【Movie】これは泣けるなぁ:”John Lewis Christmas Advert 2015”

僕もLondonに行くときは、ちょこっと覗いたりするJohn Lewis。
こちらの、クリスマスのCMがすごくいい。
何だか、時代を切り取ってるなと思うと同時に、この情緒感が日本の小売りにはないんだよなと残念な感じも。
いや、小売りに限らず日本の企業が伝えない情緒的価値というかね。
僕は、商品やサービスが提供する情緒的価値ってとても大事だと思うんですよね。
これ見ると、なんだかまたJohn Lewisに行きたくなってきたー!
ちなみに、ご存知の方はご存知かもですがヒースロー空港にもあるお店です。

【追記】何故かわからないんですが、公式から2015年バージョンだけ落ちていたのでリンクを貼り直しました。毎年楽しみにしている人も多いだろうなと思う、シリーズ物のCMです。公式のYoutubeアーカイブからこれが落ちているのは、契約の問題などがあるのではないかと推測しています。日本でも、この辺ちゃんとやっていますので。1864年に誕生した歴史ある企業なのですが、今このコロナ禍のなか全店休業中。日本でも、百貨店はかなり厳しい状況ですが世界的にみてもこの状況は変わらないと思います。そんななか、今年の年末も新しいコミュニケーションがお目見えすることを祈るばかりです。ちなみに、このJohn Lewisですがコロナ禍のなか、医療従事者向けにトイレタリーやスナックなどを含むケアボックスを提供しています。こういう精神がる企業だからこそ、このような暖かいコミュニケーションが生まれてくるのではないかと改めて考えさせられる今日この頃です。これは、所謂資本主義的な思想やIR
的な形とは全く違う話で企業の根幹だと感じています。(2020.04.13 Noise)

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください