【デジタル】Twitterアナリティクスの不具合についての続報的な記述

こんばんは、結構検索クエリ見ると「今月はまだツイートがありません…」での検索が多いなぁと思っています。僕はといえば、まだ解決されているわけではないのですが、若干変化してきた状況と調べてわかったこと、そして今の我々の置かれている環境について分かっている事をメモ的に記述しておこうと思います。

一部ではありますが、ツイートを認識し始めたように見えます。マウスオンしているのは、3月10日分。本日3月12日ぶんも、反応しているように見えます。

まず、数値の部分ですが相変わらず「ホーム」部分は「今月はまだツイートがありません…」状態が続いていますが、「ツイート」タブについては全量かどうかは判断つきませんが反応が戻ってきているように見受けられます。マウスオンして表示しているのは3月10日分ですが、本日12日についてもこのページでは反応が確認できます。集計ページとしてサマリーを公開している「ホーム」についてはまだではありますが、このページに数字が戻ってきているということは回復が近づいているのではないかと少し希望を持ってみています。

ちなみに、この現象ですが調べてみると2017年6月にアメリカでも発生してたみたいです。この時の現象については、Kansasに本拠を置くデジタルに特化したマーケティング企業「V3 Broadsuite」の下記記事を読むと今起きていることと同様の現象が起きていたことがわかります。

Experiencing Twitter Analytics Problems – This May Be Why

見てもらうとわかりますが、この方も一月以上Tweetしてないことになってあたふたしています。僕の場合は、趣味だからいいのですがこの方の預かっているアカウントのレビューしようと思ったらこれ何で焦って当然ですね。

これみるとびっくりしますが、見事に一月くらいこの現象が続いていたようです。 article from https://v3b.com/2017/06/experiencing-twitter-analytics-problems-may/

結局戻ってきたのは、June15thみたいなのですがこの「戻ってきたトリガー」がデザイン変更みたいで。ここが、我々と逆なんですよね。日本でこの現象が起きたタイミングって、なんとなく2019年のアップデート後に起きている気がします。となると、修正トリガーは自然に働かないので、なんらか「中の人」が手を動かさないと解決しないわけです。この点については、一応Twitter社に連絡済みですが、多分これ彼らが無償で公開している機能ということもあり、作業の社内優先順位低かろうなと予想しています。いや、マネタイズに繋がらないからね。一応、明日会社の公式アカウントを確認して問題があれば、改めて連絡してみようよ思います。

あ、今回のアイキャッチ画像は「住友不動産六本木グランドタワー」からの絶景写真。いやー、見晴らしいいって良いね。うちの恵比寿ガーデンプレイスのタワーも良いけどさ。何しろ、こ伸びるは風景視点での立地がいいなーと思いました。ではねーん♪( ´▽`)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください