「youtube」タグアーカイブ

【ゲーム】ついに、小島秀夫の新作が来るぞー!:DEATH STRANDING

あの騒動から、はや3年半。みんな待ってたよなー。と言う事で、小島さんの新作が来たー!!!と言うか発表はされてたんだけど、ティザーが公開されたと言う話。

発売は、2019年11月8日。遂に、俺がPS4を買うことに決めました。まぁ、ACE COMBAT7をやりたくてどうしようともがいてたところで、やっと腹が決まったと言うのが大きいのですけどね。
流石にPS3のゲームはやらなくなったし、子供用に用意しているスイッチのゲームは子供用なのでと思っていたので。やっぱり、プレイステーションかなぁ。

内容は近未来っぽい感じではあるのだけれども、パラレル世界を繋ぎながら現実世界で戦いながら旅をするゲームっぽい。ちなみに、題字はKyle Cooperですよ。さすが、小島さん。映画好きの魂掴みますわ。いやさ、ホントねタイトル画面って大事なんです、まさに「入口」ですから。どれだけ良い作品でも、タイトル次第で見られなくなる。これ、本の装丁とかもそうですよね。

よくある話で、中で成功するとさらなる高みへを登り始めるクリエイターはお金を使ってしまうわけで、その辺があって2015年の事件に至ったわけでしょうけど、我々ゲームファンにとっては素敵なクリエイターが創るゲームはやっぱりワクワクするわけで意見は色々あれども僕は楽しみにしていると言う話なのです。11月が待ち遠しいなぁ。

▪️DEATH STRANDING 公式サイト

【コミュニケーション】ニュージーランドの事故抑制のための広告を見て考えた事 140201

子供が出来て、最近はスピードを出さなくなりました。
まぁ、年を取ったのもあると思います。
そして、運転するときは細心の注意を払って周囲に暴走車が居ないかとかも気にしています。
多分、それでも起きるときは起きるんだと思います。
大丈夫だと思って行動する事、それが取り返しのつかない事故を起こすという事につながります。
そのとき、自分は悪くないのかもしれません。
でも、後悔するより出来る限りの事をする。
それで防げる事もある。
そんな事を、この映像から考えさせられます。

【追記】いま改めてみても、なかなかショッキングな映像ですよね。最近は、自転車でもかなりゆっくり走るようになって、なんだかのんびりな感じです。僕らの業界、飲酒運転にはかなり厳しく考えているのですが、スピードについてもちゃんと考えなきゃならんなと一生活者として改めて。車は、走る凶器です。だからこそ、運転する一人一人が意識するべきかと。そして、このコミュニケーションを見て改めて感じるのが「コンテンツの力」ただ標語だけ見ても刺さらないけど、実際に起きることをドラマ仕立てで見せることで強烈なメッセージを伝えることができる。そして、考えさせることができるんですよね。これって、本当にすごいこと。だからこそ、僕は文脈が大事だなと改めて確信させられました。(2019/02/27 Noise)

【Music】懐かしくも、新しいと言うか:『curve/clipped』 060418

何度聴いても、Curveは名曲ぞろいだ。
それだけ、力がある楽曲が多いしTONIのヴォーカルも他では体現出来ない深さと刹那の空気がある。
だけに、なぜGarbageが商業的成功を収めこのバンドが成功しなかったのかは疑問。
多分、Deanの性格とかにも問題があったんだろうなぁ。
何と言うか、やはり彼は一匹狼に見えるし。
どんどん、メンバーが抜けて行ったもんね。寂しい事に。
Debbie Smithのギターなんかも良かったが、彼女もEchobelly→Snowponyと移動しその後を知らない。
Deanは、コツコツ曲作ったりプロデューサーやったりしてるみたいね。
ああ、何故いい音が成功するとは限らないんだろうね。
やはり、プロデュース能力って大事だね。
うんうん。

“Clipped,” from the LP “Doppelganger” (1992). Originally appeared on the EP “Cherry” in 1991 and later on the compilation “Pubic

【追記】Deanの現在のプロジェクト「SPC ECO」のページですが、背景が日本語の羅列になっていて面白い。というか、ある意味今となっては新しく見えるという感じで。Toniは、ちょこちょこ活動していたけど今は表立って活動していないように見えます。この辺りを引っ張ってたら、Debbie Smithのインタビュー記事がPDFで貼ってあったのでリンクしておきますね。これ、貴重だと思うので。(2019/03/16 Noise)