【Diary】今日の一枚 『西武池袋線の線路にて』091104

冷静に考えると、ちっこい子供がいるのになんでこんな時間までほっつき歩いてるんだと思いますが、この時はなんだか色々焦りとかに飲み込まれてこんな生活をしていました。

昨日は、ちょっと池袋界隈で色々と。
あれだけもの凄い人だったKrispy Kremeもちょいと落ち着いたみたいで5分待ちで入れたり(東武のメトロポリタンプラザの地下)して個人的には満足げ。改めて、あそこのドーナツはおいしいね。
カフェラテを飲んだけど、全然問題無し。
最近は、ミスドも低価格路線の中にもちょっぴりランクアップの商品を取り混ぜてみたりしてドーナツ業界はまだまだ活況な様子。個人的に、市場美味しいのはD.P.N.Y.C.だと思うけどあそこのはなかなかお値段が高くて手が出ない。
ここは、そりゃミスドよりは高いけど「うーん、ギリギリかな?」ってお値段。
何で、それほど混んでないと言うのなら買っちゃうかな?
さて、お写真ですがこれは帰り道の西武池袋線椎名町駅界隈の踏切にて。池袋って、本気で住宅地が街のすぐ近くにあるんだよね。
これは、メトロポリタンプラザから自転車で3分くらいの場所の踏切。ここからは、ほぼ3階建てまでの街がずっと続きます。
つか、直ぐに目白。
自転車で走るまで、街がどのような関係性で連綿と続いているかなんて感じた事無かった。
東京は、本当にカオスだよ。そのカオスが、気持ちいい。

実は、振り返るとこの日のベストショットはこの写真のはずなんです。何度見直しても、いい写真だと自分で思うのです。直感的なものではありますが、恐ろしく昭和で、恐ろしくエモーショナル(僕的に)。なぜ、日記に使わなかったのかいまだに不明。野方配水塔は、また見に行きたい場所の一つです。

【追記】ある意味、やっぱりこの時代おかしかったなぁと思うエピソードの一つ。今の僕の思考ではもはや理解できないのですが、この時期はこういう感じの行動が多かったのでしょう。ただ、この時代に撮影した写真は響くものが多いのも事実。なんというか、狂気と藝術は近いのかなぁと考えさせられるものでして。理屈ではなく、感覚で写真を撮影していた気がします。対象物の探索においても、感覚というか嗅覚。今は、その辺が研ぎ澄まされていないのです。まぁ、週末は必ず子供と一緒にいるので仕方ないんですけどね。こればっかりは。(2019/02/24 Noise)

「【Diary】今日の一枚 『西武池袋線の線路にて』091104」への2件のフィードバック

  1. 池袋はごちゃごちゃですよね〜
    中学生の頃から行っている町ですので
    詳しいと思っておりましたが
    久々に行ったらずいぶんと様変わりしてましたね〜
    池袋だけでなく
    東京全体がすごい街です◎
    坂道とか断層とか面白いですよね〜〜〜

  2. てらじん君>
    いらっちゃいませー。
    いや、池袋のゴチャゴチャっぷりは良いですね。
    でも、街としてはコヂンマリとした所に纏まってるんで好きです。
    新宿も、渋谷も、ちょっと広すぎる。
    改めて、池袋に魅力を感じています。
    ちょっと、上野チックな所もあるし。
    東京、走ってみると面白い所が沢山。
    決して、平地じゃないと言う所にまた魅力が。
    「ここは、多分暗渠に違いない」とか想像しながら走ったり、もの凄い入って行った後にそこが行き止まりだったと言う感じな迷路っぷりがイカします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください