「Religion」カテゴリーアーカイブ

【Diary】国東半島を旅してきました 2日目:190505

前日の日記が、加筆に加筆を重ねて何故か廃仏毀釈の話に展開し長編となってしまったのですが…..。この日記は一体どこに向かうのでしょうかw?

さて、二日目は宿泊していた「和の宿 三國屋」さんからほど近い道の駅くにみからスタート。基本、お土産的なものが調達できればいいなぁー程度で寄ったのですが結構充実。そして、右手奥に広がる海と公園が!お子様二人が、「行きたーい!」と言うので足を運んでみたらきれいな砂浜が広がっていました。考えてみたら、ここってもう少し下ると佐賀関。有名な「関鯖」が上がるきれいな海なんです。いや、昔来てた時には気づきませんでしたが本当に美しい。ちょっと立ち寄るだけのはずが、一時間以上ここで過ごしていると言う。

大分の大きめの公園では、船の形の遊具が多いなぁと言う印象。それも、かなり大型の。これって、やはり土地柄が影響しているのでしょうね。 前日に立ち寄った甲尾山風の郷公園の遊具も船の形だったなぁと。それも、両方とも海賊船系。和田堀公園のは、汽船だし。東京にも、ああ言う感じのあるといいなと思いました。

5月は最も緑が美しい季節ではないかと。改めて、その美しさを国東で堪能しました。ここは、両子寺大講堂へ抜ける坂道。

次に向かったのは、六郷満山の中山本寺である両子寺。国東半島の中心にそびえる両子山の名前を頂くお寺さんで、山岳信仰の中心に当たります。この寺院にしても明治期の廃仏毀釈の被害は免れなかったようですが、関係者の皆さんの努力により今の形を保っているようです。ちなみに、廃仏毀釈で大講堂を燃やされたようです。多分、この際に貴重な仏像とかも破壊されたり盗まれたりしたんじゃないかなぁと。調べてみれば調べてみるほどなんですが、明治維新って中国の文化大革命みたいですね(涙)。たまたま調べてて出てきたのですが、当たり前ですが発端の山口で起こって歴史的には隠蔽されていた事件の話が書いてあったのでリンクを貼っておきます。 [ 明治維新の秘話・大寧寺と豊川稲荷 ] また、脱線したので続きを。ここのお寺の奥の院は杵築藩の松平家から寄進されたものということでここにも庶流とはいえ三河の松平の系譜があったんですね。知らなかった。てっきり、北部九州には徳川の流れはないものだと思っていました。

こちらが、杵築藩主松平候によって1846年に寄進された奥の院。ここの裏側には、不老長寿の湧き水があったりします。

さて、ここ両子寺は先ほど書いた通り国東山岳信仰の重要拠点。と言うことで、手前のところになんだか鎖の設置された崖があるなぁと思っていたら、その奥がまさに修行場に続く道。と言うわけで、奥地まで進むことにしました。正確に言うと、子供二人が勝手に進んでいたので追いかけることに。奥に広がるのは、まさに道無き道で人が通ったことによって「ああ道なのかな?」と言う感じになっているけど、下手すると気づかない感じ。ところどころ、大岩があり「針の耳」や「鬼の背割り」と言った名所が出現します。普通に、楽しいです。これ!

三人待たせた状態だったのと、次なる行程への時間配分も考え山頂は目指さず鬼の背割りでUターン。それでも、結構な時間を費やしました。遊びに行った方は、ぜひこの鬼の背割りは見てほしい!いや、ほんと凄いから。

次に向かったのは、名刹富貴寺。ここ、知らなかったんですけど宇佐神宮の宮司一族宇佐氏によって作られた、個人的な阿弥陀堂だったんだそうです(とはいえ、西叡山高山寺の末寺ではあるのですが)。今回、初めてガイドさんのお話をお聞きしたのですがそのおかげで成り立ちを知ることができました。建物は、末法と言われた平安期の建物で、今も現存するこの時期の建物はこの界隈ではここしかないのではないかと思われます。それもあって、大堂は国宝。本尊の阿弥陀如来像や、大堂内部の壁画は重要文化財に指定されています。今回のガイドさんの案内がなければ、この内陣に施された浄土を描いた壁画についても知ることがなかったなぁと思うと言う部分でも貴重な体験でした。

正面の絵は皆さん撮影していると思うので、趣向を変えて横からの写真を。

旅の最後は、豊後高田の「昭和の町」。ここは、ひなびていく商店街を逆手に取り往時の街をうまく再現+保存しながら観光地化している場所。田舎町を知っている人ならなんのことはないかも知れないけれど、今となってはもうこのような原風景が残る場所は本当に数少なく。僕も、色んな土地をDJしながら旅しましたがほとんどシャッター街か、もっと言うと朽ちてしまっている町が大半。そんな中、このような形で街を残していこうとしている豊後高田の試みは評価すべきだと思いましたし、素直に面白くて楽しめました。揚げパンは、食べておいたほうがいい♪

と言うことで、今回の連休は大分国東界隈を満喫してきました。また、これからも連休このくらい余裕があるといいなーと思うことしきり。いや、ほんとこう言う形でないと休めないからね。もっと日本人、休んだほうがいいと思います。働きすぎー。と言うか、色々考える時間が欲しいところ。では!

ラスト一枚は、富貴寺の山門。七色の光が美しく撮影できたので。いい旅でした。

【都市と文化】大宮八幡宮で、流鏑馬見て来ました! 130526

いやー、やっぱ本物は凄いや!!
週末は、龍さんと一緒に流鏑馬神事を大宮八幡で見てきました。
大宮八幡宮御鎮座九百五十年流鏑馬神事。
由緒正しき、小笠原流です。
http://www.ogasawara-ryu.gr.jp/
子供には、本物を見せるべきだなと、改めて思った週末でした。

【Religion】観泉寺は、やっぱり良いお寺さんだねー

090611_kansenji.jpg観泉寺については、調べてみると2006年の6月7日に書いてるんだよね。
ちょうど3年前。
同じタイミングで、書くと言う事はやっぱりそういうタイミングなんだね。
今見てみるとさー、構図とか良くないのね。写真の。
見せたい部分がはっきりしないが故に、結構うすらボンヤリした写真に成ってる。
内容的には悪くないんだけど、写真がアレなんでちょいと眼を引かない感じ。
こうやって比較してみると、大分写真の腕も上がったんじゃないかなぁ?とか思ってみたり。
と言う事で、本日はゆっくり過ごすと言う事で午前中はおかずをせっせと作って書類整理したりしつつ過ごし午后は天気も回復して来たので吉祥寺までゆっくりと自転車を進める事にしてました。
今回のポイントは、やっぱり観泉寺かな。
場所は、杉並区の上の方にあたる今川と言う地区。
地区名に成っているくらいで、この界隈は信長の野望で有名になった桶狭間の戦いの敗者「今川義元」の一族の菩提寺があるんです。
090611_jizou.jpg何気に優秀な一族であった為、江戸時代も重宝されこの界隈を任されていたんだとか。
彼らが菩提寺として崇敬していたのが、このお寺さん。
墓所に入って行くと、累代の墓に手を合わせる事も可能です。
空気がね、張りつめてるんですよ。
そういう『場』。
その一方で、界隈はタクシーの運ちゃんのオアシスにもなっててちょっと休憩する車も後を絶ちません。
なんだろう、そういうゆっくりとした空気がこの場を支配してるんで安心して休めるんでしょうね。
そういう磁場。
敷地も広く、本堂だけではなく界隈には様々な施設が。
近隣の地蔵を集めたエリアや、幼稚園もあったりして一大生活霊場と貸して地域に溶け込んでます。
僕ら、お寺と言えば京都奈良を思い出したりするんだけど実のところ東京もそういう場所がワンサカあったりする訳で。
ことさら、これらのお寺さんが観光で食べようと言う感じではないんで主張をしないんですよね。
でも、こういう場に行かないのって実は『もったいない』んじゃ無いかって最近思ってます。
ええ、もう積極的に東京を掘り起こすべき!
と言う事で、寺発掘は出来る限り進めたいなぁと思ってます。
いずれは、「これは!」というお寺さんをマップ化して外国の人でも楽しめるよう英語版とかも作って交通の便とかも分かりやすく解説したいな。
そうすることが、本当の意味での『東京発見』じゃないかと。
そんな事が出来るのも、この期間だけなのでちょいと気合いイレッかな。
この界隈の、善福寺公園も相当和める場です。
心が疲れたら、こういう場所を散策して洗っといてください。
僕は、いまそうやってバランスとってます。
曹洞宗 宝珠山 観泉寺
 東京都杉並区今川2-16-1
 開基 今川氏真

【Religion】深川不動に行ってました

090128_fukagawaFudou.jpgそう言えば書き忘れてたんですが、先日成田山新勝寺 東京別院深川不動堂に久々行ってきました。
平日に行くのは、二度目。
前は、仕事中にさぼってと言うか取引先に近かったんでよったんですが今回は本格的にゆっくり拝観。
知らなかったんですが、ここって毎日お護摩修行やってんのね。
火を焚いて加持祈祷を行うアレでテレビでしか見た事なかったんですが、初めての生で体験してきました。
凄いなと思ったのは、太鼓と鐘と声明に彩られるトランスを誰でも座れば自由に体験出来ると言う事。
こういう経験はなかなか出来ないと思ってたんだけど、意外に身近な場所にあったんだと感慨深く。
このお護摩修行は毎日五回行われていて、時間は9時、11時、13時、15時、17時。
1日と15日と28日は縁日で、平日でも19時からの修行があるので会社員でも参加出来ると言う事。
これなら、僕ら会社員でも参加可能ですねー♪
さて、ここのお寺さんは「東京メトロ門前仲町駅」の一番出口から出るとそこが門前町になっていて、渋いお店が満載でこれがまた楽しい!
もちろん、街柄いるのはお爺ちゃんお婆ちゃんばっかりなんだけど個人的にこういう所が好きなんでGoo!
巣鴨とはまた違うおもむきで、こじんまりとした佇まい。
元々、この深川不動堂は富岡八幡別当永代寺の一部が明治の廃仏毀釈を免れて残った場所らしくこの門前仲町と言う地名も『深川永代寺門前仲町』が旧来の呼び名だったりする訳です(永代寺は塔頭の吉祥院が其の名跡を引きついています)。
平日、色々街を見て回ると今まで気づかなかった事に気づけるね。
大事にしないとなぁ、この時間を。
■成田山東京別院深川不動堂
 本尊:大日大聖不動明王
 東京都江東区富岡1-17-13
 最寄り駅:門前仲町(東京メトロ1番出口)

【diary】今日の散歩は気付いたら荻窪

080104_myoushouji.jpg今日は一日ゆっくりしてようと思ったんですが、年賀状を出しに行くついでにちょいと散歩。
そう、ちょっと散歩のつもりだったんですが何だか天気も良いので楽しくなって来て段々遠くへ。
夕暮れが近づいて来て、肌寒くなってくると歩も早まると言う訳で歩いていたら妙正寺川の名前の由来ともなっている妙正寺を遂に発見。
いや、何だか凄く大きな墓地があるなぁと思って通ってたら大きなお寺さん。
見ると、日蓮宗のお寺でそもそもの創建は650年くらい前(ひょえー)。
で、家光公が寄進したりもした由緒あるお寺と言う事で。
なかなか、良い感じに侘び感のある『場』でした。
詳しくは、後日あっちの辞書に上げます。
080104_roubai.jpgここで調子づいたもんだからもう大変で。
道行くなかで見つける植物に誘われるままに南進していたようで。
気がついたら、清水二丁目。
どうも、荻窪が近いのではと思いつつもプラプラ。
道端にですね、冬だと言うのに結構良い感じに花が咲いてるんですよね。
馬鹿と言うか、花咲いてると何処までも行っちまうんですよ。私。
と言う訳で、気がついたら天沼八幡に到着。
観念して、荻窪に突入してきましたよ。
そうそう、全然知らなかったんだけど荻窪の西側の商店街の奥に結構立派な神社があるのね。
白山神社。
結構、古い地所なんだなぁと改めて思いました。
もっと、色々散策してみますよ。

【Diary】川崎大師ですた 080103

こんにちは。
皆様、初詣は終わりました?
今日は、川崎大師に行ってまいりました。
まぁ、正月三が日というくらいでものすごい混み様。
いつものことながら、すごい人出で。

でもね、大師線は昨年ほど混んでなかったんで安心。
いつものルートで入ろうとしたら……、警察の車の詰め所になっててちょっと怒られるも戻れとは言われず(川崎署の警官の方ありがとう:涙)。
今回は手水鉢でちゃんと禊も出来て、無事に参拝できました。
元旦の井草八幡が大変だっただけに、幸せ満喫な感じで。

三が日に、この場所で撮影って大分無茶してるなと改めて。

縁日ではいつもどおり「じゃがバター」と「飯蛸のたこ焼き」を食して大満足(毎年同じ店でたこ焼き食べてるという)。
昨年、久寿餅をいつもと違う所のを買ってみたんだけどこれがまた大はずれ。

住吉屋総本店の久寿餅は、鉄板ですね。お大師さんに行くときは、必ずだもん。

やっぱり、こう言うのは同じ所のじゃないと駄目なのかなぁと痛感してみたり。
と言う訳で、これはいつもの住吉屋総本店さんで5人前を購入(いや、実際食べちゃうんですよね。この位。)
ほんでもって、恒例の咳止めアメは今回は評判堂さんではなく松屋総本店さんにて。
このアメに関しては、正直どっちで買えば良いのか全く分からず。
ただ、大師で古いお店は実は圧されている評判堂さんだと言うのが皮肉な話です(松屋総本店さんは、実は深川不動の門前店で昭和11年に場所を移って来ているみたいで)。

坂入さんの仕事、見てるだけで楽しい。最近、見ないけど元気なのかなぁ?
いつも、坂入さんのお店の前はみんなが仕事を見入っていたのを今でも思い出します。

そうそう、今日は坂入さんの飴細工のお店に遭遇し迷わずお願いしまして。
パンダをお願いしたら黒が固まり難いとのことで、栗鼠に変更。
可愛いんだわぁ、これが。
ということで、楽しいお大師さん詣ででした。帰りは、丸井に寄ったりLAZONAに寄ったり。(実は、この日記はLAZONAのWIRED CAFEで書いてます。したがって、まだLAZONA)いやいや、お正月もゆっくり楽しく過ごしてますです。皆さん、今年もよろしくね♪

P.S.というわけで、写真は帰ってからアップしますです。

実は、たこ焼きもいつもほぼ同じ方から買ってるんですよね。飯蛸のたこ焼き。大宮八幡の縁日にも、出店してくれています。毎年の楽しみ。

【religion】本日は、冬至なり

071222_yuzu.jpg本日は、冬至。
一番、日が短い日です。
そして、二十四節気最後の節気。
気がついたら、そんな時期なんですね。
感慨深い。
街は何だかクリスマスモード一色なのですが(自分もクリスチャンなんであれですが)、こういう日本のしきたりも大事にしたい所。
冬至と言う事で、先ほどの夕食に充ててカボチャの煮物も作ってみましたよ。
美味しかった。
そんなこんなで、本当にゆっくりした休日を家で過ごしてます。
本日は。
あっちの辞書で、冬至については追ってアップする予定。
ご飯も終わって、ちょっとゆっくりサクランボのお茶を飲んでます。
後で、別の煮物を仕込もうかな?
明日は、JRA年内最後の山場『有馬記念』。
一緒に行く面子はまだまだ本決まりじゃないけど、荻窪から総武線に乗って行ってきます。
荻窪出発時間は、11時頃。
船橋法典は、12時半くらいかな?
いまんところ、某デザイナーは行きそうな予感。
あと、姫も手を挙げてくれてる模様。
吉祥寺のあの人達は、強制で連れてこうかと計画中。
皆で、最後の花を散らそうゼー♪
さて、柚子湯の準備でもしましょうかね?

【Religion】酉の市@花園神社

071111_amezaiku.jpgと言う事で、実は僕とすみさんは昨日で結婚式から7年目に突入。
毎年、この時期は酉の市もあるので顔出し。もっぱら、花園神社です。
ここ、いつも商売人の方達で賑わってていい感じ。
お祭り気分が満載だと言うのもあり、近所のちっこい鷲神社では無くここに行くのです。
しかし、本日はちょっと天気に恵まれずアレレな感じです。
さて、昨年目をつけて今年こそはと思っていた飴細工の坂入尚文さんの飴を買おうと意気込んでいたのだが。
なかなか思う様に前に出れない所を、子供が500円握りしめているのをみると「うーん、ここはこの子に譲ってあげなきゃなー」と言う事で後にしようと思いまず断念。
切山椒の屋台など、色とりどりのテキ屋の並ぶ道を行き過ぎながら境内近くへ。
071111_chouda.jpg……ものすごい列。
いや、この時間帯からこんな列になっているとは思いもよらなかったよ。
でも、よく考えたらお店開く前に皆さん来る訳だからある意味納得。
僕が並んですみさんが買いに行くと言う連係プレイで、たこ焼きを頬張りながら(罰かぶりw)境内まで。
相変わらず、豪華な拝殿だなぁと思いつつお参り。
今年一年を感謝しつつ、来年の扉やAghartAなどのパーティーの繁栄。
&僕がこれからやろうとしている事の成功などを祈ってみた。
で、昨年の熊手を奉納し新たな福を求め『熊手』の海へ。
071111_kumade.jpg毎度の事ながら、絢爛。
どれ買って良いのか、正直解らんかったり。
そして、凄い熊手に目を奪われるんだけどそんな良いものが買えるはずも無いので自分の背丈に合ったものを探す。
縁起物だけど、凄い値段なんだよね。実際。
ちょっと大きいと、当たり前でウン万円。
それは、さすがに無理(苦笑)。
今回は、ちょいと玄関に置いても倒れたりしないものをと言う事で置物のタイプにしました。
升にしようかと思ったけど、混雑してたので。
俵に稲穂を差す、ちょっと綺麗目なやつ。
一通り眺めて、改めて飴細工を求めて側道へGO!
が、もはや無理だと言うくらいの人出。
あきらめて、切山椒を買って神社を後にしました。
いや、毎年逡巡するんだけどやっぱ来年はまずいの一番に坂入さんところで飴を買う。
これを、目標にします。
二の酉は、ちょうどボスとジェイクの結婚式だからさ。

【都市と文化】さて、伊勢路とか 071009

来週には、伊勢方面なので。
たまたま、mixiの某板で絡まれまして。
別段あれだったのですが、ちょっと調べてみたいなぁと思い。
『伊勢路』ネタ。
そもそも、徒歩で熊野道を制覇する気はないんですがその片鱗は感じたいなぁなんてね。
そう言う訳で、調べとくにこした事は無いでしょう。
さて、起点を『田丸』としている理由あたり。
そもそも、田丸は現在玉城町(昭和30年、「所謂昭和の大合併」の時期に合併)と言うらしいですね。
駅名は残ってるけど。

伊勢といえば、赤福かなぁということで赤福本店。

で、なんで田丸だったんだろうという話なんだけどここは南北朝時代に北畠親房が南朝側の指導者として度会家行の援護を受けてた時代に城を造った場所。
結果はご存知の通り、南朝敗北で北畠親房は賀名生で死去。
城は廃城となると思いきや、伊勢神宮を押さえる要として北畠家が再建。
戦国時代には信長の伊勢侵攻に伴い、織田家の居城の一つになるが時代が時代だけに巡り巡り最終的には紀州徳川家の所領となりその附家老の一人久野氏の居城となり明治時代まで。
という訳で、1300年代中盤から明治期までまぁ常に時代時代にそこそこ権力のある人たちに庇護されていたという理由もあり栄えていたようです。
そのため、宿場としても整理されていたので拠点になったようですね。

神宮の大木は、荘厳さと畏敬を感じさせられます。やはり、神域は静謐でいいなと。

熊野詣に向かう人々も、一生に一度の旅なんで折角なので伊勢によりついでに西国33箇所という道行きをとる人が少なくなかったようです。
当然ですが、このルートは東国(江戸方面ね)の旅人が通るルートです。
梁塵秘抄でも歌われている位のルートなのですが、実際に頻繁に使われるようになったのは江戸時代。
やはり、伊勢界隈が紀州徳川家の預かりとなり初代藩主の徳川頼宣が一里塚や宿場を整備して行ったのが隆盛になった最大の要因なんでしょうね。
いわゆる『伊勢講』が盛んになるのは1700年頃。
その頃が、伊勢路が最も隆盛を極めたあたりになるよう(あ、もちろん「えじゃないか」までね)。
参宮にあたっては精進潔斎が基本となるので、古市は帰り道の道程の御楽しみになる訳だったりですがその後熊野にもうでる人はまだまだ精進潔斎が続くため起点を田丸としたというのが真相かなぁ。

続きを読む 【都市と文化】さて、伊勢路とか 071009

来週のお祭り:「上総十二社祭@玉前神社(千葉県一宮町)」

この季節は、やはりお祭りが多いですね。
今回、この日記のネタとなる祭はこの時代にあって休日に無理やり変更することなく暦どおりに行う祭の一つ。
日取りは、9月13日(水)。
『延喜式神名帳』にも名を連ねた神社、「玉前神社【たまさきじんじゃ】」のお祭り。
何が凄いって、町の名前がそのまんまだよね。一宮町。
祭神は、豊玉姫命の妹『玉依姫命【たまよりひめのみこと】』。
このお祭り、「上総十二社祭」は別名「裸祭」といわれているようで。
神輿、騎馬、男衆が海岸を疾走する神幸祭が何しろ見もの。
今年は、3年に一度の本祭であるばかりではなく1200年記念と言う事でここのところ数百年お休みしてた神輿も出動して15基もでるんだとか!!
何だか、凄い事になってる。
と言うか、ここ数年関東界隈しか見てないけどお祭りが徐々に勢いを盛り返し始めてる気がする。
水面下ではあるんだけど、文化としての祭りが見直されてきてるのかなぁ?なんてワクワクしてみたり。
政治屋の連中の言うような上っ面の愛国なんて全然どうでも良い話で、こういう文化に根ざした活動こそ本当に国を知り大事にしていこうと言う心を育むものなのです。
永田町の馬鹿どもにも、その辺を学んで欲しいですね。
とはいっても、社会と触れ合うこともなく国の税金で贅沢し放題で暮らしてきた温室育ちの坊ちゃん達にはこの祭りの裏方の人々がどれだけ多くの汗と苦労を積み重ねこれを執り行っているかなんて一生分からないんだろうけど。
参加しやすい器作り、これも大事ですねー。
会社休んで、見に行きたいなぁ。天気良かったら。
あ、このお祭りね。ロマンチックなの。
「玉依姫命とその一族の神々が由縁の釣ヶ崎(つりがさき)海岸で年に一度再会する」
それが目的なの。
可愛い感じ♪神輿なので、いかついけどw。