「SEO」タグアーカイブ

【デジタル】新Search ConsoleでのIndex登録について

こんばんは!記述をサボっていたように見えると思いますが、実際先週は毎晩送別会やら打ち上げやら飲み会続きで書く暇がなかったというのが本当のところ。正直、AppleのIt’s show timeの話とか書きたくてしょうがなかったんだけど、飲み会続きでなんかタイミングを見失ったので、書くのやめました。でも、後日Google STADIAとApple ARCADEの僕的感覚での違いとかその辺は記述しておきたいなーと思っています。eスポーツの観点で。

ほぼ、Google検索に乗ることがなかった1月末から順当に伸ばし、1日当たりの検索表示回数はなんとか200-300まで乗せることができる感じになりました。
ほぼ、Google検索に乗ることがなかった1月末から順当に伸ばし、1日当たりの検索表示回数はなんとか200-300まで乗せることができる感じになりました。

さて、今日のお題ですがGoogle Search Consoleの話。先日、2019年3月28日をもって旧画面が使えなくなりました。あちらの画面だと、Index登録がわかりやすかったんですが変わってしまったもんは仕方がありません。過去に、旧画面でのIndex登録については記述しましたが、改めて新画面でのIndex登録について簡単に記載しておきますね。いくら良い記述をアップしても、誰もきてくれないと寂しいですよね。でも、現実をきちんと見る必要があるので確認するのがSearch Console。確認する際には、どのタイミングで、どのような言葉でコンテンツが検索に引っかかっているのか?また、どの言葉を元に、自分のサイトに来訪しているのかを確認することで、次につなげていくことができるのです。「どのタイミングで」を確認するのが、上記の「検索パフォーマンス」で表示されるグラフ。これの動きで、日々伸びたのか否かを確認します。そして「どの言葉で」を確認するのが「クエリ」です。

このクエリ画面を見ていただくとわかりますが、直近はちょっと前に書いたTwitterアナリティクスの不具合の記事が大きな興味を呼んでいただことがわかります。
このクエリ画面を見ていただくとわかりますが、直近はちょっと前に書いたTwitterアナリティクスの不具合の記事が大きな興味を呼んでいただことがわかります。

個人的には、前のツールよりかなり整理されたと同時にデザインもスマートになり見やすく親しみやすくなったなという印象。あと、データ閲覧というポイントで考えると16ヶ月分のトラフィックデータが閲覧できるようになったという部分はかなり深い改善だなぁと思っています。僕のサイト向けではなく、あくまで会社のサイト見るときにという話ですけど。で、今回の記述の中核なんですが、Index登録依頼が今までFetch as Googleだったのに対し、今回はURL 検査ツールに変わったのが大きな変更点。意外に簡単なのですが、グレー帯部分にある検索窓に対象となるURLを入れると下の画像のような結構ちゃんと詳細にわたった情報を取得することが可能です(ちなみに、これは色々開いた状態なので本来はもっとシンプルに出てきます)。

過去のページであれば、色々コメントが入りそうですが最近はきちんと登録を入れているためこの画像のように「登録されてるよ」というポジティブな回答が出てきます。

まずは、ここで情報を拾いつつも更新をかけた時や新規の記事をアップした時にはセンターカラムの中に書かれている「インデックス登録をリクエスト」を押すとIndex登録作業が始まります。過去のバージョンだと、この部分の進行がかなり早かったんですが、今回のバージョンはちょっとここで長いと2分くらいの時間がかかります。その代わり、登録時に一々パーミッションを切られるような事態がなくなりました。これは、作業的にはシンプルで良いなと思いました。

こんな感じのモーダルが表示されて、いっとき待つ感じです。ここをクリアしたら、最後に登録したページに書かれている言葉を使っていくつかのパターンで検索をかけて登録されたかを見たら作業完了。

晴れて登録が通ると、早ければ直後にGoogleの検索に反映されます。僕の体感的には、長く待っても5分くらいかなぁという印象。これまでのなんだかシステム登録って感じの作業から、進化したなぁと。業務でコンテンツを作成した時も、この作業を丁寧に実施することで上位に上げていくことが大事だなぁと改めて。あとやっておくべきこととしては、ちゃんとサイトマップ作ろうってことかな。

最後に、持論ですが。僕は、このクエリを見て自分の文章、もしくはブランドの為に書かれたコンテンツをSEO視点のみで改稿することには反対です。これは、パートナーとしてうちの会社のコンテンツを見てくれているアナリストの人にもはっきりと答えています。大事なことは、SEOだけではなくて、自分のもしくはブランドの伝えたいことがしっかりとメッセージできてるのかということじゃないかと。でないと、「何の為に、コミュニケーションするんだっけ?」という原点を忘れることになるかなと。いや、集客だけが目的ならそれはそれなんですが。

【デジタル】過去記事をリバイスする際に気をつけている事とか

Google Search Consoleにきちんと登録し直したのが、1月28日。なので、ここからのデータしか見ることができませんが見ての通りそもそも検索に10件足らずしか数字が出ていません。

こんばんは!最近、ちょっと過去記事リバイスばかりやっているのでどういう風にしているかをちょっと記録して記載しておきます。ちなみに、ヘッダー画像は今回なんとなく「Think with google」的なのでキャプチャーして使っていますw。初期のものは、もともとMovable Typeで書いていたものをまんま移行したもので、特に手を加えていなかったんです。何気に、数百あったというのもあり。ただ、単純に移行してもGoogle的には長く置かれているMovable Typeの記事を「正」として認識するため、WordPressに移行した記事はそもそもIndexされていないというのが実情。なので、最近手を加えてリバイスするまでは、Google自体がクローリング対象から外していたので検索かけても出てこない現象が起きていたようです。わかりやすくするため、1月末のGoogle Search Consoleのデータを貼りましたが、見ての通り1,000以上の記事を擁するサイトであるにも関わらず検索にかかった数字は10件程度。したがって、検索エンジン経由でのリンククリックはほとんど発生していなかったようです。

続きを読む 【デジタル】過去記事をリバイスする際に気をつけている事とか

【デジタル】今日は、ちょっとAll in One SEOを細かく見てみる

徐々になんとなくらしくなって来ている事と、一応今の所ほぼ毎日記事が書けているので「うむ、ちゃんとやっとるな俺」となっています。とまれ、これ普通に楽しいからそうなってるだけなんですけどねw。いや、ほんと振り返るとブログなんて言葉がない時代から勝手にカレンダーCGIを改造してLIFE LOGを書いていたようなアルファブロガーよりもっと前に勝手に日記ツールを作ってたくらいで記録するの好きなんですよね。僕的には、自分がやっていることをメモするために書いているという意味で「有用なことを記事として」書いているブロガーの皆さんとは違って、ただのライフロガーなのです。あの、ツールじゃないよw。”LIFE LOG”を記録する人という意味です。基本楽しくてやってるだけなので、巷で皆さんがやっている「noteで皆さんに有効な情報を発信する」行為とは違ってただのメモ書きなので適当に流してください♪( ´▽`)

ダッシュボード内、”All in One SEO”のパフォーマンス部分。この数字がサーバースペックを表示してくれるのです。バージョンとか細かく出してくれるので、便利。

さて、タイトルにも書いた”All in One SEO”ですが導入するだけでは動かないけど、まぁまぁ設定が難解に見えるツールです。でも、きちんと動かすと結構便利だし。左の画面ですが、これダッシュボード内の”All in One SEO”のパフォーマンス部分の下部に表示される情報。これ、サーバースペックを「システム情報」って項目でかき出してくれてるんです。プラグインを実装するにあたっては、この情報が結構重宝するんですよね。ここを見て、僕の借りているサーバーのPHPスペックが著しく低いことに気づくというw。下にスクロールすると、実装しているプラグインのバージョン一覧の画面なんかもあったりします。

この画面で、トラッキングID入れてドメイン設定するだけ。めっちゃ簡単!

設定で、これは便利だなーと思ったのはGoogle Analyticsの実装。通常だと、GTM使ってタグを埋め込むことになるんだけど、このツール使うと右の画像で出してる作業するだけ。ドメイン全体には、GTM経由で別のGAタグ埋め込んでるんだけどあっちはあんまり発火してくれないんだよね。php化しているので、直入れじゃないと拾い込めないのかなぁとか考えて見たり。まぁ、WPへの流入が殆どなのでここのGAタグが機能してればいいのだと思いますと楽観的に考えて見たり。あとは、一番したの「キーワード設定」を有効にしておけばだいたい完了だと思います。これで、大体セッティング完了。

この画面の、右上のソーシャルメディア部分をActiveにしておけばオッケ。

あ、一個忘れてたこれ重要なんだけど、ちゃんと機能管理でソーシャルメディアをActive にしてください。個人的に、この機能が一番大事かなぁと思っているのです。OGPについてはJetpackがちゃんと機能しないので、もともとこの”All in One SEO”入れてるし。Activeにしたらアコーディオンメニューの中に「ソーシャルメディア」の項目が出現するので繋ぎたいSNSの設定入れておけばオッケー。数日前のエントリーに書いたけど、このままアップすると綺麗に上がらないので設定はしつつも、Twitterにアップする際にはCard Validator使ってカードをアクティブにしてから手動でリンクを貼ることをお勧めします。その方が綺麗。手間が嫌いなら、そのままでもいいけどさ。