【Society】吉田松陰を商標登録した「東広」という会社とか

そもそも、この国の特許庁は頭おかしいのかと。
毎度、こういう事件が起きるとそう思う。
許可した奴の名前も同時に検索できるシステムにした方が良いよね、この際。
ちなみに、今回の情報を書くと
==============================================
【登録番号】 第5090921号
【登録日】 平成19年(2007)11月16日
【出願番号】 商願2005−60000
【出願日】 平成17年(2005)6月30日
【先願権発生日】 平成17年(2005)6月30日
【商標(検索用)】 吉田松陰
【標準文字商標】 吉田松陰
【称呼】 ヨシダショウイン,ヨシダショーイン
【権利者】
【氏名又は名称】 株式会社東広
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
29 食用油脂,乳製品,食肉,卵,食用魚介類(生きているものを除く。),冷凍野菜,冷凍果実,肉製品,加工水産物,加工野菜及び加工果実,油揚げ,凍り豆腐,こんにゃく,豆乳,豆腐,納豆,加工卵,カレー・シチュー又はスープのもと,お茶漬けのり,ふりかけ,なめ物,豆,食用たんぱく
==============================================
で、この『東広』という会社。
相当怪しい会社らしい。
宮城にあった「長沼ウイングガーデン」と言う施設関連で暗躍していたようで。
そもそも、東京都渋谷区に本社があったにも拘らず件の宮城の物件を乗っ取るためにわざわざ宮城に本拠地を移したみたいで。
当時の社長は、「佐藤俊文」なる人物。
この人物は其の舞台と成る「宮城県登米市迫町」の佐沼高校と言う学校の出身らしく、そう言う意味では地元に美味しい話があったので移転したと言う感じなんでしょう。
ちなみに、おそらく現在の会社の所在地は「東京都新宿区四谷4-29 802号(ファミリーマート 四谷区民センター前店のビルの8階っちゅう事ですね)」か「東京都新宿区荒木町23-15(曙町駅のすぐ近く)」。
ここら辺は、たまに仕事で行くんで今度確認でもしてみようかとw。
主業務は、「不動産の売買・賃貸・管理、有価証券の保有売買、経営コンサルティング業、貸金業」と言う事みたいだけどどうなんだろうね?
古いページはこんな感じ。
東広(archive from archive.org)
文字化けすると思うんで、Shift-JISで。
読売新聞とかでは「貸金などを業務とする東京の会社」って成ってるけど、恐らく実質はコンサルだね。
後ろ暗い会社である事は間違いなさそうだけど、別にサラ金ではなさそう。
ほんで、このarchive.orgのLINKを見ると出てくる店舗が「wing garden」。
ここ、昨年の9月にCYBACKに買い取られた模様。
事実上、この東広という会社自体相当傾いている可能性も否めなかったりするのかなぁなんて。
調べてみたら、GREEキャリアにも情報があったよ。
威勢のいい事を書いている過去が、悔やまれますね(苦笑)。
いやー、ネットって怖いね。
あ、新しい情報発見。
「東広」は、もともと「ジャパンネットワーク・データベースマーケティング(東京・新宿、佐藤俊文社長)」と言う民事再生を受けた会社みたいだ。
だから、あのアドレスだったのね。
ほーほー。
2006年11月時の居所は、下記の通り。
==================================
本社所在地 東京都新宿区荒木町23番地
代表者 佐藤 俊文
設立 1986年7月1日
資本金 2億2500万円
連絡先 〒160-0007
東京都新宿区荒木町23番地アケボノ大鉄ビル2F
Tel : 03-3356-7311 Fax : 03-3356-7313
==================================
え?凄い情報が……。
『無印良品の「改革」』の著者:渡辺米英氏って、元この会社の取締役だよ!
おえー、なんか凄い変な繋がりを見つけちゃったよ。
あまりに狭いな、この業界。
まぁ、コンサルなんて言うとカッコいいけど多くのコンサルは言い方変えるとただの「山師」だからなぁ。
なんともねぇ。
仕事一緒にする人、ちゃんと身元確認しないとなぁと思った今日でした。

おすすめ

4件のフィードバック

  1. 山ぱん より:

    なにゆえヨシダショウインで商標を???
    うちは母方のひいじいさんが松下村塾の流れを汲んでいるらしいから見過ごせない

  2. たま より:

    ちょっと笑ってしまいました(笑)

  3. noise より:

    やまさん>
    いやー、なんだろうね?
    超不思議。
    でも、実は本気で意味のわからない登録商標が世の中にはいっぱいあるのよ。
    基本的には、「使う人間から金をせしめる為」に取ることを目的にしているケースと「自分とこで使用を独占することで似たような商品を出せないようにする」ことが目的。
    後者は、わからんでもないけどね。
    ちなみに、件の会社はもともとこの潰れた長沼ウイングガーデン絡みでこの商標を得ているので正確にはこれをそのために取ったわけではなく。
    問題は、これを得たことでほかにも一気に歴史的な人物を登録したという事実かな?
    そういうのを通す特許庁のルール自体を見直し、ある程度一定の尺度を持てるよう庁内ルールを作らないと難しいと思うんだよね。実際。
    たま君>
    いや、確かに笑える。
    でも、実は個人的に問題だと思ったのはコンサルを主業務としている会社をして賃金業者と書いてしまう読売新聞の駄目さ加減だったり。

  4. あーろん より:

    長沼ウイングガーデンは伊達正宗というブランドの地ビール売ってます。

あーろん へ返信する コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください