【appeteite】結局、またマスコミ(スポニチ)の報道偽装か:赤福の話

『弊社は、昭和48年頃より平成19年9月19日までの間、市場の需要に直ちに対応して製品を出荷するために、弊社商品「赤福餅」の一部製品について、冷解凍設備を用いてマイナス35度で急速冷凍処理を施して保存し、後日(おおよそ1週間以内)、約80度のスチーム環境で45分から50分程度の時間をかけ解凍処理を行い、衛生面、安全面、品質面の確認を毎日行った上で、解凍工程及び包装の完了した日を製造日として当該製品を出荷しておりました。冷解凍処理を行う当該製品は、当初より計画的に生産し冷解凍処理を行っていた製品と、市場へ出荷されなかった未出荷製品がございました。当然のことではございますが、一度出荷した製品を冷解凍したことは一切ございません。
んなこっちゃ無いかと思ってたが。
赤福は1月27日以降、工場から配送車で各販売店舗に出荷した製品のうち、工場に戻ってきた残り分について、一部偽装を中止していた。偽装の手口は、配送車の残り分と工場から当日出荷されなかった商品を、冷凍庫で最大2週間保管した後に解凍し、解凍日の日付を製造日として記載し直して再出荷する方法。工場内の余った商品については、農水省の調査を受ける9月まで偽装を続けていた。(article from スポニチ:2007/10/14)』
はっきり言わせてもらうが、このスポニチが行っている報道は部数を伸ばす事のみを目的とした誤読を狙った偽装報道である。
メーカーがその責任を取って販売を自粛するのだから、このようなマスコミも事実関係を精査せず報道した訳だから一月ばかり発行を自粛してはどうだろう?
そもそも、マスコミの存在価値というのは速報にあるのではなく精査された情報を分かりやすくユーザーに届ける所に存在価値がある。
そのマスコミが恣意的な報道や、誤報を流し続けるのならばそのようなマスコミは存在価値がない訳だから責任をとり『とり潰す』なり『報道自粛』をさせるべきなのではないだろうか?
最近のマスコミは、『誤報』を流してもその責任を取ると言う姿勢が全くない。
テレビ局なら、1週間程度の地上波使用の禁止。
新聞なら、1週間程度の発行禁止処分。
雑誌なら、以後四回の発行停止処分。
こんくらいは、やっていいんじゃないの?
会社としてリスクを負わずに誤報を流し続けていいなんてのは、おかしくない?
確かに、中日新聞が引き合いに出している『こうした県の姿勢を帝塚山大心理福祉学部の中谷内一也教授(社会心理学)は「消費者の安心にとって、安全は一条件でしかない。業者や行政が自分と同じ価値観だと思えることが大切。普通の人は解凍日が製造日と思うか」と消費者とのずれを指摘する。』と言うのはその通りと思える話だと思う。
解凍日は、解凍日だからね。
その表記方法を考えるべきだったんだろうけど、その方法論について(県)行政が精査した返答をしてなかったのも事実。
10年前にも、赤福側は心配になって問い合わせている訳で。
で、思ったんだかここで県を責めるものおかしな話。
だって、JASは検査パスさせたあとずーっとほったらかしで急に問題が色々出て来たもんだから2003年から立入検査始めたんでしょ?
おまけに、その2003年からもう4年じゃない。
なにを今更……。
そう思ったりします。
で、一番問題なのはそれをネタにある事無い事かき立てるマスコミ。
社会不安を煽るだけ煽って、飽きたら別のネタ。
で、スポニチのこの記事の編集主幹が責任をとって退職した上で自粛して発行を一時停止するのはいつですか?
責任ある社会でマスコミと言う立ち位置にいる会社だったら、是非姿勢で示して欲しいものです。
そうそう、思ったんだけどね。
『 老舗和菓子メーカー「赤福」(三重県伊勢市)が製造日を偽装していた問題で、深夜に商品を解凍し終え、日付が変わる午前零時を待って包装し、製造日を印字するケースがあったことが13日、分かった。(スポニチ)』
だったら、新聞とか相当まずいよな?
そこまで言うのなら、お前ら日付変わってレポとった奴だけ「その日の記事」として報道しろ。
「製造」について学ばず、上っ面だけ報道するんだったら会社たためよ。
此れ言い始めると、商品の製造工程に関わる部分で世界中のメーカーが前見直しはかられるぞ。
「どこまでの行程をFINISHとするべきかと言う問題で」
これって、お前らの記事を書く上での「情報ソース」の確認と同じ部分だろ。
ほんと、重箱のすみをつつく時期しか書けないのな。
おまけに、記事チェックも杜撰だし責任も取らない。
じぶんの会社の偽装報道も即時対応で訂正できない会社が、えらそうな事言うのやめれ。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. 赤福が34年前から製造日偽装

    農水省は12日、伊勢の土産物として知られる「赤福餅」の製造年月日を偽って表示、販売したとして、老舗和菓子屋「赤福」(三重県伊勢市)を日本農林規格(JAS)…

  2. 「赤福」賞味期限切れの報道姿勢に思う

    先日あった北海道の「白い恋人」に続く、「赤福」の賞味期限切れの問題。 確かにそれ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください