「子育て」タグアーカイブ

【Diary】国東半島を旅してきました 2日目:190505

前日の日記が、加筆に加筆を重ねて何故か廃仏毀釈の話に展開し長編となってしまったのですが…..。この日記は一体どこに向かうのでしょうかw?

さて、二日目は宿泊していた「和の宿 三國屋」さんからほど近い道の駅くにみからスタート。基本、お土産的なものが調達できればいいなぁー程度で寄ったのですが結構充実。そして、右手奥に広がる海と公園が!お子様二人が、「行きたーい!」と言うので足を運んでみたらきれいな砂浜が広がっていました。考えてみたら、ここってもう少し下ると佐賀関。有名な「関鯖」が上がるきれいな海なんです。いや、昔来てた時には気づきませんでしたが本当に美しい。ちょっと立ち寄るだけのはずが、一時間以上ここで過ごしていると言う。

大分の大きめの公園では、船の形の遊具が多いなぁと言う印象。それも、かなり大型の。これって、やはり土地柄が影響しているのでしょうね。 前日に立ち寄った甲尾山風の郷公園の遊具も船の形だったなぁと。それも、両方とも海賊船系。和田堀公園のは、汽船だし。東京にも、ああ言う感じのあるといいなと思いました。

5月は最も緑が美しい季節ではないかと。改めて、その美しさを国東で堪能しました。ここは、両子寺大講堂へ抜ける坂道。

次に向かったのは、六郷満山の中山本寺である両子寺。国東半島の中心にそびえる両子山の名前を頂くお寺さんで、山岳信仰の中心に当たります。この寺院にしても明治期の廃仏毀釈の被害は免れなかったようですが、関係者の皆さんの努力により今の形を保っているようです。ちなみに、廃仏毀釈で大講堂を燃やされたようです。多分、この際に貴重な仏像とかも破壊されたり盗まれたりしたんじゃないかなぁと。調べてみれば調べてみるほどなんですが、明治維新って中国の文化大革命みたいですね(涙)。たまたま調べてて出てきたのですが、当たり前ですが発端の山口で起こって歴史的には隠蔽されていた事件の話が書いてあったのでリンクを貼っておきます。 [ 明治維新の秘話・大寧寺と豊川稲荷 ] また、脱線したので続きを。ここのお寺の奥の院は杵築藩の松平家から寄進されたものということでここにも庶流とはいえ三河の松平の系譜があったんですね。知らなかった。てっきり、北部九州には徳川の流れはないものだと思っていました。

こちらが、杵築藩主松平候によって1846年に寄進された奥の院。ここの裏側には、不老長寿の湧き水があったりします。

さて、ここ両子寺は先ほど書いた通り国東山岳信仰の重要拠点。と言うことで、手前のところになんだか鎖の設置された崖があるなぁと思っていたら、その奥がまさに修行場に続く道。と言うわけで、奥地まで進むことにしました。正確に言うと、子供二人が勝手に進んでいたので追いかけることに。奥に広がるのは、まさに道無き道で人が通ったことによって「ああ道なのかな?」と言う感じになっているけど、下手すると気づかない感じ。ところどころ、大岩があり「針の耳」や「鬼の背割り」と言った名所が出現します。普通に、楽しいです。これ!

三人待たせた状態だったのと、次なる行程への時間配分も考え山頂は目指さず鬼の背割りでUターン。それでも、結構な時間を費やしました。遊びに行った方は、ぜひこの鬼の背割りは見てほしい!いや、ほんと凄いから。

次に向かったのは、名刹富貴寺。ここ、知らなかったんですけど宇佐神宮の宮司一族宇佐氏によって作られた、個人的な阿弥陀堂だったんだそうです(とはいえ、西叡山高山寺の末寺ではあるのですが)。今回、初めてガイドさんのお話をお聞きしたのですがそのおかげで成り立ちを知ることができました。建物は、末法と言われた平安期の建物で、今も現存するこの時期の建物はこの界隈ではここしかないのではないかと思われます。それもあって、大堂は国宝。本尊の阿弥陀如来像や、大堂内部の壁画は重要文化財に指定されています。今回のガイドさんの案内がなければ、この内陣に施された浄土を描いた壁画についても知ることがなかったなぁと思うと言う部分でも貴重な体験でした。

正面の絵は皆さん撮影していると思うので、趣向を変えて横からの写真を。

旅の最後は、豊後高田の「昭和の町」。ここは、ひなびていく商店街を逆手に取り往時の街をうまく再現+保存しながら観光地化している場所。田舎町を知っている人ならなんのことはないかも知れないけれど、今となってはもうこのような原風景が残る場所は本当に数少なく。僕も、色んな土地をDJしながら旅しましたがほとんどシャッター街か、もっと言うと朽ちてしまっている町が大半。そんな中、このような形で街を残していこうとしている豊後高田の試みは評価すべきだと思いましたし、素直に面白くて楽しめました。揚げパンは、食べておいたほうがいい♪

と言うことで、今回の連休は大分国東界隈を満喫してきました。また、これからも連休このくらい余裕があるといいなーと思うことしきり。いや、ほんとこう言う形でないと休めないからね。もっと日本人、休んだほうがいいと思います。働きすぎー。と言うか、色々考える時間が欲しいところ。では!

ラスト一枚は、富貴寺の山門。七色の光が美しく撮影できたので。いい旅でした。

【Diary】国東半島を旅してきました 1日目:190504

 こんにちは。今、久しぶりに九州の実家に帰っています。長期滞在は、本当にひさしぶり。というわけで、こんかいは旅行も合わせて計画し国東半島(くにさきはんとう)に遊びに行ってきました。ここ、国東はさかのぼること1300年前に、「仁聞(にんもん)」という伝説の僧侶が「六郷満山(ろくごうまんざん)」と呼ばれる独特の山岳信仰を核とした宗教文化を築き、時代を経て様々な信仰を習合している土地。面白いのは、いわゆる山伏などによって守られる「山岳信仰」のあった土地に天台宗の密教文化がうまく融合し、そこに宇佐神宮の八幡信仰が習合しかなり複雑ではあるが独自の進化を遂げています。諸説ありますが、多分もともと宇佐神宮の信仰とは別に山岳信仰+天台宗=本山派の修験道があり、ここに地元で有力な宇佐神宮が習合したというのが僕の見立てのため、先のような書き方をしていることを付記しておきます。

 というのも、仁聞が千燈寺を開山したのが養老2年(718年。ここを契機に、六郷満山文化が展開。対して宇佐神宮の始まりこそ570年ごろと言われてはいるものの、実際に栄え始めたのは和銅5年(712年)に官幣社となってから。本格的な力を発揮していたのは、道鏡事件の前あたりからと思われ、この時期になると周辺を飲み込んでいたと考えられ宇佐神宮の力が国東に及んだのはここら辺からかなぁという読みなのです。ちなみに、この仁聞ですが恐らく後世において様々な人々の功績を纏めて一人の人物を作り上げたもので恐らくそこの地に根付く信仰を人格化した思想を体現するものではないかと感じています(仁聞菩薩とも呼ばれていますしね)。現実的に考えて、一人で28の寺院を建立し管理運営することは難しいですが、それぞれの土地に根付く信仰を思想的に束ねて収斂して行く上で、このような人物の存在を創ることが一つの時代の知恵であったのではないかとも考えました。

いつきても、鮮やかな本殿界隈。この神宮の美しさは、新緑の季節が一番際立つのではないかと思うのですが紅葉の季節もまた格別だという話です。
続きを読む 【Diary】国東半島を旅してきました 1日目:190504

【DIARY】今日の一枚『うどんを食べよう』 091129

この頃、何かあると結構石神井公園に来ていたと記憶しています。意外に距離あったのですが、適度に森っぽくて居心地のいい公園でした。もうちょっと大きくなってからは、善福寺公園が増えてきました。この写真は、まさに湧き水の近くのウッドデッキでのものです。まだ、この時1歳。

どんどん行進がローペースになってるけど、ドンマイ。三国志の所為です。ちょっと、いくつかの世界を放棄しないとダメだね。ゲームは、時間のむだだと思ってたんだけどコミュニケーションが発生するゲームって何だか面白くてね。はまっちゃってます。あとねー、鼻づまりが酷い所為でちょっと寝不足。それもあって、PCの前で作業する事が減ってるのも事実。ま、自分のペースでやりますよ。さて、これまた石神井公園。お食事処「豊島屋」さんが真ん中辺にあってですね。そこで最近は昼食をとるのがデフォになってまして。井の頭とかにもあるんだけど、公園の食事処を利用してるのってこの公園だけだなぁ。

まぁ、実際食べさせるとぐっちゃんぐっちゃんにしてたんですがこれが龍の食べ方。丈はまた食べ方が違うのですよね。個性ってあるなぁと思います。

とはいえ、子供が居るんで今後は使うだろうね。さて、最近はここでおうどんを頼んで龍にあげるのがもっぱら。他のメニューだとちょっと難しいけど、うどんなら自分で食べれるもんね。横から、僕のカレーもあげてたけど。ここのところ、ドンドン赤ちゃんから子供に進化しててちょっと前までヨチヨチ歩きだった龍が今は勝手に公園で走り回ってます。もちろん、この食事処でも目を話すと変な行動を取る事も多く。でも、そう言う行動を見てるのが楽しいので人に迷惑をかけないレベルであればある程度好きにさせている所です。やってみないと、何事も覚えないと言うのが僕の考え。これから、どんな風に育つんだろうなー。あ、昨晩は疲れて寝ちゃって幻状異時に行けなかった…..。すんません。

【追記】石神井公園の豊島屋さんは、結構居心地のいいお店でした。ちなみに、このお店うちの近所の武蔵野園同様孤独のグルメに出ています。昔からある公園って、所々に茶屋があってのんびりした空気感がいいんですよね。今は結構カフェ的なものが流行るので、みなさん模様替えしていますが、こう言う昭和な風情も残っていくといいなぁと思います。豊島屋の豊島は、豊島区の豊島で、ここには豊島氏のお城「石神井城」があったことが由来す。(2019/02/24 Noise)

【Diary】今日の一枚『石神井公園にて』 091123

木の根っこって、なんだかかっこいいなぁという一枚。

最近は、石神井公園が家族のお気に入りでもっぱら通ってます。あそこ、様々な種類の水鳥が飛来して来ているバードサンクチュアリになってて子供にとっても大人にとっても心が和む憩いの場。そう、子供が多いんで良いと言うのもある。この写真は、落羽松の根。この写真を撮ってたら、子供が怪訝そうに見てた。しかし、子供を抱いたままブログを書いてもまとまらんな(苦笑)。

龍さん、可愛いなぁ。

【DIARY】龍 育児日記:井の頭公園に行ったよ 090607

こんにちは、NOISEデス。
きのうから、ちょっと心が優れず日記も停滞気味です。
とはいえ、溜めてても仕様がないので先週末の話を。
土曜までは、ご存知の通りDANCE OF SHIVAに参加してたんですが日曜は家族で過ごしてました。
晴れてる伊豆を体験したかったりもしましたが、まぁ井の頭公園に龍と遊びに行きたかったんでこれはこれで帰って来て良かったのかなぁなんて。

何気に、この椅子まだうちにあります。

なんつか、パーティーと家のバランスの取り方とかその辺を今後は考えて行く事になるんでしょうね。
龍も、もうちょっとしたら1歳になるしさ。
さて、うちは先月井の頭自然文化園の年間パスポートを買いまして。これは、使わないともったいない。
合わせて、基本的に週末の井の頭公園はあり得ないくらい混んでてくつろぐとかそう言う次元ではない。
だけど、公園行きたいなぁという事で行って参りました井の頭動物園。龍は、最近保育園でのスパンで暮らしている為お昼はきっちりお昼寝。
何時に起きてくるのかなぁ、と思ってたら14時半。
バタバタご飯を食べさせて、そそくさとバス停へ。
上手いタイミングで荻窪行きのバスに乗る私達親子。
ついてみたら、吉祥寺はあり得ない位人でごった返してるがめげずに伊勢屋前を通過しつつ公園内へ。
ここも、噴水方面は凄い人。

もう見慣れたけど、このデカさはビビりました。

僕らは逆サイドなんだけど、何しろ16時には入場終了なんでマッタリする間もなくダッシュダッシュで正門へ。
気付いたんだが、公園内を通過して行くと横断歩道ではなくて陸橋にあたっちまうのね。
排気ガスがやな車通り沿いにはなっちゃうけど、吉祥寺通り沿いに行った方がベビーカーの場合は良さそうです。
で、滑り込みで入ったらすぐに授乳。
ここの良い所は、エントランス裏の控え室で授乳させてもらえる事。吉祥寺って、こういうちょっとしたママへの気遣いが多くて好きです。時間がない中、龍が興味わきそうな動物を…… と歩いていたら『はりねずみ』。
「こんな大きかったんだー!」
と、すみさんと二人でビックリ。
すみさんが良く読んであげる絵本で、『はりねずみ かあさん』という本が龍はお気に入りなんだけど多分まだ龍はあの絵本のハリネズミがこの動物だとは気付いてない。
でも、この大きなワサワサした動物の動きには興味津々でした。
さて、鹿とか色々見せつつ象のはな子の処に向かってみたんですがやっぱり大きすぎて良く解らなかったみたい。
捉えられるスケールが、そんなに大きくないので象を認識出来るのはもうちょっと先の話かな?
それなら、分かりやすい猿だという事で猿山へ。

まだ、1歳になる前の龍。今見ると、ほんと小さいなぁ。

楽しいみたいなんだけど、うしろの遊園地の乗り物が気になる龍。そりゃ、派手でカラフルな物が動き回ってたら目を奪われるよね。ひとしきり猿を眺めた後は、ちょっと裏っかわの野鳥の楽園を通過しながらベンチで休憩。
もちろん、ゆったり場所を確保出来る訳で。
年間パスポート、そうやって考えても明らかにお得なんでお子さんが居て通える距離の方は是非取得をお勧めします。
ちょっとしたお金で、ゆったり公園プチリゾートが手に入るんです。野外好きには、たまらん環境だしね。
最近、ちょっと不安定気味な私めですがやっぱり家族で過ごす時間って良いなぁと思った次第です。

【追記】この頃、今言うとこのパワハラにあったあたりであんまりよくなかった時期。とはいえ、かけないと言いつつちゃんと日記書いてるんですよね。これでバランスとってたのかもね。まぁ、龍がいると言うことが一つの楔になってたのかもね。(2019/02/24 Noise)

【DIARY】龍 育児日記 「入園式でした」090401

090401_nyuen.jpg

こんにちは。
ここのところ、バタバタしてて日記書いてませんでした。
NOISEです。
さて、昨日は龍の保育園入園式でした。
早いもんだねー。
色々これからあるんだろうけど、結構ご機嫌!
でも、ちょっとした月齢の違いでこんなに違うのかって言う位0歳児クラスはバラエティーに富んでた。
親御サンも、様々。
初日だって言うのに、何故かおばぁちゃんが連れて来てる子が居て終始泣いてた。
幼稚園はスーツでってイメージだけど、何せ0歳児が相手なんで両親の服装も様々でスーツも居れば超普段着も多し。
みなさん、流石働いてるだけあってしっかりした人ばかり。
この辺も、多分幼稚園とは空気が違うんだろうな。
入園者は、0歳児クラスで9名。他の学年もあわせると、結構居た。
初日くらい、親がくれば良いのにね。忙しいのは分かるけど、こういうのって行事なんだからさ。
090401_shokuji.jpg建物は古いけど、先生のはしっかりしてて行き届いている感じ。
離乳食も、ちゃんとしてたなぁ(当たり前だけど)。
龍は、いつも通りこぼしっぱなしでダラダラ食べてたけどドンマイ!
隣の子は、女の子だけあって奇麗に食べてたけどトマトは駄目だったみたいね。
ブーって、しかめっ面して吐き出してたよ。
さてさて、本日から本格的に龍は独り立ち!
さっき帰って来たけど、最初は何だか分からなかったみたいね。
すみさんが迎えに行ったら、大泣きしたらしい。
そりゃそうだw。
色々大変だけど、頑張ってね♪

【DIARY】龍:育児日記 080821

これは、2008年8月1日なので、まだ生まれて10日くらいの時の写真。僕の手の大きさからもわかるように、本当に小さかったんだなぁと今更ながら。

えっと、もうかれこれ3週間経つ訳で。
かなりの禁断症状です。
今週末は、静岡ですんで会えず。
なので、明後日は午前中にスカイプをお願いしますとすみさんに先ほど御願い。
だって、お昼まで居るんだから会いたいやん。
と言う事で、今日も届いた龍のへなちょこな写真を見てニヤニヤしてました。
端から見たら、変態です。
変態。
さて、龍ですがちょっとだけ夜中は寝るみたいなんですが何しろまだまだ感覚が短いためすみさんは疲労困憊の様子。
だって、授乳だけじゃなくておしっこもするしうんこもするじゃない。
その上、骨盤界隈が痛いと来てるからしんどいのは良くわかる。
でも、僕は東京に居るので話を聞いてあげる事しか出来なくてやきもき。
仕事もしんどいけど、すこしでも負担を軽くしてあげられたらなぁとか考えてしまいます。
今は、何も出来ないけど帰ってきたら週に一度は少なくとも早く帰って何かを手伝う事にしようと。
そう考え中。
ちなみに、1ヶ月検診では母子ともに健康。龍は、6cmも身長が伸びたんだと。
スクスク育ってる。

2008年8月。渋谷。
この写真は、8月13日のもの。当時の写真を見返してみると、日常の写真はモノトニッシュだったり暗かったり。多分、それが心象風景なんだと思います。

周りの子供は、ミルクも併用してるからもっと太ってたみたい。
龍も、明らかに太ってきてるんだけどね。それが、赤ちゃんなので良しとします。
今は、そのならし運転の為に手元の仕事を大急ぎで片付けている最中。
出来上がったら出来上がったで、上からメテオが降ってくるんだけどね。
例えば、料理とか、掃除とか。
何でも良いと思うのね。
自分が出来る事、それを考えておく必要があるね。
なのに、帰ってきた後の週末はパーティー目白押しって言うのが自分でもアレですが何ともタイミングが。
すいません。
さぁ、来週末だ!!
早く会いたいなー♪

【追記】当時は、担当してたヌーヴォーの注文集計とかで命削っている状態だったんですけど、龍の存在とパーティーでなんとかギリギリブランスを取っていた感じだったのではないかと思います。その辺の深層心理は、写真のトーンにも表れていると思います。今の写真と、明らかに色が違う。いや、そういう意味で龍が生まれてきてくれて本当に良かったと。この後の成長過程で、一緒にMagic The GatheringやってみたりPUBG一緒にやってドン勝ちするとか想像もしてませんでしたけどね。だいたい、この当時パーティーばっかで全然家にいない人だったし。本当に、変わったなぁ。(2019/03/24 Noise)

【DIARY】龍:育児日記 080818

当時の携帯からの写真なので、画像はかなり荒いですね。でも、この荒い画像に癒されていました。

もう、毎日龍に会いたくて仕方が無いNOISEです。
皆さんお元気ですか?
帰ってくるまで、まだ3週間強あるんでスカイプとメール写真で凌いでます。
来週末は、会いに行くけどね♪
向こうの実家のパソを置いてるところが現在の寝室なので、夜間のSkypeが無理で悲しいです。
週末まで、お預け。
週末は、静岡だけどお昼過ぎだからそれまでは向こうに繋いでもらおう!
さて、龍ですが既に4kgを超えている模様で沐浴も大変になってきたみたいです。
浴槽を、ガンって蹴ったりする事もしばしば。
でも、お風呂は大好きみたい。
それは、良い事だよね!
来週末は、その重さを実感出来るかと思うとワクワクです。
今週末は、一ヶ月検診。
その結果次第で、お散歩とかも出来るみたい。
目もよく見えるようになってきたみたいで、Skypeのカメラを目で追ってるのが分かる。
この手に抱きたいのに、なんと遠い事か!
そう思いながら、モニターを見つめるのです。
Call Recorderのお陰で、映像が録画出来るのも良いね♪
ハイテク万歳。
駄目だ、かわいすぎて死ぬ…….。
テプテプしてるなー、可愛いなぁ。
相変わらず、しゃっくりは酷いみたいだけどそのしゃっくりの声も可愛い。

【追記】当時、この手の日記を育児日記と書いていますが、今の状況から考えると全然育児日記ではないと自分に突っ込みたい。だけど、そんな10年前の自分を「若いなー」と温かい目で見てしまいます。(2019/03/24 Noise)