「COMIC」カテゴリーアーカイブ

【デジタル関連】デジタルのお仕事について考えておきたいこと

このところ、デジタルマーケターという言葉がもてはやされて、この業界自体がかっこいい的な扱いになってきているような気がします。反面、デジタルシフトという言葉が先走っているが故に、上から言われたけど何をやればいいのかわからず途方に暮れている人も多くいるというのが印象。一応お断りしておくと、僕はデジタルマーケターではなくデジタルを中心軸としたメディアプランナーですので、同列では語れない部分がありますが、彼らのやっている仕事とかぶる部分も多いため、僕が考えるデジタルのお仕事との向き合い方について記述しておこうと思います。この中では、かなりキツイ言い方も出てくると思いますが、あくまで個人的見解であり全てにおいてそうであるとは言い切れないことは一応書いておきますが、それほど的外れではないと思って記述していった文章ではあります。

『デジタルは好きですか?学ぶ覚悟はありますか?』

いきなり重い話で始まっていますが、ここって実は一番大事なことなので最初に書きました。デジタルについては、わかっているつもりでも日々進化をしていくため、そのスピードについていくためには 日々吸収していく必要がありますし、クライアント側の立場にいるのであれば質問に答えていく責任があります。ただ、あまりに専門的なことが多いカテゴリーですので「わからないことを、わからないという」事も大事な責任だったりします。これは、代理店の営業担当者にも言える事なのですが、「わかったふりをしてしまう」事により致命的な誤謬が発生する事もあるため勇気を持って「教えてください」という事も大事。そこも含めての学ぶ覚悟です。プライド優先で、わからないと言えない人は僕的にはこの業務に就くべきではないと思います。あと、興味がないとそもそも学ぶ姿勢を取ることなどないので、人事に言われても辞退すべきです。自分を含め、関わる人全てが不幸になりますので。ただ、言われた時に興味がないことでも「新しいことにワクワク」し前向きに臨める人であれば問題ないかなと思います。

『ストレス耐性はありますか?我慢強いですか?』

ここ、どの業務にも共通して言えることなのかも知れませんが、デジタル業務はルーチンであることの方が少なく日々起こる事件に丁寧に対処しながらケーススタディを記録に残し、次なる業務をさらに改善の先に載せることになります。翻っていうと、安心して日々9時〜17時まで業務をこなし、夕方からは趣味の世界を謳歌するみたいな事はなかなか出来ないかなぁと。だけど、これ前段で書いたことではあるのですが「デジタルが好き」であればこの状況を逆手にとって「日々を学び」と捉えることができるためその状況を悲観しないのではないかと思います。合わせて、デジタルは決めてから発注するまでは早いのですが、 それまでに様々な考証を重ね「最終的なゴール」と「結果を可視化する」プロセスを見据えてプランニングする必要があるため実は前置きの部分にかなりの労力がかかります。ここをきちんと抑えることができる人間が、正しくデジタルを扱える存在であり、このプロセスを端折る人間はプランニングに関わるべきではありませんし、あなたが上司であれば関わらせるべきではないと考えます。

『自らの手でトラブルを解決するだけの意識がありますか?』

これも、考えようによっては「覚悟」だと思うのですが他の業務に比べ企業やユーザーに対する影響範囲がかかる費用の割に絶大で、一度出てしまったものが取り返せない割に意外に簡単に世に出せてしまうというものすごく難しいバランスがあります。特に、ウェブサイトについては自社の管轄下にあるためトラブルが発生した場合には自社でしか対応できないケースがしばしば。この際、デジタル担当の仕事は「決断」することに最も重きをおくことになります。この「決断」は外部パートナーである代理店やプロダクションには出来ないからですね。この決断を下すに当たってという視点では、本来担当は最低限プロダクションの言っていることの意味をきちんと理解しているべきで、それが出来ないのであれば更に学ぶ必要があるのです。とは言え、この知識が最初から身についているわけではないと思うので、最低限半年は専門知識のある人間を内部や外部パートナーにアサインしてもらい、判断時は必ず相談するというプロセスを経て学ぶ環境(OJTですね)を周囲に整えてもらうという事はお願いした方がいいでしょう。ただ、学校ではなく企業ですのでデジタルの基礎知識は自ら率先して学ぶということが当たり前の姿です。企業担当や代理店の営業として具体的な指示をせずに、外部パートナーに丸投げする人間は誰も幸せにしないと思います。というか、相手から信頼されないですよね。

『責任を取る覚悟がありますか?』

まぁ、正直企業で働いていて失敗したとしても殺される事はありませんw。だけど、誰かが責任を取る必要があるのは事実です。この責任を取る覚悟というのは「誰かのせいにしない」というシンプルな意識。トラブルが起きると、その対処のために多くの人が作業に関わることになり、企業の担当者や代理店の営業担当は「落とし所」のジャッジをすることになります。このジャッジがいつまでたっても行わなければ、直接パートナーのみならずその先にいるプロダクションなどのメンバーをずっと待機させることになります。それが故、企業内担当は「今回、このタイミングはここまではきちんと進めておきましょう。それが終わったタイミングで解散とします。」という判断をする責任があります。そうですね、責任をとるというか責任を持つということですね。代理店の営業担当で言うならば、クライアントの言質をとってその日のリカバリーのゴール地点と今後のスケジュールをジャッジすると言うことではないかと考えます。これが出来る代理店担当は信頼に値すると思います。もちろん、この際クライアントサイドに自分の言葉で「今日できること」「その作業でリカバリーできる範囲」「明日以降のスケジュール」について説明できる事が必須条件です。

『あなたはコミュニケーションを愛していますか?』

これは根幹かもなのですが、これがないとダメだなーって。作業としてデジタルコミュニケーションと向き合い、気にしているのは効率と数字のみの人間はコミュニケーションに関わって欲しくないし、関わるべきではないと思います。本質が見えないし。「なんとなくカッコ良い響きだから」という理由だけで、デジタルのみならずコミュニケーションに関わって欲しくないんですよ。僕は、コミュニケーションを愛しているので。考えてみたら、これが全てだし「これがあれば全部できんじゃね?」とか思ってみたりね。

つらつら書き連ねましたが、考えてみたらこれってデジタルに閉じた話ではなく外部パートナーとお仕事をしている全ての人たちに言える事ですね。僕は、外部パートナーは円卓に座るべき人たちだと思って仕事をしています。僕が嫌いな言葉は、「業者」と言う言葉。相手にそう言うことを言う人にも「は?」とか思いますし、自ら謙ってそう言う言葉を使う人にも疑義を感じます。そうじゃないでしょ。。。。。と言うことで、連休も終わりこれから最盛期に突入でいろいろ大変なのですが自分の中の気持ちを整理するためにも記述を残しました。

みんな、楽しくデジタルの仕事しようぜ!

【Subculture】佐藤秀峰氏のサイトを見て考えた 090228

ご存知、『ブラックジャックによろしく』の作者さんのサイト。
読んでいて、改めてモノを作る手難しいんだなと思った。
そうねー、メーカーに勤めてて同じ社内なのに『は?』って言う事起こってたもんなぁ。
誰の指示かも分からないまま、進行してたケースもあるし。
そう言うもんだと割り切ってたけど、戦う人も居るんだね。
そう言う意味で、講○社の編集のHさんはちゃんと作家の立場に立ってる人で良いなと思った。
ああいう人が、良い作家を育てるんだろうね。
だって、環境よくないと良いクリエイティブ生まれないと思うもん。
佐藤秀峰 note
なんで、急にスピリッツで『新』が連載され始めたのかも良く解った。
凄い世界なんだね。
いや、創るって身を削る事だよね。

一番、色々悩んでいた時期。リセットするために、ちょうど台湾に行ってました。10年前。今となっては遠い昔の思い出ですが、本当に辛かったことを思い出します。この時の台湾旅行、一人旅なのですが心身ともに疲弊していたためあまり記憶にないんですよね。写真も、なぜか夜ばかり。

【追記】色々変遷があったようですが、「佐藤秀峰 on the WEB」が閉鎖されてしまっていたため”note”にリンクを貼り直しました。マネタイズと、マネージメントの狭間で編集者もすごく悩むことが多いのかなぁと思うことしきり。だけども、純粋にものを作る立場の作家が悩むこと、葛藤することについてもわかります。というのも、僕はジャンルは違えど、双方の立場を仕事で体験してきたから。結局のところ、突き詰めすぎると色々角が立つので、時と場合によって自分の中で折り合いをつけてきたというのがリアルなところ。とはいえ、最近またエッジが立ってきてしまっているのですが。佐藤さん、今は両方の立場で仕事をしているように見えますね。あ、これちょうど10年前だ!一番悩んで、迷ってた時期だなぁ。(2019/02/28 Noise)

【COMIC】あー、何でやねん「松竹梅魅録→アカ西」:有閑倶楽部ドラマ化

お断りしておきますが、私『有閑倶楽部』の大ファンです。
一条ゆかり先生のまんが自体、兎に角好き。
まぁ、漫画オタっつーのもあるがこの漫画は特別なんだよね。
少女漫画、基本ターゲット外なんだけど。
で、全く持って意味がわからないんですが。
なんで、魅録が主役なの?
そして、そのキャスティングの意図は?
全然、あってないんですが。
優男ジャン、アカ西。全然、骨太じゃない。
その上、主役はそもそも悠里だろ。(まぁ、皆主役みたいなもんだけど)
ジャニで問題ありだから外国に逃亡させて、凱旋帰国に「有閑倶楽部」を使うかと。
あー、ありえん。
本当に、ありえん。
ええかげんにせーよ、ジャニ&日テレ。

【都市と文化】「みなとみらい線」そういえば、もう走ってるんですね。

過去ネタとしては、かなり風化気味ですがサルベージ。
凄く懐かしいネタで、東横線が中華街まで行った事に感動したときの話。
最近、中華街に行ってないなぁ。
ああ、海員閣の料理が食べたい…….。
僕、大学時代元町の地下鉄堀のバイトしてました。
熊谷組と飛島建設の現場。
「天主堂前」あたりのお仕事です。
もう、10年以上前の話なんですけどね。(そして、追記を入れている2019年から考えるとなんと25年くらい前の話になりますw)

今と違って、もうちょっと純粋でありながらももっとイカレテたかな?何だか、いろんな人たちと触れ合える現場で今みたいな会社員生活をしていると全くもって出会うことのないような方たちと殆ど毎日のように仕事をしてました。
右手の小指無いとか、そういうのざら。
余計な事した暴走族を、さらって行って海に捨てたトラック運転手も居ました。
今考えてみたら、すげーとこでしたねw。
仕事の合間だって言うのに、焼酎とか飲んでました。
それも生で。
その地下鉄、当時は2000年開通とか言ってたんですが昨日やっと通ったみたい。
横浜の紹介ページを作ってる方のサイトで、始発レポートありました。
・「おそらく日本一早い、「みなとみらい線」乗車リポート」
   ※残念ながら『にゃんこの横浜中心部徹底散策』は2000年ごろ閉鎖した模様です。
ネットって徘徊してると色々ありますね。

続きを読む 【都市と文化】「みなとみらい線」そういえば、もう走ってるんですね。