「party」タグアーカイブ

この前のaGHARTaの写真ギャラリーとか

皆さん、こんにちは!
やっと、ちょっとづつではありますが『創ること』に向かい始めています。
なんというか、仕事にのめり込んでいてというか立ち位置を作ろうと足掻いていすぎて2年過ごした気がします。
まぁ、生活に大きな変化があったり会社が変わったりとか、そんなこんなだったんですが。
ただ、それだけというのもつまらないなぁということに徐々に立ち返り始めている感じですね。


自分はと言えば、本来ネットワーク上のコミュニケーションを軸に人脈を作りパーティーを作り遊び仲間を募りとかやってたはずなのに、なんと今日プログラムをしようとしたら素で書ききれないことに気づいたw。
これは、僕自身のアイデンティティーに関わる問題です。いやまじで!
という訳で、ただブログを書くだけではなく『ちゃんと創る』姿勢で生きたいと思います。
第一弾は、WPのギャラリー化。
まぁ、当たり前にみんな出来てることかもしれないけど最近本当にプログラム触ってなかったのでやり方わからず四苦八苦。
英語読める人でよかったなぁとか思いつつ、さっき実装しました。

本体のページは2009年以来ほったらかしだけど、裏では色々やり始めてるんですね。
この辺についても、夏前には軽く公開できれば嬉しいなと思っています。
生活の軸が大きく変わり、「家にいるのも良いな」とは思っているのですが、それで落ち着きすぎるというのも自分ではないという思いがありつつ。
ゲームばっかりやってたけど、その辺も整理していこうかなーって。
ま、パーティーの記録もこれから整理して楽しく共有できる「かたち」を探していきますよ。
あとは、コミュニケーションの復活も大事なファクター。
FBなんかも上手に利用しながら、発信と共有と情報交換が出来る「十字路」になれるような方向について模索していきたいと思いますです。

【Party】今、オートキャンプ銀河にいるんですけどね

金曜の朝方と言うか、今回の初日はフロアにあまり人がいない印象ですなー。僕の前のジャンクスパンクスの時も去年の半分くらい。ま、こういう感じなのかなー?
金曜の朝方と言うか、今回の初日はフロアにあまり人がいない印象ですなー。僕の前のジャンクスパンクスの時も去年の半分くらい。ま、こういう感じなのかなー?

おはようございまーす!
今、伊豆の銀河にいます。
ええ、毎年のまったり行事Dance of Shivaです。
今年は、遂に龍と二人旅でやってきましたよ。初の試み!!にもかかわらず、やっぱり龍はええ子やなー(親ばか)と思う感じでトラブルもなく到着しました。
9時半くらいに出て、買い物をしつつの到着で夜中の1時半くらいかな。正味4時間弱。
むーん、ここはこの遠さがネックなんだよな。それ以外は、とても良いのですけど。
今回も、子供多いですね。これって、このところの傾向なのかなって思うんだけど、それ以上に僕らと同世代で育って来たパーティーに関わる人たちが結婚して子供が出来てって流れなのでこうなるんでしょうな。
なんか、そういう意味でこの前のアガルタも含め「年をとってもなんか楽しく遊べるパーティー」づくりの未来が見えて来た気がします。
やったね!!

さて、今回のプレイですがここのところの傾向ではありますがCDオンリー。
自前の祭や箱以外で、アナログって難しくなってきましたね。
今回のブースの作りでは、タンテ持って来ても絶対に無理だった。グラグラ。
あれは、CDでも怖いw。
今後、アナログDJを続けるにあたっては、このブースの作りも含めたところでのセットで考えていかないと難しいのかもしれませんね。
逆に言うと、そういう所も含めたセットプランでの貸し出しとかも考えられるのかも。
それが、カラーになったりな。
続けるということは、時代が変わりスタイルが変わる中で自分たちのやり方を続けるためにインフラも含めて造り上げていく必要があるのかなーって。

Shivaも7年目ということで、本当に円熟味を増していますね。
完成度が、本当に高い!!
こういうのみると刺激されるんですが、僕的にはもうこういう凄いのは出来ないかなーってw。
ま、ボチボチ。

僕のプレイは、ぶっ込みほとんどなしの大人げなプレイにしました。
奇麗めも少なめ盛りで、重めでごつい音を中心に。
そこは、浅田さんたちが作り上げる音空間の凄さあってのところですが。
で、パパ的に龍をだっこしてプレイするミッションも完了。
これは、パパ冥利に尽きますねw。
ま、そんな感じで間もなく会場を出ます。
遊んでくれた皆さん、本当にありがとう!自前の祭ではないので、ゆっくり遊びました。
ご飯も作ったし。
次の野外は、やっぱりご飯を一部仕込んでいきます。あい。

ではではーん♪

【AghartA】明後日のタイムテーブル

そういえば、中核にある棟で色々やってたなー。天手古舞の良さって、ここの棟によるものも大きいよね。なんせ、生活できるくらいの物資がそろい踏みだもん。こういうキャンプ場って、なかなかないよね。そういう意味で貴重。
そういえば、中核にある棟で色々やってたなー。天手古舞の良さって、ここの棟によるものも大きいよね。なんせ、生活できるくらいの物資がそろい踏みだもん。こういうキャンプ場って、なかなかないよね。そういう意味で貴重。

今、まだWordPressについてよくわかってないので勉強中。
なにしろ、こういうWEB周りを触ることも忘れてたのでこちらについてもリハビリな感じであります。
パーティーと一緒ねw。
というか、僕のプログラムいじりはパーティーと共にあったからでそこから離れればこうなるのは自明の理。
自分がWEBに戻ってきたのは、イコールパーティーに戻りつつあるということの象徴なのかとも思います。

さて、明後日のタイムテーブルがざっくり出てきたのでおいておきます。
僕は、龍が起きるか起きないかのギリギリの時間ですね。朝方。
奇麗めからゴリゴリまで目くるめく1.5Hを作ってみようかと。
今回は、リハビリなんでぶっ込みDJになってもご愛嬌で夜露死苦!!
ほかのみんなも好き放題ですが、それがキャンプの醍醐味ですw
————————————————————–
☆aGHARTa CAMP Gathering : MUSIC TIME TABLE☆
 2013/05/03

Open-20:00  Free Time(音楽係の人じゃなくても好きな曲をどうぞタイム)
20:00-21:30  OG (AghartA/山踊り商事)
21:30-23:00  ROMI (FULLSMOKE*fullsmile*)
23:00-24:30  MATSU (DORMITORY K)
24:30-02:00  DAIKEN (FULLSMOKE*fullsmile*)
02:00-03:30  HANABI (原点回帰/Wing Makers)
03:30-05:00  HYDRO GENERATOR(HINOWA RECORDINGS)
05:00-06:30  NOISE (AghartA/HEAVENS DOOR)
06:30-08:00  Jupiter (Pil)
08:00-09:30  Ferooma(HINOWA RECORDINGS)
09:30-11:00  Chan (音波祭/ELF music)

【Party】来週末は、AghartAなんだよね。

こんにちは!
ワードプレスに移行して、数日経ちました。
まだ、慣れてないけど基本的にはMTと変わらないと言う認識なので徐々にエントリーを増やして行く感じかと。
LightWindowとかも、インストールするだけで機能するので問題無し。
あとは、タグクラウドとかその辺を実装して背景作ったりリンクはったりして行けば完成かな?
ある程度形になった所で、普通に公開して行こうかな。

さて、もう来週末なんですよね。AgahrtA
諸々、急いで準備しないとダメなんだけどまだ出来てないと言う…..。
オファーはすんでるし、タイムテーブルの考え方とかは出来上がってるのでボチボチ告知を上げつつ来週末に望むかなーと言う感じです。

思えば、2003年。岐阜の養老天命反転地で伝説のライブを見てからなので8年越しw。
そんな時を経て、遂にウバ様をお呼びしたと言う訳で。
JikoohaをAgahrtAにお呼びしたときも緊張しましたが、今回もまた感慨ひとしお。
と言う訳で、多くの人にこのAghartAの晴れ舞台に足を運んでもらいたいなーと思う事しきりです。
どんな感じになるのかなー?
なんつったって、Long Live Setだし、New Moonだし!
盛り上がらない方が、おかしいよね。うん。
あ、と、は。
盛り上げる人次第で、ドンドン変化しまー!!
あ、そうそう。盛り上がり次第でウバ様のライブ時間が変化するんで、みんな宜しくね♪

============================================
■□■NEXT PARTY■□■
AghartA presents
『曲がるという事はこういうことですよ祭』part.2
AghartA re-birth 5th Anniversary
DATE:2011/03/05(SAT)
START@23:59(SOUND STOP@06:30)
ADMI:3,000yen(ADV),3,500yen(DOOR)+Drink Ticket Fee

Special LIVE(Long Set):
uVantam a.k.a UBAR TMAR(Panorama Records)

DJs:
OG(AghartA / 山踊り商事)
NOISE(AghartA /HEAVENS DOOR)

VJs:
SpikeBloom
hal(緑企画)

DECO:
from 新潟

◉公式HP
http://www.kluv-depth.com/agharta/

■大塚deepa
東京都豊島区南大塚3-49-10.
大塚鈴本ビルB1f
TEL:03-3984-6085
http://otsukadeepa.jp/
================================

【Party】旅の終わりに:『HEAVENS DOOR11th』 まずは、報告と御礼

この回のステージの大きさは、ある意味異常でした。ただ、締めくくりとしてはこれでもよかったのかもですね。

今年も、終わっちゃいましたね。
何かね、夢の様でしたよ。
そりゃ、大変な事も沢山あったし困った事もしばしば。
まぁ、そんな事より楽しかった事や嬉しかった事が多かった。
何しろ、多分『最大限まで拡大してみたらこうなりました』と言うのが今年の扉だったんじゃないかなーとか。
10年の区切りだからね、今年は。
思えば、本当にただの思いつきで始まったんだよね。この集まりは。
そう、言うなれば飲み会のノリでキャンプ場を押さえ、たまたま友人の家に置いてあった700wのスピーカーがあり、集まって遊びたい愉快な仲間が難しい事を考える事無く当たり前の様に岐阜の山に集ったのが10年前。
この時からの話は、ゆっくりと書いて行くつもり。
一度、振り返ってみても良い年齢だし、扉もそれだけの歴史を経て来たからさ。

春先なのに雪が降るとか、色々あったよなー。

ま、ま、それは別の機会に置いておいて。
今回は、本当に紆余曲折に悩まされました。
始まりは、「野田平」が使えないと言う難関。
まぁ、5年も開催して来た場所だからそろそろ移るタイミングなんだろうなーとか考えては居たんだけど、そうは言ってもあのロケーションは代え難く良い場所が見つからないまま時間だけが過ぎて行ってたの。
そんななか、年末にお電話したら「来年のGWは、リンゴ祭でキャンプ場使うんでお貸し出来ないんですよ」。
「え…..」、心の準備が出来てない所での予期せぬ言葉。
交渉を試みるモノの、このGWに限らずどうにも諸事情がある様子なのが伺い知れた為あまり深追いをせずにこれまでの御礼をお伝えしつつ他のロケについて聞いてみる。
雰囲気的には、長野全域と言う事ではなく豊丘村においてどうにもなかなか難しい波が立っている事が伺い知れました。
それが、昨年末。

CYCLEくん、元気かな?当時の扉のフロア、ありえないくらいVJが豪華でした。

ノリピー事件が世を騒がせる今は、もっとハードルが上がってる事でしょう。
彼の地に帰るのは、いつの事になるのやらと言う感じで新しい祭への船出が始まりました。
扉って、祭の枠とか向う先とかは大枠こういう感じかなと言うのがニュアンスとして決まってるんだけど、当たり前の話だけど場所が決まらないと細かい所が煮詰められない。
そんな悩みに振り回されながら、大阪EXODUSでの祭に突入。
これがまた面白かったんだけど、実はこの次の日を境に心の堤防が決壊。
張りつめてた心の箍が、はじけ飛んじゃったっていうかね。そういう事で。
一転して、あまり良くない状況が続いて行く中「あー、こういう心持ちでは扉には臨めないなー」とか言う事すら考える余裕が無いまま2月になり3月になり。
GWの開催を断念。
でもね、これも全ては予定調和だったんだと思っています。

村井工業さんのご協力ででかいステージが作れたので、Dachamboもフルでステージ演奏ができました♪

多分、僕自身のセッティングが出来始めたのは5月。
平衡感覚をちょっとづつ自らの手に取り戻しながら、思考をたぐり寄せ妄想の糸を紡ぎながらパーティーの白いキャンバスに色を入れて行き始めたのが6月くらいかな?
考えてみたら、この時点で明らかに遅い(苦笑)。
スロースタートに加え、本調子でないが故の連絡おっくう不行き届き。
気がついたら、8月だったと言う感じで場所を最終確定しワタワタとスタートして行きました。
とはいえ、8月は欣求浄土厭離穢土。
いそがし過ぎで、やっぱり回らない。
回らないとか言ってる場合じゃないのは分かってるけど、ちょっと遠くをみてしまい勝ちになりながら時間だけが過ぎて行く。
本格的に始動したのは、8月末からじゃないかな?

from chill out floor

そんな僕なのでしたが、多くの人に支えられ何とか9月上旬までに大枠を決め急激とも言えるスピードで共有を開始。
もちろん、その所為で抜け漏れはあるわ変更に次ぐ変更があるわで色んな方にご迷惑をおかけした次第で。
ただ、その辺も周りの方達の親身なフォローで何とか乗り切りました。
いや、今回は特に多くの人たちに助けられたなーと言う気持ちが大きいです。
枠組みがしっかりしてない中で船を漕ぎだした感じに成っちゃって、海原を走らせながら中の構造物を構築して行ってる感じだったんです。今だから言えるけど。
そうこうしているうちに、時間は過ぎ去り忘れもしない一週間前。
予算の再計算を行い、集客予測をした時点で蒼くなって深夜に関係者にメールを。
「2003年の悪夢の再来か?」
そう、ご存知の方はご存知なあの時です。
正直、パーティーとしての面白みと完成度は高かった2003年秋。
だけど、「パーティーもう辞めよっかな」と強く思ったのも事実。
その位、でかいダメージだったんですが、今回再計算してみるともっとでかい…….。

Chill out フロアの夜は、かなり幻想的な空間になりました。

と言う訳で、あまり良くないなとも思いながら事実の共有。
色んな指摘を受けつつも、良くない部分は受け入れ修正可能なポイントは速攻で修正。
その節は、NOSTALGIAのCHAN君に多大なる負担をかけてしまったにも関わらず、快く受けてくれた事に感謝しています。
設営系は、彼がコーディネイトしてくれたんです。今回。
最後まで色んな事を思いめぐらせていたんですが、yos-D君の「続ける事が大事です」の一言が効いたのかなー。
未練で引きずるのではなく、エイやで決断しつつそれを流して行きました。
とはいえ、1週間で出来る事と言うのはそこはずもないんですが、それにしてもこの1週間はもの凄かったなと。
兎に角、色んな人の力で最後の告知。
告知に関しては、TIRAKITAの梅さんとPさんと朋ちゃんとSHIVATRANCEとferoomaには大変お世話になりました。
実際、TIRAKITAの発送物に封入して頂けたのは嬉しかったし初めての体験。
そして、その1週間で全体の取りまとめに大きな力を発揮してくれたのがkimoto。
殆ど、廃人になりかけな状態の中で細かくフォローを噛ましアイデアを出してくれるその様には脱帽しました。
実際、発送からスタッフの取りまとめや情報伝達。
業者への発注から、調達まで。正に、今回のMVPは彼女でしょう。

山頂フロアのかっこよさは、ある意味特筆すべきものだったなと。今までの扉とは、また違い劇場的な空間になっていました。

会場運営全体の取りまとめは、szkさんがあたって下さいました。
一筋縄では行かない人々から情報を吸い上げ、一つの形にして行く様は「流石プロ」だなと唸らせるお仕事でした。
実際、僕はこういうのできないんですよねー(適当だからさ)。
僕が抜けて笊になってるときにアーティスト系のフォローをしてくれたのが、遊透。
大枠は組んだんだけど、そっから先はざらーっとこぼしちゃった感じで潰れてたところを細かく調整してくれました。
なかなか、一人では決めきれないけど時間のない事が多い中あなたがパソコンの前に常駐して途中途中の悩み事項をスカイプで聞いてくれるのは嬉しかったw。
今回も凄い数のデコレーターに集まってもらったんですが、その全体の橋渡しをしつつ昔は想像もできなかった「図面あげ」までこなしたモッチの成長っぷりも凄かった。
今回のメインは、今までと違って舞台監督を据えてみました。
初日は、HIDEKICHI&DiEちゃん。
二日目は、RYU☆ICHI&Toru君。
4名とも、出演者の調整からタイムテーブルから現場での仕切りまで本当にありがとうございました。
なんせ、僕がチルに係っきりだったんでメインはみる事すら出来なかった物で。
でも、そのおかげで今年はVJとしてszkさんもプレイに集中する事が出来たんじゃないかなとか思っています。
本当に、ありがとうございました。
山頂は、初扉の@raki君がサウンドで入ってくれました。
いや、やっぱテキパキしてて判断も早いし思いついたら動くし。
「あー、こういう人がオーガナイザーだ」と改めて感心。
だって、僕はダラーっとして「もう、ダメポ」な状態だからね。
お時間のない中、色々相談に乗ってくれて感謝。
僕の精神安定剤は、PさんとOG君でした。
お二人には、もう愚痴は言うし相談はするし意味の分からん事を言うしな感じだったんですが「まぁまぁ」とか言いながら聞いてくれたおかげでこちらもガス抜きが出来まして。会期中も、ぶち切れずに出来たのはあなた達のおかげです。
バタバタな中、出演者に皆さんにも迷惑かけ通しだったんですが「ショーがねーなー」と思いながらも着いて来て下さった御陰で何とか終了まで大きなトラブルも無く。

そして、やっぱりメインどころはJIKOOHA。この回は、EIJI君も入ったダブルギターの派手な鳴りのステージでした。

CHAN君と村井工業さんには、今回多大なる尽力を裂いて頂きました。
そう、今回のあの凄いステージと電気系統全般はNOSTALGIC NETWORKチームの力なくして成り立たなかったんです。
色々ありましたが、WANBONさんの現地コーディネイトも根っこ作りの部分で本当に助かりました。
チケットが届かないとか、連絡が来ねーとか色々有りながらも緩い空気を感じつつ遊びに来て下さった皆さんにも大感謝!
あなた達がいないと、パーティーは始まらんからね♪
あー、もう書いて行くとキリが無いね。
まだまだ、本当に沢山の人に支えられて今回の祭が出来たと言う事が言いたかったんです。
だって、見ての通り今回は最早扉の規模では無かったでしょ。
アレ、多分200%です。
10年だしさ。
と言う訳で、来年以降は新しい形を模索しながら次の10年を形作って行く事になりそうです。HEAVENS DOOR。
それが、今回の『羽化』の先に有る未来。

新しい羽を手に入れた僕らは、次なる旅へ。

HEAVENS DOOR 12th
“Reincarnation【輪廻転生】”
START@16:00(GATE OPEN@12:00)

VENUE:T.B.A.

【PARTY】明日はと言うか、起きたら音波祭@三保海岸(静岡)

050806_onpasai1.jpgもの凄い久しぶりなんですが、実はDJ。
龍の事で頭がいっぱいだったんで、2月半くらいDJやってません。
(こんなの、多分7年ぶりくらい)
それだけに、記念すべき復活。
そして、友人も復活祭w。
いやー、ワクワクしすぎて寝れないんですが。
何とかして下さい。
明日は、待ちに待った『音波祭@三保海岸』!!
また、ここに友人達がばーんと集う訳です。
楽しみだねー、ワクワクするねー。
おかげさまで、さっきまでブースの前で選曲してました。
アホです、アホすぎ。
このまま、朝を迎えそうな自分が怖いです。
さて、皆様あすは三保の海岸で!
雨なんて、ぶっ飛ばしたれやー♪
ちなみに、僕は朝の4時過ぎからDEATH!
奇麗目、結構かけるよ。

夜明けだしさぁ。

050806_onpasai2.JPG■NOSTALGIA NETWORK PRESENTS
OPEN AIR TRANCE FREE PARTY&BEACH CLEAN UP
2008/08/23(sat) 24(san)
三保海岸(静岡県静岡市清水区三保灯台付近)
START@19:00 – SOUND STOP@10:00
ADMI : Free !!
LIVE:
HYDRO GENERATOR(ELF MUSIC/FULLMOON REC./ひのわ)
SLUM(SUNFLOWERS OF TODAY/FULLMOON REC.),SYNGETSU(NOSTALGIA)
PSY-CROPS(SOMA),SHIVATRANCE(Spiritual Banquet of SOUND)
DJ:
NOISE(AghartA/HEAVENS DOOR),CHAN(NOSTALGIA)
BABA(妖怪ConVention),MARNOLY(NOSTALGIA)
NAKAGAWA(SONAR),MICK(NOSTALGIA)
BOO(NOSTALGIA),47(47SOUND)
VJ:WANBON,CLUSTER(HAL&ASH/vieat )
DECO:PSYCHO69(NOSTALGIA)
SOUND:47SOUND

【扉10th】明日、現地に向かいます!

この写真は、2007年の「扉」だね。ここで、こっつは初参戦だったんだったかな?何しろ、「扉」はデコもすごい祭でした。

と言う訳で、準備も全然出来てないのに明日です。
あー、まずいなぁ。毎年だけど。
人手がほんとに足らないから、こうなるんだよね。
来年は、書類を作ってくれる有能な人をもっと集めたいなと。書類、多すぎだし。
まぁ、EPITAPHなんで。良いや。
しかし、遂に10回目。
早いもんですね、本当に。
色々ありましたよ、ここまで。
でも、続けてきたからこそ見れる地平があるのかなと。
そう思います。
今回も、紆余曲折多かったね。本当に。
でも、まぁここまでこぎ着けたんで良しとします。
途中、暗礁に乗り上げてたからね。
多くの人が関わるこういう場では、起こって当たり前のトラブル。そう思ってます、いまでは。
さぁ、泣いても笑っても明日から長野。
気合い入れて、行くでー!
P.S.ライブの準備、全く出来てません。準備に追われて。

2007年の時の、僕のDJ姿。12年前は、もっとシュッとしてたなぁw。言われてみれば、確かに中東の血が入ってそうな顔だという感じだね。今の僕のゆったりした感じと違って、なんか尖ってる。

【追伸】まぁ、今思い返してもあの激務の中でよくやったと思いますよ。当時の睡眠時間、多分今以上にひどくて2〜3時間。今は好きなデジタルの仕事に没頭しすぎての夜更かしだけど、当時はリアルに仕事が忙しすぎてだもん。ただ、不器用で人にうまく仕事をお願いできないくせに、妄想が激しくて何でも手書きにこだわってとか、今思い起こすと「もっと整理して仕事しろ」って思う部分もありますが、それが当時の僕のあり方だしそのおかげで今があるんだと思っています。みんな、よく一緒にやってくれてたなぁ。ちなみに、当時”Another Sky”ってユニットを組もうとしてLIVE入れてたんだけどぶっつけで現地入りしたのを今でも覚えています。(2019/02/10 Noise)

【扉10th】遂に、あと1週間切りました!

早いなぁ、いや早いよ。
準備出来てないのにね。
でも、その焦りもワクワク感あったりね。
そういうタイミングです、今は。
そういえば、CHILLのタイムテーブルを日記ではアップしてなかったなと。
CHILLOUTのタイムテーブルですー。
こちらは、体育館の中。
木造のアレです。
空間演出は、michi君。
夜の幻想的な空気は、格別!
今回の目玉、フライヤーには載ってないんですがCHILLOUT FLOORに急遽沖縄からちょっくら一時的に戻ってきた皆さんご存知SINKICHI(AURA TONE)の出演が決定しました!

■SINKICHI( https://www.mixcloud.com/SINKICHI/stream/)

京都生まれ、ミュージシャン、トラックメーカー、DJ。
ドラムス.エレクトロニクス.ターンテーブルを駆使し、京都のカリスマジャムバンド『SOFT』、日本〜オーストラリアのレイブシーンをトリップした『AOA』を経て、ソロ活動を展開中。
そのDJスタイルはtechnoからdub、afro、jazz、更にはhardcoreから民族音楽まで、アカシックアクセスなダンスからチルアウトまで縦横無尽のフリースタイル。
08年春にはSOFTのリミックス12インチをJET SET RECORDS(http://www.jetsetrecords.net/)よりニューリリース。 』

なかなか、DEEPになってきましたよー!

at 野田平

○5月3日(土)
20:00- AccO(PIL)
22:00- Satorin(ポータラルカ)
00:00- Re:birth(a.k.a. STANDARD CLEAR / SKYLAB)
01:00- SINKICHI(AURA TONE)
03:00- SO-SHU(SOMA)
05:00- TAKE(nadar)
07:00- PODD(活力屋)
09:00- 移の瞬
10:30- 北川清隆 + Hydrogenerator(LIVE)
12:00- EUGENICS(LIVE : 8bit)

○5月4日(日)
19:30- 遊透(HEAVENS DOOR)
20:30- electro sayaka
21:30- DJ:TAKEちゃん?
21:40- 乙事主
22:40- DJ:Naoshi-SOAN
23:00- ウズマキ
00:15- Naoshi-SOAN
02:15- STOP
08:00- SHO-HEY(OCTAGON)
10:00- VULCAN
12:00- kimoto(紫 / AghartA)

【追伸】Linkについては、2019年2月現在のものに差し替えました。当時は、Myspageとかが主流だったのですが、もう色々あってみなさん使ってないんですよね。それにしても、JET SET RECORDSが健在なのはアナログDJとして嬉しいです(2019/02/09 Noise)。

【扉10th】MESSAGE to DEARS

この写真、いつのものか今となってはよくわからないけど、多分しょきの扉の写真ではないかと思われます。

早いもんで、あと一週間で扉です。
あと一週間だけど、実はまだ準備が完全ではありません。
まぁ、なんとかなるけどね。
僕の中でのもう一つのコンセプトは、”EPITAPH”。
一つの区切りなんです、今回は。
『扉』が終わるわけではありません。
だけど、一つの区切りとしての”EPITAPH”。
だからこそ、皆さんに今回を目に焼き付けて欲しいなと思ってます。
本日から、僕は時間がない中だけど出来る限り走ります。
最後の走りです。
10thに向けて。
出来ることには限りがあるけど、後悔はしたくないので。
伏線でありながら、本線。
その10thを親愛なる皆様に楽しんでいただければ、何よりです。