【デザイン】僕が使っているグラフィックデザインソフト”Affinity Disigner”の話

190201_affinitydesigner
昔は、illusutratorを使っていたので感覚的に近いもので探した結果がこれでした。Affinity Designer。

おはようございます。昨晩は、ちょっと疲れていたのか寝落ちで記事が書けず。朝っぱらからキーボード叩いています。とまれ、多分途中で辞めて子供の世話に移るわけですが。最終的な仕上がりは、お昼休みになることでしょう(いちいち書かなくてもいい情報ですね)。

さて、今日のお話は僕が普段使っているグラフィックデザインソフトの話。その昔、制作が本業だった頃は自前でadobeのソフトを購入して自宅にも置いていました。でもさ、皆さんよく知っていると思いますがとにかく高い。ましてや、ブランドやプランニングの仕事が中心になった今、自前で持つ意味がなくなって来て。でも、サクッと作りたいときに手元にソフトがないのは不便。で、色々使って見て行き着いたのがこのAffinity Disigner。サブスクではなく、ちゃんとデスクトップにDLして使えてお値段6,000円!というわけで、本当に重宝しています。使い勝手は、殆どイラレと変わりません。というか、直感的に動かせるところと高速処理においてはむしろこっちのほうが良いかもなーと思う部分も多々あります。ベクターデータが基本なところに、ピクセルを載せられるのも悪くないし。

日記で設定情報あげる時って、どうしても数字部分とかは隠さなきゃでしょ。そのときに、さらっと作業ができるのがいい。ちなみに、この会社は僕の大好きなUKのNottinghamに本拠を置くSelifという企業。HPもかなりおしゃれで、改めて「制作仕事もいいなー」とか妄想してしまう素敵なつくり。「もうちょっと、自分で作ってみたい。」という方、お小遣い範囲で手に入る素敵なソフトなので是非見てみてくださいね(回しものじゃないよ( ゚Д゚))。

あ、今ね今年ローンチするAffinity PublisherというDTPソフトのベータ版を無償で配布しています。これもあるので、ちょっと書いてみました。ベータ版は、ある種のPoC[=Proof of Concept]で参加することで自分の意見が形になるかもしれないチャンス。そういう意味でも、体験っていいなーと思うのです(PoC好き)。ではーん♪

【デジタル】今日は、ちょっとAll in One SEOを細かく見てみる

徐々になんとなくらしくなって来ている事と、一応今の所ほぼ毎日記事が書けているので「うむ、ちゃんとやっとるな俺」となっています。とまれ、これ普通に楽しいからそうなってるだけなんですけどねw。いや、ほんと振り返るとブログなんて言葉がない時代から勝手にカレンダーCGIを改造してLIFE LOGを書いていたようなアルファブロガーよりもっと前に勝手に日記ツールを作ってたくらいで記録するの好きなんですよね。僕的には、自分がやっていることをメモするために書いているという意味で「有用なことを記事として」書いているブロガーの皆さんとは違って、ただのライフロガーなのです。あの、ツールじゃないよw。”LIFE LOG”を記録する人という意味です。基本楽しくてやってるだけなので、巷で皆さんがやっている「noteで皆さんに有効な情報を発信する」行為とは違ってただのメモ書きなので適当に流してください♪( ´▽`)

ダッシュボード内、”All in One SEO”のパフォーマンス部分。この数字がサーバースペックを表示してくれるのです。バージョンとか細かく出してくれるので、便利。

さて、タイトルにも書いた”All in One SEO”ですが導入するだけでは動かないけど、まぁまぁ設定が難解に見えるツールです。でも、きちんと動かすと結構便利だし。左の画面ですが、これダッシュボード内の”All in One SEO”のパフォーマンス部分の下部に表示される情報。これ、サーバースペックを「システム情報」って項目でかき出してくれてるんです。プラグインを実装するにあたっては、この情報が結構重宝するんですよね。ここを見て、僕の借りているサーバーのPHPスペックが著しく低いことに気づくというw。下にスクロールすると、実装しているプラグインのバージョン一覧の画面なんかもあったりします。

この画面で、トラッキングID入れてドメイン設定するだけ。めっちゃ簡単!

設定で、これは便利だなーと思ったのはGoogle Analyticsの実装。通常だと、GTM使ってタグを埋め込むことになるんだけど、このツール使うと右の画像で出してる作業するだけ。ドメイン全体には、GTM経由で別のGAタグ埋め込んでるんだけどあっちはあんまり発火してくれないんだよね。php化しているので、直入れじゃないと拾い込めないのかなぁとか考えて見たり。まぁ、WPへの流入が殆どなのでここのGAタグが機能してればいいのだと思いますと楽観的に考えて見たり。あとは、一番したの「キーワード設定」を有効にしておけばだいたい完了だと思います。これで、大体セッティング完了。

この画面の、右上のソーシャルメディア部分をActiveにしておけばオッケ。

あ、一個忘れてたこれ重要なんだけど、ちゃんと機能管理でソーシャルメディアをActive にしてください。個人的に、この機能が一番大事かなぁと思っているのです。OGPについてはJetpackがちゃんと機能しないので、もともとこの”All in One SEO”入れてるし。Activeにしたらアコーディオンメニューの中に「ソーシャルメディア」の項目が出現するので繋ぎたいSNSの設定入れておけばオッケー。数日前のエントリーに書いたけど、このままアップすると綺麗に上がらないので設定はしつつも、Twitterにアップする際にはCard Validator使ってカードをアクティブにしてから手動でリンクを貼ることをお勧めします。その方が綺麗。手間が嫌いなら、そのままでもいいけどさ。

【デジタル】Light Boxは、結局Easy FancyBoxにしました

181118_at_kanamachi
昨年秋、初めて柴又に行った時の写真。荒川の河川敷沿いを歩いて、金町まで向かいました。その際に、まるで妖精の家のような建造物がチラホラ。

なんだか、毎日プログラムのことばっかり書いている気がするのですが、今はここに集中したいということで。というか、熱中するとそればっかりなんですよね。そのせいで、SINoALICEが全然進まなくて困っています。今、本当はもっとレベリング頑張ってとりあえず総合力10万越えにしたいんだけど仕事も毎日いろいろあるし、WPのメンテナンスが集中したいわで。ま、そういうもんだよね。うん。

という訳で、レンタルしているサーバーのPHPバージョンが殊のほか古くて「オエー」ってなってたんだけど、なぜかEasy FancyBoxはPHP5.3でも大丈夫だったのでアッサリ採用。高機能だからダメかなーと思ってたんですが、意外に簡単に使えました。よかった♪ただ、過去使ってたLight Boxとバッティングする関係で古いものは停止。その影響で、過去設定したLightBox画像は全滅。ま、もう10年近く前だし、なんか知らないけど元画像がWP本体のDBに入っているので如何ともしがたいなと。

しかし、昔のWPからすると今のバージョンはかなり直感的に使えるようになっていいですね。個人的に、コーディング知識でハックしてカスタマイズしても目立たないのが寂しいいのですが、クソ忙しいのでちょこっと触ると作れるのは魅力かなぁ。ま、なんにしても画像が気軽に上げられるのは助かります。気が向いたら、このツールの設定とか説明しますね(英語なので使い方を簡単に説明するページ作るとみんな便利かと思うし)。

【デジタル】InstagramとTwitter連携でIFTTTを使ってみた

photo at inokashira park.
date:2019/01/27
今日は、丈と二人で井の頭公園へ。いつも、龍が一緒なのだけど二人だけだったので色々嬉しかったみたい。

こんばんは。なんか、記事をあげるのが深夜の人って感じになっていますね。もっと早い時間に書きたかったんだけど、色々ありまして。さて、今週末ですがまた色々実験中。やっていることは種々ありますが、そのなかでもSNS連携での実践についてメモしておきます。

僕は、InstagramとTwitterを主に活用しているのですが、たまに「これはTwitterに送り込みたいなぁ」と言う写真があったりするんですね。ただ、これ単に繋いじゃうとTEXTは送り込まれるけど写真は届かずリンクだけ。これだと、なんだか寂しいなぁといつも感じていました。で、掘り起こしていたところ、どうも”IFTTT”と言うツールを使うと同時投稿が可能そうだと言うことがわかり実装してみました。

https://ifttt.com/

このツール、使われ方としてはデバイスとアプリを連携することが特徴のようですが、同じロジックでアプリ関連系も可能なようです。Instaに元々ついている機能としては「投稿が発生したら、そこからデータを生成しAPI経由でTwitterにTEXTとLINKを送り込む」機能とはちょっと違い恐らく書き込みと同時にパラレルで送り込んでいるのではないかなぁと言う動きをしています。なぜ、この類推になったかと言うとやってみてわかったのですが下の写真をみてもらうとわかるかと。

見ての通り、同時のタイミングで二つアップされちゃうので注意。微妙な違いですが、Instaで元々実装されているAPIの場合は写真の位置情報も反映されていますね!

まぁ、こんな感じでInstaでの投稿時の連動先としてTwitterを選ぶとダブルで微妙に内容の違う「文字だけ投稿」と「写真付き投稿」が同送されてしまったんです。と言うわけで、「連動すると、全ての写真がアップされてしまう」訳で送るものと送らないものを仕分けできないと言う問題点が発生。基本的には使い分けていることもあり、今後どうするのか考え中。今は、とりあえずアップされるたびに削除に行くと言うアナログで対応する感じです。

なお、補足しておくと、このツールは連動直後から動くわけではなく連動から実働までのラグが1時間ほどありました。この辺を踏まえた上での活用をお勧めします。※下記参照

上記の画面になると、やっと稼働。僕が最初に実装した時は、真ん中のボタンをオンにするの忘れて四苦八苦していました。あと、実際の稼働前の状態だと「Never run」みたいな表示が(Check now)の上の3行のところに表示されます。

【デジタル】Google Analyticsの実装について

テレワークの日は、自転車で移動。僕は、井の頭通りから青山に抜けて麻布に向かうのですが、朝のこの風景が大好きなんです。大原界隈はちょっと高台で街が見渡せるのです。

うちのサイトでは、ドメイン全体用とWordPress用でそれぞれGoogle Analyticsを別々に設定しています。統合してもいいのかもですが、将来的にみるとこのほうが良いのかなぁという意味合いで。ちなみに、WPに積んでいるものは、もともとMovable Typeに実装していたものを引き継いでいます。その関係で、ちょっと面倒な見え方になっていた部分に昨日修正をかけた感じです。MTからWPに移行したのは、MTの全換装時サーバー負荷がでかすぎて、コンテンツが増えた際のトラブルが怖かったから。実際、色々不具合起きてましたからね。

さて、ちょっとややこしいのだけど、全体用はGTM経由で、WP用はAll in One SEO経由で埋め込んでいます。これは、差異が出るかの実験も兼ねて。実際に、差異が出ているんだけどまだその原因が探れてません。どちらの数字も、JETPACKと微妙にずれてるし。これは、発火のロジックの違いとセッション区分の違い辺りが関与しているのだろうと踏んでいます。当面この形で運用して、精緻化していこうと思います。この辺で貯めた知見を、改めて業務に戻していく事が目的なのでこっちはずれてる方が面白いなとかね♪( ´▽`)

という事で、今日も広尾でノンビリ仕事と分析中。夏前からのプロジェクトの全体概要も資料に落とし込まないとだなぁ。楽しいけど、結構企画が立て込んできてるので優先順位付けないと。幕張ネタもやらんとな。忙しー!!!

【デジタル】Jetpackは分析には強いがTwitterとの相性がイマイチ

これは昨日からの話になるんだけど、投稿の自動連動をJetpackでやっていたのだけどどうしてもカード表示がされない。ogpとか、いろいろ見てたんだけどどうもJetpackが何か悪さしているようにしか見えないと言うw。いろいろ試行錯誤して、Jetpackの設定PHPをいじったりしたんだけど一旦取りやめ。結論として、”All in One SEO”プラグインの導入を実施。設定については、下記のようにしました。

①Open Graphで最初に読み込む画像を設定。②見つからない場合は、デフォ画像を使用でチェック③自分のサイトのイメージにあった汎用画像を設定

Jetpackで全部行ける的な意見も多々あるんですけど、僕的には

・JetPackは主に分析用

・SNS連動は、All in One SEOで設定

と言う使い方に落ち着きました。これには賛否あるだろうけど、僕的には快適に使えているのでいいと思います。先ほどの記事にも書きましたが、自動投稿のラジオボタンは一旦解除。あと、投稿の下部にあるAll in One SEOのソーシャル設定は必ず実施。その後、Card validatorに登録しカード設定を行うと言うのがスマートな流れです。「タイトル」「説明」を入れて「Twitterカードタイプ」は「要約の大きい画像」にしています。このへんは、好みだと思いますが。

それでは、また!!

【デジタル】WPとTwitterを連動させるにおいてやるべき事をいろいろテスト中

 ここ数日、ずっとコードもいじりつつ、WordpressとTwitterの連動について実験中。多分、それは間違い無いのだけど自動で転送すると、Validatorを通ってないので原則表示がカード化しない。というわけで、下記リンクでカード化しておくことがマストとなる。本当は、ここまで含めて自動化できればいいんだけど、今の所方法がわからないので手作業でカード化することにした。

https://cards-dev.twitter.com/validator

あと、写真がない場合もあるので、その際はAll in SEO Pack内でデフォ画像を設定しておき「写真がない場合は、これ使ってね!」という設定もやっておかなければならない。やっぱり、かっこいい方がいいなぁと思ってこのデフォ画像は昔のAghartAの写真にした。これで、Twitterとの連動のための準備が完了。投稿のたびに設定するのは面倒だけど、みんなに読んでもらう事を前提に考えると、この辺をおろそかにしてはダメなんだと思うのね。

僕は、自分で学ぶためのメモを量産することになるんだけど、地検の水平展開のためにもこのWPを活用したいと思ってるんだよね。同じようなことで悩んでいる人も多そうだし。何より、これからお仕事で作るコンテンツポータルの政策にも生きてくると思うんだよね!と言う事で、逐次公開するので参考にしたい人はぜひ読んでね!

【デジタル関連】現在、僕のWPを分析する際にGAで起きている現象

「写真は、昨日News Credのイベント時に撮影したAMANAさんの前の工事囲い」

週末にGAを入れて、これで計測できるかなぁと思っていたのですが、考えていた事とは違う現象が今起きています。内部ツールの出の分析では、64アクセスだけGAでは1アクセス。

一つの可能性として考えられるのは、トップのみで反応しているため、記事ごとの反応値が得られていないという現象(ソース上は、GTM動いているんですけどね)。

もう一つは、1ページで離脱して数字が上がってこない(これは、GA独特のロジック)。

とはいえ、64あって1名残して全員すぐ離脱ってあるのかなぁ?この辺については、記事を書きながら検証していくしかないよね。ちなみに、昨日はAMANA SQUAREで登壇していました。News Credのイベント。今回は、コンテンツコミュニケーションについて、広告主の立場で語っておりました。雑誌とかでタイアップするような感覚で、僕はもっとブランドがコンテンツを作成していいんじゃないかなぁと思っています。むしろ、数値が可視化されるし。だけど、よくメディアが言ってくる「PV」は正直どうでもいい数字だよねーという部分もあり。昨日は、見なければいけない数字的ポイントも語っています。大事なことは、出稿主体である広告主側がきちんと目的をもってオリエンし、見るべき数字を確認し自分の物差しで成否を判断し、良くも悪くもレビューすることだと考えます。これ出来ないと、やりっぱなしになるしさ。

新宿御苑に行ったので、この時の写真を使って再テスト。

諸々済ませて、短い時間でしたが新宿御苑に遊びに行ってきました。

歩いていたらターリー屋があったので、ナンセットとタピオカ買って大木戸門へGO!

しかし、冬時間なので早じまいなのね。

知らなかった。

温室目当てだったのですが、入りが15時30分までという事でナンセットは後回しで滑り込み。

バナナとか、胡蝶蘭とか、シダとか、食虫植物を眺めながら散策。

シダ類らしいが名前不明さっきの写真は巨大になったので、今回はサムネイルに。

ただ、これ迂回もモーダルも出来ないのでやっぱPCでの作業は必要そうだね。

あと、Twitterでの表示がタイトルとアイキャッチ写真のみなのでこれも課題。

また、色々試してみるよ。

とりあえず、アプリ投稿テスト

諸々、#wordpress と #googleanalytics などの分析ツール設定が進んできたのでテスト。

#ogp の写真は、適当に貼りました♪( ´▽`)

いま、丸ノ内線で子供達と一緒に新宿御苑に向かってます。

龍の宿題と、僕の更新作業がひと段落したので良いタイミングだし。

因みに、丸ノ内線の方南町駅工事の目処がたってきたようでまた両方のホームが開いていました。

直通までもう少しってかんじかな??

しかし、開いてなかったけどアプリもだいぶ使いやすくなってる。

Twitter連携も出来るし、長文投稿の場合こちらと使い分けて行くといいかもなと思いました。

ハッシュタグの設定については、実験だけど文頭かな?