「wine&spirits」カテゴリーアーカイブ

【Appetite】これが飲みたいんですけど:Patron Cironge 131125

高級テキーラのフレーバード"PATRON Citronge"。パッケージも可愛いし、味わいもノーブルでいい感じなのです。
高級テキーラのフレーバード”PATRON Citronge”。パッケージも可愛いし、味わいもノーブルでいい感じなのです。

ここんとこ、お酒の検索に精が出る人です。
なんか、まじめに仕事をしているみたいに見えますが「その通り」な部分と「趣味です」な部分が交錯中。
2ヶ月前に銀座のとあるバーで飲ませていただいたのですが、又飲みたくなったという。
なんというか、やはり柑橘系のフレーバード・スピリッツは良いなと言う話。
ウォッカ系より、こういう単式蒸留のスピリッツのフレーバーのほうが厚みがあって美味しい場合もあります。
組合せは、かなり難しいんですけどね。
某S社の麦焼酎の檸檬フレーバーは、チープでいまいちでした。
なんというか、やっぱり合成香料独特の「化学感」は体が受け付けないんですよね。
好みの問題かもですけど。
と言うわけで、今日のお勧めとして皆さんもちょっと探してみてくださいね!
ロックでもいけるでよ♪

http://www.patrontequila.com/bottle/Patron+Citronge

【追記】この当時は、RTS(Ready to Serve)ブームで、Bacardiのプレミックスモヒートを筆頭に、店頭に様々なお酒が並んでいました。この現象は、実は日本だけではなく世界的な流れだったことを今も記憶しています。確か、このくらいのタイミングでフランスにも出張しててあちらの店頭でもかなりの種類のRTSが並んでいたような記憶が。結果論ですが、この時褒めちぎっているPatronを擁するBacardi社と一緒に企画を考えるような仕事をしているというあたりに、何か深い運命的なものを感じたりもします。いや、しかしこのお酒はやっぱり美味いんだよね。(2019/03/30 Noise)

【diary】すばらしい日々………

なんかね、ばかばかしくなってきたよ。どうしようかなぁ。辞め様かなぁ。やっぱ。こんな事言われたし、『あなたの認識では誰かが意図的に書き替えたということでしょうか??どこにアップロードされたのか知りませんが、事実として現場に届いた「概要書」には誤記が認められました。SP部としても読合わせの責任がありますが、現場からすれば「部」ではなく「本社」一括りで「だらしない」と評価されます。今後このような事が発生しないようお互い細心の注意を払いましょう。また、公式文書の修正に関して、ブランド担当者が「忙しいので後で見ておきます」程度の問題ではないと認識します。』

何で、20時に帰る生き物にこういう事を言われなければならないのか正直到底理解できず。ちなみに、アップロードした場所は分かりきってるし書き換えたのはこの生き物の所属する○○部(自主規制)。なんだかなぁ……。こんだけ働いてんのに、この生き物から「だらしない」といわれてるんじゃ立つ瀬がないよね。

写真でわかったんですけど、この日記を書いた日はフランスから来たゲストをアテンドして東京都内を案内した日だったんですね。なんか、当時のことを色々思い出します。これが思い出せるという視点でも、こういう自分のリアルは残しておく必要があるなと感じました。しかし、当時も外国人観光客多かったのなーと。

【追記】消すことも考えたのですが、まぁこれはLIFE LOGで自分にとって戻って改めて考える場所なのであえて残しました。わかる人はわかるタイミングですよね。なので、僕の中では色々この業界にいて思うことがあるということなのです。手放しで言わないのは、この時の記憶があるから。個別に見ればいい人が多いし、優秀な人が多かった記憶がありますが、総体としての意識が僕の考える企業思想として決定的に合わなかった。だから、結果として出て行くことになりました。でも、あの時元々いた企業のみんなは温かく接してくれたし落下傘の中には本体からではない人もいて、その人たちは対等に接してくれたというのもやりきれた理由かもしれません。ちなみに、このエピソードは今の僕にもつながるのですが、当時もサーバー履歴やデータないの変更履歴と接続IPからの部署特定なんてのは楽勝だったんです。それが故に、自分ではなく相手の所属する誰かが書き換えたということを突き止めることはそんなに難しいことではなく。ただ、その事実を伝えても伝えた相手は理解できなかったし、理解できても認めなかったという話です。存外、改ざんしたのはその張本人だったのかもしれませんね。今となっては、暗闇の中ですが。皆さんも、自らのデータはきちんと履歴をとり、やりとりについてもしっかりとデータ化した上で自己防衛を怠らないことをお勧めします。それでも、こういうことが起こりますので。ちなみに、この時に上から目線だった企業も、今は企業としての体質がかなり変わってきたように感じています。これも、時代の流れなんっでしょうね。(2019/03/02 Noise)

【DIARY】追われる毎日 080528

さて、毎日仕事に追われてます。エンドレス。まだ、未解決の案件が多々あり。周囲にも、頼りっぱなし。ああ、明日はシアモスさんと打ち合わせ&会食。明後日は、アテンド。英語、無理矢理だなぁ。毎日が重い。シヴァ日記、書きたいけどストレスにやられて駄目です。

ちなみに、この写真の人がシアモスさん。すごくいい人。僕のあまり上手ではない英語にも、根気よく付き合ってくれてフランスに赴いた際にもすごく丁寧に応対してくれました。この時は、彼が関わったワインが明治神宮に奉納されているのを見に行った時の写真。いい笑顔!こういう人たちに支えられて、なんとか乗り切っていました。

【追記】色々あったんですよ、この頃。まぁ、なんにしてもボージョレーヌーヴォー自体が下火になる中、なんとか踏みとどまるために何ができるのかを毎日必死に考えて考えて考えぬいていました。ただ、世の中の流れに抗うことなので半端なく体力と精神力が必要だったなと。ただ、あの時の経験が今にも行きているのも事実だし、その時に得た思い出が今を支えてくれているという現実もあります。「あれ乗り切れたんだから、今なんて楽勝」みたいな。まぁA社広告部時代も、そうとうだったけど、違う意味の壮絶さもあったからね。でも、フランスの人たちと仕事をして感じたのは「文化に対する敬意」。これは、すべての根底に流れる思想で、日本の文化の素晴らしさを彼らの口から聞く時の感動といったらありませんでした。外から見たからこそ気づくこと。これって、今の世の中が礼賛する「日本」の表層的な部分ではなく本質的な部分を読んでいるところがすごかったんです。言われてみればそうだなぁ的な部分がたくさんあり、改めて自分の国のあり方を見直す経験になりました。大変だったけど、ヌーヴォーのブランドマネージャーを務めることができたのは自分にとって凄く価値のある出来事だったと思います。アイキャッチ写真、当時よく食べにいってた銀座のお店だけど今見ると相当重いもん食ってんなぁw(2019/03/02 Noise)

【appetite】Veuve Clicquot arrête le quart bouteille

ブーブクリコ、クオーターボトル辞めるみたいね。
3リットルとかの大容量に、注力していくみたい。
効率の問題もあるし、確かにそれが妥当かもね。
http://www.emballagesmagazine.com/
『Le format ne valorise pas assez le produit.
Veuve Clicquot ne croit plus au format du quart bouteille. Alors que la maison champenoise a lancé pour les fêtes de fin d’année le Yellowboam, une bouteille de 3 litres en édition limitée, Cécile Bonnefond, sa présidente, déclare, dans une interview à la Revue Vinicole Internationale (n° 3853 de novembre 2007), croire davantage aux grands formats qu’aux petits. « Nous allons d’ailleurs arrêter le quart bouteille malgré le succès de la Paint Box, malgré sa présentation avant-gardiste et malgré le fait qu’il faudra trouver un autre moyen de recruter de nouveaux consommateurs. Mais nous estimons que ce format n’est pas la meilleure valorisation du produit. Une qualité moindre pourrait nuire à notre réputation. En revanche, nous sommes présents dans l’univers de la nuit et des fêtes pour lesquelles le grand format est très attractif esthétiquement et très demandé lorsque l’on organise des opérations plages comme en Italie, en Floride, en Californie, en Grèce, en Grande-Bretagne… ou des fêtes raffinées et élégantes dans des établissements ciblés de Saint-Tropez ou l’Ile de Ré.』

【Diary】日々是 “not” 好日 0701115

2007年の紅葉@新宿御苑

実際の所、全く好日ではないわけで。
明日は、4時半前に起きて西新井なんだけど帰ってきたのはちょっと前。まぁ、そう言う日々。
A社に出向してる時も辛かったけど、まだ朝が遅いから何とかなった。今は、朝8時半からだから。正直、死にそうになってきた。明日は、終わるのも22時半確定で正直「あり得ない」の世界。金曜は、多分会社には行くけど廃人だな。
土曜は、六義園でゆっくりしよう。日曜は、舞台監督と言う名の進行役。あくまで、進行役と言う事で考えよう。
バンド之人たちは、自分の事は自分でやると言うスタンスで来てくれと。そう言う感じで。
来週は、ちょっとは人間らしく過ごしたいなぁ。一日の睡眠時間が4時間切る状態が続くと、さすがにこの年では辛い。

P.S.本日は、ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日です。
  うちのは、『神の雫』の人が書き下ろしたラベル。
  是非、買ってね!

秋の空気感@本牧三渓園

【追記】この時は、まさか翌年自分がボージョレー・ヌーヴォーのブランドマネージャーになるとは露とも思っていなかったような気がします。なにせ、ずっと制作+メディア+国産畑で、輸入とか全然みてなかったし。大体、英語は読めるけど全く喋れないという。しかし、この頃は振り返るとやたらと公園に行ってわびさびな生活を送っていたんだなぁと。改めて。それはそれで、季節感が感じられていいのですけど。子供がいなかったからこその行動パターンですね。春から夏は、間違いなく野外に週末行ってたことからも、何しろ屋外が好きだったのでしょう。そして、12年前4時間睡眠は辛いと行っているにも関わらず、最近もそんな感じです。サガですね。(2019/02/26 Noise)

【appetite】ワインのブレンドをお仕事で体験してみたり

本日、朝っぱらからワインの講習会。
オーストラリアから、とあるワイナリーの白ワインの醸造責任者の方がいらっしゃって講習会を開いてくれました。
社員限定。
一応、私ワインアドバイザーって資格もってたりするんですよね。
何気に。

さて、今日の御題はそのワイナリーの歴史だったり販促の話だったりもしたのですが。
やはりメインは、ティスティングとブレンド!
本日のワインは、「EDEN VALLEY リースリング」「CLARE VALLEY リースリング」「ADELAIDE HILLS シャルドネ」の大きく3種類。
特に、3種目のシャルドネに関しては同一畑から取れたものを5種の違った条件で醸造・熟成したものがティスティング出来るという非常に珍しい機会。
てっきり忘れてたんですが、ちゃっかり参加してきましたよ。時間は無かったんですけどね。
マロラクティック発酵」したものととそうでない普通の発酵のものが、ああも違うというのはなかなか知る由も無く。
「マロラクティック発酵」=「乳酸発酵」ということで、「リンゴ酸」のアタックの強い酸味が緩和されてバターやヨーグルトのような柔らな酸味に変わるということが比較で初めて判りました。
なかなか、こういう比較をする機会ってないですから。
「フレンチオーク」「アメリカンオーク」の違いは、正直良く判りかねたんですが後者の方が強さがありました。
フレンチの方が、よりまろやかな感じ。
アタックの強すぎるものは、自分的にはあわないということなのか?それとも体調なのか?
その個性あふれるパーツを組み合わせることによって、ブレンドワインは出来上がるんですね。
ブレンドと言っても、今回のは超高級ワインなのであくまで畑は一緒で発酵・熟成の違う個性のあるワインの組み合わせに寄る妙。
最終的に昨年アンリリースで作られたものを飲ませて頂いたのですが、これが絶妙。
複雑さの中に、果実の個性が際立つ仕上がりになってました。
若々しさは時に酸味の強さに繋がるのですが、その刺が無いということが凄かった。
あ、そうそう。
調べてて知ったんですが、「リンゴ酸」って乳酸の分解を促進してくれるけど同時に「ビタミンC」を破壊するのね。
知らなかった。
風邪の時にリンゴを食べたりしますが、一緒にビタミンC取らないと回復力は落ちそうですね。

【Appetite】「ゾンビグラス」

トムコリンズを作る時に使う、飾り気の無いグラスの事を「ゾンビグラス:Zombie Glass」と呼んでいる。何も付いてなくてヌボーっとしてるからだと思ってたら、どうも違う。
ZOMBIE【ゾンビ】(LINK入れ替えました。残念ながら、元リンクが閉鎖していたのでBBCヘ)」ってカクテル用に作られたことことが由来だとか。
スタイリッシュな形状なので、結果として様々なカクテルで使われるようになったみたいで。
その流れか、最近はゾンビグラスをコリンズグラスと言う事もあるみたいです。
下記が、ネットで調べたレシピ。

Visual from http://beachbumberry.com/barware-zombie-glasses.html

■ZOMBIE
ホワイトラム 20ml
ゴールドラム 20ml
ダークラム 20ml
アプリコットブランデー 20ml
レモンジュース 30ml
オレンジジュース 30ml
「クラッシュドアイスを詰めたグラスに材料を注ぎ、軽くステアする」

■ZOMBIE
2 oz. Light Rum, 1 oz. Dark Rum, 1 oz. Apricot Brandy, Splash Simple Syrup, Pineapple Juice, 151% Rum
“Blend rums, brandy, simple syrup & pineapple juice with ice, Pour into Collins or Hurricane glass, Float 151 on top”

個人的には、下のレシピの方が美味しそうに感じる。
151を最後に浮かせるってのが、粋で良いよね。
しかし、色々レシピ見て回ったけど名前とは裏腹に華やかな外見のカクテルですね。