「小倉」タグアーカイブ

ぬおー、これ小倉やんかー!!!”TOYOTA G’z”


というわけで、TOYOTA G’zスポーツの長尺CM映像。
この前の、講習会で紹介されて「うはー、鳥町食堂街!」とか興奮してみてしまいました。
北九州フィルムコミッションとかも絡んだ、大掛かりなものだったみたいですね。
やっぱ、生まれ故郷が映ると興奮するな。
ましてや、全編小倉ってなんて贅沢な映像。嬉しいなー♪
僕も、こういうのやりてーなと改めて。

8月9日は、長崎に原爆が落ちた日:この日に思う事

※注意:重い日記です
決して、この事実は忘れてはならない事です。
この国には、核保有論者も居ます。
僕個人の考えとしては、そんな連中は友人にはなれないなと思っています。
さて、僕は福岡県北九州市の小倉の出身です。
皆さんはご存じないかも知れませんが、本来長崎に落とされた原爆の目標地点は小倉でした。
僕と年齢の近い方は社会科で習ったかも知れませんが、小倉は非常に大きな工場地帯でした。
戦時中は、軍需産業の中心地でありかつ陸軍の司令部もあった土地です。
それゆえ、当時原爆の投下地点として選ばれたのです。
この原爆の爆心地となるはず立った場所は、現在の勝山公園の図書館のすぐ近く。
当時の小倉の造兵廠が、目標地点でした。
さて、僕の親族は父方はみな小倉界隈。
特に、父はこの爆心予定地から幾分も離れてない場所で暮らしていました。
たまたま、同日の天気が悪かったのと八幡空襲の猛煙。
この二つがあったと言う、ある意味奇跡とも言える理由で回避され沖縄に帰る際の通り道であった長崎がたまたま雲の切れ目があった為投下されたと言う悲運があり今に至るのです。
そう、この日「たまたま天気が悪かった」「たまたま前日に八幡が空襲にあっていた」と言う二つの出来事が無ければ産まれてなかったのです。
なので、僕にとって長崎の原爆は全く持って人ごとではない事実があり。
この事が、多分アメリカを嫌悪する根っこの一つになっている事は疑いの無い事実だと思います。
そして、それが故に僕は長崎の事が自らの事の様に胸を痛める事実としてのしかかり結果として核容認論者に対して殺意を抱くのです。
「おまえは、その現実が分かっているのか?」と。
簡単に書いていますが、実際目の前でそう言う軽口を叩かれたとしてそこが階段なら躊躇せずに背中から蹴りを入れて叩き落とすと思います。
別にそんな奴は死ねば良いと思うので。日本に暮らすものとして、価値が無いと思うから。
まずは、長崎や広島を訪れそこで何があったのか記録でも良いので見て感じて欲しいです。
それは、絵空事ではなく現実なのです。
その事を知って、自分の頭で考えてもらえれば幸いです。
あと5日で終戦記念日。
この時期は、いつもその事を考えてしまいます。
1945年6月、昭和天皇陛下が終戦をお考えになったタイミングで戦争を終わらせる事が出来なかった事を残念に思うばかりです(そこまでご決断が遅れたのは、軍部の虚言による事は明らかだったりする訳ですが。まぁ、世論の流れも含め正直に言えなかったと言う事実もあり誰を責める事も出来ないんでしょうね。それが、戦争だと思います。)。
しかしながら、歴史と言うものは結果。
全ては終わった事で、そこを見るのではなく此れから先を見る事はより重要な話。
この希有な体験をもつこの国が何を胸に抱き、発言するべきなのか?
それは明らかだと思います。
おそらく、それが戦争で亡くなった方達の望む事でもあると僕は信じています。
P.S.終戦記念日に参るべきは、僕個人としては『千鳥ケ淵戦没者墓苑』だと思っています。本当は、ここで全ての方々の平安を祈れれば良いのですがなかなか政治的な意図もありそうならないようです。
本来、戦争で無くなった方々に貴賤は無く等しく祈られるべきだと思うのですが。
ちなみに、東條英機氏の孫である東條由布子女史(本名:岩浪淑枝)は靖国の合祀を後押ししてますが当の本人である東條氏は「靖国神社への合祀を戦役勤務に直接起因して死亡した軍人・軍属のみに限定し、戦地以外での死者は合祀不可とする命令を出していた(陸密第二九五三号 靖国神社合祀者調査及上申内則:1944年7月15日付)」と言う事実があったりします。
なんか、本末転倒ですよね。(要は、東條英機氏が通達した文書によれば東條英機氏は本来靖国に入るべきでは無い人間になるという話なのです)