2019年3月19日のガーデンプレイス。

【デジタル】今日はwordpressの固定ページに「最新記事一覧」を追加しました

こんばんは。かなり過去記事の整理ができて来たところでの悩みとしては、リストページがない事。これがないと、回遊構造が作れないという感じでして。折角興味を持って来ていただいても、良くて2ページ見たら帰っちゃうっていう状態になってました。特に、過去記事に関してはほんと今見づらい状態でして。まことに申し訳ない限りです。というわけで、まずは最新記事一覧に着手しました。phpを書くことも考えたのですが、折角のwordpressなのでプラグインを使おうということに決めて選んだのがこれ。

SHORTCODES ULTIMATE

シンプルでVIVIDなホームページにも惹かれたことは、いうまでもないかなぁとかね。

このプラグイン、記事編集画面のブロック内でショートコードを押して選んで使うだけというまぁ優れものなツール。何しろ、複雑なコードを書かなくてもリストが作れたり記事一覧が作れたりボタンが作れたりというマルチなツールなのです。コーディングをやってる身としても、時間短縮につながるいいツールだなぁと。ただ、デフォコードが好みではない場合もあるので、その際は自分なりにカスタマイズして使う必要があります。今回、僕は懸案になっていた記事一覧を作ることにしたのですが、記事一覧のデフォコードがちょっと僕のページに合わないなと思ったのでPHP及びCSSに手を加えました。

FileZillaの管理画面。僕は、昔FetchってFTPを使っていたのですが、今はこのFileZillaが愛用ツールです。
FileZillaの管理画面。僕は、昔FetchってFTPを使っていたのですが、今はこのFileZillaが愛用ツールです。

触ったFileは、default-loop.phpとshortcodes.scc。前者は、記事ループリストを表示する際の基本ファイル。後者は、このツール全体にかかるCSS。触った理由は、なんとなく不格好だったから。

  • 画像表示が、正方形サムネイル向けだったので長方形に整形
  • 「コメント」項目が必要ないので削除
  • 記事ごとの区切りがないのでHRを追加
  • 各項目の行間およびフォントサイズなどを細かく制御

ざっくりこんな感じで触った結果が「ここの『最新情報』」。まぁ、これでまずは直近の記事を読んで貰える素地ができたかなぁと。現状、未整理部分を含めて800くらいの記事があるので、次はカテゴリーでの整理などを実施して、さらに回遊性を高めたいなぁと思っています。ちなみに、上のリストもSHORTCODES ULTIMATEで作ったもの。結構色々できて便利です。このプラグインはオススメです!是非、お試しあれー♪もし気が向いたら、もうちょっと深く使い方とかアップするかもしれません。

例えば、さっき描いた固定ページをリスト化する場合、このようなページを開いて設定していくことになります。かなりシンプルな構造ですが、出来上がるとリンク先のような結構しっかりとしたページに仕上がります。もちろん、自分の投稿とテーマに合わせて若干触ったほうがいいのですが、そのままでも十分機能しますので。
例えば、さっき描いた固定ページをリスト化する場合、このようなページを開いて設定していくことになります。かなりシンプルな構造ですが、出来上がるとリンク先のような結構しっかりとしたページに仕上がります。もちろん、自分の投稿とテーマに合わせて若干触ったほうがいいのですが、そのままでも十分機能しますので。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください