east HEAVEN.”

あまりに尊大なコピーですが、当時まだ珍しかったネットの世界にいち早くダイブし、「さらなる深みへ」とどんどん潜り続けていた僕に取っては「矜恃」のような言葉であったのだと思います。

あれから25年経ち、今僕はある程度人前に登壇しデジタルコミュニケーションについて語る事がある種当たり前にできるようになるところにまでやっと到達しました。「どこで学んだんですか?」と聞かれることも多いのですが、実際はこの25年の流れの中で成功も失敗も実験も繰り返しながら常に学び続けてきた結果が今なのだと思っています。なので、一朝一夕に得る事ができるものではないというのがお答えです。とまれ、僕は全てが経験則ではないということも持論ですので20代でも10代でも、すごい人たちの話には耳を傾けますし教えを乞うこともいといません。実際はこの好奇心が、ここまで自分を磨いてくれたのだとも思っています。25年目の今、あの時の野望にちょっとは近づけたのかなぁと反芻していたりする自分がいます。

夕暮れの海、好き。

デジタルコミュニケーションを目指すみなさんには、是非自らの中にたぎる「好奇心」に逆らわず多くの体験をもって学び、学ぶ時間を多く持ち、実践する機会をできるだけ作り、会社に与えられた機会のみに頼らず、出来ることは自らの原資を持って自らの責任のもと体験し価値化して欲しいと思います。それは、与えられるものではなく掴みに行くもの。肩書ではなく、自分を価値とし、求められる人材になれば、さらなる体験と未知の領域がその先に広がるもの。もちろん、成し遂げるということは責任を伴うため、命を削るような苦しみや辛さを体験することにもなると思います。だけど、そこで止まってしまうようなら「まだみることのない、その先の未来」を掴むことはできません。やらないより、やって後悔する方がいいじゃない。一度きりの人生、楽しんでなんぼ。「あー、面白かった!」って言って死ねる人生でありたいなと。

というわけで、2020年も更に暴走すると思いますが何卒皆さんよろしくお願いします。一緒に暴走するみなさんにも、さらに多くにスペクタクルとハッピーが降り注ぎますように!!