【Diary】パンクシテモター!

阿呆なんですが、空気圧弱ってた模様。
見事、リムパンク。
いま、ヒルズのトレックストアにて修繕してもらってます。
南無~。

【追記】これは、2013年の日記。ちょうど、この頃からGIANTのESCAPEに乗り始めたんですよね。今も健在で、この自転車でコロナの中どうしても出向かなければならない会議には向かっているわけです。電車は特に問題ないとは言われていますが、やはり万全を期したいので。さて、この日記のお話ですが後日譚が。というのは、この「パンク」の理由が相当間抜けな話で、フレンチバルブをよく理解せずに乗っていたせいでかなり空気圧が弱い状態で街乗りしてたんですよ。それが原因です。今でこそ、GIYO GF-54使っているので空気圧見えてますがそれまでは、普通の空気入れにオプション的なものをつけてやってたのでそもそも空気圧わからないし上がらないという悪循環を繰り返していました。その結果としてのパンク。ちなみに、ここのお店ではそれは気づいてもらえず、二子玉のGIANTのショップで教えてもらって「そうなのか!」って気づいた次第。全ては学びだなぁと。

ちなみに、豆知識ですが僕が乗っているESCAPE R3(2013)のタイヤはGIANTの純正なので700kPa(7bar)。もし、タイヤがCST製などだと空気圧が違うので、きちんとタイヤの側面見て確認しておく必要があります。これ間違うと、結構大変で最悪走行中にパンクしたりします。アメリカンバルブのものだと、3~6barとなかなか幅広く。タイヤ側面に記載されていますので、自転車屋さんに行ったときに色々みてみると面白いと思います!(2020.04.12 Noise)

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください