「LONDON」タグアーカイブ

これは泣けるなぁ:”John Lewis Christmas Advert 2015”

僕もLondonに行くときは、ちょこっと覗いたりするJohn Lewis。
こちらの、クリスマスのCMがすごくいい。
何だか、時代を切り取ってるなと思うと同時に、この情緒感が日本の小売りにはないんだよなと残念な感じも。
いや、小売りに限らず日本の企業が伝えない情緒的価値というかね。
僕は、商品やサービスが提供する情緒的価値ってとても大事だと思うんですよね。
これ見ると、なんだかまたJohn Lewisに行きたくなってきたー!
ちなみに、ご存知の方はご存知かもですがヒースロー空港にもあるお店です♪

【News】ハロッズ:売却 カタール王室関係者に 100508

2006年7月当時のピカデリーサーカスの写真。まだ、SANYOが強くてこんなとこに広告を。
2006年7月当時のピカデリーサーカスの写真。まだ、SANYOやTDKが強くてこんなとこに広告を掲出していました。SAMSUNGも出していますね。今は、フルパッケージのデジタルサイネージになっている模様。

世界的な不況が原因なのは分かるけど、英国贔屓の僕に取ってハロッズはその象徴の一つだった訳で、このニュースはとても心がざわざわしてしまいます。寂しいなぁ、時代が終わろうとしてるんだろうなー。———————————————————————————————–ハロッズ:売却 カタール王室関係者に2010年5月8日 20時48分 更新:5月8日 21時54分 【ロンドン会川晴之】ロンドンの高級百貨店ハロッズが総額15億ポンド(約2000億円)で売却されたと、英メディアが8日、伝えた。英BBC放送によると、同社を保有するエジプト出身のモハメド・アルファイド氏が、カタールの王室関係者に売却することに合意、同日朝に取引が成立したという。ハロッズは1849年に開業した老舗百貨店。英王室御用達としても知られ、年間1500万人の顧客が訪れる。アルファイド氏は85年に6億1500万ポンドで同社を買収、息子のドディ氏は、97年8月にダイアナ元皇太子妃とパリで事故死したことでも知られる。

2006年7月。UK旅行。ドック近くのパブにて。
いつも、寄るとパイントでギネスが習慣になってしまうのが、僕のU.K.旅行。また、いかなきゃなぁ。

【追記】あれから時を経て、今英国はEUを離脱するか否かというもっと大きな議題で揺れています。我々日本も、経済が低迷を続けこの頃のように世界各地で広告展開することもありません。それも時代の流れなんでしょうけど、政府が国民を騙して「好景気」を演出し続けることになんの意味があるんだろうなーとリアルに経済の中心に身を置いてコミュニケーションを考えながら、昔の写真を見ながら次のステップについて考えていました。多分ね、デジタルはもっと面白くなるしサイネージのおかげで世界に広告が出せる日も来るだろうなーとかさ。(2019/03/16 Noise)