【政治経済】国家予算に興味を持ったので

最近、ホワイトバンド関係で色々調べ物してて国家予算に興味を持ったので調べてみました。
まぁ、ざっくり勉強はじめたばかりなので

日本にこの活動も持って来たのは、PR会社のサニーサイドアップ。持って来た時の思想は間違ってなかったと思うのですが、なんだか芸能人のファッションみたいになったのが終了した原因なんでしょうね。


『貧困削減のために援助の額を増やすことが責務であること。国際目標である対国民総所得比0.7%達成に向けた具体的な日程を明らかにすること。』
って話関連で、国家予算を調べてみました!
さて、日本は本当に努力してないのか?
これみて、考えてみよう♪
■平成17年度 予算フレーム
○歳入
・税収:44兆0070億円
・その他収入:3兆7859億円
・公債金:34兆3900億円(公債依存度41%:去年より2兆2000億円減ってます。)
  計:82兆1829億円
○歳出
・国債費:18兆4422億円(去年より8737億円余計に返してます)
・地方交付税など:16兆889億円(昨年比:4046億円減)
・一般歳出:47兆2829億円
・NTT-B事業償還時補助:3689億円(あら!NTTの費用も国庫なのね)
  計:82兆1829億円
単純に見ると、34兆3900億円借りて18兆4422億円返してるのでこの時点で16兆円余計に借金が増えてます。
従って、普通の生活者としてみるのならこの国のお財布は本来予算として47兆7920億の収入から18兆4422億の借金を返しているので29兆3498億円のお金で本来運用するべきだと言えます。
借金を増やさない健全経営をするのならね。
さて、この一般歳出の内訳を見てみると。
■17年度一般歳出概算(財務省原案)
・社会保障関係費:20兆3786億円
・文教及び科学振興費:5兆5899億円(科学振興費:1兆3047億円)
・恩給関係費:1兆693億円
・防衛関係費:4兆8563億円
・公共事業関係費:7兆5310億円(昨年比:2849億円減)
・経済協力費:7404億円
・ODA:7862億円(昨年比:307億円減)
・中小企業対策費:1704億円(昨年比:278億円減/下げ率28.1%!!)
・エネルギー対策費:4954億円
・食料安定供給関係費:6723億円
・産業投資特別会計へ繰越:710億円
・その他事項経費:5兆2083億円
・予備費:3500億円
・調整財源:500億円
計:47兆2829億円(昨年比:3491億円)
むー、大変ですねぇ。
これでは、援助どころでは本来無いはず。
29兆3498億の財布から1兆5266億円ものお金を経済協力の為に使っているという現実が見えてきました。
そう、単純計算で5.2%ものお金をここに裂いてるんですね。
これって、凄いと思うよ。
要はさ、20万給料貰ったら10400円を他の人の援助に使ってるわけです。
これでも、この国は努力していないと言えますか?
調べてみて思ったけど、偉いことやってんなと思いましたよ。
僕は。
人に金援助してる場合ではないのに。

【追記】平成27年度の一般歳出概算における「社会保障関係費」は31兆5,297億円。実に1.5倍まで膨れ上がっています。そんな中、未来への投資となる「文教及び科学振興費」は5兆3,613億円で目減り。色々言われている「防衛関係費」は、4兆9,801億円でほぼ据え置き。いかに、この社会保障費が重くなって来ているのかがわかります。「切り捨てか!」などと言われて叩かれることが多いお話ですが、現実的な数字を見ると国として国家を維持して行くという経営の概念で考えると「これまでと等しく」という支出を出来ない事は当たり前の感覚なのではないかと自分は考えます。そうなると、「優先すべき社会保障関係費」とは何かというと持続可能な社会という視点では「未来へつなぐ教育と子供への福祉」となるでしょうし、働き盛りの世代の減税と高齢者医療費の削減となるのではないかと思います。ここでバランスを見なければいけないのは、高齢者をどうケアするのかという事でいうと「医療費は削減するが予防費用と介護関係補助費用を増額する」という選択なのではないかと思います。これは、結果としての「雇用創出」に繋げていくことができますしその結果「経済」が回ることになります。今の介護業界は、きつい割に給与が安いという問題があります。これは、予防医療を含めた介護関係費用を行政が抑えた結果なのですが、ここを是正し給与体系を大幅に見直すという事で全体が改善するのではないかと考えます。あとは、保育関係者、学校教育関係者の勤務給与体系に見直しですね。これは、間違いなく国の中長期的な投資になりうる予算となるかと。当時の日記、発端はホワイトバンドでしたが、改めて経済を考える機会になりました。(2019/02/11 Noise)

【appetite】ワインのブレンドをお仕事で体験してみたり

本日、朝っぱらからワインの講習会。
オーストラリアから、とあるワイナリーの白ワインの醸造責任者の方がいらっしゃって講習会を開いてくれました。
社員限定。
一応、私ワインアドバイザーって資格もってたりするんですよね。
何気に。

さて、今日の御題はそのワイナリーの歴史だったり販促の話だったりもしたのですが。
やはりメインは、ティスティングとブレンド!
本日のワインは、「EDEN VALLEY リースリング」「CLARE VALLEY リースリング」「ADELAIDE HILLS シャルドネ」の大きく3種類。
特に、3種目のシャルドネに関しては同一畑から取れたものを5種の違った条件で醸造・熟成したものがティスティング出来るという非常に珍しい機会。
てっきり忘れてたんですが、ちゃっかり参加してきましたよ。時間は無かったんですけどね。
マロラクティック発酵」したものととそうでない普通の発酵のものが、ああも違うというのはなかなか知る由も無く。
「マロラクティック発酵」=「乳酸発酵」ということで、「リンゴ酸」のアタックの強い酸味が緩和されてバターやヨーグルトのような柔らな酸味に変わるということが比較で初めて判りました。
なかなか、こういう比較をする機会ってないですから。
「フレンチオーク」「アメリカンオーク」の違いは、正直良く判りかねたんですが後者の方が強さがありました。
フレンチの方が、よりまろやかな感じ。
アタックの強すぎるものは、自分的にはあわないということなのか?それとも体調なのか?
その個性あふれるパーツを組み合わせることによって、ブレンドワインは出来上がるんですね。
ブレンドと言っても、今回のは超高級ワインなのであくまで畑は一緒で発酵・熟成の違う個性のあるワインの組み合わせに寄る妙。
最終的に昨年アンリリースで作られたものを飲ませて頂いたのですが、これが絶妙。
複雑さの中に、果実の個性が際立つ仕上がりになってました。
若々しさは時に酸味の強さに繋がるのですが、その刺が無いということが凄かった。
あ、そうそう。
調べてて知ったんですが、「リンゴ酸」って乳酸の分解を促進してくれるけど同時に「ビタミンC」を破壊するのね。
知らなかった。
風邪の時にリンゴを食べたりしますが、一緒にビタミンC取らないと回復力は落ちそうですね。

【神社・仏閣】高津神社巡り

高津在住時代の日記です。懐かしいなぁ、神社巡り。
中野界隈の神社巡り日記も、近々ちょっとずつ増やしていく予定。

なんと、整理していたら見つかりました。当時の写真。ファイル名から照合。2004年1月11日の写真。此の時代、どのカメラ使ってたんだろう。Fine Pixかなぁ?

『散策しておりました。
神社巡りってな感じでw。
本日は、大きくは御嶽神社と関神社。
住所は、以下の通り。
■御嶽神社(みたけじんじゃ)
川崎市高津区坂戸2-20-1
■関神社(せきじんじゃ)
川崎市上小田中1-13-33
多分、御嶽神社は御岳山武蔵御嶽神社の分祀ではないかと。
御嶽神社は、木曽の御嶽山御嶽神社もあるけど地域的に見ればこっちの方が近いし。
マニアックな話なんですが、ここの社殿の造型は目を見張るものがありました。
風化させて行くのが、あまりに勿体無い!
だけど、畑の中にあるみたいな感じなので時の経過に少しずつ侵食されて行きそう。
残念

続きを読む 【神社・仏閣】高津神社巡り

【都市と文化】過去ネタ:「京都」の雑記 050906

2004年当時の写真あるかなぁと思ったら、多分当時住んでいた近所の神社の御神体を撮影したと思われる写真が見つかるという。宇賀神ですね。これ。

これは、2004年01月の日記。
凄くふるいネタなんだけど、結構興味深い事が書いてあるので残す事に。
世界遺産ネタで、下鴨神社東寺や西寺にふれています。
ああ、神社ネタも書きたくなって来たなぁ。
先日行った、お伊勢さんが書きやすいかな?

京都といえば祇園祭なのですが、この祇園祭の始まりも疫病よけだったりと、伝統と文化には深い歴史が伴っていたり。毎日が学びです。

『はい、帰って来ました。ただ今、自宅です。
実家でのダラダラ生活も、今日で終わり。
ああ、また会社かと思うと気が重いね。
新幹線から降りた時よりも、家に帰り着いた時の方が実感が。
明日、休みにしといて良かったわ。と言いつつも、明日は免許の更新に行ったり色々やる事はあるが。

今日の『世界遺産』は京都!!
えへ、楽しみ。
やっぱり、京都は良いやねぇ。
桓武天皇による平安遷都より、もう既に1200年を越えてますが
今なお日本人ばかりか世界の人々を魅了して止まない都。
なかなかこういう所も少ないさね。
しかし、下鴨神社が京都最古の神社とは知らなかったよ。
びっくり。
最初は、東寺西寺しか許されなかった事も今日知った。
いやいや、勉強になります。

この頃、事あるごとに京都に足を運んでいたように記憶しています。もともと、仕事での大阪出張が多く、早終わりの時は大阪では遊ばず必ず京都に足を運んでいました。

東寺の講堂には、個人的にGOAがピッタリだと思いますw。
立体曼陀羅っつーと、まさにそのままパーティー空間のようなのです。
俗っぽいお寺と思わず、一度足を運んでみて下さいな。
あれは、その中に行って初めて分る威圧感と存在感です。
宗教って、凄いね。おわ!!
清水寺の創建者って、坂上田村麻呂だったの??
こりゃ、恐ろしく勉強になります。恐るべし、世界遺産。
2月にまた京都に行こうと思ってるので、ちょっと勉強になりました。

京都は、桜も綺麗です。東寺の五重塔を背景に撮影した一枚。最近、本当に足を運んでない。2006年4月撮影。

【追記】流石に、もう15年前の文章なんだけど軽いなーと。でも、この情報改めて見直してみてまた勉強になりました。今も昔も、好奇心のみでいきている感じですよね。しかし、思い起こせば年に何回も京都に行っていたなぁと思い出します。実際、写真も掘り起こすとたくさん出てくるし。大阪出張、本当に多かったんですよね、当時勤めていた会社でお願いしている印刷会社が大阪にあったことが大きかったと思います。あとは、子供がいなかったのもあるかな。今も深夜に帰っていることには変わりませんが、当時は忙しさの質が違ったと記憶しています。

ちなみに、東寺は教王護国寺とも呼ばれます。開祖は空海で、平安遷都と同時に建立された由緒あるお寺さん。そして、真言密教の総本山です。実際のところ、平安京時代の遺構としてはこの東寺以外には残っていないことは意外に知られていないと思います。源平合戦のあおりで京は荒れ、羅城門は倒壊し東寺西寺も没落。合戦後、鎌倉時代の安定期に入り皇室の後押しもあり徐々に復興。まさにこの時代に、今も残る立体曼荼羅を運慶を核とした慶派が請け負ったことが僥倖であったと僕は感じています。ある意味、呼ばれあった必然ではあるんでしょうけど。運命的視点でいうと、この東寺の復興期に西寺は五重塔が焼失し復興の目が断たれたことにも流れを感じてしまいます。幾多の戦乱を経て、何度も危機に見舞われた東寺ですが、今も往時の記憶を残す場所として開かれています。ただ、本当に今のように開かれた場所になったのは1965年だったりで最近なんですよねー。(2019/04/06 Noise)

GOA TRANCEを形作るもの(私見)【過去ネタ:改】

2005/04に、『扉』の日記に書いていたものから。
今読むと、また僕の中で違って見解になってたりするんだけどそれはそれ。
昔は、こういう事を考えてたんだなぁって感じてます。
とはいえ、根っこにある『感情の音』という意味では変わってないなぁ。
人の思いがこもっていない、エモーショナルでない音はやはり辛いなぁって思うので。
そういう意味では、凄く広い音の海で漂う自分のスタイルはGOAなのかと。

続きを読む GOA TRANCEを形作るもの(私見)【過去ネタ:改】

【Fashion】『フランネル – flannel 』

いまいち、コーデュロイ【コール天】との違いが分かってなかったけど畝があるのがコーデュロイで無いのがフランネルって感じ。下記は、フランネルの説明。
色々種類があるみたいね。

『フラノが一般的。軽くて柔らかな紡毛織物で、経糸・緯糸とも紡毛糸を使い、平織か綾織で縮絨し、毛羽立てた生地。
 梳毛糸で織った場合は梳毛フラノという。スーツ、スラックス、背広、ユニフォーム、夜着などに用いる。綿織物の場合は、コットン・フランネル(綿ネル)といい、甘撚りの緯糸を打ち込み、片面ないし両面起毛を施した柔軟なものである。
 綿ネルは、経(たて)に20番単糸、緯(よこ)には甘撚りの8番・10番程度の単糸、あるいは20番の双糸を使用する。紡毛の場合と同じく平織か綾織。綿ネルの場合は、両面か片面をさらに針金で起毛する。肌着、寝間着、赤ちゃん用品などに利用。
 フランネルの呼称は、イギリスのウェールズ地方の言葉で、「gwlanen(ウールのような)」から来たといわれている。
 なお、ビエラというのは、毛50%、綿50%の混紡糸で2/2の右綾に織り、フランネル仕上げにした織物。綿ネルや毛織りのフラノとは違う柔らかさがある。』
コール天の説明は、下記のサイトが分かりやすいです。
織物名称>コール天(コーデュロイ):【天龍社織物工業協同組合】

【Appetite】2004年8月のネタで MOS v.s. Lotteria

時代というのは流れていくもので、懐かしい反面このネタについては結局追跡してなかったなと。
『菜摘』は食べたんだけど、『匠味』はまだ食べてない。
だって、高いもん!!
そして、『lotteriaplus+』に至っては足を運んですらいないという。
というか、最近本当にファーストフード自体に行かなくなってしまったと実感です。

■2004/08/06:モスねた
『「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは5日、アボカド本わさびを使った880円のハンバーガーを20日に発売すると発表した。モスは「脱・ファストフード」を掲げて店舗やサービスの高級化に取り組んでおり、緑色の新看板が目印の改装店で限定販売する。
 新商品は、昨年8月から販売している高級バーガー「ニッポンのバーガー 匠味(たくみ)」シリーズの新メニュー「アボカド山葵(わさび)」。静岡県の安倍川水系で栽培され、すし店などで使われる本わさびのすりおろしを付け、牛肉やアボカドのうま味が際立つようにした。当初は100店限定、一店当たり1日10食とし、改装の進ちょくに応じて取り扱う店を増やす。(共同通信)』
あれかな?高津店でも売るのかな??(ドキドキ)
脱ファーストフードはある意味どうでも良いのですが、これは食べてみたい!!
本山葵の擂り下ろしってのが、恐ろしく惹かれる理由。
いや、山葵好きなんですよ。あの「ツーン」ってした瞬間が。
スパイスオタク。
帰ってきた、カリフォルニア巻き日本バージョンって感じなのかな?
アメリカで寿司ネタになってるものを、あえてアメリカナイズされたハンバーガーの土俵に持ち込んだところに拍手。
一日十食って、相当気合入ってるね。
原課率無視だw。

件のUltra Rereとなってしまっている、CitizenとKangolのコラボウォッチ。未だ現役で、使っています♪

■2004/08/16:ロッテリアネタ
高田馬場に、「lotteriaplus+」っていうお店がオープンしてます。
最近、ファーストフードの高級化がぐんぐん進んでますね。
この前の880円のモスバーガーもそうだけど、時代がそう言う方向に向いてるんでしょうね。
そういえば、吉野家も新しいメニューで攻めるべくCM始めてるね。
ちなみにこのロッテリア、サラダ・デザート充実させてるとか。
モスの戦略に、遅れ馳せながら乗るってことでしょうね。
さてさて、マックはどう追従していくのか!
そうそう、個人的にこれ欲しいです。
xyz【ザイズ】
CITIZENの『independent:1481010』の再来を感じさせますね。
あの時代は、丁度『G-SHOCK』旋風が巷に溢れていて「イルクジ」だとか「クリスマスペア限定モデル」とか様々なプレミアが高値で取引されてたのを思い出すもんだなと。
ちなみに、僕は『independent』派でした。
GSX』は、未だに健在ですね。
新宿の時計屋に通ったよなぁ、あのころは(遠い目)。

【追記】すごくびっくりするんですけど、実は今MOSにこの15年前に書いた『菜摘』があるんですよね。これって、すごいことだなぁって思うんです。ファストフードって、改廃が激しい世界でどんどん変わっていくイメージ。そんな中、すごくコンセプチュアルだと思われるこのアイテムが今もあるということに何だかほっこりとした感じを受けるのです。これは、先日リバイスしたほっかほっか亭の『チキン南蛮弁当』に通じるものがありますね。時代は巡るということかもしれませんが、味わいの嗜好ももしかしたらファッションのような周期があるのかもしれませんね。そして、個人的に思い入れが深い『INDEPENDENT』の話も出てきて。本当にこのブランドは、デザインに命かけてたなと思うのです。ちなみに、最近している時計もCITIZENのKANGOLコラボモデル。Ultra Rare Vintageに載っているくらいなのwアイキャッチ画像は、この日記当時2004年8月の吉祥寺(2019/02/22 Noise)

【都市と文化】『二ケ領用水久地円筒分水』

高津に住んでた時期の日記。
この『二ケ領用水久地円筒分水』ってのは、なかなか凄い近代遺産。こういう新しい知恵が、次の世界を作るんでしょうね。
僕たちの世代、どうもパソコンに支配されてるような懸念があるんですが大丈夫かな?
————————————————————————————-
うちの近所の近代史蹟。
何故か、今マック繋がってます。
多分、個人の無線LANなのかな?

Photo from https://4travel.jp/travelogue/10759858
続きを読む 【都市と文化】『二ケ領用水久地円筒分水』

【Party】2005/09/17 : HEAVENS DOOR@京都

【about】でも書いてますが、パーティーのオーガナイズしてます。

全国のアンダーグラウンド系のオーガナイズチームで巨大な飲み会を結集するのが『HEAVENS DOOR』。
その初の関西上陸バージョンが、今回の『天上の華』です。
前から関西上陸を果たしたいなぁと思ってたんですが、なかなか機会が無くて。
というのも、私東京在住なもんですからしばしば関西に遊びにいくとはいえ本当に右も左も分からないんですね。実際。
パーティーをやるとなると、同時元と密接に絡むかがキーになってきますので。
という事で、今回は気張らずにまずは軽めに遊ぶ事を目的で京都大黒谷を選びました。

とはいえ、それも相当大変ではあるんですけどね。
足場を作る為にも、自分らが楽しむ為にも、面白い宴に仕上げるつもり満々です!!
そうそう、この場所は観光地である『大原』や『鞍馬』も近くパーティー以外でもなかなか楽しめると思いますよ。
観光ついでに立ち寄ってもらうのもGoo!!

今回の目玉としては、やはり”光学姉妹リサイタル”#3 『満関』が一番でかいかと。
気張らないパーティーとか言いながら、野外360°プロジェクションを敢行しようとしてます。

かつ、そこには東西幾多のVJの映像が絡み合い一つの世界を織りなしてくプロジェクトの皮切りです。
いやいや、本当に光栄です。
そして、もう一つはtheoremeの新しいユニット『Re.birth』。
こちら、CHILLのユニットなんですが関西初上陸。というか、もしかしたらライブ初めてでは??
『夏のざわめきが遠い響きとなり、秋の静寂の中彼岸からの梵鐘が山々に浄をいざなう。
禊の時は近く、新しい光を近き未来に探る為に我らは眠りの時を探す。
草を薙ぐ風が吹き抜ける谷で、封の祀りを。
光を探す翼を、しばし眠らせるために。
HEAVENS DOOR presents “天上の華”open air party
DATE:2005/09/17(SAT)
VENUE:大黒谷キャンプ場(京都市左京区)
GATE OPEN@12:00
START@15:00
■DANCE FLOOR:”光学姉妹リサイタル”#3 『満関』■
LIVE——
Hydrogenerator(Nirai/ELF MUSIC)
Psy-clops(SOMA)
theoreme(3D VISION/Arcadia)
DJs——
BUNLIN(UNIZON)
GIN(DNA SOUNDS)
SASA(BLACK BRA)
HIDEKICHI(SKYLAB)
acha
KVOX(RING/LINE)
DiE(RHYTHM)
NOISE(AGHARTA)
VJs——
光学姉妹
雪月華
ZAKURO
E-range
Bambooon Garden
and more……
■CHILL FLOOR:雪月華produce “天上の華”■
LIVE——
re-Birth(theoreme’s Chill-out NEW UNIT)
春雷秋風(HEAVENS DOOR)
DJs——
K△Y(SUI)
momi(HEAVENS DOOR)
mad lounge unity(雪月華/MSOY)
TAKIAKI
miya(HEAVENS DOOR)
遊透(HEAVENS DOOR)
and more……
DECO——
雪月華
■ADMISSION:3000yen(GATE),2500yen(ADV)
■TentFee:1500yen
■Parking:500yen
info&ONLINE Ticket:
http://www.kluv-depth.com/hd/ 』

【都市と文化】京奈和自動車道←→平城宮跡

世界遺産に登録されている平城宮跡(奈良市)の周辺を通る計画のため、遺物や景観への影響が指摘されていた京奈和自動車道のルートについて、国土交通省は平城宮跡の東側をトンネルで迂回(うかい)する最終案を固めた。当初は平城宮跡の直下をトンネルで通過する案などを検討したが、専門家らが「地下に眠る大量の木簡を破壊する」と反発。このため最大1キロ余り東へずらすルートに変更し、世界遺産に配慮する姿勢を示した。』
昨日のasahi.comの記事の中にこういうのを見つけた。

写真を持っていないので、平城京後の公式サイトからお借りしています。クリックすると、公式サイトに飛びますよ!
photo from heijo-kyo.com

議論が凄く不思議というか、『世界遺産』だからどうとかいう話にいってる事が残念でならない。
そもそも、平城京といえば日本の歴史の中でも屈指の都のはず。
とすると、本来議論は『世界遺産』だからではなく『守らなければならない日本の文化財』として語られるべきだ。
どうも、基準値が間違ってるなぁと思う事が昨今多いですね。
自国の文化を守ろうという心意気を、利害とは違った部分できちんと国に考えて貰いたいと思います。
ちゃんと守れば、世界に発信する事も出来る文化財なんですから。

続きを読む 【都市と文化】京奈和自動車道←→平城宮跡