「雪月華」タグアーカイブ

【Party】HEAVENS DOOR presents ○萬川集海○

遂に今晩ですー。
久々です、ロングセット。
と言っても、変則ロングセットで「NOISE」→「ササキ君」→「NOISE」のリレー。
しょっぱなは、90年代中盤のオールドセット中心。これは、かなりレアな音でマスよ。
Rising HIGHとか、EYE-Qとか、Flyingとか、Tunnelとか、Tideとか、今はなき良き時代のレーベルの音てんこもり。
個人的には、このへんのゆったりしていながらも曲がった音を是非体感してもらいたいなと。
その後、ササキ君と繋ぐタイミングでは「え?こんな事に?」というちょっと面白い音の流れも作るしね。
今回も、面白い事したいなーとかね。
萬川集海、前にやったのはもう3年前くらいかな?
あのときは、6時間セットでした。
アレはアレで面白かったんだけど、ライフワーク的にやるにはちょっと長丁場すぎ。
どっちかと言うと、ゲストで呼ぶ人と一緒に6時間を作って一つの物語を紡ぎ上げる方が正解な気がして今後はその形をデフォにしようかと思っています。
記念すべき第一回目は、同じ地元で僕と違って大活躍中の制作人でありDJであるササキ タカシさん。
公式HP:http://www.st202.com/
もう長い事一緒に遊んでいて、パーティー仲間の中で数少ない地元言葉で話せる友人です。
彼は、書家としても有名で最近もミッドタウンで個展やってたり。
彼と遊ぶからには、もちろんガッツリ話し合ってどんな世界を創るのかをひそひそ会議して現場でドンしたいなと言うのが僕の思惑。
そして、映像をというなの『場』を構築するのが光学姉妹の御大Kenzooke先生と最近はVJイベントとかでも大活躍中のPal Grapicsのyos-D君&もはや大イベントで当たり前の様に凸をする所まで成長しちゃった雪月華のmocchi。
この3人を呼んじゃって、今はやりのUstreamで配信しちゃおうと言う試みですよ。大丈夫ですかね、俺w。
これは、今後のHEAVENS DOORがどこに向うのかと言う事を試す実験の場であったりもするのです。
いつものようなGOA ONLYの流れではなく様々な音像と映像とで彩られる6時間。
正に、そこは『音』と『映像』のガチバトル!!
いや、面白くならないはずが無い!
さて、今回はどんな萬川集海になることやら。
是非、遊びに来て下さいね♪

我ながら、昔はすごく凝ったグラフィック作ってたなぁと感心しました。毎回、自分で作ってたんですよね。これ。しかし、これは2007年の萬川集海のフライヤー。残念ながら此の回のフライヤーの画像が見つからないのです。あ、文字はササキ君!

HEAVENS DOOR presents
○萬川集海○
~6 Hours Sound & Visual Journey~
Venue : 大塚deepa(JR山手線 大塚駅徒歩5分)
DATE : 2010 / 06 / 19 START@23:59
ADMISSION :
2,500yen(GATE) , 2,000yen(with flyer)
CAST—-
TAKASHI SASAKI(CONVERGE+)
NOISE(AghartA / HEAVENS DOOR)
Kenzooke(光学姉妹)
yos-D(pal graphics)
mocchi(雪月華)
and more…..
◉大塚deepa
東京都豊島区南大塚3-49-10.大塚鈴本ビルB1f
TEL:03-3984-6085 / FAX:03-3984-6094
http://otsukadeepa.jp/
http://www.ustream.tv/channel/heavensdoor-live

【追記】この辺りが、扉としては本当に最後だったのかなぁ?USTのライブ配信とか、なかなか面白い試みだったと思います。今も、ページの原型は残っているのです。大塚Deepaにはお世話になったのですが、なかなか集客でお返しできずに申し訳なかったです。今は、結構アニメクラスター向けのパーティーが多いのかな。これも、時代ですね。そうそう、扉のデコの要はmocchi(雪月華)だったのですが、彼は「水曜のカンパネラ」の空間演出を握っているHEAVENS HUG DESIGNだったりします。仲間が活躍しているの、本当に嬉しいです!(2019/02/16 Noise)

【Party】HEAVENS DOOR presents “天上の華”open air party

大黒谷キャンプ場は、京都市内だけどなにげにちょっと奥まって緑豊かな場所にあるキャンプ場。当時は、おばぁちゃんが受付やっててざっくりした経営だったことを思い出します。元気かなぁ?

夏のざわめきが遠い響きとなり、秋の静寂の中彼岸からの梵鐘が山々に浄をいざなう。
禊の時は近く、新しい光を近き未来に探る為に我らは眠りの時を探す。
草を薙ぐ風が吹き抜ける谷で、封の祀りを。
光を探す翼を、しばし眠らせるために。

HEAVENS DOOR presents “天上の華”open air party
DATE:2005/09/17(SAT)
VENUE:大黒谷キャンプ場(京都市左京区)
GATE OPEN@12:00

■DANCE FLOOR:”光学姉妹リサイタル”#3 『満関』
15:00-BUNLIN(UNIZON)
18:00-DiE(RHYTHM)
19:30-acha(SPACE WAVE/きのこ祭)
21:30-GIN(DNA SOUNDS)
23:30-Psy-clops(SOMA)
01:00-SASA(BLACK BRA)
03:00-theoreme(3D VISION/Arcadia) v.s.STANDARD CLEAR
05:00-NOISE(AGHARTA)
07:00-Hydrogenerator(Nirai/ELF MUSIC)
08:30-KVOX(RING/LINE)
10:30-HIDEKICHI(SKYLAB)

■CHILL FLOOR:雪月華produce “天上の華”■
19:00-miya(雪月華/AGHARTA)
21:00-春雷秋風(HEAVENS DOOR)
22:00-KEI(雪月華)
23:30-re-Birth(theoreme’s Chill-out NEW UNIT)
01:00-K△Y(SUI)
03:00-mad lounge unity(雪月華/MSOY)
05:00-遊透(雪月華)
07:00-TAKIAKI
09:00-momi(HEAVENS DOOR)
info&ONLINE Ticket:
http://www.kluv-depth.com/hd/2005aut/
http://www.setsugetsuka.org/shop/main.cgi?mode=cart&sid=1
=================================
今回、theoremeの新ユニット『Re.birth』の関西初ライブです!
その上、DANCE FLOORではtheoreme&STANDARD CLEARのぶっ続けライブ!
お楽しみに。
360°フロア全面プロジェクション、「光学姉妹リサイタル#3:満関」も圧巻です。
チケット予約は後二日!
9月9日まで、お早めにー♪

【追記】毎回のことだったのですが、この「詩」のような煽り文は僕が妄想のままに綴っていました。なんと言うか、その時々、「祀り」のあり方に求める心象風景を言葉にしていた感じです。今も、こう言う言葉が心に湧いてくるのですが、広告コミュニケーションの世界だと難解で伝わりづらいため使う機会が減ってしまいました。また、言葉を綴りたいなと思うので、そう言う日記を書いてみたり、そう言う集まりをしてみてもいいのではないかと思ったりします。ある意味、スピリチュアルな心象を受けるかもしれませんが、僕にとってはリアルと繋がった地平にある言葉なんです。(2019/02/11 Noise)