「twitter」タグアーカイブ

【デジタル】IFTTTを使ってTwitterのアーカイブを作成してみた

個人で使っている分には、特に必要ないかもしれないんですけど僕の場合業務におけるデジタル全般を見ていかなければならないと言う課題があり。Twitter Analyticsの機能だけではどうしても追いきれない部分があるんです。と言うわけで、今回もIFTTTでそう言う機能がないか探してみることにしました。もしなければ、作ればいいしなーと言うことで。

IFTTTログイン前の画面、前に比べてシンプルで可愛くなった気がします。

アカウントをお持ちでない方は、まずここでアカウントを作成。ある人は、Sign inしてみましょう。そうすると、「こんな感じのアプレットあるよ!」って言うトップ画面が。ここで、Twitterの画面を選択してどんなアプレットを見ていくことになります。あとで、詳しく記載しますがIFTTTはツールやプラットフォームが公開しているAPIを直感的につないで動かす統合ツール。”IF This Then That“の略で、「もしこれの後がこうなったら?」っていう願いを叶えてくれる感じです。いや、ほんと使いこなすと便利です。公開されているアプレットを単に使うだけでもいいのですが、構造を理解して自分でアレンジメントできるツールなので「ちょっと足らないなぁ」と思ったら構造を理解した上で自分でカスタマイズしたアプレットを作ってしまう方がさらに楽しくなります。僕自身、公開されているものをアレンジして自分なりに使っていたり。当然ですが、各社がIFTTTに公開しているAPIの範囲に限るのですが通常ディベロッパー登録しないと使えないAPIを手軽に設定してつないでいけると言うのは極めて有用性の高いサービスだと感じています。

こちらが、Twitter版のトップページ。僕が選んでいたり作ったりしたアプレットは冗談に、”Try something new…”より下にあるのがまだ使ってないアプレット。通常は、この下段部分から自分がやりたい事を元に選択します。

過去記事で、TwitterとInstagramをつなぐ際にIFTTTを使ったものをあげていますが、あの時から色々試してみて理解も深まりました。改めて思ったのですが、こういうサービスはやっぱり深いところまで理解した上で使った方が色々いいなと改めて。ちなみに、Twitterフォロー御礼の自動返信もこれまでアップされているアプレットを使っていましたが自分で日本語版を作成して入れ替えました。

上の画面への入り方ですが、IDとPassを入力しトップの画面が出たらTwitterのボタンというかバナーというかそういうのをポチッと。そうすると、Twitterに関するアプレットを集めたページトップに飛びます。今回は、自分の投稿のアーカイブ化が目的なので”Twitter → DB”となるシステムを掘り起こし。クラウド型のDBとして一般的なものとしては、Google DriveやGoogle Spreadsheetになるので探してみます。このサービスでもう一つ「いいなー」と思っているのはアプレットバナー一つ一つがピクトグラムで描かれているためざっくり繋ぎたいサービスがつながっているかが確認できる事。これって大きいなと。

こんな感じで、シンプルな画面で説明文とピクトグラムが並んでいます。ここから選ぶだけ!左下に書いてある数字がユーザー数で、右側のピクトグラムがつながっているサービスです。わかりやすくていいですよ。

さて、今回ですがTwitterのログを書き出すことが目的という事で探してみるとやっぱりSpread Sheetに行き着きました。最終的にCSVに加工してつい気分を加えた上でPythonなどで分析することも見越しているので、その視点でもこの方法が間違いないなと。

ちなみに、僕は設定してしまっているので”Connected”の表示になっていますが、最初はちょっとだけ設定画面が入ります。前に投稿したポスト”【デジタル】InstagramとTwitter連携でIFTTTを使ってみた“でも書きましたが、TwitterとGoogle双方のアカウントをIFTTTと紐付け許可して動かす感じです。もちろん、両方のIDとPassが必要となりますので業務でお使いの方は間違いないよう。間違って、Google側を自分の個人アカウントと紐付けしちゃうと後が面倒なので。ここが完了すると、下記のようなデータがSpreadSheetに自動で上がるようになります。便利!

ファイル名は、”Your Tweet”でちょっと味気ないけどどんまい。また、別の機会にこの裏側の仕組みと自分で作ってタイトルとかを書き換える方法などアップするようにしますね!ではでは。

【デジタル】Twitterアナリティクスの不具合についての続報的な記述

こんばんは、結構検索クエリ見ると「今月はまだツイートがありません…」での検索が多いなぁと思っています。僕はといえば、まだ解決されているわけではないのですが、若干変化してきた状況と調べてわかったこと、そして今の我々の置かれている環境について分かっている事をメモ的に記述しておこうと思います。

一部ではありますが、ツイートを認識し始めたように見えます。マウスオンしているのは、3月10日分。本日3月12日ぶんも、反応しているように見えます。

まず、数値の部分ですが相変わらず「ホーム」部分は「今月はまだツイートがありません…」状態が続いていますが、「ツイート」タブについては全量かどうかは判断つきませんが反応が戻ってきているように見受けられます。マウスオンして表示しているのは3月10日分ですが、本日12日についてもこのページでは反応が確認できます。集計ページとしてサマリーを公開している「ホーム」についてはまだではありますが、このページに数字が戻ってきているということは回復が近づいているのではないかと少し希望を持ってみています。

ちなみに、この現象ですが調べてみると2017年6月にアメリカでも発生してたみたいです。この時の現象については、Kansasに本拠を置くデジタルに特化したマーケティング企業「V3 Broadsuite」の下記記事を読むと今起きていることと同様の現象が起きていたことがわかります。

Experiencing Twitter Analytics Problems – This May Be Why

見てもらうとわかりますが、この方も一月以上Tweetしてないことになってあたふたしています。僕の場合は、趣味だからいいのですがこの方の預かっているアカウントのレビューしようと思ったらこれ何で焦って当然ですね。

これみるとびっくりしますが、見事に一月くらいこの現象が続いていたようです。 article from https://v3b.com/2017/06/experiencing-twitter-analytics-problems-may/

結局戻ってきたのは、June15thみたいなのですがこの「戻ってきたトリガー」がデザイン変更みたいで。ここが、我々と逆なんですよね。日本でこの現象が起きたタイミングって、なんとなく2019年のアップデート後に起きている気がします。となると、修正トリガーは自然に働かないので、なんらか「中の人」が手を動かさないと解決しないわけです。この点については、一応Twitter社に連絡済みですが、多分これ彼らが無償で公開している機能ということもあり、作業の社内優先順位低かろうなと予想しています。いや、マネタイズに繋がらないからね。一応、明日会社の公式アカウントを確認して問題があれば、改めて連絡してみようよ思います。

あ、今回のアイキャッチ画像は「住友不動産六本木グランドタワー」からの絶景写真。いやー、見晴らしいいって良いね。うちの恵比寿ガーデンプレイスのタワーも良いけどさ。何しろ、こ伸びるは風景視点での立地がいいなーと思いました。ではねーん♪( ´▽`)

【デジタル】全世界のTwitterオーディエンスの99%の関心が「犬」になっている件

こんばんは。今朝書いたTwitterアナリティクスの不具合もなかなかこまっちゃうんですけど、もっとすごいのがあるので一応書いてみますね。もちろん、Twitterをマーケティングに活用している人の一部は気づいていると思うんですけど、気づいていない人もまだまだ多いのかなぁと思ったので。

画面見てもらうとわかりますが、おもいっきり「犬」がトップに来ています。それも99%ということは460人のフォロワーのうち5名程度を覗きみんな犬に関心があると。いや、ありえんだろw

Twitterアナリティクスの画面のタブの一つに、「オーディエンス」って項目があるんですね。これ、何かと言うとアカウントで見たときのフォロワーの関心傾向値を示すものなんです。まぁ、今朝書いた「今月はまだツイートがありません…」の話があり一体どんな不具合なのかなぁと色々みていて「オーディエンス」タブみたら僕のフォロワーの関心のトップが「犬」。いや、これありえんだろと。というのも、僕のアカウントは「音楽つながり」「ゲームつながり」「デジタルつながり」「写真つながり」の4軸。これまでは、この4軸のどれかがトップに来ていたのになぜか「犬」。ということで、ちょっと気になりすぎて全体を見たのが下のキャプチャー。

全てのTwitterユーザーで見ても、やっぱりオーディエンスの興味は99%「犬」。ただ、2位は「コメディ」は僕のフォロワー99%に対し、92%となっているため若干薄まっています。
続きを読む 【デジタル】全世界のTwitterオーディエンスの99%の関心が「犬」になっている件

【デジタル】Twitterアナリティクスの不具合

おはようございます。今日は、10時から品川でのセミナーなので朝のんびり。とはいえ、天気が悪いので気分が何も乗らないというなんだかもったいない感じです。まぁ、この時期は天気がいいと花粉が飛びまくるので天気が悪い方が調子いいんですけどね。自転車に乗って子供を送って、そのまま駅というルーチンなので雨は面倒だと思ってしまうので気が乗らないという

毎日ツイートしていますが、ツイートしていないことになっています。

3月も3月で、毎日何かしら呟いてはいるのですが、今月に入ってからアナリティクス見ても「今月はまだツイートがありません…」とで続けます。ツイートインプレッションのみは上がり続けているんですけどね。どういう不具合なんでしょうね?こちらでなんらかのアクションを起こす必要があるのであれば、それをやるのですが何すればいいのか今の所わからないので毎日放置。1日、だいたい5〜10は呟いていると思うので、ちょっと気持ち悪いなぁという話。

続きを読む 【デジタル】Twitterアナリティクスの不具合

【デジタル】今日も、せっせと過去日記をリバイスしていましたが

このところ、暇さえあればwordpressの過去日記を再生する仕事をちまちまやっています。何しろ、10年以上前の記録なのでほとんどリンクが死んでいるので引き直せるものは引き直し、ダメなものをリンンクを削除。合わせて、外部リンクで持ってきた画像についてもほぼ死んでいるので、まず自分の写真アーカイブを見ながら適切なものは自前で張り替えという地味な作業を続けています。やってて思うのは、「めちゃめちゃ写真たくさん撮る人で良かった!」という部分。何しろ、リビングのマックの中にはとりあえず2004年1月からの写真がしこたま格納されているんですよ。このおかげで、全ての過去記事についてヘッダーに使う「アイキャッチ」画像には困らないのです。時期的な問題だけではなく、様々な場所を旅して、それぞれの土地で撮影をかましているのでこれも良かったこと。このアイキャッチがあるだけで、Twitter登録時のCard validator確認の時もいい感じの投稿イメージが作れます。

アイキャッチの画像、うまくレイアウトすると上記のような見え方が作れます。これだけで、かなりオシャレな感じがしますよね!

さて、このテーマでのアイキャッチですが一番適切かなと思うのは横幅1200pxのビルボード的な画像。これが準備できれば、かなり綺麗にハマるレイアウトが作れます。上の写真のように見せるには、1200くらいで入れるのがベストかなぁと感覚的に思っています。ソース見りゃいいんだけど、めんどくさいwちなみに、画像処理はAffinity Photoを使っています。使ってみて思ったことなんですが、いう通りこれ結構直感型のツールなので慣れるとかなり使いやすいです。

ここでちゃんと選んでおきたいのが、「リンク設定」部分。「メディアファイル」を選ぶと、格納した元g像を呼び出す仕組みです。ちなみに、出典元にリンクをすることも可能です。
ここでちゃんと選んでおきたいのが、「リンク設定」部分。「メディアファイル」を選ぶと、格納した元g像を呼び出す仕組みです。ちなみに、出典元にリンクをすることも可能です。

後の見せ方としては、写真をセンターで収めるか、左右に振るか。これも、見え方に大きな影響を与えるので写真次第にはなりますが、しっかり考えてレイアウトするといいと思います。レイアウトしたら、「リンク設定」を選ぶことを忘れずに。これやっとかないと、全くインタラクティブではないページになっちゃいます。それはそれでもいいので、意図的にそうするという手もあります。この辺は、好みかもしれませんね!僕は、なんとなくリンク貼りたい派閥の人です。

あとね、前の「【デジタル】過去記事をリバイスする際に気をつけている事とか」で書き忘れてたんですが、文章中に入っているLINKについては、全て生きたリンクにしておかないと検索順位が下に沈みます。古いものをリバイスすると、どうしても昔のリンクが残ってしまうわけで。その視点から考え、手間はかかりますがLINKを最新のものに変更しつつ必要なところに手を加えることで、記事に厚みを持たせることができれば正解だと思います。LINKが切れてて、代替もない場合は思い切ってLINK削除するとか、その文章語と差し替えるなりする方が結果としてGoogleでのランクを上げることができますので。ぜひご活用を!

【デジタル】InstagramとTwitter連携でIFTTTを使ってみた

photo at inokashira park.
date:2019/01/27
今日は、丈と二人で井の頭公園へ。いつも、龍が一緒なのだけど二人だけだったので色々嬉しかったみたい。

こんばんは。なんか、記事をあげるのが深夜の人って感じになっていますね。もっと早い時間に書きたかったんだけど、色々ありまして。さて、今週末ですがまた色々実験中。やっていることは種々ありますが、そのなかでもSNS連携での実践についてメモしておきます。

僕は、InstagramとTwitterを主に活用しているのですが、たまに「これはTwitterに送り込みたいなぁ」と言う写真があったりするんですね。ただ、これ単に繋いじゃうとTEXTは送り込まれるけど写真は届かずリンクだけ。これだと、なんだか寂しいなぁといつも感じていました。で、掘り起こしていたところ、どうも”IFTTT”と言うツールを使うと同時投稿が可能そうだと言うことがわかり実装してみました。

https://ifttt.com/

このツール、使われ方としてはデバイスとアプリを連携することが特徴のようですが、同じロジックでアプリ関連系も可能なようです。Instaに元々ついている機能としては「投稿が発生したら、そこからデータを生成しAPI経由でTwitterにTEXTとLINKを送り込む」機能とはちょっと違い恐らく書き込みと同時にパラレルで送り込んでいるのではないかなぁと言う動きをしています。なぜ、この類推になったかと言うとやってみてわかったのですが下の写真をみてもらうとわかるかと。

見ての通り、同時のタイミングで二つアップされちゃうので注意。微妙な違いですが、Instaで元々実装されているAPIの場合は写真の位置情報も反映されていますね!

まぁ、こんな感じでInstaでの投稿時の連動先としてTwitterを選ぶとダブルで微妙に内容の違う「文字だけ投稿」と「写真付き投稿」が同送されてしまったんです。と言うわけで、「連動すると、全ての写真がアップされてしまう」訳で送るものと送らないものを仕分けできないと言う問題点が発生。基本的には使い分けていることもあり、今後どうするのか考え中。今は、とりあえずアップされるたびに削除に行くと言うアナログで対応する感じです。

なお、補足しておくと、このツールは連動直後から動くわけではなく連動から実働までのラグが1時間ほどありました。この辺を踏まえた上での活用をお勧めします。※下記参照

上記の画面になると、やっと稼働。僕が最初に実装した時は、真ん中のボタンをオンにするの忘れて四苦八苦していました。あと、実際の稼働前の状態だと「Never run」みたいな表示が(Check now)の上の3行のところに表示されます。

【デジタル】Jetpackは分析には強いがTwitterとの相性がイマイチ

これは昨日からの話になるんだけど、投稿の自動連動をJetpackでやっていたのだけどどうしてもカード表示がされない。ogpとか、いろいろ見てたんだけどどうもJetpackが何か悪さしているようにしか見えないと言うw。いろいろ試行錯誤して、Jetpackの設定PHPをいじったりしたんだけど一旦取りやめ。結論として、”All in One SEO”プラグインの導入を実施。設定については、下記のようにしました。

①Open Graphで最初に読み込む画像を設定。②見つからない場合は、デフォ画像を使用でチェック③自分のサイトのイメージにあった汎用画像を設定

Jetpackで全部行ける的な意見も多々あるんですけど、僕的には

・JetPackは主に分析用

・SNS連動は、All in One SEOで設定

と言う使い方に落ち着きました。これには賛否あるだろうけど、僕的には快適に使えているのでいいと思います。先ほどの記事にも書きましたが、自動投稿のラジオボタンは一旦解除。あと、投稿の下部にあるAll in One SEOのソーシャル設定は必ず実施。その後、Card validatorに登録しカード設定を行うと言うのがスマートな流れです。「タイトル」「説明」を入れて「Twitterカードタイプ」は「要約の大きい画像」にしています。このへんは、好みだと思いますが。

それでは、また!!

【デジタル】WPとTwitterを連動させるにおいてやるべき事をいろいろテスト中

 ここ数日、ずっとコードもいじりつつ、WordpressとTwitterの連動について実験中。多分、それは間違い無いのだけど自動で転送すると、Validatorを通ってないので原則表示がカード化しない。というわけで、下記リンクでカード化しておくことがマストとなる。本当は、ここまで含めて自動化できればいいんだけど、今の所方法がわからないので手作業でカード化することにした。

https://cards-dev.twitter.com/validator

あと、写真がない場合もあるので、その際はAll in SEO Pack内でデフォ画像を設定しておき「写真がない場合は、これ使ってね!」という設定もやっておかなければならない。やっぱり、かっこいい方がいいなぁと思ってこのデフォ画像は昔のAghartAの写真にした。これで、Twitterとの連動のための準備が完了。投稿のたびに設定するのは面倒だけど、みんなに読んでもらう事を前提に考えると、この辺をおろそかにしてはダメなんだと思うのね。

僕は、自分で学ぶためのメモを量産することになるんだけど、地検の水平展開のためにもこのWPを活用したいと思ってるんだよね。同じようなことで悩んでいる人も多そうだし。何より、これからお仕事で作るコンテンツポータルの政策にも生きてくると思うんだよね!と言う事で、逐次公開するので参考にしたい人はぜひ読んでね!