【Appetite】そもそも、んじゃ今まで農水省はなにやってたんだ?

『その後、牛海綿状脳症(BSE)など食の安全性が問題になったのを受け、〇三年に定期的な立ち入り調査が始まった。赤福に対しても行われたが、あくまで食品衛生法上の視点で「問題ない」との見解を通した。今回は、JAS法を所轄する東海農政局と県伊勢保健所が合同で立ち入り調査を行ったが「違法」と「問題ない」で見解がまったく分かれる結果となった。(article from 中日新聞)』
と言う大事な情報がほとんどの報道に載らないんですが…….。
つかさぁ、これが問題ならなんで農水省は今更グダグダ言ってるわけ?
意味解らないんですが?
JAS法云々いうのなら、定期的に立ち入り検査しかつ立ち入り検査する人達に「どうやって判断するのか」教育を施すのがお仕事ですよね?
ようは、あなた達仕事してなかったんですね。
JAS法が出来たのが、昭和25年。
JAS法が表示基準を決めたのが、昭和45年。
JAS法が全ての商品に表示を義務付けたのが、平成11年。
一体、ドンだけ放置すれば気が済むのかと。
いやー、良いねぇ。
なんせ、マスコミに「書くな」といえばこの農水省の職務怠慢については一切言及されず深く掘らないブロガーの間で「赤福」だけが悪いように書いてもらえるわけで。
マスコミも、役人とはもめず発行部数が伸ばせるから嬉しいしね。
いやいや、「悪の華」とはこう言う事のようで。
今回の問題は、「白い恋人」のように明らかな偽装ではなく「行政」の見解の食い違いに由る問題。
従って、「赤福」はある意味被害者。
だって、行政が「問題なし」と判断していたわけですから。
確かに行政も問題だけど、その重要な情報を意図的に流さないマスコミによる「情報操作」も相当問題だよね。
日本人の情報リテラシー能力もあれだけど。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. 赤福なんていいじゃないか

    伊勢に行きますと必ず赤福本店に立ち寄ります。わたくしは甘いものが苦手なのですけど、あの本店で赤福餅を一皿頼む。三百円でお釣りがくる。わたくしの目当ては何よ…

  2. 赤福餅の冷凍販売ってそれほど大げさに騒ぐ話な訳?

    伊勢参りの際のお土産として全国的に有名な赤福餅だが、その赤福 餅を冷凍・解凍販売

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください