「Instagram」タグアーカイブ

【デジタル】Facebookのサーバーがダウンした模様

こんばんは。記事リバイスアップを掲載しようとしたところ、FFでアクセスしても画面がホワイトアウト。急いで検索してみましたが、どうもこれ世界的な現象のようですね。下記が、Down detectorというサーバートラブル関連の書き込みを集約しているサイト。1時半くらいを目処に、一気に数字が跳ね上がっています。

ついさっきから、一気に急上昇しています。これ、まちがいないですね。

ちなみに、同じタイミングでInstagramも落ちているようなのでもしかしたら、大規模サーバーアタックかも。データ、吹っ飛んでないといいんですけどね。一応、こちらのローカルにデータはすべてミラーリングしていますが、あちらでの交流のデータもあり、それはそれで貴重なので。多分、ミラーリングしているので復旧はできると思うのですが、色々心配。

ちなみに、このサイトすごく便利でどこで話題になっているかをヒートマップで示してくれます。鯖落ちかなぁと思った時は、調べに行ってみてください♪

こんな感じで、話題になっている地域がヒートマップで見れます!

Down detector

【追記】朝6時くらいに落ち着いてたんですが、7時30分現在また再びサーバーが不安定になっています。大丈夫なのかなぁ?

【webtech】instagram のツールを使って「いいね!」を押してる会社バレバレだよ♪( ´▽`)

タイミングは違うんだけど、同じ写真をセットで「いいね!」してますね。

多分設定で何らかのキーワード引いてるんだようけど、同時に三つの写真にいいねをセットで押しちゃうと流石にバレる。一定のフォロワーがいて、アクティブで投稿率の高いユーザーに対して複数の「いいね!」を押すことで、「いいね!」返しもしくはフォローがつく可能性があると言う理屈で作ったツールなんだろうけど、アクティビティが高いユーザーほどそのツールの特性を見越して「返し」は行わないものです。あるとしたら、押されたユーザーも自動ツールを使ってもどすケース。そう言うのって、僕はデジタルリソースの無駄遣いだし、SNSにとってもコミュニケーションにとってもマイナスでしか無いと思うんだよね。そこに「人」が介在しないコミュニケーションには、価値がないと思うのです。プランナーとして。

続きを読む 【webtech】instagram のツールを使って「いいね!」を押してる会社バレバレだよ♪( ´▽`)

【デジタル】InstagramとTwitter連携でIFTTTを使ってみた

photo at inokashira park.
date:2019/01/27
今日は、丈と二人で井の頭公園へ。いつも、龍が一緒なのだけど二人だけだったので色々嬉しかったみたい。

こんばんは。なんか、記事をあげるのが深夜の人って感じになっていますね。もっと早い時間に書きたかったんだけど、色々ありまして。さて、今週末ですがまた色々実験中。やっていることは種々ありますが、そのなかでもSNS連携での実践についてメモしておきます。

僕は、InstagramとTwitterを主に活用しているのですが、たまに「これはTwitterに送り込みたいなぁ」と言う写真があったりするんですね。ただ、これ単に繋いじゃうとTEXTは送り込まれるけど写真は届かずリンクだけ。これだと、なんだか寂しいなぁといつも感じていました。で、掘り起こしていたところ、どうも”IFTTT”と言うツールを使うと同時投稿が可能そうだと言うことがわかり実装してみました。

https://ifttt.com/

このツール、使われ方としてはデバイスとアプリを連携することが特徴のようですが、同じロジックでアプリ関連系も可能なようです。Instaに元々ついている機能としては「投稿が発生したら、そこからデータを生成しAPI経由でTwitterにTEXTとLINKを送り込む」機能とはちょっと違い恐らく書き込みと同時にパラレルで送り込んでいるのではないかなぁと言う動きをしています。なぜ、この類推になったかと言うとやってみてわかったのですが下の写真をみてもらうとわかるかと。

見ての通り、同時のタイミングで二つアップされちゃうので注意。微妙な違いですが、Instaで元々実装されているAPIの場合は写真の位置情報も反映されていますね!

まぁ、こんな感じでInstaでの投稿時の連動先としてTwitterを選ぶとダブルで微妙に内容の違う「文字だけ投稿」と「写真付き投稿」が同送されてしまったんです。と言うわけで、「連動すると、全ての写真がアップされてしまう」訳で送るものと送らないものを仕分けできないと言う問題点が発生。基本的には使い分けていることもあり、今後どうするのか考え中。今は、とりあえずアップされるたびに削除に行くと言うアナログで対応する感じです。

なお、補足しておくと、このツールは連動直後から動くわけではなく連動から実働までのラグが1時間ほどありました。この辺を踏まえた上での活用をお勧めします。※下記参照

上記の画面になると、やっと稼働。僕が最初に実装した時は、真ん中のボタンをオンにするの忘れて四苦八苦していました。あと、実際の稼働前の状態だと「Never run」みたいな表示が(Check now)の上の3行のところに表示されます。