【Party】旅の終わりに:CLEAR LIGHT@八滝ウッディランド 081013

Nori君、どうしてるのかなぁ?まだ、インドネシアなんだろうか?

久々の、完全アウェーなパーティーです。
オーガナイズのToshi君から、途中でけいじい君にバトンタッチ。
なかなか、現在のパーティー・シーンと言うのは難しい問題も色々孕んでるんだけどドンマイ。
彼からの連絡で、ナオシ君達と道中をともにする事に決定。
直前まで僕の状況が見えないと言うのもあり、結局お迎えをお願いする事に。ナオシ君、ありがとう。
藤野だから、本来向こうに近い場所だったのにね。
今回の同行者は、扉でもスタッフをやってくれたエミちゃんと空舞師のあずちゃん。4名での旅でした。
そうそう、エミちゃんがとても近所であると言う事実にメチャメチャ驚いたと言うか其の本気で家の近所に自転車で行ってはしゃいでた自分を後で思い出してみたり。まぁ、そんな面子での珍道中でした。

この虹、記録を見てみたら朝の5時48分。なかなかの時間ですね。何時に集合したんだっけ??

行きしな、出会ったのは虹のスペクトラム。
さい先良いねー、これは。
プロフェシーえみちゃんの予言では、現地は二日とも晴れだしさ。そんなこんなで、途中温泉に寄ってみたり明らかに怪しい商店に寄ってみたり道の駅に感心してたりして着いたのはお昼を回ってから。ゆっくりし過ぎたw。
そんな私達は、さきについてたHEAVENS DIVEのHIDE君達と同宿。久しぶりですた。
いろんな話で、盛り上がったけど彼の経営センスってゴリっと割り切ってて何だか気持ちよかった。
僕らの間の空白世代(現在の30代前半。東京、この年齢の野外系がちょっと少ない)の後の後継者なんだなぁと改めて思った。

当時、色々あって僕らの音の風当たりが強い中、数少ない理解者であったと思います。八滝ウッディランドは。

ひとしきり休んだ後、今回のオーガナイズのけいじい君に現状の確認。
どうも、なかなか大変みたいでリハが進まないとか色々な事情によりメインが押していた。
結局、これが最後は2時間くらい押してそれ以外の混乱も。
まぁ、いきなりオーガナイズを渡されちゃったから仕方ないよね。うん。
多分、タイムテーブルと一緒にリハも含めた香盤表を作ってそれを各アーティストとこれから共有すると良いと思うよ。
HIDE君が言う様に、舞台監督を雇うのも良し。
ま、タイムキーパーが居れば良いのかな?
それと、トラブルへの即応判断だよね。
それ以外の部分は、とてもケアが行き届いててとっても良かった。何しろ、前の週に事件が起こってたから主催者側が色々気にしてた。僕がこの対応でとても良いなと思ったのは、遊びに来る人にきちんと呼びかけはするんだけど場内の至る所にそういう張り紙をする事で気持ちをそぐような行為を行わなかったと言う事実。多分ね、分かってる人たちが集まってる祭だったからこそそれが出来たんだと思うよ。

何気にテント村はメインステージ正面なのですが、なにやらこの緩やかな感じが当時お我々界隈の空気感でした。外野が、あれこれ言ってましたがそういうものなのです。

そういうのって、とっても良いよね。
当たり前の事なんだけど、これがなかなか出来ないと言うのが今の現状かも。自分たちがやっている事が、日本と言う国では犯罪行為だと言う認識が薄いと言う事。
これが、昨今のレイブでの事件につながってるんじゃないかな?
つか、もうレイブに限った話ではなくて相撲業界もそうだし沖縄では高校生が捕まってるしさ。何だかねー、本当に不思議だよ。
もちろん、このクリアライトでは逮捕者なんて出なかったよ。当たり前の事だけど、とても嬉しい。
で、パーティーなんだけど細部に至るまできっちり作り込んであってさ。出演者としても、遊びにくるがわとしても、こういうケアは良いなぁと思う訳で。会場との関係で、どうしてもテントをああいう場に張らなければならなかったと言うのは辛いけどこれはオーガナイザーの責任ではないからねー。何とも。
軸はもちろんサンパウロとダチャンボなんだろうけど、脇を固めるアーティスト達も面白い面子。
こういう風に、色々聴けるのは好き。
改めて思ったけど、こういう場合はジャンルとかを分かり易く伝えてあげると良いんだろうね。扉の時は、そうしようと思った。
まるっきり分からない人の場合は、教えてもらわないと焦点が定められず。

こんな感じで、お店サイドもゆったりしてて時間がゆっくり流れていく。これが、パーティーの醍醐味なんですよ。改めて、こういう写真を見直してみると遊びに行きたくなるなぁ。フルオン祭りは、無理だけどさ。


Zoofinのライブ、かっこ良かったよ。相も変わらず。
ステージングもしっかりしてたから、より映えてた。
うーん、この辺うちの課題かもね。
来年、もっと創り込みたいなと思う事しきり。
終わって、ひとしきりした所で一度バンガローに帰還。
色々喋ってたんだけど、段々眠りの淵に。
結局起きたのは朝の5時頃。何時に寝たのかな?俺。
状況を聞きにフロアに行って、大体まだまだ2時間くらい押してる事を聞きつつ朝のご飯でカリー!カリーは、良いねぇ。うん。
リーちゃんとか、ミエタマとかと話した後、プラプラしてたらダチャンボのライブ。
いや、これは見逃してはならんと前へ。
自分所だと忙しくてゆっくり見れないけど、人の所だと大丈夫だからね。いやいや、新曲も満載で楽しめました。
さて、自分のプレイでと一曲目に”Players for Peace”を用意した所で「あの、次のASTRONが8時半にはライブを始めて帰らないとならないんで……」と。
うーん、まぁこういうの調整する役割なんだろうね。僕は常に。
と言う事で、ダチャンボとアストロンの転換を繋ぐDJをちょいとやってみたり。
本当はこういう場ではFreeStyleでやるべきだけど持ってきてないし。つことで、一瞬上ゲで存在感アピールして20分で降板w。

dachamboのライブを後ろからパチリ!Eiji君に気づかれるw。こんなゆるい空気感も、またいいよね。こんな場所からの撮影は、DJの特権ですねー♪

9時半に改めてステージに戻りプレイ。
ド頭は、またもタダジーのCUBE326での未発表ライブからスタート。BPMを140くらいにキープしながら、曲がりと奇麗目を混ぜつつの1時間15分。いい感じに仕上がったんじゃないかな?
今年の野外プレイの納めと言う事で、僕の好きな曲をバシバシ使って好き放題やってみた。最後の〆は、『ソーラン節』で。
誰にもばれないよなーと思ってかけた後に、kekkeさんの姿が!
ええ、一名にだけバレましたさ、2週連続プレイがw。
そういう事もあるさ。
ナオシ君のプレイ中、気持ちよくて芝生で昇天。
気がついたら、終わってました。
いやー、面白かったなー、本当に。
色々あったけど、それもまたパーティーなのです。其の気持ちが大事。
と言う事で、オーガナイズのけいじい君、トミー、お疲れ様でした。とっても、楽しませてもらいました。
また、気が向いたら呼んでね!そして、うちの祭にも遊びにきてくださいな。
会場で一緒に遊んでくれた皆様、ありがとう。
また、来年かな?(今年の人も、多分一部居ます)
珍道中の皆様、ありがとうございます。ナオシ君、遠方まで本当にお疲れさまでした。
ではでは、皆様また来年の野外にて。
P.S.帰りに下呂温泉に行きました。なにげに、賑わってた。

下呂温泉、いいとこだった。

【追記】事件周りは削除するか迷ったんですが、当時のリアルなのであえて残しました。残念ながら、本当にわきまえてない人たちが居て、その人たちの起こす事件によってシーン全体が「悪」のように言われていました。僕たち、GOA&PSYCHEDELICが箱を借りることができなくなったのも、この辺の流れですね。ただ、実際の現場はこういう感じでゆったりとした時間が流れる平和な空間になっていたという事実がその対比を表していたという事を伝えるためにも、記述はそのままにという趣旨です。しかし、ほんと当時遠征多かったなぁ。鬼のように忙しかった当時の僕にとって、パーティーが救いでした。(2019/04/06 Noise)

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. mietama より:

    めっちゃおひさしぶりにあえてうれしかったです^−^
    天気も良くていい感じでしたね☆
    また東海か関東であえるの楽しみにしております★★★
    あのこだまの群れめっちゃかわいかったね◎わたしも写真とればよかった〜〜〜〜

  2. kekke より:

    ソーラン節でテンション上がりまくりましたよwうふふふ
    2週連続NOISEさんで踊らされ幸せでしたよ〜〜
    友達もすーごく楽しんでました!
    素敵なレイブでしたね〜〜。
    気持ちよすぎて意識が何度も空に上がりました〜〜〜!
    またお会いできるの楽しみにしてます〜〜〜〜!!!

  3. noise より:

    みえたま>
    ご無沙汰ですた!
    しかし、面白いパーティーだったね。
    ああいうの、好き。
    手作り感が溢れてるんだけど、隙があるようで隙がない。
    そして、人の手と心遣いがそこここに見えた。
    そういうのが、やはりパーティー。
    また、遊ぼうね。
    次は、どこで会えるのかなぁ?
    フォトジェニックも、なにげに多い祭でした。
    kekkeさん>
    おす!
    初めて、ちゃんと話せたね。
    良かった、良かった。
    僕の使う音は、場所場所で変わるけど選んでるのが僕なのでそこにある物語の根底の流れは同じ物なんだよね。
    そんな大きな物語の中の流れなので、同じ音が流れる事がある訳で(苦笑)。
    楽しかったよねー。
    うんうん。
    次に会えるのは、いつかな?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください