「coding」カテゴリーアーカイブ

【デジタル】今日はwordpressの固定ページに「最新記事一覧」を追加しました

こんばんは。かなり過去記事の整理ができて来たところでの悩みとしては、リストページがない事。これがないと、回遊構造が作れないという感じでして。折角興味を持って来ていただいても、良くて2ページ見たら帰っちゃうっていう状態になってました。特に、過去記事に関してはほんと今見づらい状態でして。まことに申し訳ない限りです。というわけで、まずは最新記事一覧に着手しました。phpを書くことも考えたのですが、折角のwordpressなのでプラグインを使おうということに決めて選んだのがこれ。

SHORTCODES ULTIMATE

シンプルでVIVIDなホームページにも惹かれたことは、いうまでもないかなぁとかね。

このプラグイン、記事編集画面のブロック内でショートコードを押して選んで使うだけというまぁ優れものなツール。何しろ、複雑なコードを書かなくてもリストが作れたり記事一覧が作れたりボタンが作れたりというマルチなツールなのです。コーディングをやってる身としても、時間短縮につながるいいツールだなぁと。ただ、デフォコードが好みではない場合もあるので、その際は自分なりにカスタマイズして使う必要があります。今回、僕は懸案になっていた記事一覧を作ることにしたのですが、記事一覧のデフォコードがちょっと僕のページに合わないなと思ったのでPHP及びCSSに手を加えました。

FileZillaの管理画面。僕は、昔FetchってFTPを使っていたのですが、今はこのFileZillaが愛用ツールです。
FileZillaの管理画面。僕は、昔FetchってFTPを使っていたのですが、今はこのFileZillaが愛用ツールです。

触ったFileは、default-loop.phpとshortcodes.scc。前者は、記事ループリストを表示する際の基本ファイル。後者は、このツール全体にかかるCSS。触った理由は、なんとなく不格好だったから。

  • 画像表示が、正方形サムネイル向けだったので長方形に整形
  • 「コメント」項目が必要ないので削除
  • 記事ごとの区切りがないのでHRを追加
  • 各項目の行間およびフォントサイズなどを細かく制御

ざっくりこんな感じで触った結果が「ここの『最新情報』」。まぁ、これでまずは直近の記事を読んで貰える素地ができたかなぁと。現状、未整理部分を含めて800くらいの記事があるので、次はカテゴリーでの整理などを実施して、さらに回遊性を高めたいなぁと思っています。ちなみに、上のリストもSHORTCODES ULTIMATEで作ったもの。結構色々できて便利です。このプラグインはオススメです!是非、お試しあれー♪もし気が向いたら、もうちょっと深く使い方とかアップするかもしれません。

例えば、さっき描いた固定ページをリスト化する場合、このようなページを開いて設定していくことになります。かなりシンプルな構造ですが、出来上がるとリンク先のような結構しっかりとしたページに仕上がります。もちろん、自分の投稿とテーマに合わせて若干触ったほうがいいのですが、そのままでも十分機能しますので。
例えば、さっき描いた固定ページをリスト化する場合、このようなページを開いて設定していくことになります。かなりシンプルな構造ですが、出来上がるとリンク先のような結構しっかりとしたページに仕上がります。もちろん、自分の投稿とテーマに合わせて若干触ったほうがいいのですが、そのままでも十分機能しますので。

【デジタル】だいぶ、検索エンジンへの対策状況が改善

こんばんは!今日は、ちょっと色々あってなかなか外出ができず、子供と一緒に公園行ったり家の片付けしたりでのんびり過ごしておりました。あ、そうそうダイソンの掃除機買い替えてみたら今のモデルはかなり静かでかつ軽いのね。いや、龍さんが楽しそうに掃除をするなんてちょっとびっくり!これなら、ちょっとお手伝いを頼めそうだと目論んでおります。僕は、家事を子供時代からやったほうが結局後で楽だと思っている派閥なので。

カバレッジは、努力の甲斐あってしっかりと積み重ねてきているなと思います。これは、sitemapをフルパッケージで入れ替えて行っていることも功を奏していると思います。しかしながら、Movable Typeで制作しアップしていたコンテンツについては修正再アップの作業が必須であること自体は変わらないので、地味に更新は続けます。

さて、日々地道に過去日記を整備してSearch Consoleにインデックス登録し直すという地道な作業を続けている結果、カバレッジが地味ではありますが上がってまいりました。結果として、検索パフォーマンスも地味ではありますが改善してきています。まずは、最低ラインにいてそもそも検索にかからなくなっていたページをしっかりかかるように手直しをしていくこと。合わせて、きてくれた人が「面白かったな」と思ってくれるよう、何かしらの仕掛けを施していくという工程が今後につながる重要なカギになると考えています。自分のためのスペースではありますが、僕自身のスタイルが「仕事とプライベートがボーダーレス」な人なのでここで実験することで仕事に生かし、その先に仕事で得た知見をまたここに戻すというサイクルを考えているのです。大きな違いは、ペイドで集客をするのか人力で集客するのかの違いかな。僕的には、昔から自分の言葉で手作業で告知をするのが好きな人なので、会社の仕事においても人の息吹を感じるコミュニケーションでありたいなぁと思ってプランニングしていたりします。その辺が、効果効率を追い求めるデジタル・マーケターの皆さんとは大きく違う部分なのではないかと思います。どこまでも、僕が追い求めるものは不条理であれども「感情に訴えかけるもの」。数字は大事なんですけど、数字の先には人がいるんです。

クロール済み – インデックス未登録は、明らかに減少傾向。最初、ここは1600以上あったんですよ。大変でしたw

さて、今回のカバレッジページをみていただくとよくわかると思いますが1,600以上あった「クロール済み – インデックス未登録」が劇的に減って552まで行きました。これは、まさに地道な手作業の成果。結局のところ、原因を突き止め丁寧に向き合わないとこの辺のずれの改善って難しいと思うのです。地味だし、面倒だけどね。ただ、この工程を経る中、最初はとりあえず「クラシック」だったブロック設定を今の「段落」に書き換え、消えていた写真を代替で収める程度の修正としていたものを、経験していく中でこのテーマに沿った形での「アイキャッチ」やインラインでの写真挿入に切り替えていくことでこのテーマらしく見せていく方法に変更していきました。また、過去日記に【追記】を加えることで、今の視点での読み方などを付与していくことで、足を運んだ方に違う示唆を届けることができるようになったかと思います。これ、大事なことで10年以上前の出来事にはピンとこないかもだし、古い日記は文章に荒っぽさが目立つ部分もあるので。そこも含め、フォローの意味合いも含め加筆しています。

MTのサイトを閉じて、ディレクトリ全体をこちらの表紙に誘導するコードを書いたんだけど、まさかのGSCから弾かれるという事態になってしまっています。

一つだけ困ったなぁと思っているのがこれ。Movable Typeの旧サイトを閉鎖したと同時に「.htaccess」ファイルを使って301リダイレクトをかましているんだけど、この受けとなっているのがWPのトップ。このリダイレクトの受け先となっている所為で、なんとGoogleが登録拒否していることがわかり。いや、突如表示しなくなったので「なになに?」と思っていたらこういう理由。また、対策を考えないとなんですよね。これは。

【デジタル】PHPバージョンの問題とコーディング、ツールについて

前々から、とりあえず「動くからいいや」的にサーバー移行せずに使っています。が、「テーマ」「プラグイン」の実装においては種々の問題が出てくるのは事実。特に、PHP構文の違いでプラグインが動かないケースが散見されるのが痛い。一番良く起きるのが、下記のケース。

Parse error: syntax error, unexpected ‘[‘

これ、何かと言うとPHP5.4以降で使えるようになった「配列の短縮構文」がうちのサーバーのPHPバージョンが古いせいで「なにこれ?わかんない」と行っているという現象。今回DLして使おうとしたプラグインに書いてあった当該列の記載は下記の通り。

マークされている行が、今回問題になった記述記載部分です。僕が使っているコーディング用ソフトは「mi」です。エンコーディングや改行コードがどのようになっているのかをきちんと確認しながら進める作業があるため、コーディングについてはこのようなソフトを活用されることをお勧めします。ちなみに、会社では今後GitHubを選択する可能性が高いため「ATOM」を活用しています。

<?php if(in_array(get_site_url(),[‘http://www.managingio.com’,’http://blog-latest.socialshare.com’,’http://wp.192.168.0.135.xip.io’])): ?>

ここで出てくる「[」がNGになってるんですね。これでいうと、「[]」で挟まれてくる部分のURLを取得に行くという文章。簡単にいうと、「もし、この先の部分に[]内の三つのURLがあったら」というもの。arreyは配列変数で、通常一対一で紐付けされるものを複数選べるという代物。ただ、僕の借りているサーバーのPHPのバージョンが5.2.3なんでそもそも「[]」が使えなかったという話です。前段書いた記述は『配列の短縮構文=「array()→[]」』ということなのです。これが、うちのサーバーで受け付けないという話ですね。多分、ここだけの問題じゃないからこのプラグインは使えないかなぁ。今のとこ、大きな問題起きてないけど今後も気をつけないとだなぁ。ちなみに、URLをhtml内で記載するときもプラグインが必要なんだけど手書きで入れる際は「&lt;(記述時は半角ね)」で対応可能です。何故「lt」は何かというと、「less-than sign」の略。参考までに、閉じは「greater-than sign」なので「&gt;(記述時は半角ね)」覚えておくとこの手の文章を書くときに楽です。実体参照の一覧、便利なのでリンクも入れておきます。マークアップ記号だけは、覚えといても損しませんよ。

文字実体参照

あとは、コーディング用テキストエディタのリンクもいくつか。
mi
Jedit Ω
ATOM
僕はずっとJeditを使っていたのですが、バージョンアップが面倒でmiに移行しています。miはフリーエディタなんですが、様々な環境に対応していていいなと思います(できれば、お仕事でお使いになる方はドネーションしてあげてください!)。しかしながら、今後使い続けるかについてはまだ検討中。JChecker XってツールがJeditとセットであったんですけど、これが恐ろしく便利だったんです。デバグがありえないほど楽だったので。ただ、このツールは更新されていない。これが復活したら、Jeditに戻してもいいかなぁと思います。慣れてるし。ATOMは、まだ使い始めたばかりなのでよくわからずだけど、基本UTF-8なんで日本語がマァマァ化けるのが面倒だなとか思っています(これは、コードを指定すればなんとかなるのですけどね)。auto-encodingは基本仕様に入っていないので、DL→Installの必要がありますので注意!タブ管理は、圧倒的にJeditの方が使いやすいですね。

アイキャッチ画像は、昨年2018年11月末に新宿で撮影した写真じゃないかと。わからんけどw