【Party】旅の終わりに:今、オートキャンプ銀河にいるんですけどね 130519

金曜の朝方と言うか、今回の初日はフロアにあまり人がいない印象ですなー。でも、そういう方が僕のプレイ中という感じがする。

おはようございまーす!今、伊豆の銀河にいます。
ええ、毎年のまったり行事Dance of Shivaです。
今年は、遂に龍と二人旅でやってきましたよ。初の試み!!にもかかわらず、やっぱり龍はええ子やなー(親ばか)と思う感じでトラブルもなく到着しました。
9時半くらいに出て、買い物をしつつの到着で夜中の1時半くらいかな。正味4時間弱。
むーん、ここはこの遠さがネックなんだよな。それ以外は、とても良いのですけど。
今回も、子供多いですね。これって、このところの傾向なのかなって思うんだけど、それ以上に僕らと同世代で育って来たパーティーに関わる人たちが結婚して子供が出来てって流れなのでこうなるんでしょうな。
なんか、そういう意味でこの前のアガルタも含め「年をとってもなんか楽しく遊べるパーティー」づくりの未来が見えて来た気がします。やったね!!

これは、井田くんが撮影してくれた思い出の写真。当時は、まだ痩せてたなぁと思うのと龍は物怖じしないのでこういうプレイができてのだなぁと改めて。

さて、今回のプレイですがここのところの傾向ではありますがCDオンリー。
自前の祭や箱以外で、アナログって難しくなってきましたね。
今回のブースの作りでは、タンテ持って来ても絶対に無理だった。グラグラ。あれは、CDでも怖いw。
今後、アナログDJを続けるにあたっては、このブースの作りも含めたところでのセットで考えていかないと難しいのかもしれませんね。逆に言うと、そういう所も含めたセットプランでの貸し出しとかも考えられるのかも。それが、カラーになったりな。
続けるということは、時代が変わりスタイルが変わる中で自分たちのやり方を続けるためにインフラも含めて造り上げていく必要があるのかなーって。

Shivaも7年目ということで、本当に円熟味を増していますね。
完成度が、本当に高い!!
こういうのみると刺激されるんですが、僕的にはもうこういう凄いのは出来ないかなーってw。
ま、ボチボチ。

なによりShivaが良かったのは、規模もありぶっ飛んだところもあるのにも関わらず終始平和な空間がそこここに展開されていたこと。結局のところ、そこに集まる人も含めてパーティーの形が決まるのだなぁという典型です。

僕のプレイは、ぶっ込みほとんどなしの大人げなプレイにしました。
奇麗めも少なめ盛りで、重めでごつい音を中心に。
そこは、浅田さんたちが作り上げる音空間の凄さあってのところですが。
で、パパ的に龍をだっこしてプレイするミッションも完了。
これは、パパ冥利に尽きますねw。
ま、そんな感じで間もなく会場を出ます。
遊んでくれた皆さん、本当にありがとう!自前の祭ではないので、ゆっくり遊びました。
ご飯も作ったし。
次の野外は、やっぱりご飯を一部仕込んでいきます。あい。

ではではーん♪

風船をねだる人w

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください