appetite archive

1, 2, 3, 4, 5, 6, 7



2009年5月 8日

【Appetite?】マクドナルド → ワクドナルド

090509_mechaMac.jpg今、マクドナルドのサイトがちょいと面白い事になってます。
ヤッターマンとのコラボで、ドロンボー一味がページを乗っ取ってると言う設定なの。
実際に行ってみると、実に良く作ってる。
こういう仕掛け、好きだなー。
検索エンジンとかで検索結果にJAVAで余計なもん出されると腹立つけど、目的意識を持って見に行ったら企業が意志を持って仕掛けを作ってたと言うのは全然あり。
ここで好感が持てたのは、勝手に出るのではなくユーザーがクリックしてはじめて動作すると言う仕組み。
これなら、見たくない人は見なくて良いと言う実に押しつけでないシステムにもなっている訳です。
こういう細かい配慮って、とても大事。
度頭にフラッシュとかあると、うざいもんね。
と言う事で、是非ご興味のある方はまずはズズイとw。

マクドナルド公式サイト

2009年4月20日

【appetite】で、先日の筍がどうなったかと言うと

090419_takenoko.jpgさて、先日日記にも書いた筍ですが美味しく頂きました。
貰った当日は、若布とお豆腐と蕗を一緒にお出汁でコトコトゆっくり煮た京風の煮物。
で、昨日はひき肉+搾菜+鷹の爪+ネギ+干蝦と会わせて中華風の炒め物。
これが、絶品だった(個人的な感想)。
やっぱり、旬の物は良いねー。
そんでもって、久々に使った干蝦の出汁の美味さを再発見したのでこれベースの料理のレパートリーを増やしたいなと。
モラトリアムの間に、もっと料理しとかないとまた思った様には出来なくなるし。
貰った別のお野菜は、明日以降料理しますよ。

そう言えば、台湾で買って来たウナギの辣味焼鰻はどういうタイミングで食べるかなぁ。
毎日料理ちゃんとしてると、こういう缶詰物を食べる機会がなかなか無い。

2009年4月17日

【Appetite】筍が届きました

090417_takenoko.jpgうちの実家の近所に、合馬【おうま】って所があります。
ここは、全国的に見ても有数の竹林を有する場所で『合馬たけのこ』のブランドもあったりします。
主に関西の料亭とかで使われてて、高級品なのですね。
さて、写真の筍ですが実家から送ってきました。
私の父は、NPO法人でグリーンヘルパーのボランティアやっててこの合馬で山林保護活動をしています。
その関係で、筍が手に入ったりするのです。
どうしても合馬の筍が食べたくて、先日催促したらわざわざその為だけに山に行ってくれたみたいです。
ありがたやー!
と言う事で、本日この筍をベースに何品か造ろうと思います。
既に、サツマイモは仕込んじゃってるんで(西健一郎さんのレシピ)炒め物とかにするかな?
おぼろ豆腐との組み合わせも捨てがたいんだよねー。
悩む悩む、でも、楽しみ楽しみ♪
母が造ってくれた伽羅蕗も来たんで、贅沢なお夕飯に成りそうな予感です。

2009年2月13日

【DIARY】お菓子がないので

090213_satumaimo.jpgお菓子がないので、サツマイモを生姜と蜂蜜とレモンで煮込んだよ。
美味しい!
こういう方が、体に良いしね。
風邪っぴきなんで、ビタミンCも取らないと。
後で、グレープフルーツ食べよう。
つか、今日は早く寝るさ。
健康第一!

2009年1月15日

【appetite】飲んでみたいな『チチヤス生産者限定牛乳』

11banner.jpg言わずもがなのチチヤス信徒の私ですが、ちょっとサイトを見ていて「これ飲みたい!」と言う一品に出会いました。
その名も、『チチヤス 生産者限定牛乳』。
パッケージにチー坊があしらわれてるんだけど、全体的には落ち着いてシックな雰囲気のデザイン。
ディレクションは、博報堂絡みの様で2008年のGood Design賞も受賞してます。
良いなぁ。
そういう仕事がやりたいなと思う今日この頃です。
ちなみに、この牛乳はチチヤスの工場から半径70km以内の契約酪農家より直接集乳すると言うなかなかどうして大変な行程をへて造られた牛乳でワインで言えば『AOC【Appellation d'Origine Contrôlée】』。
本気モードの、産地限定品なのです。

やっぱりね、食品はある程度値が張っても品質の高い物を食したいな。
だけど、外身ばっかりで実は中身が伴わない物も多い。
そういうのの判断基準は、自分の中で持つべきだし持ってない人間がメーカーにくどくど言うのはお門違いと言うもの。
消費者にも、学ぶ義務があるってーもんです。
広島限定だから、広島にしか売ってないのかな?
僕にとって、チチヤスは信頼できるブランドなんだよねー。

2008年11月23日

【appetite】生まれて初めて、PETRUS飲んだ

081121_petrus.jpg先週の金曜日は、解禁後と言う事でなかなか凄い会がございまして。
スノッブな方々が集まって、凄いワインを飲む会と。
そういう感じでした。
ヌーヴォーもあるんだけど、基本的にはもう超脇役(苦笑)。
僕が持って行ったALBERT BICHOTの"Corton Clos des Marechaudes Domaine du Pavillon 2003"だって結構手に入りにくいレアな代物なんだけど、そうそうたるワインが並ぶもんだから霞んじゃったくらい。
特に一次会で出物だったのは、Vosne Romanne Cros Parantoux(Henri Jayer)かな?
斉藤さんにお勧めいただいた、Etienne SauzetのPuligny-Montrachet もおっしゃる通りウニにぴったりのさわやかな味わいでした。
("Domaine Etienne Sauzet"が、"Etienne Sauzet"になったのは、ちょっと寂しいお話だったり。)
至福の会でした。
ご飯凄いんだけど、みんなワインと喋りに夢中で食べないし......。
ウニのムースなんて、絶品だったのになぁ。
デザートのモンブランも、秋をの感じさせる一品でした。
吉祥寺、なにげにいい店が多いです。

さて、二次会。
今回は、主催者の方のご自宅で二次会だったのですが吉祥寺にあんな凄い邸宅がある事に絶句。
地下二階には、シアター兼セラーがあるし。
ちょっとした、洞窟風のレセプションルーム。
集まってるのは、制作関係の方が多かった所為で漫画を中心とした面白い話が色々出来て楽しかったです。
特に感動したのは、入社当時から憧れていたワイン『PETRUS』を飲む機会に恵まれた事。
ビックリしました。
最初は、なかなか開かなかったんだけど30分ゆっくり眠りが覚めるのを待っていたら徐々にその全貌が。
うーん、やっぱりワインって奥深いね。
最初は埃っぽい香りに包まれたワインが、だんだん土の香りを感じさせその土の中に日の光に焼かれた香りが立ち上り始めその後開花を感じさせるような花の香りが立ち上り果実の熟し始めを思い起こさせるような時の流れを紡ぎだす。
ボトルの中に眠りながら、閉じ込めそして時を待ったワインが散り際に見せる燃えるような情熱の発露と言うか。
素晴らしいワインであればあるほど、一つのグラスの中にその千変万化の艶やかさを飲み手に魅せつける訳です。

担当やってて、よかったなとその瞬間は普通にそう思った。
そんな夜でした。
気がついたら、午前3時だし......。
あ。
ちなみに、僕が2次会で出したのはミッションとして託されたスーパー・トスカーナ "LUCE"。

2008年11月16日

【Appetite】今年のヌーヴォーについて思う事とか

080704_beaujolaisGamey.jpg初夏から盛夏にかけて、今年のフランスは最悪でしたね。
それは、どの地域も一様にそうだったみたいですがボージョレ地区の一部(サンタムールとかジュリエナとか)は今年のVINTAGEが造れない程の壊滅的な被害を受けた模様です。
冷害もそうだけど、8月の上旬と中旬に起こった雹害【hail storm】による被害が甚大でした。
日本で雹と言うと、直径1cmくらいなもんだけど兎に角凄いみたいで直径3−5cmの物(下手するとテニスボール大)なんかがどーんと狭い地域に集中して降る模様でそれこそうちの畑は対した事無かったけど隣の畑はほぼ全滅なんて事も起こるような状態らしいです。
雹で木がやられると、それまで手をかけてたぶどうの蔓の健康状態が悪くなってしまうんですが今年の夏は特に気温が低くて20度前後と言うあり得ない位の冷夏でベト病がを防ぎきれなかったよう。
数年前は死人が出るほど暑い夏で、今年は寒くて長袖を着る夏。
個人的に、温暖化と大騒ぎをしているけど一方向のみを向く話ではなく大括りの異常気象なんだろうなとそう感じてます。
ちなみに、日本のぶどうの一大生産地である勝沼地区も今年は冷害に悩まされた事を付記しておきます。
オーガニックはこの被害が特にひどく、今年はいくつものドメーヌが申請を出しても却下させる自体が起こったそうです。

あーそうそう、とあるサイトで「今年の9月の上旬に収穫を終えている....」と書いているサイトがありましたがアレ多分調べないで書いてるんだろうなーとか。
今年の収穫は、9月15日以降とちゃんとボージョレ委員会から宣言されてます。
というか、今年の状況で9月の上旬に収穫しても糖度も酸度も上がってない訳うえにその時期まだ天候不順だったからそういう自殺行為はしないでしょ.......。

そんな状況だったんで、今年のヌーヴォーの生産量はここ30年でも最低の生産量だそうです。
とはいえ、9月15日以降は相当いい感じの天気だったしそういう年だからこそ相当丁寧に選果を行ったみたいで結果論としては結構いい感じのクリュが期待出来そうな予感です。
今年は、景気の問題で皆の財布の紐が固くてなかなかヌーヴォーには手が出にくいと思いますがもし機会がありましたら是非お試しする事をお勧めします。
こういう年って、出来のいい年より造り手がいっそう手をかけて作ってる事が多いんですよ。
もちろん、赤のフルボディしか飲まない方はアレですがヌーヴォーはその年の出来を占うお試しでもありますので。
あ!お金に余裕のある方は、是非良いドメーヌの物を試してみて下さいな。
そんじょそこらのピノより、よっぽど美味いですよ!
今年のbioは、ちょっと厳しいかも。
オーガニックに関しては、この厳しい時期を生き残ったオーガニックなんで畑の力がしっかりしてるオーガニックだと思われるので試してみたいですね。

2008年11月 7日

【appetite】Beaujolais Nouveau:冷凍処理の話

豆知識として。

アッサンブラージュ後に、冷凍処理をする事が結構あるということ。
と言うのも、「収穫→選果→醸造→ボトリング」までの工程が他のワインと違い短期間なので。
温度を下げると、酒石酸【Tartaric acid】が不飽和を起こして濾過しやすくなるからだそうで。
(もちろん、低温処理を施すと色素由来の沈殿も除去できる)
薀蓄系のブログでは、大元は一つの文章だと思うんだけどちょっとづつ文章を変えてなぜか低温処理や冷凍処理と低温劣化の話を繋げて書いてたり。読んでて「いや、それは違うだろ.....」と言うのも多い。
ネットって、色んな情報が落ちてて便利なんだけど拾ってそれを租借するのは人間だからなー。

山梨県工業技術センターの技術情報によると、酒石酸の処理は-4°で1週間おいてその後濾過すると言う事。
http://www.yitc.go.jp/wine/pdf/jyouzou18.pdf
だけど、ヌーヴォーでそんな時間は無いだろうねー(苦笑)。

まぁ、ガッツリ冷やして飲むなんて事は無いからそもそも結晶化の心配は殆どなさそうだからそれでも良いのか。
ちなみに、ノンフィルターはそういうわけで多分低温処理も冷凍処理も施さないって事なんだろうね。
多分。


ちなみに、本日第一便が成田と関空に到着してます。
現在、通関中。

2008年7月13日

【DIARY】今日は、15時に起きました.......orz。

080712_ganesha.jpgよっぽど疲れてたのか、起きたら15:30ってねー。
ほんとにもう。
まぁ、何しろ帰ってくるなり忙しいし来週いっぱい会社に行ったらまた再来週から2週間お休み。(バカンス気分)
と言う訳で、来週もがんばらないといかんのでこういう時間も大事。
ただ、パーティーから離れていきつつあるこういう生き様も自分的には良いかなぁなんて。
離れてと言うか、パーティー中心と言う軸から離れてきていると言う事かな?
もう再来週に迫った、初めての出会いの後にはまた新たなめくるめく未来が。
うんうん、楽しみだね。
そういうタイミングで、今の状況に入ると言うのは必然だと。そう思う。
忙しいけど、生きている実感があるので僕は大丈夫。
そう思いながら、今日向かった先は吉祥寺。
実際出る直前まで、新宿に向かうつもりだったのね。
でも、バスを見た瞬間スイッチ。
「あー、行き先は中央線ですね」
阿佐ヶ谷行きのバスに乗りながら、思いを巡らせつつ「バックパック欲しいな!」と言う思いに駆られ吉祥寺を選択。
何しろ、暑かったから町を散策と言う気分ではなかったと言うのもある。
そうでなければ、高円寺を選んでたかも。
ポイを忍ばせてたんで、井の頭も念頭に置きつつ......。
なんて言うけど、やっぱり買い物を始めちゃうとさそう言う感覚とか忘れて没頭しちゃって気づいたら真っ暗。
ポイ連には、向いてない時間になっちゃった。
吉祥寺界隈在住の某J氏に連絡を入れるも振られて、一人でお食事。
探していたのは、一人で入っても大丈夫なエスニック(ビールが飲めるとこ)。
そう、出会ったのは必然だったのね。

GANESHA
番地はよくわからないけど、 ハモニカ横町内。
吉祥寺駅北口を出て道路沿いに歩いて、チチカカの横を左に入る。
ここから、「カレー」の文字が見えたらそこが『ガネーシャ』

ロックな店長さんが、おいしいカレーを振る舞ってくれます。
もちろん、エアコンなんて無いぜ!
席も、マックス7名かな?
ほんとにこじんまりとした店内。
でも、この美味さはなかなか無い。
個性があるんだけど、全然嫌みがなくていい感じ。
ちっこい音で聞こえてくるアブストラクトロックもGoo!
と言う事で、また行くんで皆で食べに行こう。
あ、WARP行くときにも良いなぁ。
---------------------------------------------
■本日のゲット品
・ニューディパック
・NHKの簡単料理の本
・CD4枚

2008年3月25日

【Appetite】そういえば、先日食べに行ったお店:東京三猿

080325_tokyo3m.jpg.JPG書こうと思ってて、忘れてました。
先日、すみさんと病院に行ったときに寄ったお店。
ここが、なかなか美味しいし接客も雰囲気も良い。
そんでもって、コストパフォーマンスも上々でした。
なので、ご紹介。
調べてみたら、夜はChâteau Mont Perat(Despagne firm,Premieres Cotes de Bordeaux)を出してたりしてなかなか目利きなのかと。
2004白なので、「これすげー!」とまでは行きませんけど多分『神の雫』は読んでるんだろうなーなんて。
やはり、和食は落ち着きますしお昼時のメニューとしてはとても良い感じのコストパフォーマンスでした。
店内、30席でゆったり目。
器とかも良いものをつかってて、高感度高かったですよ。
お勧めー♪
最近、お店日記書いてなかったな。
久々だw。


■東京三猿■
〒167-0032
東京都杉並区天沼3-29-11
03-3393-5855

1, 2, 3, 4, 5, 6, 7

About appetite

ブログ「NOISE's MONOLOGUE」のカテゴリ「appetite」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。