【Subculture】なかなか強者が居たようでw:ビル一棟借りて栽培

ビル一棟借りて、栽培してたみたいです。
でも、押収された乾燥ものの量はソレほどでもないね。
なんつか、こう何で危機感がないのかが不思議。
でも、そのビルを見てみたかったw。
多分、アメリカの解禁後に日本も一部解禁になるだろうからソレまで待てば良いのに。
既に、外圧かかり始めてるんだから。
——————————————————————
大阪市内のビル1棟「大麻工場」に 取締法違反容疑、2人逮捕
 

大阪市内の住宅街のビル1棟を「大麻製造工場」に仕立て、売りさばく目的で大麻草を栽培していたとして、大阪府警薬物対策課などは6日までに、兵庫県尼崎市、無職、佐藤雄二郎容疑者(27)ら2人を大麻取締法違反(営利目的栽培など)の疑いで逮捕した。同課は乾燥大麻約1.4キロと大麻草355株を押収。大麻草は成長すれば末端価格約5億円に上る量という。  ほかに逮捕されたのは、自称大阪市平野区、自営業、中西猛貢容疑者(37)。2人は「栽培はしていたが営利目的ではない」と容疑を一部否認しているという。  同課によると、佐藤容疑者らは借り上げた3階建ての店舗付き住宅ビルの2階の2室をそれぞれ「開花部屋」「生長部屋」、3階の1室を「乾燥部屋」として使用。照明器具や栄養剤のほか、「連絡帳」と記された“業務日報”も押収された。連絡帳には「水を換えた」「肥料を与えた」などと記され、グループ内で情報を交換しながらこまめに管理して育てていたとみられるという。(07:02 / article from NIKKEI NET)日経新聞

——————————————————————–

【追記】2009年の記述です。当時から、アメリカでは解禁の話が上がっていますが、全面解禁には至っていないですね。とはいえ、事実上産業化して居るので解禁に近いと考えていいのだと思います。タバコ産業から、こちらに移行したというところでしょうか。健康保険の問題から考えても、それが妥当だという判断なのでしょうね。日本は、行政側の既得権益と慣例踏襲の意識が強く働くのでまだまだ時間がかかるのではないかと思っています。もともと、GHQが入ってくるまではただの雑草だったし、神事で活用もされて居る物なのだけど、一旦決めた事を変えたくないのが日本の官僚ですからね。規制緩和の流れで、ここが変わるのかがちょっと注目どころだなぁという感じで観察を続けようかと。(2020.11.01 Noise)

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください