「伊勢」カテゴリーアーカイブ

【Party】旅の終わりに:伊勢→志摩→nadar

もうね、お伊勢さんに行ったときはバケツひっくり返したような雨ですた。

と言うわけで、今年の野外の〆『nadar Party BOHEMIAN@田曽白浜(三重県南伊勢町田曽浦)』に行って参りました!
今回、折角なので金曜はお休みをとって木曜の夜から宿浦に向かうスケジュール。
そう、折角行くんだったらお伊勢さんに行きたいしね。
例の件があったので、赤福が食べれないだろうなとも思いつつ仄かな期待を抱いて伊勢へ。
もちろん、閉店…….。
まぁ、残念ながらアレだけ列挙されちまうとなかなかね。
ただ、一個一個は実のところ大した話ではなくマスコミが必要以上に騒ぎ立てるので民衆が不安に陥り販売停止みたいな流れになっているような気がせんでもない。
ぶっちゃけ、表示基準に見あってない物は表示を見直せば良い話だしね。
再利用の件も、別に食中毒になるような事ではないので僕は別に良いと思うですよ、ええ。
腐った餡とか、腐った餅を使ってたわけではないし。
マスコミの連中も、殆ど現地取材とかしないで相当いい加減な記事書きまくってるのが滅茶苦茶気になる。
こいつらを取り締まる法律ないんですかね?

写真は波切の風景。なんだか、志摩や南伊勢の界隈は地中海チックなのです!

腹の立つ話はさておき、金曜は兎に角大雨!
まさに、バケツをひっくり返したような状態で刈谷を過ぎた辺りから余り前が見えなくなってきたほど。
ちなみに、木曜の夜に出たんですが東名の集中工事のため都内を全然出れず。
富士川に着いたときには、既に夜中の二時だったのでここで就寝。
今回、WINGROADを借りてたんでフラットになってとても良い感じでした!
(次回は、これに毛布も乗せればモアベター)
9時ごろ起きて、準備して一路伊勢へと言うルーチン。
そういえば、刈谷はハイウェイオアシスになってて観覧車とかもあったりショッピングも充実してたり。
今時のSAは凄いね。
伊勢湾岸道路は順調で、伊勢ICに14時ごろ到着。
今回は、外宮と内宮のみの参拝。
途中、麻吉旅館を覗こうと思ったけど車止めにくいのと雨で断念。
また、次回。
家に帰って、ご飯を食べたら一休み。
流石に疲れてたので、日が回る前に倒れる感じで次の朝。というか、昼。
ダラダラした後、志摩町のお祭経由で波切の大王崎灯台へ。
その風情は、何となく九份【ちょうふぇん】を思わせる風情。
亜細亜には、やはり似たような独特の空気があるのかなとひとしきり。
良いばしょでっせー、大王崎!
安乗埼灯台もよかったけど、こっちは断崖絶壁なので夕暮れがかなり美しい。
ちなみに、『境界』って書いた金属板があったんだけどこれは『熊野灘と遠州灘の境界』を差しているらしい。

続きを読む 【Party】旅の終わりに:伊勢→志摩→nadar

【appeteite:赤福】日経BPで特集組んでるけど、やっぱりまだまだ

赤福問題、マスコミの情報収集能力の欠如が明らかになるにつれ攻撃姿勢がトーンダウンしてきているのですが。
まぁ、白い恋人と違い行政問い合わせを行った上で「問題ない」と言う返答を受けての活動だったわけで。
その事実があるのに、そこを無視して報道を続けてたマスコミの意識の欠如は相当な問題かと。
『矜持』って言葉の意味、知らない人が増えたと言うことでしょう。
さて、本件遅きに失した気がしますが日経BPで特集が組まれました。
題名は、『赤福製造日偽装と食品表示の縦割り』。
さて、まず問題。
相変わらず『偽装』と書いてる。
そもそも、行政が問題ないと判断した表示をしてるものに『偽装』はねーだろと。
2chで、『それから保健所のお墨付きは10年前のお話でしょ。 』ってど素人の意見が出てたけどまぁこの辺は現在の日本の行政と立法と企業の関係を知らない子供の意見なのでオケ。
が、マスコミがそのレベルだとアレだよね。
免許事業だから、中央行政におもねて農水省の事を悪く言えず地方自治体を叩くと言うあまりに稚拙な手法をとってる件も自己保身のためなんだろうねー。
うんうん、機能して無いね。報道。
で、件の日経BPの特集。概ね、まぁそういう話だよねと普通に紐解けばわかる話が書いてある。
が、今の日本人の情報リテラシー能力を考えるとそのくらい書いてあげた方良いんだろうねーと言う話。
ただね、この特集にも穴がある。
『ただし、不二家の不祥事が発覚した1月以降、一部商品の冷凍を止めていることから、その違法性を認識していたとの見方もある。今後、仮に、メディアの取材攻勢によってアルバイトや元社員などから、過去の経緯などが明らかになり、類似する偽装が見つかった場合、リスクは拡大することになる。』
ああ、この記事かいてるおっさんも素人に毛が生えたレベルだなぁと。
不二家問題が発覚した当時、食品関係の独立マスコミではその対策等々や見直しについての記事が多く見受けられた。
そういう中で、メーカーも再度自らの製造方法を見直していき法的にクリアーになっていても見直せる部分は見直していくと言う自浄を行っていたのが当該の1月下旬以降。
きちんと事実関係を踏まえヒアリングをしてこの記事を書いていれば、実のところ新人の記者でも解るような話を裏づけを取らずに書くからこう言う稚拙な解釈を堂々と公開してしまうのかと。
そう思います。
日経BP結構好きなんだけど、最近のマスコミって大なり小なりこう言う手抜きするよね。
折角面白い記事を書くんだから、手抜きしないでちゃんとリサーチしてから書けばよかったのにね。
ここ、肝の部分だから記事の腰が折れちゃってるんだよねー。残念。
P.S.農政ニュースに、『若林農水大臣は12日の会見で「信頼の高い老舗のメーカーがこうした消費者を裏切る行為をすることは、社会的に大変重大なこと」と遺憾の意を表明した。』ってあるけど、そもそもJAS法をきちんと浸透させない自分とこの職員の職務怠慢に遺憾の意を表明していただきたいところです。いや、マジで!

【都市と文化】さて、伊勢路とか 071009

来週には、伊勢方面なので。
たまたま、mixiの某板で絡まれまして。
別段あれだったのですが、ちょっと調べてみたいなぁと思い。
『伊勢路』ネタ。
そもそも、徒歩で熊野道を制覇する気はないんですがその片鱗は感じたいなぁなんてね。
そう言う訳で、調べとくにこした事は無いでしょう。
さて、起点を『田丸』としている理由あたり。
そもそも、田丸は現在玉城町(昭和30年、「所謂昭和の大合併」の時期に合併)と言うらしいですね。
駅名は残ってるけど。

伊勢といえば、赤福かなぁということで赤福本店。

で、なんで田丸だったんだろうという話なんだけどここは南北朝時代に北畠親房が南朝側の指導者として度会家行の援護を受けてた時代に城を造った場所。
結果はご存知の通り、南朝敗北で北畠親房は賀名生で死去。
城は廃城となると思いきや、伊勢神宮を押さえる要として北畠家が再建。
戦国時代には信長の伊勢侵攻に伴い、織田家の居城の一つになるが時代が時代だけに巡り巡り最終的には紀州徳川家の所領となりその附家老の一人久野氏の居城となり明治時代まで。
という訳で、1300年代中盤から明治期までまぁ常に時代時代にそこそこ権力のある人たちに庇護されていたという理由もあり栄えていたようです。
そのため、宿場としても整理されていたので拠点になったようですね。

神宮の大木は、荘厳さと畏敬を感じさせられます。やはり、神域は静謐でいいなと。

熊野詣に向かう人々も、一生に一度の旅なんで折角なので伊勢によりついでに西国33箇所という道行きをとる人が少なくなかったようです。
当然ですが、このルートは東国(江戸方面ね)の旅人が通るルートです。
梁塵秘抄でも歌われている位のルートなのですが、実際に頻繁に使われるようになったのは江戸時代。
やはり、伊勢界隈が紀州徳川家の預かりとなり初代藩主の徳川頼宣が一里塚や宿場を整備して行ったのが隆盛になった最大の要因なんでしょうね。
いわゆる『伊勢講』が盛んになるのは1700年頃。
その頃が、伊勢路が最も隆盛を極めたあたりになるよう(あ、もちろん「えじゃないか」までね)。
参宮にあたっては精進潔斎が基本となるので、古市は帰り道の道程の御楽しみになる訳だったりですがその後熊野にもうでる人はまだまだ精進潔斎が続くため起点を田丸としたというのが真相かなぁ。

続きを読む 【都市と文化】さて、伊勢路とか 071009

【Appetite】伊勢うどん、食べたいな。 051008

いつも、三重に行くとわがままを言って『おかげ横町』に行きます。いやね、あの町の雰囲気が好きなんですよね。
それだけではなくて、その先にある伊勢神宮内宮が主要な目的だったりするんですけどねw。
とはいえ、かならずここには寄ってはしゃいでから詣でる事にしてます。で、毎回の様に食べるのが『伊勢うどん』。
僕は、いつも『ふく助』で食べてる気がします。
違う店で食べてみても良いんだけど……。
という事で、『伊勢うどん』ってそもそも何なの?ってことを調べてみる事に。

ふくすけの店内ですが、もちろんレプリカとは思うのですが昔の「伊勢講」の看板がたくさん掲げられていて風情があります。

元はと言えば、これって普通にこの界隈の家庭料理だったみたいです。
お饂飩にかけていたのが、たまたま『溜豆油【たまり】』だったのが今のたまり醤油を使う由来みたいですね。
溜豆油というのは、和歌山の湯浅(醤油発祥の地と言われている地の一つ)で作っていた金山寺味噌の上澄み。
この話は、また別に書く事とします。
その昔、上澄みは捨ててたって言うんだから勿体ないよね。
僕は、たまり醤油が好きなのでなおさら。
まぁ、その湯浅からほど近い(まぁ車も無いからもの凄く近いとかではないけど)当時の大観光地『伊勢』はその醤油の大きな消費地の一つだったようで。
そんな中、伊勢界隈の各家庭で自家製の溜豆油を作る様になりそれを饂飩にかける様になる。
何となく、自然な流れの様に感じます。

続きを読む 【Appetite】伊勢うどん、食べたいな。 051008