「Art&Design」カテゴリーアーカイブ

結局の所、一番自由な表現:『お茶の水美術専門学校卒制展』

一昨日、お茶の水美術専門学校の卒業制作展に行って来た。
あんなの会社の近くにあると言うのに、実のところ足を運ぶのは初めてだった。
行ってみたら、とっても良い場所にあるのね。
お茶の水駅から至近、徒歩5分弱。隣は、デジハリw。
アルチザンと、デジタルメディア。何となく、象徴的で面白かったです。この並び。
ま、僕的に言うのなら基礎を教える所といきなり端折ってデジタルに飛ぶ所が並んでると言う感じでしょうか?
足を運んだのは、夕刻。
冬の季節柄もあって、切ない感じの空が広がってました。
学校全体を使う展示スタイルは、何となく芸祭を思い出させました。
あ、多分ここもそう言うのやってるのかな?
何しろね、自由度の高い作品が多かった。
専門学校と言うと、どうも結構実社会に即した感じかと思いがちだけどアルチザン。
良い意味で、商業クリエイティブにより過ぎてない所に多いに好感を覚えました。
やっぱ、若い子達の作品は凄く良い。伸び伸びしてて。
この感覚を忘れず、めげずに社会で創り事に関わって行き最終的に創り手の価値を社会に認めさせる表現を大成させてもらいたいなと思いましたよ。
ええ。
今回は、テーマだったのか光に関わる作品が多かった様に感じます。
NOT蛍光灯が、そこはかとなく感じられた(僕だけかもだけど)のがまた良くて見入ってしまいました。
一応、『伝源【伝えたいパワーの源】』がお題。
それぞれが、作りてのみが集まる空間の中から社会への発信を手探りながら見いだす作品の群れ。
凄くピュアな空気が漂ってます(一部老獪な手腕を発揮する作家も居るのが面白い)。
紙/テキスタイル/プロダクト/写真/映像/グラフィック/コンセプト。
表現は様々。
実現は不可能かもしれないけど、可能性を感じる作品がそこここに。
「ああ、こう言うの忘れてたなぁ」ってモノが沢山あるこの場は宝の山かとw。
そう、僕ら社会に出た創り手はどうしてもそこか落としどころを探りながらモノを作るのが日常。
ブレイクスルーする為の創りを忘れてしまうんです。
その忘れ物、しかと受け取りました。
ああ、もう月曜日。
その感じた思いを形にする為に、また朝から戦いに出る!

銀塩写真文化の一つの終焉:『コニカミノルタ、カメラ・写真フィルム事業から撤退』

identity001.gifコニカミノルタ、カメラ・写真フィルム事業から撤退
2006年01月19日20時02分
 コニカミノルタホールディングスは19日、「サクラカラー」の名で知られた写真フィルムなどのフォト事業と「α(アルファ)」シリーズなどのカメラ事業から撤退すると発表した。デジタル一眼レフカメラ事業はソニーに譲渡するが、「ミノルタ」ブランドは消える。カメラのデジタル化の中で相次ぎ参入してきた家電メーカーなどとの競争に敗れたためだ。(article from asahi.com)』
僕は、ミノルタの1眼レフフィルムカメラも持ってるしデジカメDimageも持っている。
そう、ミノルタ好きなのです。
NIKONも好きだけどね。
『旧コニカは1873(明治6)年に「小西屋六兵衛店」として創業し、1940年に国産初のカラーフィルム「さくら天然色フィルム」を発売した。一方、旧ミノルタは1928(昭和3)年に「日独写真機商店」として創業した老舗(しにせ)カメラメーカー。両社は03年8月に経営統合した。』
こんなに歴史深い会社が、いとも簡単に吹き飛ぶがこの時代。
ちょうど、本当にこの國は大きな転換期に来ているんでしょう。
凄く残念。
ちょうど一週間前には、NIKONがフィルムカメラ事業からの撤退を表明したばかり。
デジタル中心なのか。今後は。
本当に、それで良いのかな?凄く疑問。そこには、華が無い気がするから。

昨日は、横浜トリエンナーレに行ってました!

branco.jpg昨日は、会社を休んで横浜トリエンナーレに行ってました。もう、会期があんまりないですからね。折角通し券を買っているので、満喫しない手は無いと言う事で。
しかし、やっぱり平日は空いて居ていいですね。ブランコも乗りたい放題だし、『ズーラシアの音楽』by野村誠+野村幸弘も見れました。本来、美術ってのは押し合いへし合いしながら見るもんではないと僕は思っていますので。会社休んでまで見に行ったかいがあったなぁ、なんて感慨にふけったりしてーw。
さて、本日の一番の目的は『カナダ・アニメーション・パーティ』。
「嵐の夜に/STORMY NIGHT」が、映像で見れると言うが魅力的すぎまして…….。死ぬ程寒い感じではあったのですが、フリースの毛布を貸して頂き甘酒とお菓子を頂きながら鑑賞しておりました。
あれですよ、『永い夜』って名前で売っているあの絵本の映像版なんです♪
実際、17時過ぎには場所取る為に中庭に向かったんですが見たかった『ズーラシアの音楽』やってたので退屈せずにすみました。あの、動物にピアニカで音楽聴かせるやつ。結構、音楽に動物が反応したりするのが面白い。アリクイなんて、ピアニカ弾いてたもんなw。

続きを読む 昨日は、横浜トリエンナーレに行ってました!

resfest2005、終わってた……。

resfest_top-nav_02.jpg
全く気づいてませんでした、resfestの開催。
気づいたら、終わってました。
確か、昨年もそう言う馬鹿をやった気がします。
今年もかと言う感じ…….。
なにやってんだ、俺。
そうそう、東京は終わったけど関西はまだあるよ!
神戸アートビレッジセンター
11/23(WED)-11/25(FRI)
アートコンプレックス1928京都
11/25(FRI)-11/27(SUN)
誰か、僕の埋もれた骨を拾って来てください(涙)。

A8netというところで、アフィリエイトやってるんですが:土屋鞄




■有限会社土屋鞄製造所
  〒121-0061 東京都足立区花畑6-8-10
  TEL:03-3884-9774 FAX:03-3884-6701
ここ、先日紹介した『酉の市』発祥の地である大鳥神社のすぐ近所の鞄工房です。
アフィリエイトというのもあるんですが、こういうのやってる理由の一つに「世の中がどう動いているのか?」を知ろうと思ってる部分もあるんですよ。
それと、「知らないことがあるに違いない」という好奇心。
だって、実際本当に知らないことが多いですからねぇ。
さて、このアフィリエイトなんですが普通にページを見に行って気に入ったので契約してみることに。
以後、サイトの方にもバナーを貼る予定。
サーバー情報や、アフィリエイト以外のバナーは個人的に「ページ構成を邪魔しない」事と「何より自分が欲しいと思うこと」を是として掲載するようにしてます。
なんつかね、こういう職人気質の仕事をするところって好きなんです。
ページ作りも、何となく重さを感じるし。
見た感じ、物もかなりいいですよ!
個人的には、2WAYポシェットが欲しい。
むー、こういうアルチザンな世界にも惹かれるなぁ。

ビックリしたんですが:まだやってんだ、ホワイトバンド

logo.gifあえて、ファッションに入れておきます。
ま、日本ではそう言う認識でしょ。
思うんですけど、この話は僕的には「もっと買う前に調べろよ」と言いたいです。
「芸能人がやってるから、私もやろう」
まぁ、良いけどさ「それは、なんなんだろう?」こういう疑問を持つ事が本来のあるべき姿。
なぜ、日本人は自分の頭で考えなくなったのか。
それが、疑問。
決して詐欺ではありません、詐欺まがいの商法なだけです。
ここ、大事なポイントです。
主催者が、目に見えているかは分かりませんが実際の所PR代理店ですから当然の事。
本来、NGOが別途地道に活動してた所をかっさらったんですよ。
ハイエナには、ハイエナの生き方があるのでそれはそれで仕方が無いかと。
で、「世界の貧困をなくす為の活動資金」とは何なのか?
ロビイスト活動資金です。
要は、『政治活動資金』な訳です。
永田町界隈に出没して、政府与党の国会議員に取り入り自分達の政治活動を理解しろと言い
自分達の政治方針を政府の方針としろと言う為の資金です。
良いのか?そんな事にお金を渡して?
僕は、正直そう思います。
こんな欧米型の政治活動に供出する資金があるのなら、本来使うべき事がまだこの国には沢山あります。
例えば、高齢者介護問題。
例えば、障害者問題。
例えば、国内の貧困問題。
例えば、災害地域の支援問題。
そして、最大の問題は『日本国の借金問題』。
本当に目を向けるべき国内の問題点が山積みだと言うのに、のんきに「海外の貧困が」と言いながらロビイスト活動にふけるNGOと言う名の政治団体の活動には僕自身良識を疑います。
今の日本は、耳障りの良いプロパガンダを叫んで悦に入っていられる状態ではないんです。
これでは、家族の事には目もくれず家庭崩壊の危機を無視しながら近所の子供達の世話をする一見良い人と何の代わりがあるんでしょうか?
これは、ただの独善です。
つーことで、そろそろ止めにしましょうよ。この活動。
意思表示は、300円もする産業廃棄物を手に入れなくても出来ます。
シリコンは、ほっといても地に返る事はありません。その事も、肝に銘じてください。(not ECO)
最近収支報告のまねごと見たいな事してたけど、あれで報告したつもりか?
株主総会なら、ひっくり返るよ経営陣が。
次原社長、そろそろきちんと整理しておいた方が良いと思いますですよ。

これ行かなきゃ!:「アート&テクノロジーの過去と未来」

eventlogo.gif
・開催時期:2005年10月21日(金)から12月25日(日)
・開館時間:10:00-18:00
・場所:NTT インターコミュニケーション・センター[ICC]
 〒163-1404 
 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階 → MAP
この展覧会では、戦後60年の間に日本のアーティストたちが試みてきたテクノロジーを使った実験の数々を振り返り、さらに国内のアーティストたちの近作も同時に見ていただきます。
これまでキネティック・アート、実験映画、環境芸術、ヴィデオ・アート、ライト・アートなど様々な呼称が与えられてきた一連の作品が、複数の潮流をたどりながら現在から未来へと向かっていることを概観できる貴重な展示を、ぜひ会場でご覧下さい。
休館日:月曜日 
入場料:一般800円(600円)( )は15名様以上の団体料金
大学生・高校生 600円(450円)
中学生・小学生 400円(300円)
——————————————–
さてさて、今回の展示で僕的にスポットライトを当てたいのは
11月23日—12月25日のみ展示される『三上晴子+市川創太』による《gravicells[グラヴィセルズ]─重力と抵抗》。
三上さんの作品を見るのは、本当にレントゲン藝術研究所以来になるんだよね。
最早10年という時のかなたの話。
当時、テクノクラートの人達の作品を見てどれだけ胸をときめかせたことか!
僕の夢の一部が、いまだにそこにあるんです。
うんうん、楽しみだなぁ。
ああ、こういうテイストの何かがやりたくなってきた。

【Art】ただいま、北斎展やってます!

東京国立博物館・平成館にて開催中。
ここでの展覧会は、毎回なんだかつぼw。
北斎って、海外での評価が高く日本ではイマイチであったため多くの初刷りが海外に流出しちゃってるんですよね。
残念なことですが。
もちろん、版木もセットでと言うのが重ねて残念なところ。
どうも、日本人というのは文化の価値判断に疎いというか。
現在流行っている漫画なんかも、キチンと保管すれば文化遺産となりえます。
■『北斎展』
場所:東京国立博物館・平成館(上野)
会期:2005/10/25(TUE)-12/04(SUN)
時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
   毎週金曜は20:00まで(入館は19:30まで)
休館:月曜日


今回は、なんと言っても(個人的に)ゲストキュレーターとして永田生慈氏(太田記念美術館副館長兼学芸部長)が入っているというのが面白いポイントだと思ってます。
しかも、作品数はなんと500点!!
これほどの規模のものは、多分今回を逃すと最早一生ありえないのではないかと。
大げさな話ではなくて、実際この規模のものが過去に行われたのは1901年のパリ以来だから。
その上、肉筆画が130点って事も目を見張る理由。
いやー、良かったね。東京にいて。
そう思えましたよ。
『画狂老人卍』時代の作品なんて、もうKITTY GUYの粋に達してますから。
ホノルル美術館所蔵の北斎展を地元で見て以来だなぁ。
楽しみ、楽しみ!!
また、刺激を受けてクリエイティブの幅が広がりそうな予感。
これ見に行ったら、一気に制作に取り掛かろう。
多分、相当濃いつくりが出来そうです。

【追記】この時、僕が一番注目していたのは記載していますが大好きな太田記念美術館の有名学芸部長(当時)である永田生慈氏が参画していたこと。これって、浮世絵好きな僕にとって「これ行かずしてどうする!」っていう感じの事件だったんです。あれから、14年。永田生慈氏は昨年、2月に亡くなり彼のコレクション1,000点は島根県立美術館に所蔵されました。今森アートギャラリーで行われている北斎展にはこの永田コレクションが来ているのですが、多分これを東京で見ることができるのは最後の展覧会ではないかと思います。もし、たまたまこの日記にたどり着き、興味を持つことがあったのなら是非足を運んで永田氏の足跡を自分の目で確かめてもらえたらなと思います。浮世絵って、今の時代でいうとこのグラビアみたいなものなんですけど再度光を当てた永田氏だからこそ見ることができた地平がそこのあると思うのです。(2019/02/14 Noise)

【gadget】なんじゃコリャ!:約14万円の携帯電話出ました

これは、凄い!!
日本円にして、大体14万円の携帯電話が”Bang & Olufsen【バング&オルフセン】”プロデュースで出ました。
その名は、”Serene【スリーン】”。

これです。
“Bang & Olufsen”と言えば、デザインはすんごくかっこ良いんだけどお値段も恐ろしく高くて手が出ないスピーカー”BeoLab”等を出しているあのメーカー。
言われてみれば、「あー」って感じではありますね。
デザインも、あの会社らしくスタイリッシュ。
機械部分を作っているのは、”SAMSUNG【サムソン】”です。
あら!あの会社も、凄い勢いで世界進出してますね。
そら、SONYも凋落するわけですよ。

今見ても、かなり斬新。 “Bang & Olufsen”らしいプロダクトですね!

一見わかりづらくはあるのですが、この電話従来と逆向きの使い方。
・上:プッシュボタン&スピーカー
・下:モニター&マイク
これって、実は初めての構造ではない?
後ね、ZODIACっぽいボタン配置もかなりいい感じ。
もちろん、音はあのメーカーだから全然問題ないくらい良いんでしょうね。
むー、見てみたいなぁ。
がしかし、このアイテムあくまでヨーロッパ向け。
日本で発売されることは無さそうです。
残念。
あ、自分ではどう考えても買いませんよw。

【Fashion】『フランネル – flannel 』

いまいち、コーデュロイ【コール天】との違いが分かってなかったけど畝があるのがコーデュロイで無いのがフランネルって感じ。下記は、フランネルの説明。
色々種類があるみたいね。

『フラノが一般的。軽くて柔らかな紡毛織物で、経糸・緯糸とも紡毛糸を使い、平織か綾織で縮絨し、毛羽立てた生地。
 梳毛糸で織った場合は梳毛フラノという。スーツ、スラックス、背広、ユニフォーム、夜着などに用いる。綿織物の場合は、コットン・フランネル(綿ネル)といい、甘撚りの緯糸を打ち込み、片面ないし両面起毛を施した柔軟なものである。
 綿ネルは、経(たて)に20番単糸、緯(よこ)には甘撚りの8番・10番程度の単糸、あるいは20番の双糸を使用する。紡毛の場合と同じく平織か綾織。綿ネルの場合は、両面か片面をさらに針金で起毛する。肌着、寝間着、赤ちゃん用品などに利用。
 フランネルの呼称は、イギリスのウェールズ地方の言葉で、「gwlanen(ウールのような)」から来たといわれている。
 なお、ビエラというのは、毛50%、綿50%の混紡糸で2/2の右綾に織り、フランネル仕上げにした織物。綿ネルや毛織りのフラノとは違う柔らかさがある。』
コール天の説明は、下記のサイトが分かりやすいです。
織物名称>コール天(コーデュロイ):【天龍社織物工業協同組合】